TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024044541
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022150120
出願日2022-09-21
発明の名称酸化亜鉛、ゴム-スチールコード複合体用ゴム組成物および空気入りタイヤ
出願人TOYO TIRE株式会社
代理人弁理士法人ユニアス国際特許事務所
主分類C01G 9/02 20060101AFI20240326BHJP(無機化学)
要約【課題】スチールコードなどの金属部材に対し、剥離力が向上した加硫ゴムの原料となるゴム組成物用途に使用可能な酸化亜鉛、該酸化亜鉛を含有するゴム-スチールコード複合体用ゴム組成物および該ゴム組成物の加硫ゴムを備える空気入りタイヤを提供すること。
【解決手段】アルミニウムおよび鉄を含有する酸化亜鉛。該酸化亜鉛は、鉄の含有量が15ppm以上100ppm以下であり、アルミニウムの含有量が40ppm以上100ppm以下であることが好ましく、アルミニウムの含有量に対する鉄の含有量の比が、0.2~2.3倍であることが好ましく、鉄の含有量が15ppm以上80ppm以下であることがより好ましい。該酸化亜鉛はゴム-スチールコード複合体用ゴム組成物用途に好適であり、該ゴム組成物の加硫ゴムは剥離力が向上するため、空気入りタイヤ用途に使用されることが好ましい。
【選択図】 なし
特許請求の範囲【請求項1】
アルミニウムおよび鉄を含有する酸化亜鉛。
続きを表示(約 420 文字)【請求項2】
前記鉄の含有量が15ppm以上100ppm以下であり、前記アルミニウムの含有量が40ppm以上100ppm以下である請求項1に記載の酸化亜鉛。
【請求項3】
前記アルミニウムの含有量に対する前記鉄の含有量の比が、0.2~2.3倍である請求項1に記載の酸化亜鉛。
【請求項4】
前記鉄の含有量が15ppm以上80ppm以下である請求項1に記載の酸化亜鉛。
【請求項5】
請求項1~4のいずれかに記載の酸化亜鉛を含有するゴム組成物。
【請求項6】
請求項1~4のいずれかに記載の酸化亜鉛を含有するゴム-スチールコード複合体用ゴム組成物。
【請求項7】
請求項5に記載のゴム組成物の加硫ゴムを備える空気入りタイヤ。
【請求項8】
請求項6に記載のゴム-スチールコード複合体用ゴム組成物の加硫ゴムを備える空気入りタイヤ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、酸化亜鉛、ゴム-スチールコード複合体用ゴム組成物および空気入りタイヤに関するものである。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
空気入りタイヤは、加硫ゴムやスチールコードなどの金属部材などから構成され、安全性や低燃費性などの多くの性能が要求される。特に、空気入りタイヤを構成する一部材であるベルト部では、スチールコードと該スチールコードを覆う加硫ゴム(以下、「トッピングゴム」ともいう)との接着性を向上させる、つまりトッピングゴムの剥離力を向上することが要求される。トッピングゴムの剥離力を向上するために、トッピングゴムの原料となるゴム組成物中に、各種配合剤を添加する技術が存在する。
【0003】
下記特許文献1では、ゴム組成物の原料として使用される酸化亜鉛として、亜鉛塩を含む水溶液を中和して水酸化物などの沈殿物を合成し、これを濾過・乾燥の後、加熱して酸化亜鉛粉末を合成する方法(「アメリカ法」、「湿式法」などともいう)により合成した、酸化亜鉛が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2000-95519号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記特許文献1では、湿式法で酸化亜鉛を製造することに特徴があり、酸化亜鉛の性状などについては特に記載されていない。
【0006】
本発明者らは、トッピングゴムの剥離力を向上するために、原料となるゴム組成物中に配合する酸化亜鉛の金属組成に着目した結果、特定の金属組成の酸化亜鉛をゴム組成物中に配合すると、その加硫ゴムは、スチールコードなどの金属部材に対し、剥離力が著しく向上することを見出した。
【0007】
