TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024040713
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-26
出願番号2022145237
出願日2022-09-13
発明の名称耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体
出願人東ソー株式会社
代理人
主分類C01B 39/36 20060101AFI20240318BHJP(無機化学)
要約【課題】 脂肪族炭化水素から芳香族炭化水素化合物、更には軽質炭化水素化合物及び芳香族炭化水素化合物を高収率で同時に製造することを可能とし、その際の生産性・安定性・長寿命に優れた性能を発揮する触媒としての適用を可能とする新規な耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体を提供する。
【解決手段】 亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体であって、MFI型ゼオライト成形体が、MFI型ゼオライト100重量部に対し、無機バインダー5~50重量部を含み、特定の試験条件下で水熱処理試験を行い、アンモニア-TPD法により測定した水熱処理試験前後の酸量より求められる酸量の低減率が45%以下である耐水熱性MFI型ゼオライト成形体であり、該耐水熱性MFI型ゼオライト成形体の酸量の亜鉛含有量に対する比として表される亜鉛含有量(wt%)/酸量(mmol/g)が1~30の亜鉛を含む耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体。
【選択図】 なし
特許請求の範囲【請求項1】
亜鉛を含有するMFI型ゼオライト成形体である亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体であって、該MFI型ゼオライト成形体が、MFI型ゼオライト100重量部に対し、無機バインダー5~50重量部を含み、試験温度600℃、水蒸気/空気=50/50(体積比)の試験雰囲気、試験時間6時間の試験条件下で水熱処理試験を行い、アンモニア-TPD法により測定した水熱処理試験前後の酸量より、(水熱処理試験前酸量(mmol/g)-水熱処理試験後酸量(mmol/g))/水熱処理試験前酸量(mmol/g)×100で求められる酸量の低減率が45%以下である耐水熱性MFI型ゼオライト成形体であり、該耐水熱性MFI型ゼオライト成形体の酸量の亜鉛含有量に対する比として表される亜鉛含有量(wt%)/酸量(mmol/g)が1~30の亜鉛を含むものであることを特徴とする耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体。
続きを表示(約 570 文字)【請求項2】
更に下記(i)~(iv)に示す特性のいずれかの少なくとも1つを満足することを特徴とする請求項1に記載の耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体。
(i)Si/Alモル比が5以上である。
(ii)外表面酸量が0.10mmol/g以下である。
(iii)酸量が0.05~0.85mmol/gである。
(iv)亜鉛含有率が0.05~5wt%である。
【請求項3】
円柱形状、円筒形状、又は多角柱形状を有することを特徴とする請求項1又は2に記載の耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体。
【請求項4】
請求項1又は2に記載の耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体を含むことを特徴とする芳香族炭化水素化合物製造用触媒。
【請求項5】
請求項4に記載の芳香族炭化水素化合物製造用触媒の存在下、炭素数30以下の脂肪族炭化水素を400~800℃の条件下で接触し、芳香族炭化水素化合物を製造することを特徴とする芳香族炭化水素化合物の製造方法。
【請求項6】
炭素数30以下の脂肪族炭化水素が、植物由来及び/又はケミカルリサイクル由来の脂肪族炭化水素を含むものであることを特徴とする請求項5に記載の芳香族炭化水素化合物の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、新規な耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体に関するものであり、MFI型ゼオライト、無機バインダーを含む耐水熱性MFI型ゼオライト成形体に対し、特定量の亜鉛を含む耐水熱性に優れる亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体及びそれを用いた芳香族炭化水素化合物の製造方法、特に軽質炭化水素化合物と芳香族炭化水素化合物の同時製造方法に関するものである。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
MFI型ゼオライトは、ゼオライト構造由来の均一な細孔を利用した高選択性触媒として用いられている。MFI型ゼオライトを触媒として用いた例として、トルエンの不均化(例えば、特許文献1参照。)、キシレンの異性化(例えば、特許文献2参照。)などが挙げられる。
【0003】
これらの反応は主に、MFI型ゼオライトのミクロ細孔の特徴を利用したものである。MFI型ゼオライトのミクロ細孔は、入口径がおよそ0.5nmであり、この細孔径に近接した分子径を持つ分子の有効な反応場となると考えられる。
【0004】
ベンゼン、トルエン、キシレン(以下、総称して芳香族炭化水素化合物と表記する場合がある)は、多くの場合、石油精製により得られた原料油(例えば、ナフサなど)を、熱分解反応装置にて分解し、得られた熱分解生成物から芳香族炭化水素化合物を蒸留または抽出によって分離精製することで得られる。これら製造法による芳香族炭化水素化合物の製造では、芳香族炭化水素化合物以外の熱分解生成物として、脂肪族炭化水素化合物(パラフィン系、オレフィン系、アセチレン系、脂環系を含む。)が含まれる。そのため、芳香族炭化水素化合物の製造に伴って、脂肪族炭化水素化合物が同時に製造されるため、芳香族炭化水素化合物の生産量は脂肪族炭化水素化合物の生産量を見合って調整がなされ、おのずと生産量に限度があるものであった。また、脂肪族炭化水素原料を、中細孔径ゼオライトを主に含んだ触媒と約400℃~約800℃程度の温度で接触させることにより、芳香族炭化水素化合物を製造することができる(例えば、非特許文献1~4参照。)。これらの製造法は、熱分解による芳香族炭化水素化合物の製造法と比較して、付加価値が低く、余剰な炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物が製造できるといった利点がある。また、これらの芳香族炭化水素化合物製造に用いられる触媒の開発も行われている。
