TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024040674
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-26
出願番号2022145165
出願日2022-09-13
発明の名称モリブデン被覆アルミナ粒子およびその製造方法
出願人DIC株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類C01F 7/021 20220101AFI20240318BHJP(無機化学)
要約【課題】 比表面積が大きく触媒特性に優れたモリブデン被覆アルミナ粒子、および前記粒子の製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 コアがアルミナ粒子、シェルがモリブデン化合物で構成されるコアシェル構造を有し、比表面積が2m2/g以上300m2/g以下である、モリブデン被覆アルミナ粒子を提供する。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
コアがアルミナ粒子、シェルがモリブデン化合物で構成されるコアシェル構造を有し、
比表面積が2m

/g以上300m

/g以下である、モリブデン被覆アルミナ粒子。
続きを表示(約 530 文字)【請求項2】
前記アルミナ粒子の結晶構造が、κ型、δ型またはθ型からなる群から選ばれる少なくとも1種以上である、請求項1に記載のモリブデン被覆アルミナ粒子。
【請求項3】
前記モリブデン化合物が、モリブデン酸化物、モリブデンとアルミニウムの複合酸化物、及び、モリブデンと珪素の複合酸化物、からなる群から選ばれる少なくとも1種である、請求項1または2に記載のモリブデン被覆アルミナ粒子。
【請求項4】
前記モリブデン被覆アルミナ粒子が、さらに、シリカ元素を含む、請求項1または2に記載のモリブデン被覆アルミナ粒子。
【請求項5】
アルミニウム化合物およびモリブデン化合物の粉体混合物を、800℃~900℃の温度下で焼成する、コアシェル構造を有するモリブデン被覆アルミナ粒子の製造方法。
【請求項6】
アルミニウム化合物を、気化したモリブデン化合物の存在下で焼成する、コアシェル構造を有するモリブデン被覆アルミナ粒子の製造方法。
【請求項7】
アルミニウム化合物に、さらに珪素化合物を混合する、請求項5または6に記載のコアシェル構造を有するモリブデン被覆アルミナ粒子の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、モリブデン被覆アルミナ粒子およびその製造方法に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、アルミナ粒子に金属酸化物を複合化させた複合酸化物粒子が知られている。前記複合酸化物粒子は、その特性を生かし、光触媒や反応触媒として幅広く使用されている。
【0003】
例えば、特許文献1には、結晶質金属酸化物(請求項4には酸化アルミニウムが開示されている)であるコア粒子と、その表面を被覆する金属の酸化物、酸窒化物及び窒化物の少なくとも1つからなる結晶質化合物(請求項7にはモリブデンが開示されている)である被膜と、を備える被覆酸化物粒子が開示されている。また、コア粒子と被膜の界面において、前記結晶質金属酸化物と前記結晶質化合物を格子整合させることで、光触媒特性等の諸特性に優れたものできることが記載されている。
【0004】
特許文献2には、δ-アルミナ及び/又はθ-アルミナを含有するアルミナと、コバルトアルミネートと、酸化ニッケル、酸化モリブデンおよび酸化タングステンから選ばれる少なくとも1種を含有してなる水素化処理触媒が開示されている。製造工程にて、アルミナにコバルト塩を担持させることで、コバルトアルミネートの形成を誘発し、活性金属であるニッケルのアルミネート化を抑制し、触媒活性の向上ができることが記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2022-90611号公報
特開1990-68142号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
以上のように、アルミナにモリブデンを被覆した触媒が知られているものの、依然として改良すべき点があった。
【0007】
触媒としての活性を向上させるためには、特許文献1や2に開示されているように、粒子の結晶性を改善する方法や、活性金属の活性発現を阻害しない方法が挙げられる。一方で、根本的な解決手段としては、粒子そのものの比表面積を向上させる方法が有効的であると考えられる。
【0008】
しかしながら、従来技術では、アルミナ粒子にモリブデンを被覆した被覆粒子の比表面積を向上させる為に十分な検討がなされていない。例えば、特許文献1では、被覆酸化物粒子の比表面積は0.5m