本発明は上記実情に鑑みてなされたものであり、その目的は、スチールコードなどの金属部材に対し、剥離力が向上した加硫ゴムの原料となるゴム組成物用途に使用可能な酸化亜鉛、該酸化亜鉛を含有するゴム-スチールコード複合体用ゴム組成物および該ゴム組成物の加硫ゴムを備える空気入りタイヤを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記課題は下記の如き構成により解決し得る。すなわち本発明は、アルミニウムおよび鉄を含有する酸化亜鉛(1)に関する。
【0009】
上記酸化亜鉛(1)において、前記鉄の含有量が15ppm以上100ppm以下であり、前記アルミニウムの含有量が40ppm以上100ppm以下である酸化亜鉛(2)が好ましい。
【0010】
上記酸化亜鉛(1)または(2)において、前記アルミニウムの含有量に対する前記鉄の含有量の比が、0.2~2.3倍である酸化亜鉛(3)が好ましい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東ソー株式会社
ゼオライト成形体
10日前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物
3日前
住友精化株式会社
高純度一酸化窒素の製造方法
2日前
株式会社ショウワ
二酸化炭素発生装置
1か月前
TDK株式会社
複合粒子
4日前
東レ株式会社
グラフェン分散液、組成物およびそれを用いた形成物
19日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
水素生成装置
10日前
株式会社神戸製鋼所
炭酸カルシウムの製造方法
1か月前
日本製紙株式会社
炭素材料及びその製造方法、並びにそれらの応用
13日前
住友重機械工業株式会社
水素化装置、及び水素化方法
12日前
ジカンテクノ株式会社
シリカの製造方法及び化粧品の製造方法
1か月前
JFEケミカル株式会社
炭素質材料および炭素質材料の製造方法
1か月前
住友金属鉱山株式会社
硫酸ニッケル水溶液の製造方法
1か月前
三井金属鉱業株式会社
NiO膜及びNiO分散液
1か月前
国立大学法人神戸大学
誘電体材料の製造方法
16日前
公立大学法人大阪
無機塩化物及びその製造方法。
9日前
東邦チタニウム株式会社
四塩化チタンの製造方法
11日前
国立大学法人 岡山大学
新規酸化ヨウ素組成物
11日前
株式会社タクマ
二酸化炭素の固体炭素化設備、及び二酸化炭素の固体炭素化方法
1か月前
太平洋セメント株式会社
噴霧乾燥装置又は噴霧熱分解装置
12日前
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
多孔質炭素材料の製造方法
3日前
住友化学株式会社
水溶液及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
10日前
国立研究開発法人産業技術総合研究所
伝熱シートおよび伝熱シートの製造方法
16日前
清水建設株式会社
海水中のマグネシウム回収システム及び水酸化マグネシウムの製造方法
3日前
ジカンテクノ株式会社
シリカの製造装置、シリカの製造方法及びシリカを使用した化粧品の製造方法
1か月前
クニミネ工業株式会社
非カルシウム型スメクタイトの製造方法
12日前
日揮触媒化成株式会社
シリカ微粒子分散液、その製造方法及びシリカ微粒子分散液を含む研磨用砥粒分散液
26日前
白石工業株式会社
炭酸カルシウムの製造方法、炭酸カルシウムおよび抄紙用填料
1か月前
ユニマテック株式会社
カルボニルフロライドの製造方法および製造装置
1か月前
リヴィアン アイピー ホールディングス,エルエルシー
リチウム金属ホスファート電極の製造
1か月前
三菱ケミカル株式会社
アンモニア水の製造方法
25日前
東ソ-・エスジ-エム株式会社
ゼオライトの製造方法およびゼオライト
19日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
9日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
9日前
個人
アルミン酸ソーダ含有溶液と、該アルミン酸ソーダ含有溶液から粉末体を製造する方法、またはそのための装置
9日前
株式会社レゾナック
フラーレンの製造装置及びフラーレンの製造方法
1か月前
続きを見る