TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024046990
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-05
出願番号2022152395
出願日2022-09-26
発明の名称シールドコネクタ
出願人矢崎総業株式会社
代理人弁理士法人虎ノ門知的財産事務所
主分類H01R 13/52 20060101AFI20240329BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】
ハウジングの止水性の低下を抑制することができるシールドコネクタを提供する。
【解決手段】
シールドコネクタ1は、電線11に取り付けられる端子12を保持するハウジング2と、ハウジング2の背面開口部211Aに挿入されてハウジング2に取り付けられるリアカバー41と、リアカバー41とハウジング2の間に配置されハウジング2の内外の止水を行うパッキン42と、ハウジング2及びリアカバー41を収容するシールドシェル3と、シールドシェル3の内面に突出して設けられパッキン42が配置されるハウジング2の外面214の位置に当接する当接部314とを備えて構成されている。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
電線に取り付けられる端子を保持するハウジングと、
前記ハウジングの背面開口部に挿入されて前記ハウジングに取り付けられるリアカバーと、
前記リアカバーと前記ハウジングの間に配置され、前記ハウジングの内外の止水を行うパッキンと、
前記ハウジング及び前記リアカバーを収容するシールドシェルと、
前記シールドシェルの内面に突出して設けられ、内側に前記パッキンが配置される前記ハウジングの外面の位置に当接する当接部と、を備える、
シールドコネクタ。
続きを表示(約 250 文字)【請求項2】
前記当接部は、前記ハウジングを挟んだ位置に少なくとも二つ設けられている、
請求項1に記載のシールドコネクタ。
【請求項3】
前記当接部は、前記ハウジングの外周に対し部分的に当接している、
請求項2に記載のシールドコネクタ。
【請求項4】
前記当接部において、前記ハウジングの前記外面と当接する面が、前記背面開口部に近づくほど前記パッキンに近づくように、前記外面に対し傾斜している、
請求項1に記載のシールドコネクタ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、シールドコネクタに関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来、シールドコネクタとしては、例えば、特許文献1に記載されるように、電線に取り付けられた端子をハウジングで保持し、ハウジングをシールドシェル内に収容し、シールドシェルを取付対象物に取り付けて用いられるコネクタが知られている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015-082464号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
このようなシールドコネクタにあっては、ハウジングの止水機能を維持する上で改善の余地がある。例えば、ハウジングをパッキンにより止水して止水性を担保しているが、高温状態になるとパッキンの膨張によりハウジングが変形することが考えられる。この場合、ハウジングの止水性が低下することが懸念される。
【0005】
そこで、本発明は、高温時においてハウジングの止水性の低下を抑制することができるシールドコネクタを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
すなわち、本発明に係るシールドコネクタは、電線に取り付けられる端子を保持するハウジングと、ハウジングの背面開口部に挿入されてハウジングに取り付けられるリアカバーと、リアカバーとハウジングの間に配置されハウジングの内外の止水を行うパッキンと、ハウジング及びリアカバーを収容するシールドシェルと、シールドシェルの内面に突出して設けられ、内側にパッキンが配置されるハウジングの外面の位置に当接する当接部とを備えて構成されている。
【発明の効果】
【0007】
本発明に係るシールドコネクタによれば、高温時においてハウジングの止水性の低下を抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態に係るシールドコネクタの分解斜視図である。
図2は、実施形態に係るシールドコネクタにおけるリアカバー及びパッキンの説明図である。
図3は、実施形態に係るシールドコネクタにおけるシェルアッパの説明図である。
図4は、図2のIV-IVにおけるシールドコネクタの断面図である。
図5は、実施形態に係るシールドコネクタの止水機能の説明図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下に、本発明に係る実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。なお、この実施形態により本発明が限定されるものではない。また、下記実施形態における構成要素には、当業者が置換可能かつ容易なもの、あるいは実質的に同一のものが含まれる。
【0010】
[実施形態]
本実施形態は、シールドコネクタに関する。図1は、実施形態に係るシールドコネクタを示す分解斜視図であり、図2は、実施形態に係るシールドコネクタにおけるリアカバー及びパッキンの説明図である。図3は、実施形態に係るシールドコネクタにおけるシェルアッパの説明図であり、図4は、図2のIV-IVにおけるシールドコネクタの断面図である。図5は、本実施形態に係るシールドコネクタの止水機能の説明図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許