TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024049516
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-10
出願番号2022155773
出願日2022-09-29
発明の名称駆動伝達装置、及び、画像形成装置
出願人株式会社リコー
代理人個人
主分類G03G 21/16 20060101AFI20240403BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】駆動カップリングや従動カップリングに肉抜きを施した場合であっても、駆動カップリングと従動カップリングとの嵌合不良を生じにくくする。
【解決手段】画像形成装置本体100(装置本体)に対して着脱可能に設置された中間転写クリーニング装置20(着脱ユニット)に設置されて、所定方向に回転する従動カップリング26が設けられている。また、画像形成装置本体100に対する中間転写クリーニング装置20の回転軸方向の装着動作に連動して中間転写クリーニング装置20の従動カップリング26に嵌合して、従動カップリング26に駆動伝達する駆動カップリング36が、画像形成装置本体100に設置されている。そして、従動カップリング26と駆動カップリング36とのうち少なくとも一方は、回転軸方向とは異なる方向に肉抜きされた肉抜き部26a20が形成されている。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
装置本体に対して着脱可能に設置された着脱ユニットに設置されて、所定方向に回転する従動カップリングと、
前記装置本体に設置されるとともに、前記装置本体に対する前記着脱ユニットの回転軸方向の装着動作に連動して前記着脱ユニットの前記従動カップリングに嵌合して、前記従動カップリングに駆動伝達する駆動カップリングと、
を備え、
前記従動カップリングと前記駆動カップリングとのうち少なくとも一方は、前記回転軸方向とは異なる方向に肉抜きされた肉抜き部が形成されたことを特徴とする駆動伝達装置。
続きを表示(約 790 文字)【請求項2】
前記従動カップリングと前記駆動カップリングとは、いずれも、前記回転軸方向に肉抜きされた肉抜き部が形成されておらず、
前記従動カップリングと前記駆動カップリングとのうち少なくとも一方は、その外周面において前記回転軸方向に対して交差する方向に肉抜きされた前記肉抜き部が形成されたことを特徴とする請求項1に記載の駆動伝達装置。
【請求項3】
前記肉抜き部は、前記回転軸方向に直交する断面でみたときに、前記従動カップリングと前記駆動カップリングとの駆動伝達がおこなわれる駆動伝達面に対して、肉抜き方向が90±10度になるように形成されたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の駆動伝達装置。
【請求項4】
前記駆動伝達面は、回転軸を中心にして放射状に複数形成されたことを特徴とする請求項3に記載の駆動伝達装置。
【請求項5】
前記従動カップリングと前記駆動カップリングとは、いずれも、相手方のカップリングとの駆動伝達を可能にする爪部を具備し、
前記爪部は、前記相手方のカップリングに対向する対向面に、凹凸が形成されていないことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の駆動伝達装置。
【請求項6】
前記従動カップリングと前記駆動カップリングとのうち少なくとも一方は、回転軸に対して回転軸方向に相対的に移動可能に設置されて、前記回転軸に巻装された圧縮スプリングによって相手方のカップリングに向けて付勢されることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の駆動伝達装置。
【請求項7】
前記装置本体としての画像形成装置本体に対して前記着脱ユニットが着脱可能に設置される画像形成装置であって、
請求項1又は請求項2に記載の駆動伝達装置が設置されたことを特徴とする画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は、画像形成装置本体などの装置本体に対して着脱可能に設置された中間転写クリーニング装置、プロセスカートリッジ、定着装置などの着脱ユニットを駆動する駆動伝達装置と、それを備えた画像形成装置と、に関するものである。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、画像形成装置において、画像形成装置本体(装置本体)に対して着脱可能に設置されるプロセスカートリッジなどの着脱ユニットを駆動する駆動伝達装置が設置されたものが知られている(例えば、特許文献1参照。)。
このような駆動伝達装置は、着脱ユニットに設置された従動カップリングや、装置本体に設置されて着脱ユニットの装着動作に連動して従動カップリングに嵌合する駆動カップリング、などで構成されている。そして、装置本体の駆動モータの駆動力が駆動カップリングを介して従動カップリングに伝達されて、着脱ユニットが駆動されることになる。
【0003】
一方、特許文献1等には、駆動カップリングや従動カップリングにおいて、相手方のカップリングに対向する爪部の対向面に、回転軸方向に肉抜きを施したものが開示されている。この肉抜きは、樹脂材料からなるカップリングを成型する上で、肉厚を均一化して寸法精度や強度を向上させるために施されるものである。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来の技術は、駆動カップリングと従動カップリングとが嵌合するときに、駆動カップリングや従動カップリングに施した肉抜きが邪魔して、嵌合不良が生じてしまうことがあった。そして、そのような嵌合不良が生じることで、駆動カップリングと従動カップリングとの間で駆動伝達が正常におこなわれなくなってしまっていた。
