TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024046922
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-05
出願番号2022152295
出願日2022-09-26
発明の名称シート集合包装体、及びシート包装体
出願人大王製紙株式会社
代理人個人,個人
主分類B65D 85/07 20170101AFI20240329BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】生産性が向上しながら、積載効率を維持するシート集合包装体を提供する。
【解決手段】複数枚のシートが積層された直方体状のシート積層体を収容する樹脂フィルム製の包装袋と、包装袋の天面に形成されてシートが引き出される取出口と、を有するシート包装体100が、高さ方向に複数集積された集合体30を収容する樹脂フィルム製の集合包装袋40と、を有するシート集合包装体200であって、シート積層体は、シートが引き出される方向がCD方向となるように積層され、シート包装体は、シート積層体の積層方向がシート包装体の高さ方向となるように締め付けられた状態で包装袋に収容され、集合体は、シート包装体の長手方向がシート集合包装体の高さ方向となるように、複数のシート包装体が集積され、シート集合包装体の高さ方向と直交する長手方向の堅さ(LF)が、2.0%以上4.5%以下である。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
複数枚のシートが積層された直方体状のシート積層体と、前記シート積層体を収容する樹脂フィルム製の包装袋と、前記包装袋の天面に形成されて前記シートが引き出される取出口と、を有するシート包装体が、前記シート包装体の高さ方向に複数集積された集合体と、
前記集合体を収容する樹脂フィルム製の集合包装袋と、を有するシート集合包装体であって、
前記シート積層体は、前記シートが引き出される方向がCD方向となるように積層されたものであり、
前記シート包装体は、前記シート積層体の積層方向が前記シート包装体の高さ方向となるように前記シート積層体が締め付けられた状態で前記包装袋に収容されたものであり、
前記集合体は、前記シート包装体の長手方向が前記シート集合包装体の高さ方向となるように、複数の前記シート包装体が集積されたものであり、
前記シート集合包装体の高さ方向と直交する長手方向の堅さ(LF)が、2.0%以上4.5%以下である、シート集合包装体。
続きを表示(約 430 文字)【請求項2】
前記集合体は、各前記シート包装体の少なくとも長側面が締め付けられた状態で前記集合包装袋に収容されている、請求項1に記載のシート集合包装体。
【請求項3】
前記集合包装袋が、ガセット包装袋である、請求項2に記載のシート集合包装体。
【請求項4】
前記シート包装体は、前記シート積層体がキャラメル包装されたものである、請求項1に記載のシート集合包装体。
【請求項5】
包装前の前記シート積層体の合計の高さに対する前記シート集合包装体の前記長手方向の長さの比が、90%以下である、請求項2に記載のシート集合包装体。
【請求項6】
前記集合体は、前記シート集合包装体の高さ方向に複数集積された状態で前記集合包装袋に収容されている、請求項2に記載のシート集合包装体。
【請求項7】
請求項1乃至6のいずれか一項に記載のシート集合包装体の前記集合体を構成するシート包装体。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、シート集合包装体、及びシート包装体に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
ティシューペーパー等の衛生薄葉紙は、そのウェブが厚紙の箱に収容されたカートンタイプが普及しているが、運搬、保管、廃棄、環境負荷、コスト等の観点から、近年は、樹脂フィルム製の包装袋にウェブが収容されたフィルムパックの需要が高まっている。
【0003】
フィルムパックの製造では、ウェブを包装袋に収容する際にウェブのコンパクションによる衛生薄葉紙の取出性低下を防ぐため、収容されるウェブの側面が揃いやすいロータリー式インターフォルダが用いられる(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
