TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024046722
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-04
出願番号2022152041
出願日2022-09-24
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人
主分類G03G 15/00 20060101AFI20240328BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】起動時かぶりを起こしたトナーによって引き起こされるトナー飛散を抑制する。
【解決手段】感光体1と現像部材4aとが当接した状態で感光体1及び現像部材4aの回転が開始される画像形成装置100は、停止時に現像部Ndに位置していた感光体1上の領域を第1の領域、停止時に規制部Nbに位置していた現像部材4a上の領域と現像部Ndで最初に当接する感光体1上の領域を第2の領域としたとき、制御手段50は、上記第1の領域が最初に転写部Ntに到達してから上記第2の領域が最初に転写部Ntに到達するまでの期間の少なくとも一部を含む第1の期間に、転写部材5にトナーの正規の帯電極性とは逆極性の電圧を印加し、上記第1の期間の後、かつ、トナー像が転写部Ntに到達する前の第2の期間に、転写部材5に少なくとも上記正規の帯電極性と同極性である第1の電圧と、上記第1の電圧と同極性であって絶対値が上記第1の電圧の絶対値よりも大きい第2の電圧と、を印加するように転写電圧印加手段18を制御する構成とされる。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
回転可能な感光体と、
帯電部で前記感光体を帯電処理する帯電手段と、
現像部で前記感光体に当接して前記帯電手段により帯電処理された前記感光体上にトナーを供給する回転可能な現像部材と、
規制部で前記現像部材に当接して前記現像部材上のトナーに電荷を付与する規制部材と、
前記感光体に当接して転写部を形成し、前記転写部を通過する記録材に前記感光体からトナーを転写させる転写部材と、
前記転写部材に電圧を印加する転写電圧印加手段と、
前記転写電圧印加手段を制御可能な制御手段と、
を有し、
前記感光体と前記現像部材とが当接した状態で前記感光体及び前記現像部材の回転が開始される画像形成装置において、
前記感光体及び前記現像部材の停止時に前記現像部に位置していた前記感光体上の領域を第1の領域、前記感光体及び前記現像部材の回転が開始された後に前記感光体及び前記現像部材の停止時に前記規制部に位置していた前記現像部材上の領域と前記現像部で最初に当接する前記感光体上の領域を第2の領域としたとき、
前記制御手段は、前記感光体及び前記現像部材の回転が開始されて前記第1の領域が最初に前記転写部に到達してから前記第2の領域が最初に前記転写部に到達するまでの期間の少なくとも一部を含む第1の期間に、前記転写部材に電圧を印加しないか又はトナーの正規の帯電極性とは逆極性の電圧を印加し、前記第1の期間の後、かつ、前記感光体に形成されたトナー像が前記転写部に到達する前の第2の期間に、前記転写部材に少なくとも前記正規の帯電極性と同極性である第1の電圧と、前記第1の電圧と同極性であって絶対値が前記第1の電圧の絶対値よりも大きい第2の電圧と、を印加するように前記転写電圧印加手段を制御することを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
前記制御手段は、前記第1の期間に、前記転写部材に前記正規の帯電極性とは逆極性の電圧を印加するように前記転写電圧印加手段を制御することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記第1の期間は、前記感光体及び前記現像部材の回転が開始されて前記第1の領域が最初に前記転写部に到達してから前記第2の領域が最初に前記転写部に到達するまでの期間を含むことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記感光体及び前記現像部材の停止時に前記帯電部に位置していた前記感光体上の領域を第3の領域としたとき、
前記第1の期間は、前記感光体及び前記現像部材の回転が開始されて前記第1の領域が最初に前記転写部に到達してから前記第3の領域が最初に前記転写部に到達するまでの期間を含むことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記制御手段は、前記第2の期間に、前記転写部材に前記正規の帯電極性とは逆極性である第3の電圧と、前記第3の電圧と同極性であって絶対値が前記第3の電圧の絶対値よりも大きい第4の電圧と、を印加するように前記転写電圧印加手段を制御することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記制御手段は、前記第2の期間に、前記転写部材に前記正規の帯電極性と同極性の電圧と、前記正規の帯電極性とは逆極性の電圧と、を交互に印加するように前記転写電圧印加手段を制御することを特徴とする請求項5に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記制御手段は、前記感光体及び前記現像部材の回転が開始されてから前記感光体に形成されたトナー像が前記転写部に到達するまでの動作期間に前記第1の期間及び前記第2の期間における前記転写電圧印加手段の前記制御を行う第1の制御と、前記動作期間に前記第1の期間及び前記第2の期間における前記転写電圧印加手段の前記制御を行わず、前記動作期間が前記第1の制御を実行した場合よりも短い第2の制御とを、当該画像形成装置の動作履歴に関する情報に基づいて選択的に実行可能であることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記制御手段は、前記第2の制御において、前記動作期間に前記転写部材に最初に印加する電圧が前記正規の帯電極性とは逆極性の電圧であるように前記転写電圧印加手段を制御することを特徴とする請求項7に記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記動作履歴に関する情報は、前回のプリント動作終了からの前記感光体の停止時間に関する情報であることを特徴とする請求項7に記載の画像形成装置。
