TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024046684
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-03
出願番号2024022513,2021150178
出願日2024-02-19,2021-09-15
発明の名称保持装置
出願人日本特殊陶業株式会社
代理人個人,個人
主分類H01L 21/683 20060101AFI20240327BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】対象物を保持する板状部に対する入熱が大きくなる場合であっても、保持装置に
おける冷却性能を高めて、接合部の損傷等を抑える。
【解決手段】対象物を保持する保持装置は、板状に形成される板状部と、板状部を支持し
、板状部を主に形成する材料の熱膨張率と異なる熱膨張率を有する材料を主とし、冷却機
能を有し、板状に形成されるベース部と、板状部とベース部との間に配置され、接着剤を
含み、板状部とベース部とを接合する接合部と、を備える。接合部の熱抵抗は、5.0×
10-4(m2K/W)以下であり、接合部の最大せん断応力時ひずみ量は、0.5mm
以上である。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
対象物を保持する保持装置であって、
板状に形成される板状部と、
前記板状部を支持し、前記板状部を主に形成する材料の熱膨張率と異なる熱膨張率を有
する材料を主とし、冷却機能を有し、板状に形成されるベース部と、
前記板状部と前記ベース部との間に配置され、接着剤を含み、前記板状部と前記ベース
部とを接合する接合部と、
を備え、
前記接合部の熱抵抗は、5.0×10
-4
(m

K/W)以下であり、
前記接合部の最大せん断応力時ひずみ量は、0.5mm以上であることを特徴とする
保持装置。
続きを表示(約 750 文字)【請求項2】
請求項1に記載の保持装置であって、
前記接合部は、該接合部について引張試験を行い、せん断力による変形の長さが0.5
mmになるときのせん断応力が、0.1MPa以上、3.5MPa以下であることを特徴
とする
保持装置。
【請求項3】
請求項1または2に記載の保持装置であって、
前記接合部は、前記接着剤と無機フィラーとを含む複合物により構成されることを特徴
とする
保持装置。
【請求項4】
請求項3に記載の保持装置であって、
前記無機フィラーを断面視したときの内接円の半径をR1とし、外接円の半径をR2と
すると、R2/R1の値の平均値が1.10以上であることを特徴とする
保持装置。
【請求項5】
請求項1から4までのいずれか一項に記載の保持装置であって、
前記接合部の剛性率が0.03MPa以上、2.0MPa以下であることを特徴とする
保持装置。
【請求項6】
請求項1から5までのいずれか一項に記載の保持装置であって、
前記接合部は、前記接着剤を含む樹脂層と、前記樹脂層内において前記接合部の面方向
に広がるように形成されて、無機材料によって構成される無機シートと、を備えることを
特徴とする
保持装置。
【請求項7】
請求項1から6までのいずれか一項に記載の保持装置であって、
前記板状部は、セラミックを主成分とし、前記対象物を保持するための吸着電極を含み
、前記対象物を加熱するためのヒータ電極を含まないことを特徴とする
保持装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、保持装置に関する。
続きを表示(約 4,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来、対象物を保持する保持装置として、例えば、半導体を製造する際にウェハ等の対
象物を保持する静電チャックが知られている。静電チャックは、一般に、対象物が載置さ
れるセラミック部と、冷媒流路が形成されるベース部と、セラミック部とベース部とを接
合する接合部と、を備える。例えば、特許文献1には、接着剤層(接合部)の材質として
、シリコーン樹脂や、シリコーン樹脂に酸化アルミニウムまたは窒化アルミニウム等の熱
伝導性フィラーを添加した複合樹脂等からなる接着剤を用いることが記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2008-300491号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記特許文献1に記載の技術によれば、接合部の材質としてシリコーン樹脂を用いるこ
とで、比較的高い温度条件下であっても、セラミック部とベース部との間の応力を緩和す
ることができる。しかしながら、例えば静電チャックを、より高出力のプラズマに暴露し
て用いる場合のように、セラミック部に対する入熱が大きくなる場合には、セラミック部
が過剰に昇温してウェハの加工精度が低下する可能性があった。また、セラミック部の過
剰な温度上昇により接合部等に生じる応力に起因して、接合部が損傷する可能性があった
。そのため、セラミック部に対する入熱が大きくなる場合であっても、保持装置における
