TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024044855
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022150639
出願日2022-09-21
発明の名称部品管理システム
出願人三浦工業株式会社
代理人個人,個人
主分類G06Q 50/10 20120101AFI20240326BHJP(計算;計数)
要約【課題】部品交換管理の向上を図る部品管理システムを提供する。
【解決手段】部品管理システム1は、船舶3に搭載された管理対象機器3a,3bの部品交換に関する管理情報を生成する管理装置10と、管理情報を表示する表示装置20とを備える。管理装置10は、受信された管理対象機器3a,3bの部品の状態情報に基づいて、部品の交換推奨度を算出し、部品の交換推奨度を含む管理情報を生成する管理部を備える。表示装置20は、受信された管理対象機器3a,3bの管理情報に含まれた部品の交換推奨度を表示する表示部を備える。部品の交換推奨度は、部品の推奨寿命に相当する状態情報に対する、部品の現時点の状態情報の割合であって、交換時点を0とし、推奨交換時点を100とする増加方式の交換推奨度である。
【選択図】図1

特許請求の範囲【請求項1】
船舶に搭載された管理対象機器の部品管理を遠隔で行う部品管理システムであって、
前記船舶に対して遠隔の地に設けられており、前記管理対象機器の部品交換に関する管理情報を生成する管理装置と、
前記管理情報を表示する表示装置と、
を備え、
前記管理装置は、
前記管理対象機器の部品の状態情報を受信し、前記管理対象機器の前記管理情報を送信する通信部と、
受信された前記状態情報に基づいて、前記部品の交換推奨度を算出し、前記部品の交換推奨度を含む前記管理情報を生成する管理部と、
を備え、
前記表示装置は、
前記管理対象機器の前記管理情報を受信する通信部と、
受信された前記管理情報に含まれた前記部品の交換推奨度を表示する表示部と、
を備え、
前記部品の交換推奨度は、前記部品の推奨寿命に相当する状態情報に対する、前記部品の現時点の状態情報の割合であって、交換時点を0とし、推奨交換時点を100とする増加方式の交換推奨度である、
部品管理システム。
続きを表示(約 830 文字)【請求項2】
前記管理装置の前記管理部によって生成される前記管理情報は、WEBブラウザに対応する表示データであって、前記部品の交換推奨度をグラフ形式で表示する表示データであり、
前記表示装置は、WEBブラウザを用いて、前記表示データを表示する、
請求項1に記載の部品管理システム。
【請求項3】
船舶に搭載された前記管理対象機器は、複数の前記部品を有し、
前記表示装置における前記表示部は、前記複数の部品を所定の複数のグループごとに纏めて表示し、前記複数のグループごとに前記複数の部品の交換推奨度を棒グラフで並べて表示する、
請求項1または2に記載の部品管理システム。
【請求項4】
前記管理装置における前記管理部は、前記表示装置からの、前記部品の交換の完了情報に基づいて、前記部品の交換推奨度をリセットし、
前記部品の交換の完了情報は、交換日および交換者の情報を含む、
請求項1または2に記載の部品管理システム。
【請求項5】
前記管理装置における前記管理部は、
前記部品の状態情報の変化速度に基づいて、前記部品の消耗速度を算出し、
前記部品の消耗速度が予め設定した基準値を超える場合、前記部品の消耗速度の異常を示す異常信号を生成し、
前記表示装置における前記表示部は、前記異常信号に応じて、前記部品の交換推奨度の棒グラフの表示属性を変更する、
請求項1または2に記載の部品管理システム。
【請求項6】
前記管理装置における前記管理部は、
前記船舶への交換部品の補充履歴情報を有し、
前記交換部品の補充履歴情報に基づいて前記交換部品の交換期限を設定し、前記交換期限を経過しても前記表示装置からの前記部品の交換の完了情報がない場合、催促を通知する、
請求項4に記載の部品管理システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、部品管理システムに関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
例えば、船舶に搭載されるバラスト水処理装置およびボイラ装置等の種々の機器の管理を、船舶側だけでなく、管理センタ等の陸上側でも行う技術がある(例えば、特許文献1および2)。このような技術において、陸上の管理センタは、船舶に搭載されたバラスト水処理装置およびボイラ装置の状態情報を船舶から取得し、取得した状態情報に基づいて、バラスト水処理装置およびボイラ装置の管理情報を生成し、管理情報を船舶に送信する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-103637号公報
特開2022-17036号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
このような管理対象機器の管理は、管理対象機器の部品交換管理を含む。本願発明者らの知見によれば、部品交換管理における管理情報として、部品の交換推奨度を使用することがある。このような部品の交換推奨度としては、交換時点を100とし、推奨交換時点を0とする減少方式(減算式)がある。