【0005】
なかでもゼオライトへ金属を含有させることでその活性、選択性を向上させる取り組みがなされてきた。例えば、亜鉛含有MFI型ゼオライトは芳香族炭化水素化合物製造反応に高い触媒活性を示すことが知られている(例えば、特許文献3参照。)。さらに、パラフィン、オレフィン、ナフテンを含有する炭化水素を原料とした芳香族炭化水素化合物製造用触媒として、亜鉛およびアルミン酸亜鉛を含有する中細孔径ゼオライト系触媒が報告されている(例えば、特許文献4参照。)。
【0006】
また、軽質炭化水素化合物および芳香族炭化水素化合物の製造効率を高めること、更には未利用留分、植物由来又はケミカルリサイクル由来の脂肪族炭化水素原料より芳香族炭化水素化合物の製造効率を高めることは、包摂的で持続可能な産業化を推進化に寄与するものであり、近年叫ばれているSDGs等持続可能な社会に必要なテクノロジーの1つである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特許第4014279号
特許第2598127号
米国特許4157293号
特開平10-33987号公報
【非特許文献】
【0008】
Microporous and Mesoporous Materials 第137巻、92頁(2011年)
Industrial & Engineering Chemistry Research 第31巻、995頁(1992年)
Industrial & Engineering Chemistry Research 第26巻、647頁(1987年)
Applied Catalysis 第78巻、15頁(1991年)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
しかし、特許文献3に提案の亜鉛含有ゼオライト触媒は反応中に亜鉛種が還元されることで金属亜鉛となり、その高い蒸気圧により揮散するため、亜鉛含有量の減少に伴う触媒性能の劣化が課題となっている。
【0010】
また、特許文献4に提案の方法は、還元されにくいアルミン酸亜鉛を共に含有させることで、触媒性能を長期的に維持させるものであるが、過剰量のアルミン酸亜鉛を含有させる必要があり、揮散する亜鉛の絶対量を減ずることは困難であった。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東ソー株式会社
ゼオライト成形体
14日前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物
7日前
住友精化株式会社
高純度一酸化窒素の製造方法
6日前
TDK株式会社
複合粒子
8日前
三菱電機株式会社
水素製造システム
2日前
株式会社フクハラ
CO2分離方法及び植物育成方法
2日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
水素生成装置
14日前
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
3日前
公立大学法人大阪
無機塩化物及びその製造方法。
13日前
住友化学株式会社
水溶液及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
14日前
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
多孔質炭素材料の製造方法
7日前
清水建設株式会社
海水中のマグネシウム回収システム及び水酸化マグネシウムの製造方法
7日前
DIC株式会社
複合粒子の製造方法
2日前
中鋼集団南京新材料研究院有限公司
グラフェンの製造装置、製造方法および製品
今日
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
3日前
日揮触媒化成株式会社
酸化チタン粒子、分散液、塗膜形成用塗布液、塗膜および塗膜付基材
2日前
個人
アルミン酸ソーダ含有溶液と、該アルミン酸ソーダ含有溶液から粉末体を製造する方法、またはそのための装置
13日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
13日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
13日前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物の製造方法、硫化物系無機固体電解質材料の製造方法および硫化リン組成物の評価方法
7日前
カヤク・ジャパン株式会社
管状火炎を用いたα-アルミナを含むアルミナ粒子の製法
13日前
カヤク・ジャパン株式会社
管状火炎を用いたガス発生剤となる硝酸塩添加によるα-アルミナを含むアルミナ粒子の製法
13日前
ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー
カップリング剤およびポリエチレングリコールで前処理した、ゴム組成物用の沈降シリカ
14日前
財團法人工業技術研究院
コアシェル粒子およびリチウムイオン電池
7日前
サムスン エレクトロニクス カンパニー リミテッド
イオン伝導性固体電解質化合物、その製造方法、及びそれを含む電気化学装置
6日前
レール・リキード-ソシエテ・アノニム・プール・レテュード・エ・レクスプロワタシオン・デ・プロセデ・ジョルジュ・クロード
スピネル型リチウム混合遷移金属酸化物の製造方法
13日前
テラパワー, エルエルシー
少なくとも1つの不純物をNaCl-MgCl2塩から除去するための方法
1日前
グループ14・テクノロジーズ・インコーポレイテッド
リチウムの非常に耐久性のある挿入を有する新規な材料およびその製造方法
1日前
ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社
風況予測システム、および風況予測方法
7日前