TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024044061
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022149376
出願日2022-09-20
発明の名称ラジカル重合性重合体及び感光性樹脂組成物
出願人株式会社日本触媒
代理人弁理士法人アスフィ国際特許事務所
主分類C08F 290/12 20060101AFI20240326BHJP(有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物)
要約【課題】本発明の目的は、取扱い性が良好で塗布作業性に優れ、且つ硬度、透明性、及び密着性に優れた硬化物を与えることができるラジカル重合性重合体、及び前記ラジカル重合性重合体を含む感光性樹脂組成物を提供することにある。
【解決手段】酸基を有する不飽和単量体由来の構成単位、2級水酸基を含有するヒドロキシアルキル基を有する不飽和単量体由来の構成単位、及び側鎖に重合性二重結合を有する重合体であって、前記重合体がさらに主鎖にN-置換マレイミド系単量体に由来する構成単位及び/又は側鎖にシクロヘキシル基を有する不飽和単量体由来の構成単位を有し、前記重合体の重量平均分子量が18000以下である、ラジカル重合性重合体。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
酸基を有する不飽和単量体由来の構成単位、2級水酸基を含有するヒドロキシアルキル基を有する不飽和単量体由来の構成単位、及び側鎖に重合性二重結合を有する重合体であって、
前記重合体がさらに主鎖にN-置換マレイミド系単量体に由来する構成単位及び/又は側鎖にシクロヘキシル基を有する不飽和単量体由来の構成単位を有し、
前記重合体の重量平均分子量が18000以下である、ラジカル重合性重合体。
続きを表示(約 770 文字)【請求項2】
前記酸基を有する不飽和単量体、2級水酸基を含有するヒドロキシアルキル基を有する不飽和単量体、及びシクロヘキシル基を有する不飽和単量体は、それぞれアクリル系又はメタクリル系のいずれかであり、
前記重合体の全構成単位100質量%中、アクリル系単量体に由来する構成単位の含有割合が7質量%以下である、請求項1に記載のラジカル重合性重合体。
【請求項3】
前記重合体の酸価が30~200mgKOH/gである、請求項1に記載のラジカル重合性重合体。
【請求項4】
前記重合体の二重結合当量が330~1600g/molである、請求項1に記載のラジカル重合性重合体。
【請求項5】
前記重合体が前記主鎖にN-置換マレイミド系単量体に由来する構成単位を有し、
前記重合体の全構成単位100質量%中、前記N-置換マレイミド系単量体に由来する構成単位の含有割合が5質量%以上30質量%以下である、請求項1に記載のラジカル重合性重合体。
【請求項6】
前記重合体がさらに5員環以上の環状エーテル構造を有する不飽和単量体由来の構成単位を有し、
前記5員環以上の環状エーテル構造を有する不飽和単量体は、アクリル系又はメタクリル系のいずれかである、請求項1に記載のラジカル重合性重合体。
【請求項7】
前記重合体の全構成単位100質量%中、前記5員環以上の環状エーテル構造を有する不飽和単量体由来の構成単位含有割合が5質量%以上20質量%以下である、請求項6に記載のラジカル重合性重合体。
【請求項8】
請求項1~7のいずれかに記載のラジカル重合性重合体、多官能モノマー、重合開始剤、無機微粒子、及び溶剤を含む感光性樹脂組成物。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ラジカル重合性重合体、及び前記ラジカル重合性重合体を含む感光性樹脂組成物に関するものである。
続きを表示(約 3,300 文字)【背景技術】
【0002】
