TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024048966
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-09
出願番号2022155166
出願日2022-09-28
発明の名称吸収性物品及びこれに用いる吸収要素の製造方法
出願人大王製紙株式会社
代理人弁理士法人永井国際特許事務所
主分類A61F 13/533 20060101AFI20240402BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】吸収体の形状維持性を向上させつつ、包装シートの破れを低減する。
【解決手段】上記課題は、パルプ繊維及び高吸収性ポリマー粒子を混合・集積してなる吸収体56及びこれを包むクレープ紙からなる包装シート58を有する吸収要素を備え、吸収要素50には吸収要素50の表面から吸収体56内まで窪むように厚み方向TDに圧縮された高圧縮部51が間隔を空けて配列され、高圧縮部51以外の部分は、高圧縮部51よりも厚くかつ低密度の非高圧縮部52であり、高圧縮部51は変曲点及び屈曲点を有しない外形を有し、高圧縮部51の外形に内接する最大の内接円53の直径が2~5mmであり、その外形の周長が高圧縮部51の外形に内接する最大の内接円54の周長の1~2.5倍であり、非高圧縮部52の外形に内接する最大の内接円54の直径が6.5mm以下であることにより解決される。
【選択図】図11
特許請求の範囲【請求項1】
股間部を有しており、
前記股間部を含む前後方向範囲に設けられた吸収体、及びこの吸収体を包むクレープ紙からなる包装シートを有する吸収要素を備え、
前記吸収体は、パルプ繊維及び高吸収性ポリマー粒子を混合・集積してなるものであり、
前記吸収要素は、前記吸収要素の表面又は裏面から前記吸収体内まで窪むように厚み方向に圧縮された高圧縮部が間隔を空けて配列され、
前記高圧縮部の配列領域における前記高圧縮部以外の部分は、前記高圧縮部よりも厚くかつ低密度の非高圧縮部であり、
前記高圧縮部は変曲点及び屈曲点を有しない外形を有するとともに、前記高圧縮部の外形に内接する最大の内接円の直径が2~5mmであり、かつ前記高圧縮部の外形の周長が前記高圧縮部の外形に内接する最大の内接円の周長の1~2.5倍であり、
前記非高圧縮部の外形に内接する最大の内接円の直径が6.5mm以下である、
ことを特徴とする吸収性物品。
続きを表示(約 1,800 文字)【請求項2】
前記吸収体における前記パルプ繊維の目付けが100~500g/m
2
であり、
前記吸収体におけるパルプ繊維:高吸収性ポリマー粒子が、重量比で45:55~65:35であり、
前記包装シートは、JIS P 8113:2006に規定される前後方向の引張破断伸びが20~35%、かつ幅方向の引張破断伸びが4~8%のクレープ紙であり、
前記非高圧縮部の厚みは5~15mmであり、
前記高圧縮部の厚みは前記非高圧縮部の厚みの30~50%である、
請求項1記載の吸収性物品。
【請求項3】
前記高圧縮部は、前記吸収要素の表面から前記吸収体内まで窪むように厚み方向に圧縮された高圧縮部のみからなる、
請求項1又は2記載の吸収性物品。
【請求項4】
前記高圧縮部の配列領域に、第1方向に沿う第1仮想直線が、前記第1仮想直線に対して平面視で時計回りに80~90°傾斜した第2方向に第1間隔を空けて繰り返し配列されるとともに、前記第2方向に沿う第2仮想直線が前記第1方向に第2間隔を空けて繰り返し配列されて形成される仮想格子を定めるとともに、
前記第1仮想直線と前記第2仮想直線との交点を頂点とする最小の仮想四角形を定めたとき、
前記高圧縮部は、前記第1仮想直線と前記第2仮想直線との交点位置に配置された第1高圧縮部と、前記第1仮想直線における隣り合う第1高圧縮部の間、及び前記第2仮想直線における隣り合う第1高圧縮部の間にそれぞれ配置された第2高圧縮部と、前記仮想四角形の対角線の交点位置に配置された第3高圧縮部とからなり、
前記第1高圧縮部は、前記第1仮想直線と前記第2仮想直線との交点を中心とする円形をなし、
前記第2高圧縮部は、前記仮想四角形の各辺の中点に重心を有し、かつ各辺に沿う長軸を有する楕円形若しくは角丸矩形であり、
前記第3高圧縮部は、前記仮想四角形の対角線の交点に重心を有し、かつ前後方向に沿う長軸を有する楕円形若しくは角丸矩形、又は前記仮想四角形の対角線の交点を中心とする円形である、
請求項1又は2記載の吸収性物品。
【請求項5】
