TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024044891
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022150701
出願日2022-09-21
発明の名称軸方向対向レゾルバ
出願人多摩川精機株式会社
代理人個人
主分類G01D 5/20 20060101AFI20240326BHJP(測定;試験)
要約【課題】レゾルバの誤差の要因となる回転軸中心とレゾルバロータ中心のずれから生じる偏芯の影響を受けることなく角度検出可能なレゾルバ構造を提供する。
【解決手段】軸Aを中心として軸A方向上すなわちスラスト方向Tにロータ9R、ステータ9Sが配置されて構成される軸方向対向レゾルバ10とする。ロータ9Rにはロータ鉄芯3とロータトランス7、ステータ9Sにはステータ鉄芯1とステータトランス5が備えられている。ロータ鉄芯3にはコイル4が、ステータ鉄芯1にはコイル2が巻回され、またロータトランス7はボビン8に、ステータトランス5はボビン6に収容されている。ステータ鉄芯1-ロータ鉄芯3、ステータトランス5-ロータトランス7はそれぞれ、軸A方向上に対向して配置され、それにより角度検出のための磁束のやりとりはスラスト方向Tで行われる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
ステータ鉄芯、ロータ鉄芯、ステータトランス、およびロータトランスを備えてなるレゾルバであって、
該ステータ鉄芯-ロータ鉄芯、該ステータトランス-ロータトランスがそれぞれ軸方向上に対向して配置され、
それにより角度検出のための磁束のやりとりが軸方向で行われる
ことを特徴とする、軸方向対向レゾルバ。
続きを表示(約 480 文字)【請求項2】
前記ロータ鉄芯に対して前記ステータ鉄芯の対向面の面積が大きく、かつ前記ロータトランスに対して前記ステータトランスの対向面の面積が大きく形成されていることを特徴とする、請求項1に記載の軸方向対向レゾルバ。
【請求項3】
前記ステータ鉄芯およびステータトランスの各面積の大きさは、ロータに偏芯が生じても対向面積が変化しない程度の大きさであることを特徴とする、請求項2に記載の軸方向対向レゾルバ。
【請求項4】
前記ステータ鉄芯およびロータ鉄芯は、複数の鉄芯用板の積層により形成されていることを特徴とする、請求項3に記載の軸方向対向レゾルバ。
【請求項5】
前記鉄芯用板は、二つのティースを有する略U字型板であることを特徴とする、請求項4に記載の軸方向対向レゾルバ。
【請求項6】
前記U字型板の積層により形成されている鉄芯は、該U字型板の内側に嵌装される腕部と、所要数の該腕部が周設される環部とからなる鉄芯支持体に固定されていることを特徴とする、請求項5に記載の軸方向対向レゾルバ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は軸方向対向レゾルバに係り、特に、レゾルバの電気誤差を低減する技術に関するものである。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
図4は、従来のレゾルバの構成を示す側断面視の説明図である。図示するように従来のレゾルバ510は、軸Aを中心として内側にロータ59R、その外側にステータ59Sが配置され、ロータ59Rにはロータ鉄芯53とロータトランス58、ステータ59Sにはステータ鉄芯51とステータトランス56が備えられている構成である。ロータ鉄芯53にはコイル54が、またステータ鉄芯51にはコイル52がそれぞれ巻回され、またロータトランス58にはコイル57が、ステータトランス56に収容されたボビンBにはコイル55がそれぞれ巻き付けられている。そして、ロータ鉄芯53とステータ鉄芯51、ロータトランス58とステータトランス56はそれぞれ、径方向(ラジアル方向)Rで対向し、角度検出のための磁束のやりとりは径方向Rでなされる。
【0003】
レゾルバにおける誤差低減技術については従来、特許出願等もなされている。たとえば後掲特許文献1には、検出角度位置情報に含まれる誤差を低減できるレゾルバとして、サーチコイルにおける1層目のサーチコイル部とロータ側ロータリートランスとを接続する第1渡り線と、サーチコイルにおける2層目のサーチコイル部同士を接続する第2渡り線と、第1渡り線が第1コイル形成層に形成されているときに、第2渡り線を第2コイル形成層から第1コイル形成層へ誘導して第2渡り線の少なくとも一部を第1コイル形成層に形成するランドを有する、という構造が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2019-190968号公報「レゾルバ」
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
