TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024044696
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022150396
出願日2022-09-21
発明の名称保護部材
出願人矢崎総業株式会社
代理人弁理士法人栄光事務所
主分類H02G 3/04 20060101AFI20240326BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】簡便に組立可能な保護部材及びワイヤハーネスを提供する。
【解決手段】保護部材1は、Y方向に延びるベース部11、21と、前記ベース部における前記第1方向と交差するX方向の少なくとも一端部に設けられた嵌合部12、22と、をそれぞれ有する第1部材10及び第2部材20と、を備える。第1部材10の嵌合部12は、前記第1方向及び前記第2方向と交差する第3方向に突設されたツメ121を有し、第2部材20の嵌合部22は、ツメ121が嵌まり込む凹部223を有する。ツメ121が凹部223に嵌まり込むことで、第1部材10と第2部材20との間に、フラットケーブル30を収容可能な空間を構成する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
第1方向に延びるベース部と、前記ベース部における前記第1方向と交差する第2方向の少なくとも一端部に設けられた嵌合部と、をそれぞれ有する第1部材及び第2部材と、を備え、
前記第1部材の前記嵌合部及び前記第2部材の前記嵌合部のいずれか一方は、前記第1方向及び前記第2方向と交差する第3方向に突設された凸部を有し、前記第1部材の前記嵌合部及び前記第2部材の前記嵌合部の他方は、前記凸部が嵌まり込む凹部を有し、
前記凸部が前記凹部に嵌まり込むことで、前記第1部材と前記第2部材との間に、電線を収容可能な空間を構成する、
保護部材。
続きを表示(約 770 文字)【請求項2】
前記第1部材及び前記第2部材は、可撓性を有する樹脂部材である、
請求項1に記載の保護部材。
【請求項3】
前記ベース部は、前記空間と逆側に位置する面において、前記第1方向に沿って、凹形状と凸形状とが交互に連続して設けられた、
請求項1に記載の保護部材。
【請求項4】
前記第1部材の前記嵌合部において、少なくとも前記第1方向のサイズが同等である少なくとも2つの第1ツメが、前記第1方向において互いに離間して設けられ、前記少なくとも2つの第1ツメの間に形成された間隙が前記凹部とされ、
前記第2部材の前記嵌合部において、前記間隙に応じた前記第1方向のサイズを有する少なくとも1つの第2ツメが、前記凸部として設けられた、
請求項1に記載の保護部材。
【請求項5】
前記少なくとも2つの第1ツメは、複数の第1ツメであり、
前記第1部材の前記嵌合部において、前記複数の第1ツメが、前記ベース部の前記第1方向における長さの全体に亘って設けられ、
前記少なくとも1つの第2ツメは、複数の第2ツメであり、
前記第2部材の前記嵌合部において、前記複数の第2ツメが、前記ベース部の前記第1方向における長さの全体に亘って設けられた、
請求項4に記載の保護部材。
【請求項6】
請求項1から5のいずれか一項に記載の保護部材と、
前記空間に収容された前記電線と、を備えた、
ワイヤハーネス。
【請求項7】
前記電線は、フレキシブルフラットケーブルであり、
前記第1部材及び前記第2部材の前記ベース部は、それぞれ平板状である、
請求項6に記載のワイヤハーネス。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、保護部材に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1に開示されたワイヤハーネスは、短尺方向の両端が折り曲げられた長尺の2枚の金属板が組み合わされることにより形成された筒体と、筒体の外周を覆い包む絶縁被覆とを備え、筒体の中には、電線が挿通される。このワイヤハーネスによれば、電線を2枚の金属板で挟み込むことにより、径サイズの増加を抑えながら電線を確実に保護できる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2012-29423号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記ワイヤハーネスは、2枚の金属板を絶縁被覆で覆う必要があるため、組立に時間がかかる。
【0005】
本発明は、上述した事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、簡便に組立可能な保護部材及びワイヤハーネスを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
前述した目的を達成するために、本発明に係る保護部材は、下記を特徴としている。
第1方向に延びるベース部と、前記ベース部における前記第1方向と交差する第2方向の少なくとも一端部に設けられた嵌合部と、をそれぞれ有する第1部材及び第2部材と、を備え、
前記第1部材の前記嵌合部及び前記第2部材の前記嵌合部のいずれか一方は、前記第1方向及び前記第2方向と交差する第3方向に突設された凸部を有し、前記第1部材の前記嵌合部及び前記第2部材の前記嵌合部の他方は、前記凸部が嵌まり込む凹部を有し、
前記凸部が前記凹部に嵌まり込むことで、前記第1部材と前記第2部材との間に、電線を収容可能な空間を構成する、
保護部材。
【0007】
また、前述した目的を達成するために、本発明に係るワイヤハーネスは、下記を特徴としている。
上記保護部材と、
前記空間に収容された前記電線と、を備えた、
ワイヤハーネス。
【発明の効果】
【0008】
本発明に係る保護部材及びワイヤハーネスによれば、簡便に組立可能という効果を奏する。
【0009】
以上、本発明について簡潔に説明した。更に、以下に説明される発明を実施するための形態(以下、「実施形態」という。)を添付の図面を参照して通読することにより、本発明の詳細は更に明確化されるであろう。
【図面の簡単な説明】
【0010】
図1は、ワイヤハーネスの斜視図である。
図2は、保護部材の取付工程を説明する図であって、第1部材と第2部材との間にフラットケーブルを配置した様子を示す図である。
図3は、保護部材の取付工程を説明する図であって、フラットケーブルを間に挟んだ状態で第1部材と第2部材とを嵌め合わせた様子を示す図である。
図4は、図2のA-A 断面図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
配線器具用取付枠
15日前
株式会社コロナ
送風装置
1日前
個人
スイッチング電源回路
11日前
個人
共振を用いた整流回路
7日前
株式会社アイシン
ロータ
14日前
ニチコン株式会社
電源装置
13日前
個人
すだれ型の薄膜太陽光発電装置
13日前
ニデック株式会社
モータ
13日前
中国電力株式会社
変圧器取替工法
6日前
株式会社アイシン
ステータ
14日前
中国電力株式会社
給電装置
13日前
株式会社発明ラボックス
送受電システム
8日前
株式会社GSユアサ
無停電電源システム
8日前
株式会社豊田自動織機
電動機
1日前
株式会社豊田自動織機
電動機
1日前
トヨタ自動車株式会社
故障検出回路
8日前
トヨタ自動車株式会社
ステータコア
4日前
トヨタ自動車株式会社
故障検出回路
8日前
株式会社ミツバ
駆動装置
7日前
株式会社ミツバ
駆動装置
7日前
トヨタ自動車株式会社
剥離装置
7日前
株式会社ミツバ
回転電機
14日前
株式会社ミツバ
回転電機
11日前
株式会社ミツバ
回転電機
1日前
株式会社アイシン
軸受の支持構造
11日前
トヨタ自動車株式会社
発電支援システム
7日前
トヨタ自動車株式会社
自動充電ロボット
15日前
日立Astemo株式会社
駆動ユニット
11日前
コーセル株式会社
スイッチング電源装置
14日前
トヨタ自動車株式会社
回転電機のロータ
12日前
富士電機株式会社
無停電電源装置
8日前
ニデック株式会社
コイル挿入装置
13日前
株式会社デンソー
電源装置
今日
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
13日前
株式会社デンソー
制御装置
今日
株式会社デンソー
半導体装置
12日前
続きを見る