前記第1高圧縮部は、直径が1~4mmであり、
前記第2高圧縮部は、長軸の長さが3~6mmで、かつ短軸の長さが前記第1高圧縮部の直径に等しく、
前記第3高圧縮部は、長軸の向きが前後方向に沿う以外は前記第2高圧縮部と同寸及び同形状をなしており、
隣接する前記第1高圧縮部と前記第2高圧縮部との最小間隔は、1~2mmである、
請求項4記載の吸収性物品。
【請求項6】
前記仮想格子は、前記第1仮想直線が前後方向に対して平面視で時計回りに40~50°傾斜するとともに、前記第2仮想直線が前後方向に対して平面視で反時計回りに40~50°傾斜した斜め格子状をなしている、
請求項5記載の吸収性物品。
【請求項7】
パルプ繊維及び高吸収性ポリマー粒子を混合・集積してなる吸収体と、この吸収体を包むクレープ紙からなる包装シートとを有する吸収要素の製造方法であって、
前記パルプ繊維及び前記高吸収性ポリマー粒子を混合・集積してなる吸収体を形成する第1ステップと、
前記吸収体の全体を包装シートで包装してなる包装体を形成する第2ステップと、
外周面に間隔を空けて配列された突起部を有するアンビルロールと、これに対向する円筒面を有する平滑ロールとの間で前記包装体を挟み、前記包装体における前記アンビルロールの多数の突起部と前記平滑ロールとの間に挟まれる部分を前記包装体の表面又は裏面から前記吸収体内まで窪むように押圧する第3ステップとを含み、
前記アンビルロールにおける前記突起部の先端面の配列を平面上に展開して表したとき、前記先端面の配列領域における前記突起部の先端面の外形に内接する最大の内接円の直径が2~5mmであり、かつ前記突起部の先端面の外形の周長が前記突起部の先端面の外形に内接する最大の内接円の周長の1~2.5倍であり、前記先端面の配列領域における前記先端面以外の部分の外形に内接する最大の内接円の直径が6.5mm以下である、
ことを特徴とする吸収要素の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、使い捨ておむつ等の吸収性物品及びこれに用いる吸収要素の製造方法に関するものである。
続きを表示(約 2,400 文字)【背景技術】
【0002】
吸収性物品では、パルプ繊維及び高吸収性ポリマー粒子を混合・集積してなる吸収体を用いることが一般的であり、このような吸収体は製造時及び製造後の形状維持性を高めるために、クレープ紙等からなる包装シートが巻き付けられてなる吸収要素として内蔵されることが一般的である(例えば特許文献1参照)。
【0003】
吸収性物品の吸収要素は両脚の間に挟まれた状態で、歩行等の脚の動きにより幅方向両側から様々な方向の力を受けるため、股間部における良好なフィット性が求められる一方で、吸収体のヨレや割れ等の形状の崩れを防止するための形状維持性も求められている。もちろん、使い捨ておむつの吸収要素では、股間部における吸収性能の確保も要求される。
【0004】
吸収体の形状維持性を改善する手法としては、エンボス加工等により吸収要素を厚み方向に圧縮した高圧縮部を格子状等のパターンで設けることが知られている(例えば特許文献1、2参照)。しかし、吸収体を包む包装シートがクレープ紙であると、高圧縮部を形成する際、高圧縮部の縁や、隣り合う高圧縮部の間でクレープ紙が破けることがある。包装シートが破けると、そこから高吸収性ポリマー粒子が抜け出して、吸収性物品の表面まで出てくることもあるため好ましくない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特許5709584号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
そこで、本発明の主たる課題は、吸収体の形状維持性を向上させつつ、包装シートの破れを低減することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者は、パルプ繊維及び高吸収性ポリマー粒子を混合・集積してなる吸収体に、厚み方向に圧縮された高圧縮部を形成する研究を行っていたところ、偶然にも、吸収体の形状維持性を向上させつつ、包装シートの破れを低減できる可能性に気付いた。以下に述べる吸収性物品は、この知見に基づくものである。
【0008】
<第1の態様>
股間部を有しており、
前記股間部を含む前後方向範囲に設けられた吸収体、及びこの吸収体を包むクレープ紙からなる包装シートを有する吸収要素を備え、
前記吸収体は、パルプ繊維及び高吸収性ポリマー粒子を混合・集積してなるものであり、
