TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024048504
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-09
出願番号2022154451
出願日2022-09-28
発明の名称ガス器具ユニット
出願人株式会社パロマ
代理人個人,弁理士法人グランダム特許事務所
主分類F24C 3/00 20060101AFI20240402BHJP(加熱;レンジ;換気)
要約【課題】ビルトインコンロとビルトインオーブンとを備えたガス器具ユニットにおいて、美観の向上と使い勝手の向上を両立する。
【解決手段】ガス器具ユニット1は、前面側にグリル扉52が設けられたグリル庫50を有するビルトインコンロ4と、前面側に開閉扉20が設けられたビルトインオーブン3と、を備える。ビルトインオーブン3の上方にビルトインコンロ4が配置される。グリル扉52には、左右方向に沿って延びるとともに前方に張り出す第1の取っ手54が設けられる。開閉扉20には、左右方向に沿って延びるとともに前方に張り出す第2の取っ手24が設けられる。第1の取っ手54と第2の取っ手24の左右方向の長さ及び位置が同一であり、第1の取っ手54及び第2の取っ手24のうちの一方の全領域において水平方向の位置が他方の水平方向の位置と重なっている。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
前面側にグリル扉が設けられたグリル庫を有するビルトインコンロと、前面側に開閉扉が設けられたビルトインオーブンと、を備え、前記ビルトインオーブンの上方に前記ビルトインコンロが配置されるガス器具ユニットであって、
前記グリル扉には、左右方向に沿って延びるとともに前方に張り出す第1の取っ手が設けられ、
前記開閉扉には、前記左右方向に沿って延びるとともに前方に張り出す第2の取っ手が設けられ、
前記第1の取っ手と前記第2の取っ手の前記左右方向の長さ及び前記左右方向の位置が同一であり、
前記第1の取っ手及び前記第2の取っ手のうちの一方の全領域において水平方向の位置が他方の前記水平方向の位置と重なっている
ガス器具ユニット。
続きを表示(約 230 文字)【請求項2】
前記グリル扉は、前面ガラスを備えた窓部を有し、
前記開閉扉は、ガラス窓を有し、
前記前面ガラスと前記ガラス窓の前記左右方向の幅及び前記左右方向の位置が互いに同一である
請求項1に記載のガス器具ユニット。
【請求項3】
前記第1の取っ手、前記第2の取っ手、前記前面ガラス、及び前記ガラス窓の前記左右方向の幅及び前記左右方向の位置が互いに同一である
請求項2に記載のガス器具ユニット。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、ガス器具ユニットに関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、ガスオーブンの上にガスコンロが設置されたガス器具が開示されている。特許文献1に開示されるガス器具は、ガスコンロにはグリル扉が設けられ、ガスオーブンにも扉が設けられている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
実公昭59-38645号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に開示されるガス器具では、上段のガスコンロに設けられたグリル扉の取っ手は、左右方向中央部付近において前側に張り出すようにやや小さめに設けられ、ガスオーブンに設けられた取っ手は、右寄りの領域において前側に張り出すように大きめに設けられている。このような構造のものでは、グリル扉とオーブン扉との統一感が無く、取っ手の配置がアンバランスであるため、使い勝手の面で不利である。
【0005】
本開示に係る技術の一つの目的は、ビルトインコンロとビルトインオーブンとを備えたガス器具ユニットにおいて、美観の向上と使い勝手の向上を両立することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示の一つであるガス器具ユニットは、
前面側にグリル扉が設けられたグリル庫を有するビルトインコンロと、前面側に開閉扉が設けられたビルトインオーブンと、を備え、前記ビルトインオーブンの上方に前記ビルトインコンロが配置されるガス器具ユニットであって、
前記グリル扉には、左右方向に沿って延びるとともに前方に張り出す第1の取っ手が設けられ、
前記開閉扉には、前記左右方向に沿って延びるとともに前方に張り出す第2の取っ手が設けられ、
前記第1の取っ手と前記第2の取っ手の前記左右方向の長さ及び前記左右方向の位置が同一であり、
前記第1の取っ手及び前記第2の取っ手のうちの一方の全領域において水平方向の位置が他方の前記水平方向の位置と重なっている。
【発明の効果】
【0007】
本開示に係る技術は、ビルトインコンロとビルトインオーブンとを備えたガス器具ユニットにおいて、美観の向上と使い勝手の向上を両立し得る。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、第1実施形態に係るガス器具ユニットの正面図である。
図2は、図1のガス器具ユニットの側面図である。
図3は、図1のガス器具ユニットの平面図である。
図4は、図1のガス器具ユニットの斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下では、本開示の実施形態が列記されて例示される。なお、以下で例示される特徴は、矛盾しない組み合わせでどのように組み合わされてもよい。
【0010】
〔1〕前面側にグリル扉が設けられたグリル庫を有するビルトインコンロと、前面側に開閉扉が設けられたビルトインオーブンと、を備え、前記ビルトインオーブンの上方に前記ビルトインコンロが配置されるガス器具ユニットであって、
前記グリル扉には、左右方向に沿って延びるとともに前方に張り出す第1の取っ手が設けられ、
前記開閉扉には、前記左右方向に沿って延びるとともに前方に張り出す第2の取っ手が設けられ、
前記第1の取っ手と前記第2の取っ手の前記左右方向の長さ及び前記左右方向の位置が同一であり、
前記第1の取っ手及び前記第2の取っ手のうちの一方の全領域において水平方向の位置が他方の前記水平方向の位置と重なっている
ガス器具ユニット。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社パロマ
給湯器
7日前
株式会社パロマ
据置型給湯器
6日前
株式会社パロマ
据置型給湯器
11日前
株式会社パロマ
熱交換器及び給湯器
4日前
株式会社パロマ
水流スイッチ及び水流スイッチの製造方法
12日前
個人
空気処理装置
10日前
個人
薪ストーブ
1か月前
株式会社コロナ
加湿器
1か月前
株式会社コロナ
室外機
20日前
株式会社コロナ
空調装置
26日前
個人
室外機内蔵エアコン
13日前
株式会社コロナ
空調装置
14日前
個人
室外機内蔵エアコン
12日前
株式会社コロナ
空調装置
4日前
株式会社コロナ
加熱調理器
1か月前
マクセル株式会社
加湿器
1か月前
株式会社ハーマン
レンジフード
13日前
シャープ株式会社
温風機
1か月前
株式会社ノーリツ
蓄熱槽
1か月前
マクセル株式会社
加湿器
1か月前
日本精機株式会社
空気除菌装置
1か月前
マクセル株式会社
加湿器
1か月前
日本精機株式会社
空気除菌装置
1か月前
株式会社コロナ
窓用空気調和機
20日前
株式会社ノーリツ
設備機器
1か月前
シャープ株式会社
送風装置
20日前
シャープ株式会社
送風装置
1か月前
トヨタ自動車株式会社
ダクト
25日前
株式会社パロマ
給湯器
1か月前
シャープ株式会社
加熱調理器
10日前
シャープ株式会社
空気清浄機
20日前
株式会社パロマ
給湯器
1か月前
シャープ株式会社
加熱調理器
1か月前
株式会社パロマ
給湯器
1か月前
株式会社テクノファイン
加湿器
1か月前
マクセル株式会社
空気浄化装置
1か月前
続きを見る