図4に示した従来のレゾルバ510は、軸Aの回転中心とロータ59Rとの同軸度を厳格に管理しないと、性能を満足に発揮することができない。同軸度が低い場合、回転中にコア同士の距離が変化し、電気誤差の要因となる。かかる問題の解決が求められる。
【0006】
そこで本発明が解決しようとする課題は、かかる従来技術の問題点をなくし、レゾルバの誤差の要因となる回転軸中心とレゾルバロータ中心のずれから生じる偏芯の影響を受けることなく角度検出可能なレゾルバ構造を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本願発明者は上記課題について検討した結果、対向するコア同士の距離が取り付いた位置のまま一定となり、コア同士の距離の変化が抑えられるよう、磁束のやり取りをスラスト方向で行う方式に想到した。さらには、ステータティースの面積がロータティースの面積よりも大きくなるように形成し、偏芯が生じた場合であってもロータティースの対向面がステータティースの対向面の範囲内に収まるような構造にも想到し、これらに基づいて本発明を完成するに至った。すなわち、上記課題を解決するための手段として本願で特許請求される発明、もしくは少なくとも開示される発明は、以下の通りである。
【0008】
〔1〕 ステータ鉄芯、ロータ鉄芯、ステータトランス、およびロータトランスを備えてなるレゾルバであって、該ステータ鉄芯-ロータ鉄芯、該ステータトランス-ロータトランスがそれぞれ軸方向上に対向して配置され、それにより角度検出のための磁束のやりとりが軸方向で行われることを特徴とする、軸方向対向レゾルバ。
〔2〕 前記ロータ鉄芯に対して前記ステータ鉄芯の対向面の面積が大きく、かつ前記ロータトランスに対して前記ステータトランスの対向面の面積が大きく形成されていることを特徴とする、〔1〕に記載の軸方向対向レゾルバ。
〔3〕 前記ステータ鉄芯およびステータトランスの各面積の大きさは、ロータに偏芯が生じても対向面積が変化しない程度の大きさであることを特徴とする、〔2〕に記載の軸方向対向レゾルバ。
【0009】
〔4〕 前記ステータ鉄芯およびロータ鉄芯は、複数の鉄芯用板の積層により形成されていることを特徴とする、〔3〕に記載の軸方向対向レゾルバ。
〔5〕 前記鉄芯用板は、二つのティースを有する略U字型板であることを特徴とする、〔4〕に記載の軸方向対向レゾルバ。
〔6〕 前記U字型板の積層により形成されている鉄芯は、該U字型板の内側に嵌装される腕部と、所要数の該腕部が周設される環部とからなる鉄芯支持体に固定されていることを特徴とする、〔5〕に記載の軸方向対向レゾルバ。
【発明の効果】
【0010】
本発明の軸方向対向レゾルバは上述のように構成されるため、これらによれば、レゾルバの誤差の要因となる回転軸中心とレゾルバロータ中心のずれから生じる偏芯の影響を受けることなく、角度検出することができる。すなわち本発明の軸方向対向レゾルバでは、ロータの偏芯が起きた場合でも、コアの動きは径方向(ラジアル方向)においてのみであり、コア間の距離の変化には繋がらない構造のため、2次の誤差成分を有効に低減することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

太陽誘電株式会社
検出装置
14日前
太陽誘電株式会社
検出装置
13日前
株式会社クボタ
検査装置
14日前
株式会社クボタ
検査装置
14日前
三恵技研工業株式会社
レドーム
12日前
アズビル株式会社
オイル封入方法
12日前
TDK株式会社
ガスセンサ
12日前
TDK株式会社
ガスセンサ
12日前
株式会社ミヤワキ
診断装置
5日前
日本精工株式会社
軸受装置
13日前
株式会社ミヤワキ
診断装置
5日前
株式会社ミヤワキ
診断装置
5日前
株式会社シンカグループ
計測装置
9日前
株式会社ミツトヨ
自動内径測定装置
12日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
9日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
2日前
日立Astemo株式会社
測定装置
2日前
大同特殊鋼株式会社
超音波探傷方法
2日前
コイズミ照明株式会社
検出ユニット
6日前
富士電機株式会社
金属検知用アンテナ
12日前
アンリツ株式会社
テストピース
13日前
トヨタ自動車株式会社
外観検査システム
6日前
国立大学法人 東京大学
計測装置
6日前
栗田工業株式会社
異常音検出装置
1日前
ヒロセ電機株式会社
運動検出装置
9日前
TDK株式会社
電磁波センサ
6日前
トヨタ自動車株式会社
音源推定装置
5日前
綜合警備保障株式会社
ニオイ検出通知装置
2日前
ダイハツ工業株式会社
車両用制御装置
12日前
CKD株式会社
製造装置の状況確認システム
1日前
株式会社デンソー
電池監視装置
9日前
トヨタ自動車株式会社
車両の制御装置
12日前
矢崎総業株式会社
回転センサ
12日前
ニッカ電測株式会社
ピンホール検査装置
14日前
株式会社サタケ
穀粒判別システム
14日前
帝国通信工業株式会社
光学式エンコーダ
5日前
続きを見る