【請求項10】
前記動作履歴に関する情報は、前回のプリント動作におけるプリント枚数に関する情報であることを特徴とする請求項7に記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、電子写真方式を用いたレーザービームプリンタ、複写機、ファクシミリなどの画像形成装置に関するものである。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来、例えば電子写真方式を用いたレーザービームプリンタなどの画像形成装置では、像担持体としての感光ドラムの表面が帯電手段によって一様に暗部電位に帯電処理される。その後、帯電処理された感光ドラムの表面が露光手段によって露光されて、感光ドラムの表面に明部電位が形成される。これにより、その暗部電位と明部電位とのコントラストで感光ドラムの表面に静電潜像が形成される。そして、感光ドラム上に形成された静電潜像は、現像手段によってトナーが供給されて、感光ドラム上にトナー像が形成される。現像手段を構成する現像部材としては、一般的に現像ローラが用いられる。現像ローラは、感光ドラムに当接してニップ部を形成し、回転しながら現像容器内のトナーを感光ドラム上へ供給する。
【0003】
感光ドラム上に形成されたトナー像は、転写手段によって記録材に転写される。転写手段を構成する転写部材としては、一般的に転写ローラが用いられる。転写ローラは、感光ドラムに当接してニップ部(以下、「転写ニップ部」という。)を形成し、回転して記録材を搬送しながら感光ドラム上のトナーを記録材上に転写させる。この時、転写ローラには、トナーの正規の帯電極性とは逆極性の転写電圧が印加され、像担持体上のトナー像は静電的に記録材上に転写される。その後、記録材に転写されたトナー像は、定着手段によって加熱及び加圧されることで記録材上に定着される。
【0004】
なお、記録材のことを「紙」ということがあるが、記録材は、例えば、合成樹脂を主体とした材料で形成された合成紙やフィルム、金属層を有する蒸着紙(特殊紙)などの、紙以外の材料あるいは紙以外の材料を含む材料で形成されたものであってもよい。また、便宜上、特に別に言及しない場合は、電位、電圧あるいは電流の大小(高低、強弱)は、絶対値で比較した場合の大小(高低、強弱)をいうものとする。また、記録材に関して「先端」、「後端」とは、それぞれ記録材の搬送方向における先端、後端をいうものとする。
【0005】
上述のような画像形成装置では、「起動時かぶり」という現象が発生することがある。「起動時かぶり」は、前回のプリント動作終了から長時間経過後に画像形成装置を起動する際に、感光ドラム上に静電潜像が存在しないのにもかかわらず、現像ローラ上に保持されていたトナーの一部が感光ドラム上に転移する現象である。この現象は、長時間経過によって感光ドラムの表面電位が低下することで感光ドラムと現像ローラとの間の電位差が保てなくなること、及び長時間経過によって現像ローラ上のトナーの電荷が低下することが原因で発生する。
【0006】
「起動時かぶり」を抑制するための一般的な手段は、画像形成装置の起動時に現像ローラを感光ドラムから離間させることである。現像ローラを感光ドラムから離間させれば、現像ローラ上のトナーは感光ドラム上へ転移することはない。しかし、画像形成装置に感光ドラムに対する現像ローラの当接と離間とを切り替える当接離間機構を設けることは、装置の大型化やコストアップにつながる。
【0007】
特許文献1では、画像形成装置の起動時に、現像ローラに通常とは逆極性の電圧を印加することで、感光ドラムと現像ローラとの間の電位差を生成し、現像ローラから感光ドラムへ転移するトナー量を低減することが提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0008】
特開2013-117591号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
しかしながら、前回のプリント動作終了から長時間経過後の現像ローラ上のトナーには、ゼロ電荷のトナーや正規の帯電極性とは逆極性に極性が反転したトナーが多く含まれている。そのため、感光ドラムと現像ローラとの間の電位差のみで起動時かぶりを完全に防ぐことは難しい。
【0010】
このような起動時かぶりを起こしたトナー(以下、「かぶりトナー」ともいう。)が転写ニップ部を通過すると、転写ニップ部からのトナー飛散が発生する。このトナー飛散により、記録材の搬送方向において転写ニップ部の下流側に配置されている、例えば、除電針や搬送ガイドといった部材に、トナーによる汚れが付着する。繰り返し起動時かぶりが発生することで、このトナーによる汚れは堆積していく。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
成形体
11日前
キヤノン株式会社
読取装置
11日前
キヤノン株式会社
記録装置
7日前
キヤノン株式会社
定着装置
4日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
撮像装置
11日前
キヤノン株式会社
撮像装置
11日前
キヤノン株式会社
光走査装置
4日前
キヤノン株式会社
露光ヘッド
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像読取装置
7日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
7日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
定着用回転体
8日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
7日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
7日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
11日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
5日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
除菌剤可視化シート
8日前
続きを見る