TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024044396
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022149890
出願日2022-09-21
発明の名称植物センサ
出願人株式会社トプコン
代理人個人
主分類G01N 21/17 20060101AFI20240326BHJP(測定;試験)
要約【課題】製作コストの低減が図れる植物センサを提供する。
【解決手段】少なくとも2波長を含む測定光2を所定の広がり角で発光する発光部6と、測定対象からの反射測定光を2波長に分離して取得する受光部7と、前記測定光2と前記反射測定光の少なくとも一方の光路上に設けられ、前記測定光2と前記反射測定光の少なくとも一方から2波長を抽出する波長選択部材8と、前記測定光の光量と各波長毎の前記反射測定光の受光量とに基づき前記測定対象の生育状況を演算する制御部9とを有し、前記波長選択部材8は、入射面と射出面の少なくとも一方に、前記波長選択部材8に対する前記測定光又は前記反射測定光の入射角の増加に対応して膜厚を増加させる凹部27を有する波長選択膜25が形成されるよう構成されている。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
少なくとも2波長を含む測定光を所定の広がり角で発光する発光部と、測定対象からの反射測定光を2波長に分離して取得する受光部と、前記測定光と前記反射測定光の少なくとも一方の光路上に設けられ、前記測定光と前記反射測定光の少なくとも一方から2波長を抽出する波長選択部材と、前記測定光の光量と各波長毎の前記反射測定光の受光量とに基づき前記測定対象の生育状況を演算する制御部とを有し、前記波長選択部材は、入射面と射出面の少なくとも一方に、前記波長選択部材に対する前記測定光又は前記反射測定光の入射角の増加に対応して膜厚を増加させる凹部を有する波長選択膜が形成される様構成された植物センサ。
続きを表示(約 630 文字)【請求項2】
前記凹部の膜厚は、該凹部に対する前記測定光又は前記反射測定光の入射角に拘らず透過波長が一定又は略一定となる様に設定された請求項1に記載の植物センサ。
【請求項3】
前記波長選択部材は、前記測定光の光路上であり、該測定光の光軸と直交する様に配置され、前記測定光は入射角が回転対称となった状態で前記波長選択部材に入射する様構成された請求項1又は請求項2に記載の植物センサ。
【請求項4】
前記波長選択部材は、前記測定光と前記反射測定光の光路上であり、前記測定光と前記反射測定光の光軸と直交する様に配置され、前記測定光と前記反射測定光はそれぞれ入射角が回転対称となった状態で前記波長選択部材に入射する様構成された請求項1又は請求項2に記載の植物センサ。
【請求項5】
前記波長選択部材は、前記反射測定光の光路上であり、該反射測定光の光軸と直交する様に配置され、前記反射測定光は入射角が回転対称となった状態で前記波長選択部材に入射する様構成された請求項1又は請求項2に記載の植物センサ。
【請求項6】
前記測定光を1方向にのみ拡散させる拡散光学部材を更に具備する請求項1又は請求項2に記載の植物センサ。
【請求項7】
前記凹部の外径は、前記波長選択部材に入射する際の前記測定光又は前記反射測定光の光束径と合致又は略合致する様構成された請求項1又は請求項2に記載の植物センサ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、農作物に対して測定光を照射し、反射光を解析して農作物の生育状況を測定する植物センサに関するものである。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
植物、特に農作物の生育状況を検出することは、農作物の生産管理に於いて重要である。従来、一方向に拡散させた検出光を植物に照射し、植物の葉からの反射検出光に基づき植物の生育状態を検出することが行われている。この場合、反射検出光には植物の葉以外の土からの反射検出光も含まれる為、検出結果にノイズが含まれていた。
【0003】
又、波長の異なる2つの検出光を植物に照射し、植物の葉からの各反射検出光の光量を比較することで、土からの反射検出光等のノイズを除去し、検出精度を高めることも行われている。
【0004】
然し乍ら、2つの検出光の光源として、2つの光源を必要とし、更に光源として高価なレーザダイオードを使用する為、製作コストの増加を招いていた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2012-247235号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、製作コストの低減が図れる植物センサを提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、少なくとも2波長を含む測定光を所定の広がり角で発光する発光部と、測定対象からの反射測定光を2波長に分離して取得する受光部と、前記測定光と前記反射測定光の少なくとも一方の光路上に設けられ、前記測定光と前記反射測定光の少なくとも一方から2波長を抽出する波長選択部材と、前記測定光の光量と各波長毎の前記反射測定光の受光量とに基づき前記測定対象の生育状況を演算する制御部とを有し、前記波長選択部材は、入射面と射出面の少なくとも一方に、前記波長選択部材に対する前記測定光又は前記反射測定光の入射角の増加に対応して膜厚を増加させる凹部を有する波長選択膜が形成される様構成された植物センサに係るものである。
【0008】
又本発明は、前記凹部の膜厚は、該凹部に対する前記測定光又は前記反射測定光の入射角に拘らず透過波長が一定又は略一定となる様に設定された植物センサに係るものである。
【0009】
又本発明は、前記波長選択部材は、前記測定光の光路上であり、該測定光の光軸と直交する様に配置され、前記測定光は入射角が回転対称となった状態で前記波長選択部材に入射する様構成された植物センサに係るものである。
【0010】
又本発明は、前記波長選択部材は、前記測定光と前記反射測定光の光路上であり、前記測定光と前記反射測定光の光軸と直交する様に配置され、前記測定光と前記反射測定光はそれぞれ入射角が回転対称となった状態で前記波長選択部材に入射する様構成された植物センサに係るものである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

太陽誘電株式会社
検出装置
13日前
太陽誘電株式会社
検出装置
14日前
日本精機株式会社
センサユニット
1か月前
アズビル株式会社
圧力センサ
19日前
株式会社プロテリアル
位置検出装置
16日前
日本碍子株式会社
ガスセンサ
16日前
アズビル株式会社
差圧センサ
19日前
株式会社テイエルブイ
処理装置
29日前
三恵技研工業株式会社
レドーム
12日前
株式会社クボタ
検査装置
14日前
株式会社クボタ
検査装置
14日前
株式会社ヨコオ
プローブ
15日前
株式会社村田製作所
変位センサ
15日前
大和製衡株式会社
組合せ計量装置
1か月前
株式会社シンカグループ
計測装置
9日前
大和製衡株式会社
組合せ計量装置
1か月前
株式会社ミヤワキ
診断装置
5日前
TDK株式会社
ガスセンサ
27日前
アズビル株式会社
オイル封入方法
12日前
株式会社ミヤワキ
診断装置
5日前
TDK株式会社
ガスセンサ
12日前
TDK株式会社
ガスセンサ
12日前
日本精工株式会社
軸受装置
13日前
株式会社ミヤワキ
診断装置
5日前
大和製衡株式会社
組合せ計量装置
1か月前
日立Astemo株式会社
測定装置
2日前
株式会社ミツトヨ
自動内径測定装置
12日前
コイズミ照明株式会社
検出ユニット
6日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
9日前
ニプロ株式会社
粉体検査装置
20日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
2日前
大同特殊鋼株式会社
超音波探傷方法
2日前
ニシム電子工業株式会社
液位検出装置
1か月前
アンリツ株式会社
テストピース
13日前
トヨタ自動車株式会社
表示装置
1か月前
太陽誘電株式会社
匂いセンサシステム
27日前
続きを見る