TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024049280
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-09
出願番号2023003994
出願日2023-01-13
発明の名称安息香酸エステルの誘導体
出願人浙江越甲薬業有限公司
代理人個人,個人,個人
主分類C07C 219/14 20060101AFI20240402BHJP(有機化学)
要約【課題】安息香酸エステルの誘導体が提供される。
【解決手段】以下の構造より選択される化合物が提供され、前記化合物は、2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩製品の品質管理、また抗炎症目的で使用することができる。
[化1]
<com:Image com:imageContentCategory="Drawing"> <com:ImageFormatCategory>JPEG</com:ImageFormatCategory> <com:FileName>2024049280000030.jpg</com:FileName> <com:HeightMeasure com:measureUnitCode="Mm">29</com:HeightMeasure> <com:WidthMeasure com:measureUnitCode="Mm">170</com:WidthMeasure> </com:Image> 【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
以下:
JPEG
2024049280000025.jpg
32
170
の構造より選択される化合物。
続きを表示(約 1,800 文字)【請求項2】
以下:
JPEG
2024049280000026.jpg
32
170
の構造より選択される化合物が2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩を含む製品の品質管理における適用。
【請求項3】
2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩を含む製品中の不純物を検出する方法であって、前記不純物が以下:
JPEG
2024049280000027.jpg
32
170
の構造を有する化合物より選択されることを特徴とする方法であって、
前記方法は、以下:
(1)2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の製品を提供すること;
(2)前記化合物A、化合物B及び/又は化合物Cの物理的/化学的特性パラメータを取得すること;
(3)2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の製品を試験すること;及び
(4)試験で得られた物理的/化学的特性パラメータを、前記化合物A、化合物B及び/又は化合物Cの物理的/化学的特性パラメータと比較することにより、2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の製品中の不純物を判定すること;のステップを含み、好ましくは、前記ステップ(3)における試験は、クロマトグラフィー、核磁気、赤外線、質量分析及び/又は紫外線から選択される、方法。
【請求項4】
ステップ(4)における前記判定が、定性的判定及び/又は定量的判定からなることを特徴とする、請求項3に記載の方法。
【請求項5】
2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩を含む製品中の不純物を検出する方法であって、前記不純物が以下:
JPEG
2024049280000028.jpg
32
170
の構造の化合物より選択されることを特徴とする方法であって、
前記方法は、以下:
(1)2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の製品を提供すること;
(2)前記化合物A、化合物B及び/又は化合物Cを提供すること;及び
(3)ステップ(1)の2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩製品の試験結果とステップ(2)の化合物A、化合物B及び/又は化合物Cの試験結果を比較し、2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩製品中の不純物を判定すること;
のステップを含み、好ましくは、前記ステップ(3)における試験は、クロマトグラフィー、核磁気、赤外線、質量分析及び/又は紫外線から選択される、方法。
【請求項6】
ステップ(3)における前記判定が、定性的判定及び/又は定量的判定からなることを特徴とする、請求項5に記載の方法。
【請求項7】
2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩を含む製品であって、前記製品が含有量98.00 wt%以上の2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩と不純物化合物を含み、前記不純物化合物は、請求項1に記載の化合物A、化合物B、化合物C又はそれらの組み合わせから選択され、前記不純物化合物のいずれかの含有量は0.50 wt%以下であることを特徴とする、製品。
【請求項8】
前記製品は、2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の含有量が99.00 wt%以上であることを特徴とする請求項7に記載の製品。
【請求項9】
前記不純物化合物のいずれかの含有量が0.30 wt%以下であることを特徴とする請求項7又は8に記載の製品;好ましくは、前記不純物化合物のいずれかの含有量が0.20 wt%以下であり、より好ましくは、前記不純物化合物のいずれかの含有量が0.10 wt%以下である。
