TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024047946
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-08
出願番号2022153726
出願日2022-09-27
発明の名称液状急結剤、吹付けコンクリート
出願人デンカ株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類C04B 22/14 20060101AFI20240401BHJP(セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物)
要約【課題】優れた急結性、強度発現性、長期の貯蔵安定性を有する液状急結剤を提供する。
【解決手段】アルミニウムがAl2O3換算で9.0~15.0質量%、硫黄がSO3換算で22.0~35.0質量%、粘土鉱物が0.5~2.0質量%、アミン系化合物が0.5~5.0質量%含有され、透過光を用いた光学顕微鏡観察による分散粒子のHeywood平均径が3~30μmである液状急結剤である。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
アルミニウムがAl



換算で9.0~15.0質量%、硫黄がSO

換算で22.0~35.0質量%、粘土鉱物が0.5~2.0質量%、アミン系化合物が0.5~5.0質量%含有され、
透過光を用いた光学顕微鏡観察による分散粒子のHeywood平均径が3~30μmである液状急結剤。
続きを表示(約 100 文字)【請求項2】
30℃における粘度が200~3,000mPa・sである請求項1に記載の液状急結剤。
【請求項3】
請求項1又は2に記載の液状急結剤を含む吹付けコンクリート。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、液状急結剤及び吹付けコンクリートに関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来、トンネル掘削等露出した地山の崩落を防止するために、急結剤をコンクリートに混合した急結性コンクリートの吹付け工法が用いられている。この工法は、掘削工事現場に設置した計量プラントで材料を計量混合して吹付けコンクリートを調製し、ポンプで圧送、途中で合流管の他方から圧送した急結剤と混合し、地山面に所定の厚みになるまで吹付ける工法である。
【0003】
吹付け工法に使用される急結剤は大きく分類すると、カルシウムアルミネートやアルカリ金属アルミン酸塩等を主成分とする粉体急結剤と、アルカリ金属アルミン酸塩や硫酸アルミニウムなどを主成分とする液状急結剤の2種類が挙げられる。
【0004】
近年では、トンネル建設現場等に従事する作業者の健康確保の観点から、吹付け時の粉塵量が少なく、アルカリ薬傷の懸念がないアルミニウム塩を主成分とする酸性の液状急結剤の使用が望まれている。
【0005】
一方で、液状急結剤は、粉体急結剤と比較して急結性が低い課題があった。そこで、急結性改善策として、例えば特許文献1に示されるような硫酸イオン濃度を高めることによって強度を改善させる対策がなされている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開2006-193388号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかし、特許文献1のような硫酸イオン濃度の高い液状急結剤は、液中に不安定な析出物が生成したり、液がゲル化したり、懸濁粒子が沈降したりする場合があった。硫酸アルミニウムの水に対する溶解度は20℃で27質量%であり、共存する溶質や液温によって変動するが、溶解度以上の硫酸アルミニウムを含有する液状急結剤は、分散状態の硫酸アルミニウム粒子(分散粒子)が沈降する等して、1か月程の長期の貯蔵安定性が低くなり、製造直後の性状を保持することが難しい課題があった。
【0008】
以上より、本発明は、優れた急結性、強度発現性、長期の貯蔵安定性を有する液状急結剤を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明者らは、上記のような課題を踏まえて鋭意検討を行った結果、所定のアルミニウムと硫黄濃度を有し、析出粒子の粒径を所定の粒度分布範囲内に制御した液状急結剤が、上記の課題を解決できることを見出だし、本発明を完成するに至った。すなわち、本発明は、下記の通りである。
【0010】
[1] アルミニウムがAl



換算で9.0~15.0質量%、硫黄がSO

換算で22.0~35.0質量%、粘土鉱物が0.5~2.0質量%、アミン系化合物が0.5~5.0質量%含有され、透過光を用いた光学顕微鏡観察による分散粒子のHeywood平均径が3~30μmである液状急結剤。
[2] 30℃における粘度が200~3,000mPa・sである[1]に記載の液状急結剤。
[3] [1]又は[2]に記載の液状急結剤を含む吹付けコンクリート。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

デンカ株式会社
グリースの配置方法
今日
デンカ株式会社
蛍光体粉末および発光装置
4日前
デンカ株式会社
絶縁層を含む多層構造体
11日前
デンカ株式会社
人工毛髪用繊維および頭飾品
今日
東ソー株式会社
焼結体
1か月前
花王株式会社
水硬性組成物
2か月前
花王株式会社
水硬性組成物
2か月前
京セラ株式会社
誘電体磁器組成物
1か月前
日本特殊陶業株式会社
接合体
1か月前
花王株式会社
湿式吹付工法
4日前
花王株式会社
吹付用水硬性組成物
1か月前
花王株式会社
水硬性組成物用早強剤
12日前
花王株式会社
水硬性組成物用早強剤
12日前
東ソー株式会社
ジルコニア組成物及びその製造方法
1か月前
花王株式会社
吹付用水硬性組成物
4日前
TOTO株式会社
衛生陶器
2か月前
TOTO株式会社
衛生陶器
2か月前
花王株式会社
水硬性組成物用増粘剤組成物
2か月前
共立マテリアル株式会社
ジルコニア焼結体
3か月前
イビデン株式会社
伝熱管
1か月前
クアーズテック合同会社
アルミナ焼結体部材
6日前
株式会社トクヤマ
セメントクリンカ製造設備
1か月前
株式会社HAMY
石膏ボード及びその製造方法
1か月前
太平洋セメント株式会社
セメント組成物
6日前
太平洋セメント株式会社
セメント組成物
6日前
太平洋セメント株式会社
セメント組成物
6日前
川田建設株式会社
コンクリート構造物の塩分除去方法
27日前
日本特殊炉材株式会社
溶射材用粉末
1か月前
太平洋セメント株式会社
セメント質組成物
6日前
株式会社ワールドラボ
MgO系コンポジットセラミックス
2か月前
個人
メタルファイバおよびその製造方法並びに装置
1か月前
デンカ株式会社
液状急結剤、吹付けコンクリート
1か月前
デンカ株式会社
液状急結剤、吹付けコンクリート
1か月前
第一高周波工業株式会社
炭化ケイ素系複合体の製造方法
2か月前
太平洋マテリアル株式会社
繊維補強モルタル組成物及びそのモルタル
1か月前
東ソー株式会社
焼結体
1か月前
続きを見る