TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024048928
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-09
出願番号2022155103
出願日2022-09-28
発明の名称電源供給システム
出願人矢崎総業株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類H02J 1/00 20060101AFI20240402BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】製造コストを抑えつつ、電源幹線における漏電を簡易に検出し得る電源供給システムを提供する。
【解決手段】電源供給システム1は、電源分配器30,40、中央演算装置100、電流検出部A6,A7、及び電源幹線L4を備える。電源幹線L4は、電源分配器30の入出力回路32と電源分配器40の入出力回路42とを接続する。電流検出部A6は、入出力回路32内において、分岐回路33の接続点P3よりも、電源幹線L4に近い側に設けられる。電流検出部A7は、入出力回路42内において、分岐回路43の接続点P4よりも、電源幹線L4に近い側に設けられる。中央演算装置100は、電流検出部A6により検出された電流値と、電流検出部A7により検出された電流値との差分に基づいて、電源幹線L4に漏電が発生しているか否かを判定する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
車両内において、複数の電源幹線を用いて、電源供給源及び複数の電源分配器が、ループ状に接続された電源供給システムであって、
第1入出力回路を有し、かつ、前記第1入出力回路に入力された電力の一部を、第1機器に供給する第1電源分配器と、
第2入出力回路を有し、かつ、前記第2入出力回路に入力された電力の一部を、第2機器に供給する第2電源分配器と、
前記第1電源分配器の前記第1入出力回路と、前記第2電源分配器の前記第2入出力回路とを接続する電源幹線と、
前記第1入出力回路内において、前記第1機器に接続された第1分岐線の接続点よりも、前記電源幹線に近い側に設けられた第1電流検出部と、
前記第2入出力回路内において、前記第2機器が接続された第2分岐線の接続点よりも、前記電源幹線に近い側に設けられた第2電流検出部と、
前記第1電流検出部により検出された第1電流値と、前記第2電流検出部により検出された第2電流値との差分に基づいて、前記電源幹線に漏電が発生しているか否かを判定する判定部と、
を備える電源供給システム。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記判定部は、前記第1電流値と前記第2電流値との差分が所定値を超える場合、前記電源幹線に漏電が発生していると判定する請求項1に記載の電源供給システム。
【請求項3】
前記判定部は、前記第1電流値及び前記第2電流値を複数回取得し、前記第1電流値と前記第2電流値との差分が、一定回数以上、所定値を超える場合、前記電源幹線に漏電が発生していると判定する請求項1に記載の電源供給システム。
【請求項4】
前記第1電源分配器は、前記第1電流検出部から前記第1電流値をリアルタイムで受信する第1制御部を有し、
前記第2電源分配器は、前記第2電流検出部から前記第2電流値をリアルタイムで受信する第2制御部を有し、
前記判定部は、同じタイミングで、前記第1制御部及び前記第2制御部に対して、それぞれ、第1送信指示及び第2送信指示を送信し、
前記第1制御部は、前記第1送信指示に基づいて、前記判定部に対して、前記第1電流値を含む第1電流値情報を送信し、
前記第2制御部は、前記第2送信指示に基づいて、前記判定部に対して、前記第2電流値を含む第2電流値情報を送信する請求項1に記載の電源供給システム。
【請求項5】
前記第1電源分配器は、前記第1電流検出部から前記第1電流値をリアルタイムで受信する第1制御部を有し、
前記第2電源分配器は、前記第2電流検出部から前記第2電流値をリアルタイムで受信する第2制御部を有し、
前記第1制御部は、所定のタイミングで、前記判定部に対して、前記第1電流値を含む第1電流値情報を送信し、
前記第2制御部は、前記第1制御部の送信タイミングに同期して、前記判定部に対して、前記第2電流値を含む第2電流値情報を送信する請求項1に記載の電源供給システム。
【請求項6】
前記判定部が前記電源幹線に漏電が発生していると判定する場合に、報知動作を行う報知部を更に備える請求項1~5のいずれか1項に記載の電源供給システム。
【請求項7】
前記第1電源分配器は、前記第1入出力回路内において、前記第1分岐線の接続点よりも、前記電源幹線に近い側に設けられた第1電源供給切替部を有し、
前記第2電源分配器は、前記第2入出力回路内において、前記第2分岐線の接続点よりも、前記電源幹線に近い側に設けられた第2電源供給切替部を有し、