冷却性能を高めて、接合部の損傷等の不都合の発生を抑制できる技術が望まれていた。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本開示は、以下の形態として実現することが可能である。
(1)本開示の一形態によれば、保持装置が提供される。この保持装置は、板状に形成さ
れる板状部と、前記板状部を支持し、前記板状部を主に形成する材料の熱膨張率と異なる
熱膨張率を有する材料を主とし、冷却機能を有し、板状に形成されるベース部と、前記板
状部と前記ベース部との間に配置され、接着剤を含み、前記板状部と前記ベース部とを接
合する接合部と、を備え、前記接合部の熱抵抗は、5.0×10
-4
(m

K/W)以下
であり、前記接合部の最大せん断応力時ひずみ量は、0.5mm以上である。
この形態の保持装置によれば、板状部に対する入熱が大きくなる場合であっても、保持
装置における冷却性能を高めると共に、接合部に生じる応力に起因する不都合を抑えるこ
とができる。
(2)上記形態の保持装置において、前記接合部は、該接合部について引張試験を行い、
せん断力による変形の長さが0.5mmになるときのせん断応力が、0.1MPa以上、
3.5MPa以下であることとしてもよい。このような構成とすれば、接合部に発生する
せん断応力を抑えることができるため、接合部に生じる応力に起因する不都合を抑える効
果をさらに高めることができる。
(3)上記形態の保持装置において、前記接合部は、前記接着剤と無機フィラーとを含む
複合物により構成されることとしてもよい。このような構成とすれば、接着剤により接合
部の柔軟性を確保して最大せん断応力時ひずみ量を大きくすると共に、無機フィラーによ
り接合部の伝熱性を確保して、接合部の熱抵抗を抑えることができる。
(4)上記形態の保持装置において、前記無機フィラーを断面視したときの内接円の半径
をR1とし、外接円の半径をR2とすると、R2/R1の値の平均値が1.10以上であ
ることとしてもよい。このような構成とすれば、無機フィラー同士の接点がより多く形成
されて、接合部内で熱伝導パスが形成され易くなり、接合部の熱抵抗を抑えることができ
る。
(5)上記形態の保持装置において、前記接合部の剛性率が0.03MPa以上、2.0
MPa以下であることとしてもよい。このような構成とすれば、接合部の柔軟性が確保さ
れるため、接合部における応力緩和性能を高めて、接合部にせん断力が加えられたときの
接合部の損傷を抑えることができる。また、接合部の形状保持性を高めることができる。
(6)上記形態の保持装置において、前記接合部は、前記接着剤を含む樹脂層と、前記樹
脂層内において前記接合部の面方向に広がるように形成されて、無機材料によって構成さ
れる無機シートと、を備えることとしてもよい。このような構成とすれば、無機シートを
設けることにより、熱抵抗や最大せん断応力時ひずみ量を、接合部の面内で均一化するこ
とができると共に、接合部の面内の温度分布を、均一化することができる。
(7)上記形態の保持装置において、前記板状部は、セラミックを主成分とし、前記対象
物を保持するための吸着電極を含み、前記対象物を加熱するためのヒータ電極を含まない
こととしてもよい。このような構成とすれば、ヒータ電極により対象物および板状部が加
熱されない場合であっても、板状部に対する入熱が大きく、板状部とベースとの温度差が
大きくなり易い使用状態において、保持装置における冷却性能を高めると共に、接合部に
生じる応力に起因する不都合を抑える効果を顕著に得ることができる。
本開示は、上記以外の種々の形態で実現可能であり、例えば、保持装置を含む半導体製
造装置、保持装置の製造方法、接合部の形成方法などの形態で実現することができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
第1実施形態の静電チャックの外観の概略を表す斜視図。
静電チャックの構成を模式的に表す断面図。
無機フィラーの粒子の「R2/R1」の求め方を示す説明図。
無機フィラーの粒子間で伝熱パスが形成される様子を示す説明図。
無機フィラーの含有割合と接合部の熱伝導率との関係を示す説明図。
接合部で発生する応力に関する説明図。
第2実施形態の静電チャックの構成を模式的に示す断面図。
各サンプルの測定結果と評価結果とを、まとめて示す説明図。
各サンプルの測定結果と評価結果とを、まとめて示す説明図。
各サンプルの測定結果と評価結果とを、まとめて示す説明図。
各サンプルの測定結果と評価結果とを、まとめて示す説明図。
最大せん断応力およびひずみ量の算出方法を模式的に示す説明図。
引張試験による実測値の一例(サンプルS25)を示す説明図。
引張試験による実測値の一例(サンプルS25)を示す説明図。
【発明を実施するための形態】
【0007】
A.第1実施形態:
(A-1)静電チャックの構造:
図1は、第1実施形態における静電チャック10の外観の概略を表す斜視図である。図
2は、静電チャック10の構成を模式的に表す断面図である。図1では、静電チャック1
0の一部を破断して示している。また、図1、図2、および後述する図6、図7には、方
向を特定するために、互いに直交するXYZ軸を示している。各図に示されるX軸、Y軸
