TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024047407
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-05
出願番号2022153010
出願日2022-09-26
発明の名称電源回路
出願人株式会社東芝,東芝デバイス&ストレージ株式会社
代理人弁理士法人イトーシン国際特許事務所
主分類G05F 1/56 20060101AFI20240329BHJP(制御;調整)
要約【課題】電源とグランドを逆接続した際に、大きな入力電圧にも対応することができる電源回路を提供する。
【解決手段】実施形態の電源回路は、入力端子にソースが接続され、ゲートが第1ノードに接続された第1トランジスタと、第1トランジスタのドレインにドレインが接続され、出力端子にソースが接続された第2トランジスタと、入力端子にソースが接続され、第1ノードにドレインが接続され、第2ノードにゲートが接続された第3トランジスタと、入力端子にアノードが接続され、第2ノードにカソードが接続されたツェナーダイオードと、を有する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
入力端子にソースが接続され、ゲートが第1ノードに接続された第1トランジスタと、
前記第1トランジスタのドレインにドレインが接続され、出力端子にソースが接続された第2トランジスタと、
前記入力端子にソースが接続され、前記第1ノードにドレインが接続され、第2ノードにゲートが接続された第3トランジスタと、
前記入力端子にアノードが接続され、前記第2ノードにカソードが接続されたツェナーダイオードと、
を有する電源回路。
続きを表示(約 690 文字)【請求項2】
前記第2ノードと基準電位との間に接続され、ゲートとソースが共通接続された第4トランジスタ及び第5トランジスタを有する請求項1に記載の電源回路。
【請求項3】
前記第4トランジスタ及び前記第5トランジスタに並列に接続されたキャパシタを有する請求項2に記載の電源回路。
【請求項4】
前記基準電位と前記出力端子の間に接続された第6トランジスタを有する請求項2に記載の電源回路。
【請求項5】
前記入力端子と前記基準電位との間に接続され、ゲートとソースが基板の基準電位に共通接続された第6トランジスタ及び第7トランジスタを有する請求項2に記載の電源回路。
【請求項6】
前記第1トランジスタ及び前記第2トランジスタのゲートにゲート制御信号を出力するゲートコントローラを有する請求項1に記載の電源回路。
【請求項7】
前記ゲートコントローラは、前記第1ノードを介して前記第1トランジスタのゲートに前記ゲート制御信号を出力する請求項6に記載の電源回路。
【請求項8】
前記第2ノードに一端が接続され、基準電位に他端が接続された抵抗を有する請求項1に記載の電源回路。
【請求項9】
前記入力端子と前記第2ノードとの間に順方向に接続された複数のダイオードを有する請求項1に記載の電源回路。
【請求項10】
前記第2ノードに一端が接続され、前記出力端子に他端が接続された抵抗を有する請求項1に記載の電源回路。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明の実施形態は、電源回路に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
電源回路は、電源とグランドを逆接続した場合に内部回路が破壊されることを防ぐため、電源線にスイッチ回路を挿入する。
【0003】
しかしならが、従来のスイッチ回路はトランジスタのVgs耐圧の制限により、大きな入力電圧には対応できないという課題があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
米国特許出願公開第2020/67501号明細書
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
そこで、実施形態は、電源とグランドを逆接続した際に、大きな入力電圧にも対応することができる電源回路を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
実施形態の電源回路は、入力端子にソースが接続され、ゲートが第1ノードに接続された第1トランジスタと、第1トランジスタのドレインにドレインが接続され、出力端子にソースが接続された第2トランジスタと、入力端子にソースが接続され、第1ノードにドレインが接続され、第2ノードにゲートが接続された第3トランジスタと、入力端子にアノードが接続され、第2ノードにカソードが接続されたツェナーダイオードと、を有する。
【図面の簡単な説明】
【0007】
第1の実施形態に係わる電源回路の一例を示す回路図である。
ゲートコントローラの内部構成を示した電源回路の回路図である。
第2の実施形態に係わる電源回路の一例を示す回路図である。
第2の実施形態の変形例1に係わる電源回路の一例を示す回路図である。
第2の実施形態の変形例2に係わる電源回路の一例を示す回路図である。
第2の実施形態の変形例3に係わる電源回路の一例を示す回路図である。
第2の実施形態の変形例4に係わる電源回路の一例を示す回路図である。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、図面を参照して実施形態を説明する。
(第1の実施形態)
図1は、第1の実施形態に係わる電源回路の一例を示す回路図である。
本実施形態の電源回路1は、外部からの電源として入力電圧VINが供給される入力端子11と、外部の負荷回路に出力電圧VOUTを出力する出力端子12と、ゲートコントローラ13と、トランジスタM1,M2,M3,M4,M5,M6,M7,M8と、ツェナーダイオードZDと、キャパシタC1とを有する。トランジスタM1~M8は、NMOSトランジスタである。
【0009】
トランジスタM1は、ソースが入力端子11に接続され、ドレインがトランジスタM2のドレインに接続される。また、トランジスタM1は、ゲートがゲートコントローラ13とトランジスタM3のドレインとの間に接続される。
【0010】
トランジスタM2は、ソースが出力端子12に接続され、ドレインがトランジスタM1のドレインに接続される。また、トランジスタM2は、ゲートがゲートコンロローラ13に接続される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社東芝
電解装置
1か月前
株式会社東芝
電子回路
2か月前
株式会社東芝
発電設備
1か月前
株式会社東芝
電解装置
1か月前
株式会社東芝
電子機器
1か月前
株式会社東芝
通信装置
9日前
株式会社東芝
検査装置
1か月前
株式会社東芝
回路素子
2か月前
株式会社東芝
通信装置
2か月前
株式会社東芝
電源回路
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
2か月前
株式会社東芝
レーダ装置
29日前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
単極発電機
2か月前
株式会社東芝
半導体装置
2か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
X線厚さ計
2か月前
株式会社東芝
搬送ローラ
1か月前
株式会社東芝
真空バルブ
2か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
10日前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
11日前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
2か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
続きを見る