TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024047246
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-05
出願番号2022152768
出願日2022-09-26
発明の名称作業車
出願人株式会社クボタ
代理人弁理士法人R&C
主分類B60K 1/00 20060101AFI20240329BHJP(車両一般)
要約【課題】重量物であるモータを適切な位置に設けることにより、作業装置が作業車に支持された際の作業車の前後バランスを改善する。
【解決手段】走行装置1,2と、バッテリ25と、モータ26と、モータ26を作動させるインバータ24と、走行装置1を操作する操縦ハンドル6が設けられた運転部5と、走行用の変速装置を収容するミッションケース11とが備えられる。モータ26が、側面視で、前の走行装置1と後の走行装置2との間で、且つ、操縦ハンドル6の下方に設けられる。モータ26の動力が、伝動軸29を介して変速装置に伝達され、変速装置から走行装置1,2に伝達される。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
走行装置と、バッテリと、モータと、前記モータを作動させるインバータと、前記走行装置を操作する操縦ハンドルが設けられた運転部と、走行用の変速装置を収容するミッションケースとが備えられ、
前記モータが、側面視で、前の前記走行装置と後の前記走行装置との間で、且つ、前記操縦ハンドルの下方に設けられ、
前記モータの動力が、伝動軸を介して前記変速装置に伝達され、前記変速装置から前記走行装置に伝達される作業車。
続きを表示(約 890 文字)【請求項2】
前記運転部の下方に前後方向に沿って配置された右の機体フレーム及び左の機体フレームが備えられ、
前記モータが、平面視で、右の前記機体フレームと左の前記機体フレームとの間に設けられている請求項1に記載の作業車。
【請求項3】
走行装置と、バッテリと、モータと、前記モータを作動させるインバータと、運転部と、走行用の変速装置を収容するミッションケースとが備えられ、
前記モータが、側面視で、前の前記走行装置の上方又は前の前記走行装置よりも前側に設けられ、
前記モータの動力が、伝動軸を介して前記変速装置に伝達され、前記変速装置から前記走行装置に伝達される作業車。
【請求項4】
走行装置と、バッテリと、モータと、前記モータを作動させるインバータと、運転部と、走行用の変速装置を収容するミッションケースとが備えられ、
前記ミッションケースが、前記運転部の運転座席の下方に設けられ、
前記モータが、側面視で、前記運転座席と前記ミッションケースとの間に設けられ、
前記モータの動力が、前記変速装置に伝達され、前記変速装置から前記走行装置に伝達される作業車。
【請求項5】
前記ミッションケースが、前記運転部の運転座席の下方に設けられ、
作業装置が連結されるリンク機構が、昇降操作可能に前記ミッションケースに設けられ、
前記リンク機構を昇降操作する油圧シリンダと、前記油圧シリンダに作動油を供給する油圧ポンプとが、前記ミッションケースに設けられ、
前記油圧ポンプを駆動するポンプモータが、側面視で、前記運転座席と前記ミッションケースとの間に設けられている請求項1~4のうちのいずれか一項に記載の作業車。
【請求項6】
作業装置が連結されるリンク機構が、昇降操作可能に前記ミッションケースに設けられ、
前記作業装置に動力を供給する作業モータが、前記リンク機構に設けられている請求項1~4のうちのいずれか一項に記載の作業車。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、モータにより走行装置を駆動する電動型式の作業車や、エンジン及びモータにより走行装置を駆動するハイブリッド型式の作業車に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
電動型式の作業車の一例が、特許文献1に開示されている。特許文献1では、走行用の変速装置を収容するミッションケースが、作業車の後部に設けられ、モータがミッションケースの前部に連結されている。モータの動力が、変速装置に伝達され、変速装置から前輪(走行装置に相当)及び後輪(走行装置に相当)に伝達される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2013-141875号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1では、重量物であるモータが作業車の前後中央に位置しているので、モータが作業車の前後バランスに影響を与えることは少ない。
