TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024043713
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-02
出願番号2022148860
出願日2022-09-20
発明の名称検知装置
出願人株式会社荏原製作所
代理人個人,個人,個人
主分類G01H 17/00 20060101AFI20240326BHJP(測定;試験)
要約【課題】検知部を含む検知ユニットの高さを抑えることが可能な検知装置を提供すること。
【解決手段】検知装置1は、測定対象機器100に取り付けられる検知ユニット2と、検知ユニット2に電力を供給する電源ユニット3と、検知ユニット2と電源ユニット3とを接続するケーブル4と、を備え、検知ユニット2は、測定対象機器100の状態を検知する検知部10と、検知部10の検知結果を送信する通信部11と、検知部10および通信部11が共に実装される基板12と、を有している。
【選択図】図2

特許請求の範囲【請求項1】
測定対象機器に取り付けられる検知ユニットと、
前記検知ユニットに電力を供給する電源ユニットと、
前記検知ユニットと前記電源ユニットとを接続するケーブルと、
を備え、
前記検知ユニットは、前記測定対象機器の状態を検知する検知部と、前記検知部の検知結果を送信する通信部と、前記検知部および前記通信部が共に実装される基板と、を有している、
検知装置。
続きを表示(約 590 文字)【請求項2】
前記検知ユニットは、磁石を有し、前記磁石による磁着によって前記検知ユニットを前記測定対象機器に取り付ける取付部、をさらに有する、
請求項1に記載の検知装置。
【請求項3】
前記取付部は、前記磁石を保持し、磁気シールド性を有する保持部をさらに有しており、
前記保持部の少なくとも一部は、前記磁石と前記基板との間に配置されている、
請求項2に記載の検知装置。
【請求項4】
前記保持部は、強磁性体により形成される、
請求項3に記載の検知装置。
【請求項5】
前記保持部は、筒部と、前記筒部の一端を塞ぐ頂部と、を有し、
前記頂部は前記磁石と前記基板との間に位置し、
前記筒部の開口を通じて前記磁石が露出している、
請求項3または4に記載の検知装置。
【請求項6】
前記検知部は、前記測定対象機器の振動を検知する振動センサと、前記測定対象機器の温度を検知する温度センサと、前記測定対象機器から発生する音を検知する音センサと、前記測定対象機器の周囲の気圧を検知する気圧計と、のうち少なくとも一つを含む、
請求項1に記載の検知装置。
【請求項7】
前記電源ユニットは、電池を含む、
請求項1に記載の検知装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、検知装置に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
下記特許文献1には、測定対象機器の振動を検知する振動センサが実装されたセンサ基板と、センサ基板と電気的に接続されたメイン基板と、センサ基板とメイン基板に電力を供給するための電池と、センサ基板、メイン基板、および電池が収容されたケースと、を備えるセンサユニットが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第6867220号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1の構造では、センサ基板と、メイン基板と、電池とが同一のケースで覆われているため、振動センサを含むセンサユニットの全体の高さが大きくなる。したがって、測定対象機器の周囲のスペースが狭い場合などに、特許文献1のセンサユニットを測定対象機器に取り付けることが難しい。
【0005】
本発明は、上記問題点に鑑みてなされたものであり、検知部を含む検知ユニットの高さを抑えることが可能な検知装置の提供を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
(1):本発明の一態様に係る検知装置は、測定対象機器に取り付けられる検知ユニットと、前記検知ユニットに電力を供給する電源ユニットと、前記検知ユニットと前記電源ユニットとを接続するケーブルと、を備え、前記検知ユニットは、前記測定対象機器の状態を検知する検知部と、前記検知部の検知結果を送信する通信部と、前記検知部および前記通信部が共に実装される基板と、を有している。
【0007】
(2):(1)に係る検知装置において、前記検知ユニットは、磁石を有し、前記磁石による磁着によって前記検知ユニットを前記測定対象機器に取り付ける取付部、をさらに有していてもよい。
【0008】
(3):(2)に係る検知装置において、前記取付部は、前記磁石を保持し、磁気シールド性を有する保持部をさらに有しており、前記保持部の少なくとも一部は、前記磁石と前記基板との間に配置されていてもよい。
【0009】
(4):(3)に係る検知装置において、前記保持部は、強磁性体により形成されていてもよい。
【0010】
(5):(3)または(4)に係る検知装置において、前記保持部は、筒部と、前記筒部の一端を塞ぐ頂部と、を有し、前記頂部は前記磁石と前記基板との間に位置し、前記筒部の開口を通じて前記磁石が露出していてもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社荏原製作所
基板処理装置
6日前
株式会社荏原製作所
聴診装置及び聴診方法
11日前
株式会社荏原製作所
液化ガス用のポンプ装置
13日前
株式会社荏原製作所
基板処理装置、基板処理方法
5日前
株式会社荏原製作所
基板処理装置及び基板処理方法
11日前
株式会社荏原製作所
質量測定方法及び質量測定装置
20日前
株式会社荏原製作所
基板処理装置および基板処理方法
13日前
株式会社荏原製作所
ポンプおよびポンプの組み立て方法
13日前
株式会社荏原製作所
養殖管理装置および養殖管理システム
今日
株式会社荏原製作所
研磨装置、情報処理装置及びプログラム
3日前
株式会社荏原製作所
位置調整方法、および処理基板の製造方法
5日前
株式会社荏原製作所
データ収集装置、状態監視システム及び状態監視システムの制御方法
7日前
株式会社荏原製作所
パッド位置判定システム、パッド位置判定方法、およびパッド貼り付け方法
11日前
株式会社荏原製作所
データ処理システム、データ収集装置、データ処理方法、及び、データ収集方法
13日前
株式会社荏原製作所
溶射装置およびその制御方法、ならびに、溶射装置の設定プログラムおよび設定方法
5日前
株式会社荏原製作所
データ処理システム、データ収集装置、データ管理装置、データ処理方法、データ収集方法、及び、データ管理方法
11日前
株式会社荏原製作所
データ処理システム、データ収集装置、データ管理装置、データ処理方法、データ収集方法、及び、データ管理方法
11日前
株式会社荏原製作所
基板洗浄装置、基板乾燥装置、基板搬送装置、基板載置装置、基板処理装置、帯電量制御方法および帯電量制御プログラム
4日前
個人
健康状態検査材
1か月前
株式会社CCT
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
センサユニット
26日前
株式会社チノー
放射温度計
27日前
太陽誘電株式会社
検出装置
5日前
太陽誘電株式会社
検出装置
4日前
アズビル株式会社
圧力センサ
10日前
個人
コンベックスルール用測定部品
1か月前
アズビル株式会社
差圧センサ
10日前
株式会社プロテリアル
位置検出装置
7日前
日本碍子株式会社
ガスセンサ
7日前
トヨタ自動車株式会社
給水治具
1か月前
株式会社ヨコオ
プローブ
6日前
株式会社テイエルブイ
処理装置
20日前
株式会社クボタ
検査装置
5日前
三恵技研工業株式会社
レドーム
3日前
株式会社村田製作所
変位センサ
6日前
株式会社クボタ
検査装置
5日前
続きを見る