【0005】
一般に、部品の推奨交換時点、すなわち推奨寿命は、例えば20%のマージンを考慮した値である。すなわち、交換推奨度が0となっても、直ちに部品が使用できなくなるわけではない。しかし、上述したような減少方式の部品の交換推奨度では、0となった後、例えば20%のマージンを予測しつつ、部品交換までの使用を管理することが困難であった。更には、交換推奨度が0に近づくにつれて、部品交換作業者の不安を招いていた。
【0006】
本発明は、部品交換管理の向上を図る部品管理システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(1) 本発明に係る部品管理システムは、船舶に搭載された管理対象機器の部品管理を遠隔で行う部品管理システムであって、前記船舶に対して遠隔の地に設けられており、前記管理対象機器の部品交換に関する管理情報を生成する管理装置と、前記管理情報を表示する表示装置と、を備える。前記管理装置は、前記管理対象機器の部品の状態情報を受信し、前記管理対象機器の前記管理情報を送信する通信部と、受信された前記状態情報に基づいて、前記部品の交換推奨度を算出し、前記部品の交換推奨度を含む前記管理情報を生成する管理部と、を備える。前記表示装置は、前記管理対象機器の前記管理情報を受信する通信部と、受信された前記管理情報に含まれた前記部品の交換推奨度を表示する表示部と、を備える。前記部品の交換推奨度は、前記部品の推奨寿命に相当する状態情報に対する、前記部品の現時点の状態情報の割合であって、交換時点を0とし、推奨交換時点を100とする増加方式の交換推奨度である。
【0008】
(2) (1)に記載の部品管理システムにおいて、前記管理装置の前記管理部によって生成される前記管理情報は、WEBブラウザに対応する表示データであって、前記部品の交換推奨度をグラフ形式で表示する表示データであってもよく、前記表示装置は、WEBブラウザを用いて、前記表示データを表示してもよい。
【0009】
(3) (1)または(2)に記載の部品管理システムにおいて、船舶に搭載された前記管理対象機器は、複数の前記部品を有してもよく、前記表示装置における前記表示部は、前記複数の部品を所定の複数のグループごとに纏めて表示し、前記複数のグループごとに前記複数の部品の交換推奨度を棒グラフで並べて表示してもよい。
【0010】
(4) (1)または(2)に記載の部品管理システムにおいて、前記管理装置における前記管理部は、前記表示装置からの、前記部品の交換の完了情報に基づいて、前記部品の交換推奨度をリセットしてもよく、前記部品の交換の完了情報は、交換日および交換者の情報を含んでもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三浦工業株式会社
洗浄方法
7日前
三浦工業株式会社
処理装置
9日前
三浦工業株式会社
監視システム
8日前
三浦工業株式会社
監視システム
8日前
三浦工業株式会社
監視システム
8日前
三浦工業株式会社
監視システム
8日前
三浦工業株式会社
水処理システム
4日前
三浦工業株式会社
ボイラの運転方法
17日前
三浦工業株式会社
副生燃料利用システム
9日前
三浦工業株式会社
制御弁及び蒸気ボイラ装置
7日前
個人
乗降調査装置
1か月前
個人
プロジェクター
17日前
個人
管理装置
22日前
個人
暗号化記憶媒体
1日前
個人
自動販売機
1か月前
日本精機株式会社
投影装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
9日前
日本精機株式会社
投影システム
1か月前
個人
求人マッチングサーバ
9日前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
1か月前
個人
チラシ掲載位置表示システム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
8日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
8日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
8日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
1か月前
17LIVE株式会社
サーバ
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
8日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
2日前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
22日前
アスエネ株式会社
水管理の方法
9日前
株式会社ワコム
電子ペン
4日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
1か月前
株式会社カネカ
異常推定システム
1か月前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
1か月前
続きを見る