TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024048584
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-09
出願番号2022154582
出願日2022-09-28
発明の名称衛生用薄葉紙収納容器
出願人大王製紙株式会社
代理人個人,個人
主分類B65D 83/08 20060101AFI20240402BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】片手で掴み易い衛生用薄葉紙収納容器を実現する。
【解決手段】衛生用薄葉紙収納容器100の上蓋22は、本上蓋部220と取手部221を備えており、その取手部221の内縁側には、ユーザーの指を挿し入れ可能な環状部分が設けられている。また、本上蓋部220は、衛生用薄葉紙収納容器100の取出部3を被覆したり露出したり切り替えることができる。このような衛生用薄葉紙収納容器100であれば、上蓋22の取手部221の環状部分に指を挿し入れるようにして、ユーザーの手Hで取手部221を掴むことができる。そして、ユーザーの指を挿し入れ可能な取手部221を備えている衛生用薄葉紙収納容器100であれば、ユーザーは片手で取手部221を掴んで持ち運ぶことができる。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
上面に開口部を有し、ロール状の衛生用薄葉紙を前記開口部から内部に収納する容器本体と、
前記開口部を覆うように前記容器本体に着脱自在に取り付けられ、前記容器本体の内部に収納された衛生用薄葉紙を取り出すための取出部を有する蓋体本体と、
前記取出部を被覆した状態と前記取出部を露出した状態とに切り替え可能に前記蓋体本体に設けられている上蓋と、
を備えた衛生用薄葉紙収納容器であって、
前記上蓋の少なくとも一部に、当該衛生用薄葉紙収納容器を持ち運ぶ際にユーザーが掴む取手部が設けられていることを特徴とする衛生用薄葉紙収納容器。
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
前記取手部は、前記ユーザーの指を挿し入れ可能な環状部分を有していることを特徴とする請求項1に記載の衛生用薄葉紙収納容器。
【請求項3】
前記取手部は、前記上蓋からその上蓋における前記取出部を被覆する領域が刳り抜かれた外側の枠状部として設けられていることを特徴とする請求項1又は2に記載の衛生用薄葉紙収納容器。
【請求項4】
前記取手部は、前記上蓋における前記取出部を被覆する領域以外の箇所に形成された貫通穴の周囲の縁部として設けられていることを特徴とする請求項1又は2に記載の衛生用薄葉紙収納容器。
【請求項5】
前記取手部を構成する前記枠状部の内縁側には切欠部が設けられていることを特徴とする請求項3に記載の衛生用薄葉紙収納容器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ウェットシートやウェットティッシュ等の衛生用薄葉紙を収納する衛生用薄葉紙収納容器に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、家屋の床やトイレ、あるいは人体などを拭くための衛生用薄葉紙を詰め替え可能に収納する衛生用薄葉紙収納容器が知られている。
例えば、開口部を有する容器本体の内部にロール状の衛生用薄葉紙を収容し、その容器本体の開口部を覆うように取り付けられる蓋体には衛生用薄葉紙を引き出すための取出孔を有する取出部が配設されており、取出孔から引き出される衛生用薄葉紙に抵抗を掛け、衛生用薄葉紙に設けられているミシン目にて切り離す構成の衛生用薄葉紙収納容器が使用されている(例えば、特許文献1参照。)。
このような衛生用薄葉紙収納容器においては衛生用薄葉紙を詰め替える頻度を減らすなどのため、内容量を多くするように太めに巻かれたロール状の衛生用薄葉紙を収容可能にしている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-112130号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、内容量を多くするために太く大型化した衛生用薄葉紙収納容器の場合、手の小さな女性や子供では片手で掴み難く、持ち運び難いという問題があった。
