TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024044177
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022149559
出願日2022-09-20
発明の名称積層体、およびその製造方法
出願人株式会社カネカ
代理人弁理士法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
主分類B32B 27/00 20060101AFI20240326BHJP(積層体)
要約【課題】土木建築材料用基材を含む基材層への透水性の低減に優れる積層体を提供すること。
【解決手段】土木建築材料用基材を含む基材層と、コーティング層と、を有する積層体であって、コーティング層は、特定の成分で構成されたポリシロキサン系樹脂と水とを含有する組成物(I)から形成された層である、積層体。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
土木建築材料用基材を含む基材層と、コーティング層と、を有する積層体であって、
前記コーティング層は、
ポリシロキサン系樹脂と水とを含有する組成物(I)から形成された層であり、
前記ポリシロキサン系樹脂は、
構成単位として、ラジカル重合性基を有する単量体に由来する構成単位を含む重合体を有し、
前記単量体は、
(i)酸と塩基からなる塩構造を有し、水に可溶で、かつ、水中でミセルを形成しない単量体、および
(ii)水中でミセルを形成することが可能な単量体を含む、積層体。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記土木建築材料用基材は、多孔質性の有機および/または無機基材である、請求項1に記載の積層体。
【請求項3】
前記(ii)水中でミセルを形成することが可能な単量体は、ポリオキシアルキレン構造を有する単量体である、請求項1に記載の積層体。
【請求項4】
前記ポリシロキサン系樹脂は、ラジカル重合性不飽和基および加水分解性シリル基を有するシラン化合物(A)に由来する構成単位(a)と、
酸と塩基からなる塩構造およびラジカル重合性基を有し、かつ、加水分解性シリル基を有さず、水に可溶で、かつ、水中でミセルを形成しない単量体(B)に由来する構成単位(b)と、
ポリオキシアルキレン構造およびラジカル重合性基を有し、かつ、加水分解性シリル基を有さず、水中でミセルを形成することが可能な単量体(C)に由来する構成単位(c)と、
任意で、前記(A)、(B)および(C)以外の、下記一般式(III):