【0005】
この発明は、上述のような課題を解決するためになされたもので、駆動カップリングや従動カップリングに肉抜きを施した場合であっても、駆動カップリングと従動カップリングとの嵌合不良が生じにくい、駆動伝達装置、及び、画像形成装置、を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
この発明における駆動伝達装置は、装置本体に対して着脱可能に設置された着脱ユニットに設置されて、所定方向に回転する従動カップリングと、前記装置本体に設置されるとともに、前記装置本体に対する前記着脱ユニットの回転軸方向の装着動作に連動して前記着脱ユニットの前記従動カップリングに嵌合して、前記従動カップリングに駆動伝達する駆動カップリングと、を備え、前記従動カップリングと前記駆動カップリングとのうち少なくとも一方は、前記回転軸方向とは異なる方向に肉抜きされた肉抜き部が形成されたものである。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、駆動カップリングや従動カップリングに肉抜きを施した場合であっても、駆動カップリングと従動カップリングとの嵌合不良が生じにくい、駆動伝達装置、及び、画像形成装置、を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
この発明の実施の形態における画像形成装置を示す全体構成図である。
作像部を示す構成図である。
中間転写クリーニング装置を示す構成図である。
(A)中間転写クリーニング装置が駆動伝達装置に装着される直前の状態を示す図と、(B)中間転写クリーニング装置が駆動伝達装置に装着された後の状態を示す図と、である。
駆動カップリングに従動カップリングが嵌合する直前の状態を示す斜視図である。
従動カップリングを示す側面図である。
図6における従動カップリングにおける、(A)A視方向の正面図と、(B)B-B断面を示す断面図と、である。
比較例としての、(A)従動カップリングを示す斜視図と、(B)その対向面を示す正面図と、である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、この発明を実施するための形態について、図面を参照して詳細に説明する。なお、各図中、同一又は相当する部分には同一の符号を付しており、その重複説明は適宜に簡略化ないし省略する。
【0010】
まず、図1及び図2にて、画像形成装置100における全体の構成・動作について説明する。
図1は画像形成装置としてのプリンタを示す構成図であり、図2はその作像部の一部を示す拡大図である。
図1に示すように、画像形成装置本体100の中央には、中間転写ベルト装置15が設置されている。また、中間転写ベルト装置15の中間転写ベルト8に対向するように、各色(イエロー、マゼンタ、シアン、ブラック)に対応したプロセスカートリッジ6Y、6M、6C、6Kが並設されている。これらのプロセスカートリッジ6Y、6M、6C、6Kは、画像形成装置本体100に対して着脱可能(交換可能)に設置されている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社リコー
収容器
14日前
株式会社リコー
運搬装置
28日前
株式会社リコー
塗工装置
8日前
株式会社リコー
画像形成装置
1日前
株式会社リコー
画像形成装置
3日前
株式会社リコー
画像形成装置
1日前
株式会社リコー
液体吐出装置
9日前
株式会社リコー
画像形成装置
9日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
液滴形成装置
13日前
株式会社リコー
画像形成装置
29日前
株式会社リコー
画像形成装置
2日前
株式会社リコー
開閉装置、液体吐出装置
29日前
株式会社リコー
水力発電装置の製造方法
1か月前
株式会社リコー
給紙装置及び画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
転写装置及び画像形成装置
8日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
8日前
株式会社リコー
蓄電装置および蓄電システム
1か月前
株式会社リコー
加圧装置、及び画像形成装置
16日前
株式会社リコー
操作表示装置及び画像形成装置
3日前
株式会社リコー
メンテナンス装置及び印刷装置
1か月前
株式会社リコー
粉体充填装置及び粉体充填方法
28日前
株式会社リコー
画像形成装置及び画像形成方法
16日前
株式会社リコー
定着装置、及び、画像形成装置
16日前
株式会社リコー
定着装置、及び、画像形成装置
3日前
株式会社リコー
インク、印刷方法、及び、印刷物
1か月前
株式会社リコー
撮影システム、撮影装置および方法
1か月前
株式会社リコー
シート排出装置および画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
粉体搬送装置、及び、画像形成装置
28日前
株式会社リコー
操作拡張ユニット及び画像形成装置
6日前
株式会社リコー
液体付与装置、および液体付与方法
16日前
株式会社リコー
ロール媒体支持機構及び画像形成装置
29日前
株式会社リコー
インクカートリッジ及び画像形成装置
22日前
株式会社リコー
インクカートリッジ及び画像形成装置
22日前
株式会社リコー
表示システム、プログラム、表示方法
21日前
株式会社リコー
インクカートリッジ及び画像形成装置
22日前
続きを見る