前記吸収要素は、前記吸収要素の表面又は裏面から前記吸収体内まで窪むように厚み方向に圧縮された高圧縮部が間隔を空けて配列され、
前記高圧縮部の配列領域における前記高圧縮部以外の部分は、前記高圧縮部よりも厚くかつ低密度の非高圧縮部であり、
前記高圧縮部は変曲点及び屈曲点を有しない外形を有するとともに、前記高圧縮部の外形に内接する最大の内接円の直径が2~5mmであり、かつ前記高圧縮部の外形の周長が前記高圧縮部の外形に内接する最大の内接円の周長の1~2.5倍であり、
前記非高圧縮部の外形に内接する最大の内接円の直径が6.5mm以下である、
ことを特徴とする吸収性物品。
【0009】
(作用効果)
本吸収性物品の特徴は、パルプ繊維及び高吸収性ポリマー粒子を混合・集積してなる吸収体をクレープ紙で包装してなる吸収要素に対して、特定の寸法・形状を有する高圧縮部を従来よりも密に配置したところにある。すなわち、高圧縮部は吸収要素が押圧(直接的な加圧)により厚み方向に圧縮されて厚みがほぼ等しくなった高密度部分であり、吸収要素の表面又は裏面から窪んだ窪みの底部である。一方、非高圧縮部は高圧縮部よりも厚くかつ低密度の部分であるが、非高圧縮部であっても高圧縮部の周囲近くでは、高圧縮部の変形に引っ張られるように吸収体が変形する結果、高圧縮部に近づくにつれて厚みが減少し、密度は増加する。よって、ある程度の大きさを有する高圧縮部を従来よりも密に配置すると、非高圧縮部の厚みが減少する面積が大きくなる。そしてその結果、高圧縮部の形成時に包装シートに生じる歪が小さくなり(加わる引張力が弱くなり)、包装シートが破れにくくなるのである。
さらに、非高圧縮部であっても高圧縮部の周囲近くでは、高圧縮部の変形に引っ張られるように吸収体が変形する結果、高圧縮部が無い場合と比べて吸収体が薄くなるという利点ももたらされる。
これらの観点から、高圧縮部は十分に大きな円を含みうる形状を有することは重要である。また、高圧縮部の形状が一方向に過剰に長かったり、過剰に入り組んだ外形を有していたりしないことも重要である。さらに、高圧縮部の配置が疎らとならないように(非高圧縮部が全方向に長く続かないように)、非高圧縮部の外形に内接する最大の内接円の直径が小さいことも重要となる。
従来は、高圧縮部を密に配置することはあまり好ましくないと考えられていたため、上述のような簡素な変更でこのような効果が発現することは予想外であった。
【0010】
<第2の態様>
前記吸収体における前記パルプ繊維の目付けが100~500g/m
2
であり、
前記吸収体におけるパルプ繊維:高吸収性ポリマー粒子が、重量比で45:55~65:35であり、
前記包装シートは、JIS P 8113:2006に規定される前後方向の引張破断伸びが20~35%、かつ幅方向の引張破断伸びが4~8%のクレープ紙であり、
前記非高圧縮部の厚みは5~13mmであり、
前記高圧縮部の厚みは前記非高圧縮部の厚みの30~50%である、
第1の態様の吸収性物品。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
握り棒
7か月前
個人
帽子
5か月前
個人
段差昇降装置
3か月前
個人
ケース
6か月前
個人
エアリフター
3か月前
個人
逆流防止用具
3か月前
個人
押圧具
7か月前
個人
蓋付きしびん
10日前
個人
X線用貼付剤
4か月前
個人
入れ歯
6日前
個人
聴診器
10日前
個人
足指活性パッド
5か月前
個人
シミ皮膚改善剤
3か月前
個人
肩甲骨下制器具
5か月前
個人
注射器用カバー
7か月前
個人
介護浴槽
17日前
個人
鼻腔拡張具
2か月前
個人
入浴介護補助装置
10日前
個人
全身麻酔用枕
6か月前
株式会社東亜産業
温熱具
2か月前
株式会社コーセー
組成物
2か月前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
個人
透析装置の洗浄方法
5か月前
個人
湯たんぽ保温カバー
7か月前
個人
透析装置の洗浄方法
4か月前
個人
歯科用ハンドピース
6か月前
個人
除菌・消臭液
6か月前
個人
電動式孫の手
2か月前
個人
座椅子脱着式車椅子
12日前
個人
スプレー式目薬容器
20日前
個人
アーシング青竹踏台
4か月前
個人
歯科補綴装置
6か月前
個人
歯科用ハンドピース
6か月前
株式会社ニデック
眼科装置
5か月前
株式会社いうら
介助リフト
1か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
5か月前
続きを見る