熱や活性エネルギー線によって硬化しうる硬化性樹脂組成物は、例えば、液晶表示装置や固体撮像素子等に用いられるカラーフィルター、インキ、印刷版、プリント配線板、半導体素子、フォトレジスト等の、各種の光学部材や電機・電子機器等の各種用途への適用が種々検討され、各用途で要求される特性に応じて優れた硬化性樹脂組成物の開発がなされている。例えば、特許文献1には、耐熱寸法安定性、耐熱変色性、及び基板との密着性に優れる層間絶縁膜を高い解像度で与えることができる感放射線性樹脂組成物として、アルカリ可溶性樹脂、1,2-キノンジアジド化合物、及びラジカル捕捉剤を含有する感放射線性樹脂組成物が記載されており、前記アルカリ可溶性樹脂としては、不飽和カルボン酸、エポキシ基を含有する不飽和化合物、マレイミド化合物等を共重合した共重合体が開示されている。また例えば、特許文献2には、優れた遮蔽部硬化性、高耐熱性、高密着性、及び高透明性を発現する硬化膜を与えることができる感光性樹脂組成物として、環状エーテル骨格を有する(メタ)アクリレート、アルキル基の炭素数が1~24であるアルキル(メタ)アクリレート、少なくとも2種のラジカル重合性モノマーの共重合体である(メタ)アクリル樹脂、及び重合開始剤を含有する活性エネルギー線硬化型感光性樹脂組成物が記載されている。
【0003】
上述のように、光学部材に用いられる硬化性樹脂組成物に対しては、技術の進歩に伴ってさらにハイレベルな特性が求められており、例えば、硬度、透明性、及び密着性に優れた硬化物を形成可能な樹脂組成物、及び該樹脂組成物を与えることができる重合体が求められている。またさらに取扱い性に優れる重合体、及び樹脂組成物が求められている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
国際公開第2011/046230号
特開2013-36024号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明は前記事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、取扱い性が良好で塗布作業性に優れ、且つ硬度、透明性、及び密着性に優れた硬化物を与えることができるラジカル重合性重合体、及び前記ラジカル重合性重合体を含む感光性樹脂組成物を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明者は、前記課題を解決するために鋭意検討した結果、酸基を有する不飽和単量体由来の構成単位、2級水酸基を含有するヒドロキシアルキル基を有する不飽和単量体由来の構成単位、及び側鎖に重合性二重結合を有する重合体であって、前記重合体がさらに主鎖にN-置換マレイミド系単量体に由来する構成単位及び/又は側鎖にシクロヘキシル基を有する不飽和単量体由来の構成単位を有し、重量平均分子量が18000以下であるラジカル重合性重合体によれば、取扱い性が良好で塗布作業性に優れ、且つ硬度、透明性、及び密着性に優れた硬化物を与えることができることを見出し、本発明を完成した。
【0007】
すなわち本発明は、以下の構成要件によって特定される。
[1] 酸基を有する不飽和単量体由来の構成単位、2級水酸基を含有するヒドロキシアルキル基を有する不飽和単量体由来の構成単位、及び側鎖に重合性二重結合を有する重合体であって、
前記重合体がさらに主鎖にN-置換マレイミド系単量体に由来する構成単位及び/又は側鎖にシクロヘキシル基を有する不飽和単量体由来の構成単位を有し、
前記重合体の重量平均分子量が18000以下である、ラジカル重合性重合体。
[2] 前記酸基を有する不飽和単量体、2級水酸基を含有するヒドロキシアルキル基を有する不飽和単量体、及びシクロヘキシル基を有する不飽和単量体は、それぞれアクリル系又はメタクリル系のいずれかであり、
前記重合体の全構成単位100質量%中、アクリル系単量体に由来する構成単位の含有割合が7質量%以下である、[1]に記載のラジカル重合性重合体。
[3] 前記重合体の酸価が30~200mgKOH/gである、[1]又は[2]に記載のラジカル重合性重合体。
[4] 前記重合体の二重結合当量が330~1600g/molである、[1]~[3]のいずれかに記載のラジカル重合性重合体。
[5] 前記重合体が前記主鎖にN-置換マレイミド系単量体に由来する構成単位を有し、
前記重合体の全構成単位100質量%中、前記N-置換マレイミド系単量体に由来する構成単位の含有割合が5質量%以上30質量%以下である、[1]~[4]のいずれかに記載のラジカル重合性重合体。
[6] 前記重合体がさらに5員環以上の環状エーテル構造を有する不飽和単量体由来の構成単位を有し、
前記5員環以上の環状エーテル構造を有する不飽和単量体は、アクリル系又はメタクリル系のいずれかである、[1]~[5]のいずれかに記載のラジカル重合性重合体。
[7] 前記重合体の全構成単位100質量%中、前記5員環以上の環状エーテル構造を有する不飽和単量体由来の構成単位含有割合が5質量%以上20質量%以下である、[6]に記載のラジカル重合性重合体。