また、フィルムパックの個包装体は、さらにフィルム状の包装袋に複数収容された集合包装体として流通する(例えば、特許文献2参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2018-102858号公報
特開2021-54517号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、ロータリー式インターフォルダを用いたフィルパックの製造では、ウェブの供給能力が低いため、フィルムパックの生産性を高めることができない。
【0007】
また、ロータリー式インターフォルダに代えてウェブの供給能力が高いマルチスタンド式インターフォルダを用いると、フィルムパックの生産性は向上するものの、ウェブの側面が揃わないため、その分だけフィルムパックの容量が大きくなる。その結果、フィルムパックの集合包装体では、フィルムパックの数だけ容量が大きくなり、複数の集合包装体を梱包する従来のケースに、同じ数量の集合包装体が梱包できない(積載効率が低下する)。
【0008】
さらに、ウェブの側面が揃わないフィルムパックは、ウェブや集合包装体のコンパクションを強くすることで、容量を小さくすることができるが、収容されたウェブの側面が揃わない状態で製造時や保管時に押し潰されて、衛生薄葉紙の取出性が低下する。
【0009】
本発明の課題は、生産性が向上しながら、積載効率を維持することができるシート集合包装体を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明に係る第1の態様は、複数枚のシートが積層された直方体状のシート積層体と、前記シート積層体を収容する樹脂フィルム製の包装袋と、前記包装袋の天面に形成されて前記シートが引き出される取出口と、を有するシート包装体が、前記シート包装体の高さ方向に複数集積された集合体と、前記集合体を収容する樹脂フィルム製の集合包装袋と、を有するシート集合包装体であって、前記シート積層体は、前記シートが引き出される方向がCD方向となるように積層されたものであり、前記シート包装体は、前記シート積層体の積層方向が前記シート包装体の高さ方向となるように前記シート積層体が締め付けられた状態で前記包装袋に収容されたものであり、前記集合体は、前記シート包装体の長手方向が前記シート集合包装体の高さ方向となるように、複数の前記シート包装体が集積されたものであり、前記シート集合包装体の高さ方向と直交する長手方向の堅さ(LF)が、2.0%以上4.5%以下である、シート集合包装体を提供する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

大王製紙株式会社
包装用紙
13日前
大王製紙株式会社
粘着テープ用原紙
13日前
大王製紙株式会社
ティシュペーパー収納体
23日前
大王製紙株式会社
マスク、及びマスクの製造方法
28日前
大王製紙株式会社
個装吸収性物品、及び包装シート
今日
大王製紙株式会社
個装吸収性物品、及び包装シート
今日
大王製紙株式会社
古紙パルプ原料の製造方法及び製造装置
9日前
大王製紙株式会社
ティシュペーパー及びティシュペーパー製品
3日前
大王製紙株式会社
ティシュペーパー及びティシュペーパー製品
3日前
大王製紙株式会社
個装吸収性物品の製造方法、及び個装吸収性物品
今日
大王製紙株式会社
ウェットシート製造システム及びウェットシート製造方法
2日前
大王製紙株式会社
セルロース粒子及びセルロース粒子分散液
6日前
大王製紙株式会社
繊維状セルロース複合樹脂及びその製造方法、並びに樹脂の補強材
6日前
個人
包装体
8か月前
個人
構造体
2か月前
個人
包装体
8か月前
個人
パレット
8か月前
個人
半蓋半箱筒
5か月前
個人
衣類カバー
8か月前
個人
折り畳み製品
7か月前
個人
開封用カッター
1か月前
個人
段ボール用キリ
7か月前
個人
荷物運搬補助具
9か月前
個人
「即時結束具」
7か月前
個人
内容物排出装置
9か月前
個人
送出具付き容器
10か月前
個人
掃除楽々ゴミ箱
15日前
個人
テープホルダー
6か月前
個人
ビニール袋開口具
9か月前
個人
折りたたみコップ
1か月前
個人
折りたたみコップ
11か月前
個人
パウチ容器
2か月前
個人
チャック付き袋体
1か月前
個人
収容ケース
9か月前
個人
粘着テープカッタ
7か月前
個人
コード長さ調整器
6か月前
続きを見る