TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024049048
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-09
出願番号2022155274
出願日2022-09-28
発明の名称印刷システム及び印刷方法
出願人シャープ株式会社
代理人弁理士法人あーく事務所
主分類G06F 3/12 20060101AFI20240402BHJP(計算;計数)
要約【課題】画像を複数に分割して複数の用紙に印刷し、これらの用紙を配置する場合において、容易に作業者が各用紙を正しく配置することができるようにする印刷システムを提供する。
【解決手段】印刷システム1は、画像形成装置100及びスマートフォン200を備えている。スマートフォン200は、用紙302の配置と、用紙302に印刷される部分画像305と、を設定する印刷レイアウト設定部211と、用紙302に個別で付与され、用紙302に印刷される固有番号301を設定する個別目印設定部212と、用紙302の配置を固有番号301により示す配置図303を作成する配置図作成部213と、画像形成装置100に対して印刷データを送信する送信部205と、を備えている。画像形成装置100は、印刷データを受信する受信部164を備え、印刷データに基づいて、部分画像305を印刷し、個別の固有番号301を印刷し、配置図303を印刷する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
画像形成装置及び情報端末を備えた印刷システムにおいて、
前記情報端末は、
入力された印刷態様に基づいて、レイアウト範囲における複数の用紙の配置と、前記複数の用紙のそれぞれに印刷される印刷内容と、を設定する印刷レイアウト設定部と、
前記複数の用紙のそれぞれに個別で付与され、前記複数の用紙のそれぞれに印刷される個別目印を設定する個別目印設定部と、
前記複数の用紙の配置をこれら前記複数の用紙のそれぞれに対応する前記個別目印により示す、前記複数の用紙の少なくとも1つに印刷される配置図を作成する配置図作成部と、
前記画像形成装置に対して、前記印刷内容、前記個別目印及び前記配置図に関する印刷データを送信する送信部と、を備え、
前記画像形成装置は、
前記情報端末から送信された前記印刷データを受信する受信部を備え、
前記受信部により受信した前記印刷データに基づいて、前記複数の用紙のそれぞれに前記印刷内容を印刷し、前記複数の用紙のそれぞれに個別の前記個別目印を印刷し、前記複数の用紙の少なくとも1つに配置図を印刷する、ことを特徴とする印刷システム。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
請求項1に記載の印刷システムであって、
前記印刷態様には、前記複数の用紙の表面側及び裏面側のいずれが貼り付け側となるかが含まれている、ことを特徴とする印刷システム。
【請求項3】
請求項2に記載の印刷システムであって、
前記印刷態様に、前記複数の用紙の表面側が貼り付け側となることが含まれている場合は、前記配置図及び前記個別目印は、前記用紙の表面に画像が印刷されている位置に対応する前記用紙の裏側の位置に印刷される、ことを特徴とする印刷システム。
【請求項4】
請求項1に記載の印刷システムであって、
前記配置図は、前記複数の用紙が配置された場合に末尾となる画像が印刷される用紙の裏面に印刷される、ことを特徴とする印刷システム。
【請求項5】
請求項1に記載の印刷システムであって、
前記情報端末は、前記複数の用紙の少なくとも1つに印刷される前記各用紙の配置位置の関係を示す配置目印の印刷位置を設定する配置目印設定部をさらに備え、
前記印刷データは前記配置目印にも関するデータであり、
前記画像形成装置は、前記複数の用紙の少なくとも1つに前記配置目印を印刷する、ことを特徴とする印刷システム。
【請求項6】
請求項1に記載の印刷システムであって、
前記情報端末は、前記複数の用紙を配置する領域を撮影する撮影部と、
作業者の指示及び画像データに基づいて、前記レイアウト範囲を設定するレイアウト範囲設定部と、を備えている、ことを特徴とする印刷システム。
【請求項7】
複数の用紙から構成される所定の表示を印刷するための、情報端末と画像形成装置とからなる印刷方法において、
前記情報端末は、
入力された印刷態様に基づいて、レイアウト範囲における複数の用紙の配置と、前記複数の用紙のそれぞれに印刷される印刷内容と、を設定し、
前記複数の用紙のそれぞれに個別で付与され、前記複数の用紙のそれぞれに印刷される個別目印を設定し、
前記複数の用紙の配置をこれら前記複数の用紙のそれぞれに対応する前記個別目印により示す、前記複数の用紙の少なくとも1つに印刷される配置図を作成し、
前記画像形成装置に対して、前記印刷内容、前記個別目印及び前記配置図に関する印刷データを送信し、
前記画像形成装置は、
前記情報端末から送信された前記印刷データを受信し、
前記印刷データに基づいて、前記複数の用紙のそれぞれに前記印刷内容を印刷し、前記複数の用紙のそれぞれに個別の前記個別目印を印刷し、前記複数の用紙の少なくとも1つに配置図を印刷する、ことを特徴とする情報端末と画像形成装置とからなる印刷方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、情報端末と、画像形成装置と、を備えた印刷システム、及び、印刷方法に関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
印刷するための画像(文字列等も含む)を複数の画像に分割して、これらの各画像を複数の用紙のそれぞれに印刷し、印刷された各用紙を一体となるように配置することにより、1枚の用紙に印刷するよりも大きな画像を印刷することが行われている。つまり、各用紙には、画像の一部が印刷されており、壁面等にこれらの用紙を適宜配置して貼り付けることにより、所望の画像全体が認識できることとなる。例えば、店舗において、広告や商品の宣伝等を複数の用紙を用いて示すことにより、大きな画像を表示でき、目立つことから顧客を引き付けることができる。
【0003】