-Si-(OR


4-n
・・・(III)
(式中、R

は、それぞれ独立して炭素数1~10の非置換もしくは置換アルキル基、または非置換もしくは置換アリール基であり、R

が複数ある場合は同一または異なっていてもよく、R

は、それぞれ独立して水素原子または炭素数1~10のアルキル基であり、nは、0~3の整数である。)
で示されるシラン化合物(D)に由来する構成単位(d)と、
を含む、請求項1~3のいずれか1項に記載の積層体。
【請求項5】
前記(A)、(B)および(C)以外の、ラジカル重合性基を有する単量体(E)に由来する構成単位(e)をさらに含む、請求項4に記載の積層体。
【請求項6】
前記ポリシロキサン系樹脂の全量100重量%に対して、前記構成単位(b)を1~20重量%含み、かつ、前記構成単位(c)を1~10重量%含む、請求項4に記載の積層体。
【請求項7】
前記ポリシロキサン系樹脂の全量100重量%に対して、前記構成単位(a)および(d)を合計で10重量%以上含む、請求項4に記載の積層体。
【請求項8】
土木建築材料用基材を含む基材層と、コーティング層と、を有する積層体の製造方法であって、
組成物(I)を前記基材層上に塗布して前記コーティング層を形成する工程を有し、
前記組成物(I)は、
ポリシロキサン系樹脂と水とを含有する組成物であり、
前記ポリシロキサン系樹脂は、構成単位として、ラジカル重合性基を有する単量体に由来する構成単位を含む重合体を有し、
前記単量体は、
(i)酸と塩基からなる塩構造を有し、水に可溶で、かつ、水中でミセルを形成しない単量体、および
(ii)水中でミセルを形成することが可能な単量体を含む、積層体の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、積層体、およびその製造方法に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
雨などにより、コンクリート等の土木建築材料用基材に対して、水が付着した場合、当該土木建築材料用基材の内部にまで水が入り込み、土木建築材料用基材中の水酸化カルシウム等を溶解する。溶解した水酸化カルシウムは土木建築材料用基材の表層へ析出して乾燥し、空気中の二酸化炭素と反応することにより、不溶性の炭酸カルシウムとなる。当該炭酸カルシウムにより、土木建築材料用基材の美観が損ねられるエフロレッセンス(白華現象)が発生する。
【0003】
そこで、コンクリート等の土木建築材料用基材の保護剤としてシラン系の含浸材を使用することが知られている(例えば、特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開平9-278562号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上述のような従来技術は、土木建築材料用基材への透水性の低減の観点から改善の余地があった。
【0006】
そこで、本発明は、土木建築材料用基材を含む基材層と、コーティング層と、を有し、かつ土木建築材料用基材を含む基材層への透水性の低減に優れる積層体を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者は、前記課題を解決すべく鋭意検討した結果、土木建築材料用基材を含む基材層と、コーティング層と、を有する積層体において、コーティング層を特定の成分で構成することにより、土木建築材料用基材を含む基材層への透水性の低減に優れる積層体を得ることができること、を初めて見出し、本発明を完成するに至った。
【0008】
したがって、本発明の一態様は、土木建築材料用基材を含む基材層と、コーティング層と、を有する積層体であって、前記コーティング層は、ポリシロキサン系樹脂と水とを含有する組成物(I)から形成された層であり、前記ポリシロキサン系樹脂は、構成単位として、ラジカル重合性基を有する単量体に由来する構成単位を含む重合体を有し、前記単量体は、(i)酸と塩基からなる塩構造を有し、水に可溶で、かつ、水中でミセルを形成しない単量体、および(ii)水中でミセルを形成することが可能な単量体を含む、積層体(以下、「本積層体」と称する。)である。
【0009】
また、本発明の一態様は、土木建築材料用基材を含む基材層と、コーティング層と、を有する積層体の製造方法であって、組成物(I)を前記基材層上に塗布して前記コーティング層を形成する工程を有し、前記組成物(I)は、ポリシロキサン系樹脂と水とを含有する組成物であり、前記ポリシロキサン系樹脂は、構成単位として、ラジカル重合性基を有する単量体に由来する構成単位を含む重合体を有し、前記単量体は、(i)酸と塩基からなる塩構造を有し、水に可溶で、かつ、水中でミセルを形成しない単量体、および(ii)水中でミセルを形成することが可能な単量体を含む、積層体の製造方法(以下、「本製造方法」と称する。)である。
【発明の効果】
【0010】
本発明の一態様によれば、土木建築材料用基材を含む基材層と、コーティング層と、を有し、かつ土木建築材料用基材を含む基材層への透水性の低減に優れる積層体を提供することができる。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社カネカ
ポリイミド積層体
1日前
株式会社カネカ
クライオアブレーションカテーテルおよびクライオアブレーションカテーテルシステム
今日
東レ株式会社
積層体
8か月前
東ソー株式会社
積層体
7か月前
東レ株式会社
多層成形品
6日前
ユニチカ株式会社
シート
8か月前
東レ株式会社
積層不織布
7か月前
東レ株式会社
積層フィルム
7か月前
東レ株式会社
積層フィルム
1か月前
個人
生地
1か月前
東レ株式会社
積層フィルム
7日前
東レ株式会社
積層フィルム
5か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
2か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
1か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
2か月前
東洋紡株式会社
離型フィルム
20日前
東ソー株式会社
多層フィルム
3か月前
セーレン株式会社
導電性編物
1か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
2か月前
東洋紡株式会社
離型フィルム
20日前
セーレン株式会社
調湿性布帛
9か月前
東ソー株式会社
易開封性積層体
7か月前
三菱製紙株式会社
離型フィルム
7か月前
三菱製紙株式会社
離型フィルム
8日前
三菱瓦斯化学株式会社
複合材料
8か月前
東ソー株式会社
易開封性積層体
7か月前
平岡織染株式会社
複合体シート
7か月前
東レ株式会社
多層積層フィルム
7か月前
株式会社カネカ
ポリイミド積層体
1日前
株式会社エフコンサルタント
面材
11日前
三洋化成工業株式会社
複層硬化膜
4日前
三菱製紙株式会社
セロハン積層体
8か月前
三菱製紙株式会社
シートパレット
7か月前
株式会社 スワコー
光学フィルム
28日前
株式会社カネカ
ポリイミド積層体
5日前
東洋紡株式会社
包装用積層フィルム
1か月前
続きを見る