一方、片手でも掴み易くするように衛生用薄葉紙収納容器を細くスリムにすると内容量が少なくなってしまい、本末転倒になってしまう。
そこで、本発明者らが鋭意検討し、衛生用薄葉紙収納容器の内容量やサイズを変えることなく、衛生用薄葉紙収納容器を片手で掴み易くする技術を開発するに至った。
【0005】
本発明の目的は、片手で掴み易い衛生用薄葉紙収納容器を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
以上の課題を解決するため、請求項1に記載の発明は、
上面に開口部を有し、ロール状の衛生用薄葉紙を前記開口部から内部に収納する容器本体と、
前記開口部を覆うように前記容器本体に着脱自在に取り付けられ、前記容器本体の内部に収納された衛生用薄葉紙を取り出すための取出部を有する蓋体本体と、
前記取出部を被覆した状態と前記取出部を露出した状態とに切り替え可能に前記蓋体本体に設けられている上蓋と、
を備えた衛生用薄葉紙収納容器であって、
前記上蓋の少なくとも一部に、当該衛生用薄葉紙収納容器を持ち運ぶ際にユーザーが掴む取手部が設けられていることを特徴とする。
【0007】
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の衛生用薄葉紙収納容器において、
前記取手部は、前記ユーザーの指を挿し入れ可能な環状部分を有していることを特徴とする。
【0008】
請求項3に記載の発明は、請求項1又は2に記載の衛生用薄葉紙収納容器において、
前記取手部は、前記上蓋からその上蓋における前記取出部を被覆する領域が刳り抜かれた外側の枠状部として設けられていることを特徴とする。
【0009】
請求項4に記載の発明は、請求項1又は2に記載の衛生用薄葉紙収納容器において、
前記取手部は、前記上蓋における前記取出部を被覆する領域以外の箇所に形成された貫通穴の周囲の縁部として設けられていることを特徴とする。
【0010】
請求項5に記載の発明は、請求項3に記載の衛生用薄葉紙収納容器において、
前記取手部を構成する前記枠状部の内縁側には切欠部が設けられていることを特徴とする。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

大王製紙株式会社
包装用紙
13日前
大王製紙株式会社
粘着シート
1か月前
大王製紙株式会社
粘着テープ用原紙
13日前
大王製紙株式会社
キッチンペーパーロール
1か月前
大王製紙株式会社
キッチンペーパーロール
1か月前
大王製紙株式会社
ティシュペーパー収納体
23日前
大王製紙株式会社
マスク、及びマスクの製造方法
28日前
大王製紙株式会社
個装吸収性物品、及び包装シート
今日
大王製紙株式会社
個装吸収性物品、及び包装シート
今日
大王製紙株式会社
バリア紙、産業用材、包装材及び積層体
1か月前
大王製紙株式会社
古紙パルプ原料の製造方法及び製造装置
9日前
大王製紙株式会社
ティシュペーパー及びティシュペーパー製品
3日前
大王製紙株式会社
ティシュペーパー及びティシュペーパー製品
3日前
大王製紙株式会社
個装吸収性物品の製造方法、及び個装吸収性物品
今日
大王製紙株式会社
ウェットシート製造システム及びウェットシート製造方法
2日前
大王製紙株式会社
セルロース粒子及びセルロース粒子分散液
6日前
大王製紙株式会社
繊維状セルロース複合樹脂及びその製造方法、並びに樹脂の補強材
6日前
個人
包装体
8か月前
個人
構造体
2か月前
個人
包装体
8か月前
個人
パレット
8か月前
個人
半蓋半箱筒
5か月前
個人
衣類カバー
8か月前
個人
折り畳み製品
7か月前
個人
内容物排出装置
9か月前
個人
テープホルダー
6か月前
個人
段ボール用キリ
7か月前
個人
掃除楽々ゴミ箱
15日前
個人
「即時結束具」
7か月前
個人
開封用カッター
1か月前
個人
ビニール袋開口具
9か月前
個人
コード長さ調整器
6か月前
個人
爪楊枝流通セット
6か月前
個人
パウチ容器
2か月前
個人
収容ケース
9か月前
個人
チャック付き袋体
1か月前
続きを見る