このように、複数の用紙のそれぞれに画像の一部を印刷し、これらの用紙を壁面等に貼付けることにより画像全体を表示する場合に、各用紙の貼り付け位置が所定の位置とならず誤った位置に各用紙を貼り付けてしまった場合は、表示しようとした画像が表示されず、意味をなさないものとなってしまう。特に、各用紙に印刷されている画像は、所望の画像の一部であり、その画像を見ただけでは正しい位置に貼り付けているか否かの判断が困難である。すべての用紙を壁面等に貼り付けた後に、壁面から離れて画像を見て確認しないと、正しい位置に貼り付けられているのかの判断が困難であり、手間がかかるとの問題があった。
【0004】
このような問題を解消するために、様々な技術が提案されている。例えば、特許文献1には、画像が印刷された複数の用紙のうちの一部の用紙を壁等に貼り付けた状態を撮影した撮影画像に基づいて、複数の用紙に印刷された残りの画像が配列された仮想画面を表示する画像形成装置が開示されている。これにより、作業者は、仮想画面を見ながら、すでに壁面に貼り付けられた用紙を基準として、残りの画像が印刷された用紙を貼り付けることができるため、容易に、所望とする画像全体を正しく表示することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特許第6561936号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上述したように、用紙よりも大きな画像を印刷するために、印刷するための画像を複数の画像に分割して印刷し、各用紙を配置することで大きな画像を表示しようとする際に、容易に、各用紙を正しく配置することができるようにする技術は、種々提案されているが、より確実かつ簡単に各用紙の配置を行うことができるような技術が求められている。さらに、以下に示す問題もある。
【0007】
コンビニエンスストア等に多いが、店舗内の様子が外部から見えやすいように壁面の少なくとも一部が透明のガラス等で構成されている店舗がある。このようなガラスの壁面の場合は、印刷された画像が店舗の外側から見えるように、用紙の表面(画像が印刷されている面)が壁面の店舗内側面に接するように壁面に貼り付けることが、一般的に行われている。用紙を壁面における店舗内側面に貼り付けることにより、用紙が剥がれて風で飛ばされることや、雨により用紙が濡れて剥がれること等を防止できる。
【0008】
しかし、この場合において作業者は、画像が印刷されている用紙の表面ではなく、用紙の裏面を見ながら貼り付け作業を行うこととなるため、正しい位置に貼り付けることが困難である。作業者は、画像を認識しながら用紙の貼り付け作業を行うために、用紙を裏返して用紙の表面の画像を確認しながら貼り付け作業を行うこととなり、作業効率が悪く、用紙の配置を誤る可能性も高いとの問題がある。
【0009】
本開示は、上述の事情に鑑みて為された開示であり、その目的は、画像を複数に分割して複数の用紙に印刷し、これらの用紙を配置する場合において、容易に作業者が各用紙を正しく配置することができるようにする印刷システム及び印刷方法を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本開示の一態様に係る印刷システムは、画像形成装置及び情報端末を備えた印刷システムにおいて、前記情報端末は、入力された印刷態様に基づいて、レイアウト範囲における複数の用紙の配置と、前記複数の用紙のそれぞれに印刷される印刷内容と、を設定する印刷レイアウト設定部と、前記複数の用紙のそれぞれに個別で付与され、前記複数の用紙のそれぞれに印刷される個別目印を設定する個別目印設定部と、前記複数の用紙の配置をこれら前記複数の用紙のそれぞれに対応する前記個別目印により示す、前記複数の用紙の少なくとも1つに印刷される配置図を作成する配置図作成部と、前記画像形成装置に対して、前記印刷内容、前記個別目印及び前記配置図に関する印刷データを送信する送信部と、を備え、前記画像形成装置は、前記情報端末から送信された前記印刷データを受信する受信部を備え、前記受信部により受信した前記印刷データに基づいて、前記複数の用紙のそれぞれに前記印刷内容を印刷し、前記複数の用紙のそれぞれに個別の前記個別目印を印刷し、前記複数の用紙の少なくとも1つに配置図を印刷する、ことを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
1か月前
個人
プロジェクター
23日前
個人
管理装置
28日前
個人
暗号化記憶媒体
7日前
日本精機株式会社
投影装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
15日前
個人
求人マッチングサーバ
15日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
14日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
14日前
17LIVE株式会社
サーバ
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
14日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
14日前
株式会社ワコム
電子ペン
10日前
アスエネ株式会社
水管理の方法
15日前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
28日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
8日前
大日本印刷株式会社
作業台
13日前
株式会社寺岡精工
システム
10日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
1か月前
株式会社NGA
画像投稿システム
28日前
CKD株式会社
遠隔支援システム
15日前
トヨタ紡織株式会社
検査装置
3日前
個人
ポイント増量アプリ「太陽光銭サー」
22日前
個人
言語翻訳システム及びプログラム
1か月前
株式会社小野測器
移動量計測システム
1か月前
株式会社三富
取引管理システム
23日前
BH株式会社
商品販売システム
15日前
株式会社小野測器
移動量計測システム
17日前
株式会社アジラ
異常行動検出システム
3日前
富士通株式会社
プロセッサ
1か月前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
1か月前
旭化成株式会社
装置
23日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
1か月前
株式会社mov
情報処理システム
2日前
個人
AI営業システム
6日前
続きを見る