TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024047307
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-05
出願番号2022152854
出願日2022-09-26
発明の名称貯蔵庫
出願人フクシマガリレイ株式会社
代理人個人
主分類F25D 23/06 20060101AFI20240329BHJP(冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化)
要約【課題】仕切体を備える貯蔵庫において、貯蔵庫本体に仕切体を簡便に取り付けることができるようにする。
【解決手段】貯蔵庫本体3の向かい合う左右の庫内面5A・5Bに固定される左右一対のブラケット55・55と、これらブラケット55・55の間に架設されて、貯蔵庫本体3の前面開口2を上下に仕切る四角柱状の仕切体6とを備え、ブラケット55・55と仕切体6の左右の端部との間に、貯蔵庫本体3に対する仕切体6の取り付けを担う取付構造52・52が設けられている貯蔵庫を対象とする。各取付構造52が、仕切体6に設けられて、左右外向きに突出するガイド突部48と、ブラケット55に設けられて、前後方向に差し込まれたガイド突部48を上下方向に移動不能に受け止め支持するガイド溝53と、ガイド溝53で受け止め支持されたガイド突部48の前後方向の移動を規制するロック構造54とを備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
貯蔵庫本体(3)の向かい合う左右の庫内面(5A・5B)に固定される左右一対のブラケット(55・55)と、これらブラケット(55・55)の間に架設されて、貯蔵庫本体(3)の前面開口(2)を上下に仕切る四角柱状の仕切体(6)とを備え、
ブラケット(55・55)と仕切体(6)の左右の端部との間に、貯蔵庫本体(3)に対する仕切体(6)の取り付けを担う取付構造(52・52)が設けられている貯蔵庫であって、
各取付構造(52)が、ブラケット(55)と仕切体(6)とのいずれか一方に設けられて、他方に向かって左右方向に突出するガイド突部(48)と、ブラケット(55)と仕切体(6)の他方に設けられて、前後方向に差し込まれたガイド突部(48)を上下方向に移動不能に受け止め支持するガイド溝(53)と、ガイド溝(53)で受け止め支持されたガイド突部(48)の前後方向の移動を規制するロック構造(54)とを備えることを特徴とする貯蔵庫。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
仕切体(6)の左右の端面から左右の外方向に向かってガイド突部(48)が突設され、ブラケット(55)の左右の端面にガイド溝(53)が凹み形成されており、
仕切体(6)のブラケット(55・55)への取り付けに際して、ガイド溝(53)に対してガイド突部(48)が前方から後方に向かって差し込まれるようになっており、
ロック構造(54)が、ガイド溝(53)に前方から差し込まれるガイド突部(48)を受け止めて後方への移動を規制するストッパー(62)と、ガイド突部(48)がストッパー(62)で受け止められたときに互いに係止されてガイド突部(48)の前方への移動を規制する係止突部(49)と係止爪(65)とを備えている請求項1に記載の貯蔵庫。
【請求項3】
係止突部(49)は仕切体(6)の左右の端面に設けられ、係止爪(65)はブラケット(55)に弾性変形可能に形成された弾性片(64)の先端に設けられており、
係止突部(49)と係止爪(65)は、ガイド溝(53)に対するガイド突部(48)の差し込み時に、互いに当接する傾斜面からなるガイド面(60・67)を備えており、
ガイド溝(53)に対するガイド突部(48)の差し込み動作に連動して、両ガイド面(60・67)の当接反力で弾性片(64)が弾性変形することにより、係止爪(65)が係止突部(49)に係止されるように構成されている請求項2に記載の貯蔵庫。
【請求項4】
ガイド突部(48)は、ガイド溝(53)で受け止められる、前後方向に伸びる上下一対の突条(58・58)を含み、
係止突部(49)が、上下の突条(58・58)の間に設けられている請求項2に記載の貯蔵庫。
【請求項5】
仕切体(6)をブラケット(55)に取り付けたとき、ブラケット(55)の前端面と左右端面とが仕切体(6)で覆われている請求項1から4のいずれかひとつに記載の貯蔵庫。
【請求項6】
ブラケット(55)は、ガイド溝(53)が凹み形成されたブラケットベース(61)と、ブラケットベース(61)の後端から後向きに延出形成された締結座(63)とを備えており、
ブラケット(55)が、締結座(63)を介して貯蔵庫本体(3)にねじ込まれた固定ビス(77)により貯蔵庫本体(3)に固定されている請求項5に記載の貯蔵庫。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、貯蔵庫に関し、特に貯蔵庫本体の前面開口を上下に仕切る仕切体の取付構造に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
この種の貯蔵庫は、例えば特許文献1(発明の名称:冷却貯蔵庫)に開示されている。特許文献1の貯蔵庫の仕切体(仕切枠)は、貯蔵庫本体の前面開口(開口部)を左右に仕切るものであり、庫外側の面を構成する前面枠と、前面枠に対して庫内側に配されるカバーと、これら前面枠とカバーとの間に収納される断熱材とを備える。前面枠は、庫外側の面を構成する長方形状の前壁部と、前壁部の長手方向両端部から後向きに伸びるように形成される第1取付片とを備え、第1取付片にはねじ止め用の挿通孔が形成されている。仕切体の取り付けは、まず前面開口の上下の内周面に第1取付片をねじで締結して貯蔵庫本体に前面枠を固定する。続いて前壁部の裏面に断熱材を配置した状態で、前面枠の左右側板に形成された取付孔に、カバーの左右側壁部の内面に形成された突部を挿通するように、前面枠に対して貯蔵室の内部側からカバーを組み付ける。これにて、仕切体は四角柱状に形成されるとともに所謂センターピラーとして貯蔵庫本体に取り付けられる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2017-198351号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1の貯蔵庫によれば、前壁部の裏面側にある第1取付片をねじ止めして貯蔵庫本体に前面枠を固定し、次いで固定された前面枠に対してカバーを組み付けて仕切体を取り付けるので、当該カバーで仕切体を取り付けるねじを隠蔽することが可能であり、貯蔵庫の見栄えが損なわれることを防ぐことができる。しかし、前面枠の固定対象となる第1取付片は前壁部の裏面側に位置するため、ねじ止め用の挿通穴を貯蔵庫本体の正面側から目視することは不可能であり、挿通穴に対するねじの位置合わせ作業が煩わしい。ねじを締め付けるためには、前壁部の裏面側に工具を回り込ませることが必要であり、ねじの締め付け作業を迅速に進めることもできない。さらに、固定された前面枠に対して貯蔵室の内部側から断熱材とカバーを組み付ける必要があり、これら断熱材とカバーの組み付け作業に手間が掛かる点にも不利がある。