/g以上、10.0m

/g以下と記載されているものの、市販のアルミナ粒子を1種類用いるのみであり、得られる被覆酸化物粒子の比表面積を向上させるための具体的な手段が検討されていない。したがって、比表面積と触媒活性の影響についての検討が不十分であり、触媒性能に優れた被覆酸化物粒子を得るには更なる検討が必要であった。
【0009】
また、特許文献2では、α-アルミナの比表面積が極端に小さいことが言及されており、δ-アルミナおよびθ-アルミナが用いられているが、具体的な比表面積の記載がない。さらに、特許文献2に記載される製造方法は、成形したアルミナ担体にコバルトを担持させることが必須となっており、粒子状のアルミナを用いて、かつ、コバルトを担持させない場合に、どのような結晶構造のアルミナが得られるのか明らかにされておらず、比表面積が向上した被覆酸化物粒子を得ることが困難であった。
【0010】
そこで、本発明は、比表面積が大きく触媒特性に優れたモリブデン被覆アルミナ粒子、およびその製造方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

JFEプロジェクトワン株式会社
熱交換器
今日
東ソー株式会社
ゼオライト成形体
14日前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物
7日前
住友精化株式会社
高純度一酸化窒素の製造方法
6日前
TDK株式会社
複合粒子
8日前
三菱電機株式会社
水素製造システム
2日前
株式会社フクハラ
CO2分離方法及び植物育成方法
2日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
水素生成装置
14日前
東レ株式会社
グラフェン分散液、組成物およびそれを用いた形成物
23日前
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
3日前
住友重機械工業株式会社
水素化装置、及び水素化方法
16日前
日本製紙株式会社
炭素材料及びその製造方法、並びにそれらの応用
17日前
国立大学法人神戸大学
誘電体材料の製造方法
20日前
公立大学法人大阪
無機塩化物及びその製造方法。
13日前
東邦チタニウム株式会社
四塩化チタンの製造方法
15日前
国立大学法人 岡山大学
新規酸化ヨウ素組成物
15日前
太平洋セメント株式会社
噴霧乾燥装置又は噴霧熱分解装置
16日前
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
多孔質炭素材料の製造方法
7日前
住友化学株式会社
水溶液及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
14日前
国立研究開発法人産業技術総合研究所
伝熱シートおよび伝熱シートの製造方法
20日前
清水建設株式会社
海水中のマグネシウム回収システム及び水酸化マグネシウムの製造方法
7日前
DIC株式会社
複合粒子の製造方法
2日前
中鋼集団南京新材料研究院有限公司
グラフェンの製造装置、製造方法および製品
今日
クニミネ工業株式会社
非カルシウム型スメクタイトの製造方法
16日前
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
3日前
三菱ケミカル株式会社
アンモニア水の製造方法
29日前
東ソ-・エスジ-エム株式会社
ゼオライトの製造方法およびゼオライト
23日前
日揮触媒化成株式会社
酸化チタン粒子、分散液、塗膜形成用塗布液、塗膜および塗膜付基材
2日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
13日前
個人
アルミン酸ソーダ含有溶液と、該アルミン酸ソーダ含有溶液から粉末体を製造する方法、またはそのための装置
13日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
13日前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物の製造方法、硫化物系無機固体電解質材料の製造方法および硫化リン組成物の評価方法
7日前
ネクシオン リミテッド
金属イオン電池用電気活性材料
20日前
カヤク・ジャパン株式会社
管状火炎を用いたα-アルミナを含むアルミナ粒子の製法
13日前
株式会社写真化学
カーボンナノチューブ撹拌装置及びカーボンナノチューブの分散液を生産する方法
23日前
住友金属鉱山株式会社
導電性酸化物分子膜、導電性酸化物分子膜集積体、導電膜、導電体、および構造体
15日前
続きを見る