TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024044893
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022150704
出願日2022-09-21
発明の名称英語教材
出願人個人
代理人個人,個人
主分類G09B 1/32 20060101AFI20240326BHJP(教育;暗号方法;表示;広告;シール)
要約【課題】英文法及び正しい英語の語順を、より感覚的に理解できる英語教材を提供すること。
【解決手段】英単語が記載された複数の矩形のパネルを並べることにより文を作成する英語教材1であって、前記パネルは、主語として用いられる名詞が記載された主語用名詞パネル10、動詞が記載された動詞パネル20を含み、前記主語用名詞パネル10及び動詞パネル20は、表面がそれぞれ第1の主要色及び第2の主要色を有し、前記主語用名詞パネル及び動詞パネルは、これらを正しい語順で並べた場合、パネルの境界付近で色の連続性を有するように、少なくとも一方が、左右いずれかの端部に標識部101を有することを特徴とする、英語教材1。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
英単語が記載された複数の矩形のパネルを並べることにより文を作成する英語教材であって、
前記パネルは、主語として用いられる名詞が記載された主語用名詞パネル、動詞が記載された動詞パネルを含み、
前記主語用名詞パネル及び前記動詞パネルは、表面にそれぞれ第1の主要色及び第2の主要色を有し、
前記主語用名詞パネル及び前記動詞パネルは、これらを正しい語順で並べた場合、前記パネルの境界付近で色の連続性を有するように、少なくとも一方が、左右いずれかの端部に標識部を有する、英語教材。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記色の連続性は、前記主語用名詞パネル及び前記動詞パネルの境界付近において、一方のパネルの標識部の色が、他方のパネルの表面の主要色の色と同一であることにより得られる、請求項1に記載の英語教材。
【請求項3】
前記主語用名詞パネルは、前記第2の主要色と同一の色で着色された動詞色標識部を有し、前記動詞パネルは、前記第1の主要色と同一の色で着色された名詞色標識部を有する、請求項2に記載の英語教材。
【請求項4】
前記パネルは、動詞パネルの後ろに配置可能な後置パネルを含み、
前記後置パネルは、目的語として用いられる名詞が記載された目的語用名詞パネル及び/又は形容詞が記載された形容詞パネルであり、
各パネルを正しい語順で並べた場合、前記動詞パネルと前記後置パネルの境界付近で、連続性のある図形を形成するように、前記各パネルの少なくとも左右いずれかの端部に連結部を有する、請求項1又は2に記載の英語教材。
【請求項5】
前記連結部が、前記第1の主要色及び前記第2の主要色とは異なる色を有する、請求項4に記載の英語教材。
【請求項6】
前記連続性のある図形は、前記動詞パネルから前記後置パネルへの文の流れの向きを示す図形である、請求項4に記載の英語教材。
【請求項7】
前記パネルは、前記主語用名詞パネル及び前記動詞パネルの間に配置可能な第1補助パネルを含み、
前記第1補助パネルは、前記第1の主要色と同一の色で着色された名詞色エリアと、前記第2の主要色と同一の色で着色された動詞色エリアを有しており、
前記第1補助パネルが、前記主語用名詞パネル及び前記動詞パネルの間に配置されることで、前記動詞色標識部、前記動詞色エリア、及び前記動詞パネルと、前記主語用名詞パネル、前記名詞色エリア、及び前記名詞色標識部とが、各々の色が連続するように配置される、請求項3に記載の英語教材。
【請求項8】
前記第1補助パネルが、助動詞、be動詞、又は動詞の前に配置する副詞が記載されたパネルである、請求項7に記載の英語教材。
【請求項9】
前記パネルは、前記動詞パネルの後ろに配置可能な第2補助パネルと、前記後置パネルとして前記目的語用名詞パネルを備え、
前記第2補助パネルは、前記動詞パネルの連結部と接続させるための第1接続部と、前記目的語用名詞パネルの連結部と接続させるための第2接続部とを備え、
前記第1接続部及び前記第2接続部は、前記動詞パネル及び前記目的語用名詞パネルの連結部と同一の色を有する、請求項4に記載の英語教材。
【請求項10】
前記動詞パネル、前記第2補助パネル及び前記目的語用名詞パネルを正しい語順で配置した際、前記動詞パネルの連結部及び前記第1接続部、並びに、前記目的語用名詞パネルの連結部及び前記第2接続部が、各々連続性のある図形を形成する、請求項9に記載の英語教材。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、語順を感覚的に理解できる英語教材に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
日本では、小・中学校、及び高校で英語教育が義務化され、幼少期より英語学習を始める家庭が多い。そこで、幼児、児童の英語学習を助けるための英語教材が考案されている。例えば、子供が単語ピースを組み合わせることで、遊びながら英語の文章を作ることが学べる教育玩具(特許文献1)や、カードの端部にマークが付され、正しい組み合わせでカードを合わせた場合に、左右対称となるようにして、英語学習を行うナビゲーションマーク語学習得カード(特許文献2)が挙げられる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