、Z軸は、それぞれ同じ向きを表す。本願明細書においては、Z軸は鉛直方向を示し、X
軸およびY軸は水平方向を示している。なお、上記各図は、各部の配置を模式的に表して
おり、各部の寸法の比率を正確に表すものではない。
【0008】
静電チャック10は、対象物を静電引力により吸着して保持する装置であり、例えば半
導体製造装置の真空チャンバ内で、対象物であるウェハWを固定するために使用される。
静電チャック10は、セラミック部20と、ベース部30と、接合部40と、を備える。
これらは、-Z軸方向(鉛直下方)に向かって、セラミック部20、接合部40、ベース
部30の順に積層されている。本実施形態における静電チャック10を、「保持装置」と
も呼ぶ。
【0009】
セラミック部20は、略円形の板状部材であり、セラミック(例えば、酸化アルミニウ
ムや窒化アルミニウム等)を主成分として形成されている。本願明細書において、特定成
分が「主成分である」あるいは「主に形成する材料である」とは、当該特定成分の含有率
が、50体積%以上であることを意味する。セラミック部20の直径は、例えば、50m
m~500mm程度とすればよく、通常は200mm~350mm程度である。セラミッ
ク部20の厚さは、例えば1mm~10mm程度とすればよい。セラミック部20は、「
板状部」とも呼ぶ。
【0010】
図2に示すように、セラミック部20の内部には、吸着電極22が配置されている。吸
着電極22は、例えば、タングステンやモリブデンなどの導電性材料により形成されてい
る。吸着電極22に対して図示しない電源から電圧が印加されると、静電引力が発生し、
この静電引力によってウェハWがセラミック部20の載置面24に吸着固定される。吸着
電極22は、双極型であってもよく、単極型であってもよい。また、セラミック部20の
内部には、導電性材料(例えば、タングステンやモリブデン等)により形成された抵抗発
熱体で構成されて、載置面24に吸着固定されたウェハWを加熱するための、図示しない
ヒータ電極を設けてもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
半導体装置
20日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
13日前
個人
蓄電池の製造方法
14日前
日本電波工業株式会社
電子部品
18日前
エイブリック株式会社
半導体装置
6日前
エイブリック株式会社
半導体装置
8日前
ローム株式会社
半導体装置
5日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
14日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
19日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
6日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
8日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
19日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
8日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
6日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
14日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
8日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
8日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
14日前
三菱電機株式会社
回路遮断器
1日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
14日前
株式会社GSユアサ
蓄電設備
5日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
18日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
18日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
14日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
14日前
KOA株式会社
電子部品
6日前
株式会社村田製作所
コイル部品
6日前
株式会社村田製作所
コイル部品
6日前
株式会社村田製作所
コイル部品
6日前
株式会社ヨコオ
コネクタ
14日前
株式会社ヨコオ
コネクタ
14日前
ダイニチ工業株式会社
換気ファン装置
8日前
三菱電機株式会社
半導体ウエハ
7日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池システム
8日前
ローム株式会社
半導体装置
今日
三洲電線株式会社
撚線導体
14日前
続きを見る