【0005】
本発明は、仕切体を備える貯蔵庫において、貯蔵庫本体に対して仕切体をより簡便に取り付けることができるようにすることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の貯蔵庫は、貯蔵庫本体3の向かい合う左右の庫内面5A・5Bに固定される左右一対のブラケット55・55と、これらブラケット55・55の間に架設されて、貯蔵庫本体3の前面開口2を上下に仕切る四角柱状の仕切体6とを備え、ブラケット55・55と仕切体6の左右の端部との間に、貯蔵庫本体3に対する仕切体6の取り付けを担う取付構造52・52が設けられている。そして、各取付構造52が、ブラケット55と仕切体6とのいずれか一方に設けられて、他方に向かって左右方向に突出するガイド突部48と、ブラケット55と仕切体6の他方に設けられて、前後方向に差し込まれたガイド突部48を上下方向に移動不能に受け止め支持するガイド溝53と、ガイド溝53で受け止め支持されたガイド突部48の前後方向の移動を規制するロック構造54とを備えることを特徴とする。
【0007】
仕切体6の左右の端面から左右の外方向に向かってガイド突部48が突設され、ブラケット55の左右の端面にガイド溝53が凹み形成されており、仕切体6のブラケット55・55への取り付けに際して、ガイド溝53に対してガイド突部48が前方から後方に向かって差し込まれるようになっている。ロック構造54は、ガイド溝53に前方から差し込まれるガイド突部48を受け止めて後方への移動を規制するストッパー62と、ガイド突部48がストッパー62で受け止められたときに互いに係止されてガイド突部48の前方への移動を規制する係止突部49と係止爪65とを備えている。
【0008】
係止突部49は仕切体6の左右の端面に設けられ、係止爪65はブラケット55に弾性変形可能に形成された弾性片64の先端に設けられている。係止突部49と係止爪65は、ガイド溝53に対するガイド突部48の差し込み時に、互いに当接する傾斜面からなるガイド面60・67を備えている。ガイド溝53に対するガイド突部48の差し込み動作に連動して、両ガイド面60・67の当接反力で弾性片64が弾性変形することにより、係止爪65が係止突部49に係止されるように構成されている。
【0009】
ガイド突部48は、ガイド溝53で受け止められる、前後方向に伸びる上下一対の突条58・58を含み、係止突部49は、上下の突条58・58の間に設けられている。
【0010】
仕切体6をブラケット55に取り付けたとき、ブラケット55の前端面と左右端面とが仕切体6で覆われている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
冷却ユニット
1か月前
大陽日酸株式会社
熱交換器
5か月前
株式会社カンファクト
冷却カバー
7か月前
富士電機株式会社
冷却装置
6か月前
シャープ株式会社
冷却装置
1か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
21日前
アクア株式会社
冷蔵庫
15日前
アクア株式会社
冷蔵庫
3か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
6か月前
アクア株式会社
冷蔵庫
1か月前
シャープ株式会社
空気調和機
7か月前
エスペック株式会社
冷凍装置
2か月前
ワコン株式会社
真空保冷容器
2か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
1か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
1か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
3か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
1か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
3か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
7か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
1か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
1か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
4か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
4か月前
株式会社テクノコア
室外機用冷却装置
8か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
1か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
2か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
2か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
7か月前
シャープ株式会社
冷蔵庫
1か月前
ホシザキ株式会社
冷却装置
5か月前
フクシマガリレイ株式会社
貯蔵庫
3か月前
フクシマガリレイ株式会社
貯蔵庫
6か月前
アイリスオーヤマ株式会社
冷蔵庫
2か月前
アイリスオーヤマ株式会社
冷蔵庫
2か月前
能美防災株式会社
大空間降温装置
3か月前
株式会社杉浦
飲料過冷却装置
7か月前
続きを見る