実登3162215号公報
特開2016-148824号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記先行技術のあるところ、本発明が解決しようとする課題は、英文法及び正しい英語の語順を、より感覚的に理解できる英語教材を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記課題を解決する本発明は、英単語が記載された複数の矩形のパネルを並べることにより文を作成する英語教材であって、前記パネルは、主語として用いられる名詞が記載された主語用名詞パネル、動詞が記載された動詞パネルを含み、前記主語用名詞パネル及び前記動詞パネルは、表面にそれぞれ第1の主要色及び第2の主要色を有し、前記主語用名詞パネル及び前記動詞パネルは、これらを正しい語順で並べた場合、前記パネルの境界付近で色の連続性を有するように、少なくとも一方が、左右いずれかの端部に標識部を有する、英語教材である。
上記形態を有する本発明によれば、一方のパネルの標識部と、他方のパネルの色の連続性により、感覚的に正しい語順であることを理解することができる。
【0006】
なお、本発明において「色の連続性」とは、一方のパネルの有する色が、他方のパネルの有する色と同一であり、両パネルを正しい語順で並べた場合、同一の色がつながり、視覚的に連続して見えることを意味する。
【0007】
本発明の好ましい実施の形態では、前記色の連続性は、前記主語用名詞パネル及び前記動詞パネルの境界付近において、一方のパネルの標識部の色が、他方のパネルの表面の主要色の色と同一であることにより得られる。
上記形態とすることで、色の連続性により、感覚的に正しい語順であることを理解することができる。
【0008】
本発明の好ましい実施の形態では、前記主語用名詞パネルは、前記第2の主要色と同一の色で着色された動詞色標識部を有し、前記動詞パネルは、前記第1の主要色と同一の色で着色された名詞色標識部を有する。
上記形態とすることで、前記主語用名詞パネルと前記動詞パネルが連結することを、色の連続性により、感覚的に理解することができる。
【0009】
本発明の好ましい実施の形態では、前記パネルは、動詞パネルの後ろに配置可能な後置パネルを含み、前記後置パネルは、目的語として用いられる名詞が記載された目的語用名詞パネル及び/又は形容詞が記載された形容詞パネルであり、各パネルを正しい語順で並べた場合、前記動詞パネルと前記後置パネルの境界付近で、連続性のある図形を形成するように、前記各パネルの少なくとも左右いずれかの端部に連結部を有する。
上記形態とすることで、前記動詞パネルと前記後置パネルが連結することを、図形の連続性により、感覚的に理解することができる。
【0010】
本発明の好ましい実施の形態では、前記連結部が、前記第1の主要色及び前記第2の主要色とは異なる色を有する。
上記形態とすることで、前記連結部の色が目印となり、前記動詞パネルと前記後置パネルの連結性を、より感覚的に理解することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
シール剥がし具
10日前
個人
蓄光レジャー用品
6日前
個人
割符機能付ラベル
4日前
日本精機株式会社
表示システム
1か月前
日本精機株式会社
車載表示装置
13日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
1か月前
シャープ株式会社
表示装置
10日前
船井電機株式会社
表示装置
1か月前
個人
教具及び教育システム
1か月前
オムロン株式会社
展示装置
13日前
個人
卓上ベルの音楽教習具
18日前
オンキヨー株式会社
模擬臓器モデル
1か月前
光精工株式会社
情報伝達装置
1か月前
ナルックス株式会社
発光表示装置
1か月前
日本精機株式会社
表示制御装置、表示装置
1か月前
株式会社ウメラボ
学習支援システム
4日前
株式会社デンソー
構造体
1か月前
個人
(10p+1)の倍数の判別用具
1か月前
リンナイ株式会社
表示装置
1か月前
個人
(10k+3)の倍数の判別用具
1か月前
個人
デッサン自動採点システム
1か月前
株式会社デンソー
表示装置
3日前
株式会社坂本モデル
保育器シミュレータ
13日前
シャープ株式会社
パネル保持構造
1か月前
個人
情報伝達方法及び情報伝達システム
12日前
株式会社デンソー
表示装置
27日前
TOPPANホールディングス株式会社
組立式看板
3日前
株式会社アドヴィックス
視線誘導装置
6日前
ブラザー工業株式会社
表示装置
12日前
株式会社野村総合研究所
データ保持システム
12日前
六浦工業株式会社
車内情報表示装置の正面板
12日前
国立大学法人東海国立大学機構
分類システム
18日前
株式会社セイホウ
積層ラベル
1か月前
株式会社豊田自動織機
地図データ作成装置
3日前
日東電工株式会社
光学部材、および照明装置
6日前
株式会社美濃クラフト
名前を認識しにくい表札の設計方法
12日前
続きを見る