【請求項10】
抗炎症剤の調製における、以下:
JPEG
2024049280000029.jpg
32
170
の構造より選択される化合物の使用。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本願は、2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の誘導体に関するものである。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
化合物1は、化学名2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩で、臨床適応症の一つは、糖尿病性末梢神経障害性疼痛治療薬である。その構造的に類似した誘導体は、しばしば製造時に発生する可能性のある不純物となる。化合物1の不純物については、当技術分野では報告されていない。
【0003】
JPEG
2024049280000001.jpg
45
170
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本願の目的は、2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の品質管理用不純物として使用でき、また抗炎症などの対応する医薬用途を有する2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の誘導体を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本願は、一方では、以下:
JPEG
2024049280000002.jpg
32
170
の構造より選択される化合物を提供する。
【0006】
上記構造においてAcはアセチルである。
本願の別の態様は、以下:
JPEG
2024049280000003.jpg
32
170
の構造より選択される化合物が2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩を含む製品の品質管理における適用を提供する。
【0007】
本願のさらなる態様は、2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩を含む製品中の不純物を検出する方法を提供し、前記不純物は、以下:
JPEG
2024049280000004.jpg
32
170
の構造の化合物より選択される。
【0008】
前記方法は、以下のステップを含む:
(1)2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の製品を提供すること;
(2)前記化合物A、化合物B及び/又は化合物Cの物理的/化学的特性パラメータを取得すること;
(3)2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の製品を試験すること;及び
(4)試験で得られた物理的/化学的特性パラメータを、前記化合物A、化合物B及び/又は化合物Cの物理的/化学的特性パラメータと比較することにより、2-(ジエチルアミノ)エチル2-アセトキシ安息香酸塩酸塩の製品中の不純物を判定すること。
【0009】
本願の一実施例では、前記ステップ(3)における試験は、クロマトグラフィー、核磁気、赤外線、質量分析及び/又は紫外線から選択される。
【0010】
本願の一実施例では、前記ステップ(4)における判定は、定性的判定及び/又は定量的判定からなる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

浙江越甲薬業有限公司
安息香酸エステルの誘導体
2か月前
日本化薬株式会社
記録材料
1か月前
日本化薬株式会社
有害生物防除剤
2か月前
日本化薬株式会社
有害生物防除剤
2か月前
株式会社トクヤマ
紫外線照射装置
1か月前
高砂香料工業株式会社
香料組成物
3日前
東ソー株式会社
オレフィンの製造方法
1か月前
三菱ケミカル株式会社
化合物
16日前
岩崎電気株式会社
異性体調製装置
3か月前
大阪ガスケミカル株式会社
新規化合物
2日前
大阪ガスケミカル株式会社
新規化合物
2日前
ユニチカ株式会社
ビスマレイミドおよびその製造方法
22日前
株式会社トクヤマ
ベンジルヒドラジン誘導体の製造方法
今日
ENEOS株式会社
リポ多糖を含む組成物
2か月前
東洋紡株式会社
抗体が結合した金コロイドを製造する方法
8日前
築野食品工業株式会社
イノシトール脂肪酸エステル
1か月前
天津大学
エタノールの脱水によるエチレン製造方法
3か月前
住友化学株式会社
化合物及び金属錯体
2か月前
イーセップ株式会社
バイオマス処理システム
23日前
太陽化学株式会社
ポリグリセリン脂肪酸エステル
1か月前
株式会社半導体エネルギー研究所
有機金属錯体、発光デバイス
1か月前
株式会社半導体エネルギー研究所
有機金属錯体、発光デバイス
1か月前
ENEOS株式会社
スチルベン化合物の製造方法
3か月前
キヤノン株式会社
有機金属錯体及び有機発光素子
17日前
株式会社半導体エネルギー研究所
有機金属錯体、発光デバイス
2か月前
旭化成株式会社
ジアミンの製造方法
1か月前
キヤノン株式会社
有機金属錯体、及び有機発光素子
6日前
美洛生物科技股ふん有限公司
カチオン性脂質及びその使用
24日前
学校法人上智学院
メロデスモシンまたはその塩の製造方法
3か月前
キヤノン株式会社
有機金属錯体、及び有機発光素子
15日前
ユニチカ株式会社
ビスマレイミドおよびその製造方法
22日前
株式会社Kyulux
化合物、発光材料および有機発光素子
21日前
地方独立行政法人青森県産業技術センター
プロテオグリカンの精製法
2か月前
浙江越甲薬業有限公司
安息香酸エステルの誘導体
2か月前
天津大学
エチレン法による酢酸ビニルの製造プロセス及び装置
16日前
本州化学工業株式会社
ビナフチルカルボン酸の製造方法
14日前
続きを見る