TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024046694
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-03
出願番号2024024478,2021161800
出願日2024-02-21,2021-09-30
発明の名称熱交換器
出願人ダイキン工業株式会社
代理人弁理士法人新樹グローバル・アイピー
主分類F28D 9/00 20060101AFI20240327BHJP(熱交換一般)
要約【課題】性能を向上する。
【解決手段】熱交換器(100)は、積層される複数のプレート(103、104)を備える。熱交換器(100)は、冷媒と熱媒体との間で熱交換を行わせる。プレート(103、104)間には、第1流路(111)と第2流路(112)とが形成される。第1流路(111)は、二相状態の冷媒が流れる。第2流路(112)は、熱媒体が流れる。プレート(103、104)には、第1入口(115)と第1出口(116)とが形成される。第1入口(115)は、第1流路(111)に流れる冷媒の入口となる。第1出口(116)は、第1流路(111)に流れる冷媒の出口となる。プレート(103、104)の積層方向視において、第1入口(115)及び第1出口(116)は、プレート(103、104)の幅方向の中央線Lに対して、線対称である。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
積層される複数のプレート(103)を備え、冷媒と熱媒体との間で熱交換を行わせる熱交換器であって、
前記プレート間には、
二相状態の前記冷媒が流れる第1流路(111)と、
前記熱媒体が流れる第2流路(112)と、
が形成され、
前記プレートには、
前記第1流路に流れる前記冷媒の入口となる第1入口(115)と、
前記第1流路に流れる前記冷媒の出口となる第1出口(116)と、
が形成され、
前記プレートの積層方向視において、前記第1入口及び前記第1出口は、前記プレートの幅方向の中央線(L)に対して、線対称である、熱交換器(100)。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
1枚の前記プレートには、前記第1入口として、1または複数の貫通穴が形成される、
請求項1に記載の熱交換器。
【請求項3】
前記プレート間には、
前記第1入口と前記第1流路との間に形成される第1入口ヘッダ(113)と、
前記第1出口と前記第1流路との間に形成される第1出口ヘッダ(114)と、
が形成される、
請求項1または2に記載の熱交換器。
【請求項4】
第1流路は、前記プレートの長手方向に延びる複数の流路であり、
前記複数の流路は、互いに離間している、
請求項3に記載の熱交換器。
【請求項5】
前記プレートには、
前記第2流路に流れる前記熱媒体の入口となる第2入口(117)と、
前記第2流路に流れる前記熱媒体の出口となる第2出口(118)と、
がさらに形成され、
前記第1入口と前記第1出口とを結ぶ線と、前記第2入口と前記第2出口とを結ぶ線とがなす角度(θ)は25度未満である、
請求項1~4のいずれか1項に記載の熱交換器。
【請求項6】
前記プレートには、
前記第2流路に流れる前記熱媒体の入口となる第2入口(117)と、
前記第2流路に流れる前記熱媒体の出口となる第2出口(118)と、
がさらに形成され、
前記プレートの積層方向視において、前記第2入口及び前記第2出口は、前記プレートの幅方向の中央線に対して、線対称である、
請求項1~5のいずれか1項に記載の熱交換器。
【請求項7】
前記プレートには、
前記第2流路に流れる前記熱媒体の入口となる第2入口(117)と、
前記第2流路に流れる前記熱媒体の出口となる第2出口(118)と、
がさらに形成され、
前記プレートの長手方向において、前記第2入口と前記第2出口との間に、前記第1入口及び前記第1出口が位置する、
請求項1~6のいずれか1項に記載の熱交換器。
【請求項8】
前記プレートには、
前記第2流路に流れる前記熱媒体の入口となる第2入口(117)と、
前記第2流路に流れる前記熱媒体の出口となる第2出口(118)と、
がさらに形成され、
前記プレートの長手方向において、前記冷媒及び前記熱媒体の高圧側の入口及び出口との間に、前記冷媒及び前記熱媒体の低圧側の入口及び出口が位置する、
請求項1~7のいずれか1項に記載の熱交換器。
【請求項9】
前記第1入口は、前記第1出口よりも下方に形成される、
請求項1~8のいずれか1項に記載の熱交換器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
熱交換器に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来、複数のプレートが積層されて構成されるプレート式熱交換器が知られている。このようなプレート式熱交換器として、例えば、特開平11-173772号公報(特許文献1)が挙げられる。
