TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024049136
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-09
出願番号2022155415
出願日2022-09-28
発明の名称変位計測構造
出願人鹿島建設株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G01B 11/00 20060101AFI20240402BHJP(測定;試験)
要約【課題】連結構造物における構造物同士の比較的複雑な相対変位を検知可能とする変位計測構造を提供する。
【解決手段】変位計測構造1は、ボックスカルバート5A,5Bの接合面7,7同士を突合わせて連結されてなる下水道函渠3においてボックスカルバート5A,5B同士の相対的な変位を計測する変位計測構造であって、ボックスカルバート5A,5B同士の目地部9を跨いで延在する自由長部分23を含む光ファイバケーブル17を少なくとも3本備え、各々の自由長部分23は、一端部23aにおいてボックスカルバート5A側の固定点18Aに固定され、他端部23bにおいてボックスカルバート5B側の固定点18Bに固定され、固定点18Aと固定点18Bとの間の距離の変動に応じて弾性的に伸縮する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
構造物の接合面同士を突合わせて連結されてなる連結構造物において前記構造物同士の相対的な変位を計測する変位計測構造であって、
前記構造物同士の連結部を跨いで延在する自由長部分を含む光ファイバを少なくとも3本備え、
各々の前記自由長部分は、
一端部において一方の前記構造物側の固定点に固定され、他端部において他方の前記構造物側の固定点に固定され、
一方の前記固定点と他方の前記固定点との間の距離の変動に応じて弾性的に伸縮する、変位計測構造。
続きを表示(約 700 文字)【請求項2】
前記連結構造物は、前記接合面に直交する方向に延びる周面をもつ柱状をなし、
前記周面の一部であり前記接合面に直交する平面をなす1つの外側面に沿って3本の前記自由長部分が設置されており、
それぞれの前記自由長部分の伸縮に基づいて、前記外側面に平行な面内における前記構造物同士の相対的な変位が計測される、請求項1に記載の変位計測構造。
【請求項3】
前記連結構造物は四角柱状をなし、前記外側面は、前記接合面に直交する4つの四角柱外側面のうちの1つである、請求項2に記載の変位計測構造。
【請求項4】
前記連結構造物は、前記接合面に直交する方向に延びる周面をもつ柱状をなし、
3本の前記自由長部分のすべてが同一平面上に位置しないように、前記周面に沿って3本の前記自由長部分が設置されており、
それぞれの前記自由長部分の伸縮に基づいて、前記接合面に直交する方向における前記構造物同士の相対的な並進的な変位と、前記接合面に平行であり互いに直交する2軸周りにおける前記構造物同士の相対的な回転変位と、が計測される、請求項1に記載の変位計測構造。
【請求項5】
一方の前記構造物と他方の前記構造物とのそれぞれにおいて前記周面から面外に突出するように設けられた光ファイバ保持部を備え、
一方の前記構造物の前記光ファイバ保持部に前記自由長部分の前記一端部側が固定され、
他方の前記構造物の前記光ファイバ保持部に前記自由長部分の前記他端部側が固定されている、請求項2~4の何れか1項に記載の変位計測構造。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、変位計測構造に関するものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、連結構造物を構成する構造物同士の相対的な変位を計測する変位計測構造として、下記の特許文献1に記載のものが知られている。この変位計測構造は、OTDR測定装置に接続された光ファイバケーブルが、狭窄溝を通過しながら、各構造物に設けられた突起に引っ掛かるようにして構造物同士の間に張り渡されたものである。構造物同士が相対的に変位すると、光ファイバケーブルが突起同士の間で伸長したり狭窄溝の壁に接触して屈折したりすることで、構造物同士の変位を検出することができる。構造物同士が左右方向、上下方向、前後方向、のいずれの方向に相対変位した場合にも上記変位計測構造により変位を検出することが提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許03725513号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、この変位計測構造によれば、構造物同士の左右方向、上下方向、前後方向の相対変位が組み合わせて同時に発生したり、また、構造物同士の相対的な回転変位が生じたりするような複雑な場合には、相対変位の状況を把握することは出来ないと考えられる。本発明は、連結構造物における構造物同士の比較的複雑な相対変位を検知可能とする変位計測構造を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は次の通りである。