しかし作業車では、作業装置を作業車の前部に支持して作業走行を行ったり、作業装置を作業車の後部に支持して作業走行を行ったりするので、作業装置の重量により作業車の前後バランスが変化し易い。
【0005】
本発明は、作業車において、重量物であるモータを適切な位置に設けることにより、作業装置が作業車に支持された際の作業車の前後バランスを改善することができるように構成することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の作業車は、走行装置と、バッテリと、モータと、前記モータを作動させるインバータと、前記走行装置を操作する操縦ハンドルが設けられた運転部と、走行用の変速装置を収容するミッションケースとが備えられ、前記モータが、側面視で、前の前記走行装置と後の前記走行装置との間で、且つ、前記操縦ハンドルの下方に設けられ、前記モータの動力が、伝動軸を介して前記変速装置に伝達され、前記変速装置から前記走行装置に伝達される。
【0007】
本発明によると、モータが作業車の前後中央から少し前側に位置することになるので、比較的小重量の作業装置が作業車の後部に支持された際に、モータがバランスウェイトとして機能し易くなる。これにより、比較的小重量の作業装置を作業車の後部に支持した作業走行に適した作業車を得ることができる。
【0008】
本発明によると、モータが前の走行装置と後の走行装置との間に設けられているので、作業装置が作業車に支持されていない状態において、モータが作業車の前後バランスに影響を与えることが少ない。モータが、運転部の操縦ハンドルの下方に設けられ、比較的低い位置に設けられて、作業車の低重心化の面で有利である。これにより、作業車の走行安定性を向上させることができる。
【0009】
本発明において、前記運転部の下方に前後方向に沿って配置された右の機体フレーム及び左の機体フレームが備えられ、前記モータが、平面視で、右の前記機体フレームと左の前記機体フレームとの間に設けられていると好適である。
【0010】
作業車では、右の機体フレーム及び左の機体フレームが、運転部の下方に前後方向に沿って配置されることがある。
本発明によると、モータが右及び左の機体フレームの間に設けられて、モータが右及び左の機体フレームにより保護されるので、作業走行時に跳ね飛ばされた小石等がモータに当たることを少なくすることができて、モータの破損防止の面で有利である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社クボタ
作業車
7日前
株式会社クボタ
作業車
7日前
株式会社クボタ
収穫機
今日
株式会社クボタ
作業車
7日前
株式会社クボタ
作業車
7日前
株式会社クボタ
作業機
6日前
株式会社クボタ
作業機
6日前
株式会社クボタ
作業車
1日前
株式会社クボタ
作業車
6日前
株式会社クボタ
作業車
1日前
株式会社クボタ
作業車
6日前
株式会社クボタ
作業車
6日前
株式会社クボタ
走行車両
7日前
株式会社クボタ
エンジン
1日前
株式会社クボタ
多目的車両
7日前
株式会社クボタ
コンバイン
今日
株式会社クボタ
電動作業車
7日前
株式会社クボタ
故障診断支援装置
8日前
株式会社クボタ
電子機器付エンジン
1日前
株式会社クボタ
電子機器付エンジン
1日前
株式会社クボタ
ユーティリティビークル
7日前
株式会社クボタ
電磁弁制御装置および作業車
1日前
株式会社クボタ
電磁弁制御装置および作業車
1日前
株式会社クボタ
作業車用無段変速動力伝達装置及び作業車
1日前
株式会社クボタ
作業車用無段変速動力伝達装置及び作業車
1日前
株式会社クボタ
作業車用無段変速動力伝達装置及び作業車
1日前
株式会社クボタ
管理システム
9日前
株式会社クボタ
電動トラクタ
2日前
クボタ環境エンジニアリング株式会社
焼却炉のストーカ構造
今日
株式会社クボタケミックス
電動アクチュエータ
2日前
株式会社クボタケミックス
排水配管継手の製造方法
6日前
株式会社長谷工コーポレーション
木造中空床に好適な樹脂製の排水集合管および防火区画構造
今日
個人
スーパーEV
2か月前
個人
設置部材
20日前
個人
骨組み型熱交換器
1か月前
個人
車内雨傘載置収納具
15日前
続きを見る