【0003】
特許文献1に開示のプレート式熱交換器では、伝熱プレートの下端に、水入口管から導入した水を水流通路に導く第3開口が設けられるとともに、伝熱プレートの上端に、水流通路の水を水出口管に導く第4開口が設けられている。第3開口及び第4開口は、伝熱プレートの幅方向の中央部に設けられている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記特許文献1では、伝熱プレートの下端に、冷媒入口管から導入した冷媒を冷媒流路に導く第1開口が設けられるとともに、伝熱プレートの上端に、冷媒流通路の冷媒を冷媒出口管に導く第2開口が設けられている。しかしながら、第1開口は伝熱プレートの幅方向中央部に設けられているが、第2開口は伝熱プレートの幅方向端部に設けられている。このため、第2開口が設けられた端部に冷媒が集中する場合がある。この場合、各冷媒流通路の冷媒量が不均一になるので、性能が低下する。
【課題を解決するための手段】
【0005】
第1観点に係る熱交換器は、積層される複数のプレートを備える。熱交換器は、冷媒と熱媒体との間で熱交換を行わせる。プレート間には、第1流路と第2流路とが形成される。第1流路は、二相状態の冷媒が流れる。第2流路は、熱媒体が流れる。プレートには、第1入口と第1出口とが形成される。第1入口は、第1流路に流れる冷媒の入口となる。第1出口は、第1流路に流れる冷媒の出口となる。プレートの積層方向視において、第1入口及び第1出口は、プレートの幅方向の中央線に対して、線対称である。
【0006】
第1観点の熱交換器によれば、プレートの積層方向視において、二相状態の冷媒の入口となる第1入口、及び冷媒の出口となる第1出口は、プレートの幅方向の中央線に対して、線対称の位置に形成されている。これにより、第1入口及び第1出口の位置関係による流路抵抗の差を低減できる。このため、第1入口と第1出口との間の第1流路を通る冷媒が、二相状態で第1入口から第1流路に流入しても、第1流路を流れる冷媒量の均一化を高めることができる。したがって、冷媒の偏流を抑制できるので、熱交換器の性能を向上できる。
【0007】
第2観点に係る熱交換器は、第1観点の熱交換器であって、1枚のプレートには、第1入口として、1または複数の貫通穴が形成される。
【0008】
第2観点の熱交換器のように、第1入口として、1または複数の貫通穴が形成された、複数のプレートを用いることができる。
【0009】
第3観点に係る熱交換器は、第1観点または第2観点の熱交換器であって、プレート間には、第1入口ヘッダと、第1出口ヘッダとが形成される。第1入口ヘッダは、第1入口と第1流路との間に形成される。第1出口ヘッダは、第1出口と第1流路との間に形成される。
【0010】
第3観点に係る熱交換器では、冷媒を第1入口から第1入口ヘッダに集めて、第1入口ヘッダから第1流路に分流することができる。そして、冷媒を第1流路から第1出口ヘッダに集合させることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
熱交換器
6か月前
個人
高効率輻射熱交換槽
10か月前
株式会社ティラド
熱交換器
10か月前
株式会社ティラド
熱交換器
7か月前
東芝キヤリア株式会社
熱交換器
10か月前
株式会社ティラド
熱交換ユニット
7か月前
株式会社ティラド
積層型熱交換器
6か月前
株式会社スイシン
熱交換装置
8か月前
個人
冷媒液注入及び封止方法
3日前
マルヤス工業株式会社
熱交換器
2か月前
個人
放熱ニット網
1か月前
株式会社ティラド
熱交換器の補強構造
6か月前
日本ピラー工業株式会社
温調容器
10か月前
栗田工業株式会社
洗浄装置
10か月前
株式会社ティラド
熱交換器の誤組防止構造
3か月前
株式会社ティラド
プレート積層型熱交換器
2か月前
株式会社ティラド
熱交換器のヘッダタンク
12日前
住友精密工業株式会社
熱交換器
6か月前
株式会社ティラド
熱交換器のタンク接続構造
9か月前
住友精密工業株式会社
熱交換器
10日前
個人
ウィック付毛細管挿入縦型ヒートパイプ
8か月前
株式会社デンソー
熱交換器
3か月前
株式会社デンソー
熱交換器
5か月前
株式会社カンファクト
熱伝導部材及び冷却器具
7か月前
富士電機株式会社
冷却装置および蒸発器
4か月前
株式会社デンソー
熱交換器
6か月前
株式会社バルテック
プレート式熱交換器
5か月前
個人
薄型ウイック及び薄型ヒートパイプ
8か月前
株式会社デンソー
熱交換器
6か月前
株式会社バルテック
プレート式熱交換器
5か月前
株式会社神戸製鋼所
熱交換器
3か月前
シャープ株式会社
熱交換器、及び、除湿機
1か月前
新光電気工業株式会社
ヒートパイプ
4か月前
住友金属鉱山株式会社
煙灰除去装置
7か月前
日野自動車株式会社
熱交換器
1か月前
株式会社デンソー
温度調節器
7か月前
続きを見る