[8] [1]~[7]のいずれかに記載のラジカル重合性重合体、多官能モノマー、重合開始剤、無機微粒子、及び溶剤を含む感光性樹脂組成物。
【発明の効果】
【0008】
本発明のラジカル重合性重合体、及び感光性樹脂組成物は、塗布性に優れ、且つ硬度、透明性、及び密着性に優れた硬化物(例えば、硬化膜)を形成することができる。このため本発明のラジカル重合性重合体、及び感光性樹脂組成物は、例えば、レジスト材料、各種コーティング剤、塗料等の用途において好適に用いることができる。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下に本発明を詳述する。
なお、以下において記載する本発明の個々の好ましい形態を2つ以上組み合わせた形態もまた、本発明の好ましい形態である。
また、本明細書において、「(メタ)アクリル酸」は、「アクリル酸及び/又はメタクリル酸」を意味し、「(メタ)アクリレート」は、「アクリレート及び/又はメタクリレート」を意味する。
また、本明細書において、数値範囲「Min~Max」は、最小値Min以上、且つ最大値Max以下を意味する。さらに、上限値及び下限値について好適な数値を段階的に記載する場合、各々分けて記載した上限値と下限値を適宜組み合わせた数値範囲も好適な数値範囲である。
【0010】
1. ラジカル重合性単量体
本発明のラジカル重合性重合体は、酸基を有する不飽和単量体由来の構成単位、2級水酸基を含有するヒドロキシアルキル基を有する不飽和単量体由来の構成単位を有し、さらにN-置換マレイミド系単量体に由来する構成単位及びシクロヘキシル基を有する不飽和単量体由来の構成単位の少なくとも一方を有する。これら構成単位を有する重合体において、側鎖に重合性二重結合を導入し、且つ所定の分子量にすることで、得られるラジカル重合性重合体は、塗布性に優れ、且つ硬度、透明性、及び密着性に優れた硬化物を形成することができる。
なお、不飽和単量体由来の構成単位とは、例えば、重合反応によって不飽和単量体が有する重合性二重結合が開いた構造に相当する。重合性二重結合が開いた構造とは、例えば、炭素間の二重結合(C=C)が単結合(-C-C-)となった構造である。
また、下記の各構成単位は、それぞれ1種のみでもよく、2種以上が併用されていてもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社日本触媒
可溶化ポリマーの製造方法および吸水性樹脂の製造方法
4日前
株式会社日本触媒
積層フィルム、積層フィルムの製造方法および樹脂成形品の製造方法
1日前
株式会社日本触媒
ビニルエーテル基含有(メタ)アクリル酸エステル高分子量体の製造方法
4日前
株式会社日本触媒
吸水性樹脂を分解して可溶化ポリマーを製造する方法、および、可溶化ポリマーを原料の一部とする吸水性樹脂の製造方法
4日前
株式会社日本触媒
組成物
2か月前
東ソー株式会社
ゴム組成物
4日前
東ソー株式会社
ゴム組成物
19日前
株式会社ナリス化粧品
構造体
26日前
三菱ケミカル株式会社
積層体
1か月前
東レ株式会社
多孔質フィルム
2か月前
株式会社きもと
障子用フィルム
2か月前
三洋化成工業株式会社
複合粒子
5日前
株式会社コバヤシ
成形体
2か月前
三菱ケミカル株式会社
樹脂組成物
2か月前
東レ株式会社
ポリアミド樹脂組成物
1か月前
株式会社松風
光硬化性組成物
2か月前
東レ株式会社
ポリエステルフィルム
6日前
東ソー株式会社
ソールゴム用改質剤
19日前
花王株式会社
乳化組成物
4日前
株式会社日本触媒
無機粒子含有分散体
2か月前
アイカ工業株式会社
ホットメルト組成物
1か月前
AGC株式会社
水性分散液
2か月前
三洋化成工業株式会社
成形用樹脂組成物
1日前
テクノUMG株式会社
物品
2か月前
三菱ケミカル株式会社
成形体
19日前
株式会社カネカ
樹脂組成物およびフィルム
2か月前
ユニチカ株式会社
多孔質ポリアミドイミド
2か月前
松本油脂製薬株式会社
樹脂粒子及びその用途
1か月前
アキレス株式会社
塩化ビニル系樹脂フィルム
6日前
東レ株式会社
ポリエステル組成物の製造方法
1か月前
グンゼ株式会社
導電性フィルム
5日前
松本油脂製薬株式会社
樹脂粒子及びその用途
1か月前
東レ株式会社
二軸配向ポリオレフィンフィルム
1か月前
株式会社スギノマシン
ゴム複合物
14日前
帝人株式会社
樹脂組成物および光学部材
2か月前
日本ユピカ株式会社
成形材
1か月前
続きを見る