TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024037559
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-19
出願番号2022142484
出願日2022-09-07
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類G03G 21/14 20060101AFI20240312BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】 複数枚分の印刷用紙の種類を先行して先読みを行って搬送速度を決定する場合、先読みしている間は印刷が開始できないため、1枚目の印刷完了までの時間(ファーストコピータイム)が増加してしまうことがあった。
【解決手段】 ジョブ投入時の給紙段の紙情報に基づいて、複数枚の印刷予定情報を印刷ジョブに先行して取得するか否かを切り替えることによって、印刷予定情報に要する時間を削減し、ファーストコピータイムの増加を抑制する。
【選択図】 図8
特許請求の範囲【請求項1】
複数の種類の用紙を格納可能な複数の給紙段と、
印刷ページ情報を外部装置から受信するページ情報受信部と、
前記ページ情報受信部から受信した印刷ページ情報に基づいて、画像形成時の用紙の搬送速度を決定する搬送速度決定部と、
前記搬送速度決定部にて決定した搬送速度に従って画像形成を行う画像形成部と、を備え、
搬送速度決定部は、前記ページ情報受信部から印刷ページ情報を所定枚数分受信したのちに、画像形成時の用紙の搬送速度を決定する第1のモードと、前記ページ情報受信部から印刷ページ情報を所定枚数分の受信を待たずに、画像形成時の用紙の搬送速度を決定する第2のモードを持つことを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 320 文字)【請求項2】
請求項1において、前記複数の給紙段に同一の搬送速度になる用紙が格納されていると判断される場合は、第2のモードで動作することを特徴とする画像形成装置。
【請求項3】
請求項2において、給紙段の開閉状態が検知可能な開閉検知部をさらに備え、
所定時間以前に複数の給紙段のいずれかが開閉されたことが検知されている場合には、第1のモードで動作することを特徴とする画像形成装置。
【請求項4】
請求項1~3の何れか1項において、前記搬送速度決定部は、印刷ページ情報に含まれる紙種、および、坪量のうち少なくとも1つの情報に基づいて、画像形成時の用紙の搬送速度を決定することを特徴とする画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、プリンタ、複写機、ファクシミリ、複合機等の画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
最近、異なる種類の用紙を使い分けながら一連の画像形成ジョブを実行し得る画像形成装置が実用化されている。例えば表紙には厚紙を用い、これらに挟まれた本文には薄紙を用いるといったことが可能となる。また、スキャナで複数の原稿群を一度にスキャンしておき、最初にスキャンした原稿群については薄紙で複写し、次にスキャンした原稿群については厚紙で複写するといったこともできる。これと同様に、パーソナルコンピュータ等のクライアント装置から供給される複数の画像データ毎に用紙の種類を変えてプリントする、といったことも実現できる。
【0003】
このような複数種類の用紙を使い分けるためには、定着装置の表面温度を用紙に応じて調整する必要がある。従って、用紙の種類が変わった直後は、定着装置の表面温度が所定の温度になるまで画像形成ジョブを中断しなければならず、そのジョブが全て完了するまでに非常に長い時間がかかってしまうという問題がある。
【0004】
上記問題に対処するために、定着器の温調温度を切り替えて画質を優先する画質優先モードと、各用紙種類に共通の定着器の温調温度で切り替えを行わずに印刷完了までの時間を優先する速度優先モードを設け、ユーザが選択したモードに基づいて動作を行う技術が提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2005-321478号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、超厚紙といった熱量が多く必要な用紙に対しては、各用紙種類に共通の定着器の温調温度を設定できず、搬送速度を低速にしなければ定着性を確保することが難しい。そのため、低速用の定着温度切り替えに加えて、搬送に要する時間もかかってしまう。そこで、複数枚分の印刷用紙の種類を先行して先読みを行い、それに基づいて定着器の温度切り替えと搬送時間を含めた印刷完了までの時間が早くなるような搬送速度を予測で決定する方法が考えられる。
【0007】
この場合、先読みする枚数が多いほど予測精度が高くなるが、先読みしている間は印刷が開始できないため、1枚目の印刷完了までの時間(ファーストコピータイム)がかかってしまうという課題がある。
【0008】
本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、先読みを行って印刷完了までの時間が早くなるように搬送速度を決定する場合であっても、ファーストコピータイムの増加を抑制する画像形成装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記課題を解決するために、本発明の画像形成装置は、複数の種類の用紙を格納可能な複数の給紙段と、印刷ページ情報を外部装置から受信するページ情報受信部と、前記ページ情報受信部から受信した印刷ページ情報に基づいて、画像形成時の用紙の搬送速度を決定する搬送速度決定部と、前記搬送速度決定部にて決定した搬送速度に従って画像形成を行う画像形成部と、を備え、搬送速度決定部は、前記ページ情報受信部から印刷ページ情報を所定枚数分受信したのちに、画像形成時の用紙の搬送速度を決定する第1のモードと、前記ページ情報受信部から印刷ページ情報を所定枚数分の受信を待たずに、画像形成時の用紙の搬送速度を決定する第2のモードを持つことを特徴とする。
【0010】
また、前記複数の給紙段に同一の搬送速度になる用紙が格納されていると判断される場合は、第2のモードで動作することを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
雲台装置
27日前
株式会社リコー
画像形成装置
15日前
株式会社リコー
画像形成装置
7日前
株式会社リコー
画像形成装置
9日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
7日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
7日前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
三菱製紙株式会社
感光性樹脂組成物
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
14日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
14日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
22日前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
15日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
22日前
続きを見る