【0006】
〔1〕構造物の接合面同士を突合わせて連結されてなる連結構造物において前記構造物同士の相対的な変位を計測する変位計測構造であって、前記構造物同士の連結部を跨いで延在する自由長部分を含む光ファイバを少なくとも3本備え、各々の前記自由長部分は、一端部において一方の前記構造物側の固定点に固定され、他端部において他方の前記構造物側の固定点に固定され、一方の前記固定点と他方の前記固定点との間の距離の変動に応じて弾性的に伸縮する、変位計測構造。
【0007】
〔2〕前記連結構造物は、前記接合面に直交する方向に延びる周面をもつ柱状をなし、前記周面の一部であり前記接合面に直交する平面をなす1つの外側面に沿って3本の前記自由長部分が設置されており、それぞれの前記自由長部分の伸縮に基づいて、前記外側面に平行な面内における前記構造物同士の相対的な変位が計測される、〔1〕に記載の変位計測構造。
【0008】
〔3〕前記連結構造物は四角柱状をなし、前記外側面は、前記接合面に直交する4つの四角柱外側面のうちの1つである、〔1〕又は〔2〕に記載の変位計測構造。
【0009】
〔4〕前記連結構造物は、前記接合面に直交する方向に延びる周面をもつ柱状をなし、3本の前記自由長部分のすべてが同一平面上に位置しないように、前記周面に沿って3本の前記自由長部分が設置されており、それぞれの前記自由長部分の伸縮に基づいて、前記接合面に直交する方向における前記構造物同士の相対的な並進的な変位と、前記接合面に平行であり互いに直交する2軸周りにおける前記構造物同士の相対的な回転変位と、が計測される、〔1〕に記載の変位計測構造。
【0010】
〔5〕一方の前記構造物と他方の前記構造物とのそれぞれにおいて前記周面から面外に突出するように設けられた光ファイバ保持部を備え、一方の前記構造物の前記光ファイバ保持部に前記自由長部分の前記一端部側が固定され、他方の前記構造物の前記光ファイバ保持部に前記自由長部分の前記他端部側が固定されている、〔2〕~〔4〕の何れかに記載の変位計測構造。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

鹿島建設株式会社
鋼管柱への足場の支持構造
3日前
鹿島建設株式会社
梁接合構造及び梁接合構造の性能向上方法
今日
タカハタプレシジョン株式会社
計測装置、計測方法
3日前
株式会社CCT
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
センサユニット
26日前
株式会社チノー
放射温度計
27日前
太陽誘電株式会社
検出装置
5日前
太陽誘電株式会社
検出装置
4日前
アズビル株式会社
圧力センサ
10日前
株式会社プロテリアル
位置検出装置
7日前
日本碍子株式会社
ガスセンサ
7日前
個人
コンベックスルール用測定部品
1か月前
アズビル株式会社
差圧センサ
10日前
トヨタ自動車株式会社
給水治具
1か月前
株式会社テイエルブイ
処理装置
20日前
株式会社クボタ
検査装置
5日前
株式会社クボタ
検査装置
5日前
株式会社村田製作所
変位センサ
6日前
株式会社ヨコオ
プローブ
6日前
三恵技研工業株式会社
レドーム
3日前
TDK株式会社
ガスセンサ
3日前
TDK株式会社
ガスセンサ
18日前
日本精工株式会社
軸受装置
4日前
アズビル株式会社
オイル封入方法
3日前
TDK株式会社
ガスセンサ
3日前
大和製衡株式会社
組合せ計量装置
25日前
大和製衡株式会社
組合せ計量装置
25日前
大和製衡株式会社
組合せ計量装置
25日前
株式会社シンカグループ
計測装置
今日
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
今日
ニプロ株式会社
粉体検査装置
11日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
1か月前
株式会社ミツトヨ
自動内径測定装置
3日前
住友金属鉱山株式会社
検査装置
25日前
アンリツ株式会社
テストピース
4日前
ニシム電子工業株式会社
液位検出装置
26日前
続きを見る