前記判定部は、前記電源幹線に漏電が発生していると判定する場合に、前記第1電源供給切替部及び前記第2電源供給切替部を開状態に切り替える請求項1~5のいずれか1項に記載の電源供給システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、電源供給システムに関する。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
従来、車両内において、複数の電源幹線を用いて、電源供給源及び複数の電源分配器が、ループ状に接続された電源供給システムが知られている。各電源分配器には、1つ以上の車載機器が接続されている。
【0003】
特許文献1に開示された電源供給システムには、隣接する電源分配器を接続する各電源幹線内に、当該電源幹線に流れる電流の時間変化を検出する検出部が設けられている。
【0004】
一般的に、電源幹線に断線が生じた場合、当該電源幹線には電流が流れなくなる。また、電源幹線に短絡が生じた場合、当該電源幹線に流れる電流が急激に増加する。このように、電源幹線に断線又は短絡が生じた場合、当該電源幹線に流れる電流は大きく変化する。
【0005】
このため、検出部を用いて、電源幹線に流れる電流の時間変化を監視することにより、電源幹線の断線又は短絡を検出することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開2021-17115号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
上述した構成において、車両の振動等により、電源幹線の被覆の一部が、車両のボディーに擦れて削られる可能性がある。
【0008】
被覆の一部が削られた電源幹線が、車両のボディーに接触する場合、接触箇所の接触抵抗が高いと、当該電源幹線に漏電が生じる。この場合、電源幹線に流れる電流は僅かに変化する。
【0009】
このため、上述した構成において、電源幹線における漏電を検出するためには、当該電源幹線に流れる電流の微小変化を検出可能な検出部と、検出した電流の微小変化が漏電に起因するのか否かを判定する判定部とを設ける必要がある。判定部は、例えば、各車載機器の消費電流値を参照して、検出した電流の微小変化が漏電に起因するのか否かを判定する。
【0010】
このように、従来の電源供給システムでは、電源幹線における漏電を検出する場合、電流の微小変化を高精度に検出可能な検出部と、高度な判定処理を行う判定部とを設ける必要があるため、製造コストの増加につながるおそれがあった。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

矢崎総業株式会社
端子
9日前
矢崎総業株式会社
収容箱
9日前
矢崎総業株式会社
端子台
7日前
矢崎総業株式会社
端子台
7日前
矢崎総業株式会社
端子台
7日前
矢崎総業株式会社
収容箱
7日前
矢崎総業株式会社
ケース
今日
矢崎総業株式会社
コネクタ
7日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
7日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
8日前
矢崎総業株式会社
端子構造
8日前
矢崎総業株式会社
配線基板
9日前
矢崎総業株式会社
電子装置
7日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
9日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
15日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
15日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
15日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1か月前
矢崎総業株式会社
照明構造
1か月前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1か月前
矢崎総業株式会社
コネクタ
7日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
今日
矢崎総業株式会社
固定構造
4日前
矢崎総業株式会社
固定構造
4日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
1日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
3日前
矢崎総業株式会社
回転センサ
7日前
矢崎総業株式会社
グロメット
今日
矢崎総業株式会社
樹脂成形品
1か月前
矢崎総業株式会社
電子ミラー
15日前
矢崎総業株式会社
電流センサ
15日前
矢崎総業株式会社
樹脂成形品
7日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
1か月前
矢崎総業株式会社
端子付き電線
3日前
矢崎総業株式会社
冷却システム
15日前
矢崎総業株式会社
電源制御回路
7日前
続きを見る