TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024036755
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-18
出願番号2022141202
出願日2022-09-06
発明の名称画像形成装置
出願人株式会社リコー
代理人個人
主分類G03G 21/16 20060101AFI20240311BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】像担持体及び転写部材のうちの一方を装置本体から取り外す際の作業性を向上させる。
【解決手段】本画像形成装置は、像担持体31を支持する像担持体ユニット30と、転写部材を支持する転写ユニット40と、像担持体ユニット及び転写ユニットを記録材幅方向に沿って装置本体の着脱口を介して着脱可能に保持するユニット保持部20とを有し、ユニット保持部は、像担持体ユニット及び転写ユニットの着脱口側と着脱口の反対側のそれぞれの側で、記録材幅方向に対して直交する面に沿った方向における像担持体ユニットと転写ユニットとの相対位置を固定する位置固定部材201,202を備え、着脱口側の位置固定部材201は、像担持体ユニット及び転写ユニットのそれぞれに対して着脱可能に構成され、反対側の位置固定部材202は、像担持体ユニット及び転写ユニットを記録材幅方向に挿脱自在に保持する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
像担持体と転写部材とが互いに当接してなる転写ニップを通過する記録材上に、該像担持体上の画像を転写させる画像形成装置であって、
前記像担持体を支持する像担持体ユニットと、
前記転写部材を支持する転写ユニットと、
前記像担持体ユニット及び前記転写ユニットを記録材幅方向に沿って装置本体の着脱口を介して着脱可能に保持するユニット保持部とを有し、
前記ユニット保持部は、前記像担持体ユニット及び前記転写ユニットの前記着脱口側と該着脱口の反対側のそれぞれの側で、前記記録材幅方向に対して直交する面に沿った方向における該像担持体ユニットと該転写ユニットとの相対位置を固定する位置固定部材を備え、
前記着脱口側の位置固定部材は、前記像担持体ユニット及び前記転写ユニットのそれぞれに対して着脱可能に構成され、
前記反対側の位置固定部材は、前記像担持体ユニット及び前記転写ユニットを前記記録材幅方向に挿脱自在に保持することを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 920 文字)【請求項2】
請求項1に記載の画像形成装置において、
前記ユニット保持部は、前記転写ユニットと前記像担持体ユニットのうちの一方を保持したまま、他方の取り外しが可能に構成されていることを特徴とする画像形成装置。
【請求項3】
請求項2に記載の画像形成装置において、
前記一方の保持は、前記反対側の位置固定部材による保持のみで行われることを特徴とする画像形成装置。
【請求項4】
請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像形成装置において、
前記記録材幅方向に対して直交する面に沿った方向における前記像担持体と該像担持体に対して当接する当接部材との相対位置を前記反対側で固定する別の位置固定部材が装置本体に設けられており、
前記反対側の位置固定部材は、前記別の位置固定部材に対し、前記記録材幅方向に対して直交する面に沿って変位可能に支持されていることを特徴とする画像形成装置。
【請求項5】
請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像形成装置において、
前記着脱口側の位置固定部材と前記反対側の位置固定部材のうちの少なくとも一方は、前記像担持体ユニット及び前記転写ユニットのうちの少なくとも一方の被係合部と係合する係合部が、位置固定部材本体よりも摩擦係数の小さい低摩擦材によって形成されていることを特徴とする画像形成装置。
【請求項6】
請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像形成装置において、
前記着脱口側の位置固定部材と前記反対側の位置固定部材のうちの少なくとも一方は、前記像担持体ユニットの被係合部及び前記転写ユニットの被係合部とそれぞれ係合する各係合部が同一の平板面部に形成されていることを特徴とする画像形成装置。
【請求項7】
請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像形成装置において、
前記像担持体は、潜像担持体上に形成される画像が中間転写される中間転写体であり、
前記中間転写体は、非弾性層よりも画像が担持される表層側に弾性層が積層された無端状ベルトであることを特徴とする画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、画像形成装置に関するものである。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来、像担持体と転写部材とが互いに当接する転写ニップ部を通過する記録材上に、該像担持体上の画像を転写させる画像形成装置が知られている。
【0003】
例えば、特許文献1には、中間転写ベルト(像担持体)との間に二次転写ニップを形成するニップ形成ローラ(転写部材)の回転軸両端部を回転自在に支持する二次転写ユニットを有する画像形成装置が開示されている。この画像形成装置では、二次転写ユニットが加圧台に保持され、バネ部材によって加圧台を付勢することにより、加圧台に保持された二次転写ユニット内のニップ形成ローラが中間転写ベルトに当接する。この画像形成装置においては、二次転写ユニットを保持した状態の加圧台が、中間転写ベルトを支持する転写ユニット内に搭載されている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
装置本体に対して着脱可能な1つの着脱ユニット内に像担持体と転写部材の両方が備わっている従来の画像形成装置では、メンテナンス時等において、像担持体及び転写部材のうちの一方を装置本体から取り外す際の作業性が悪いという課題があった。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上述した課題を解決するために、本発明は、像担持体と転写部材とが互いに当接してなる転写ニップを通過する記録材上に、該像担持体上の画像を転写させる画像形成装置であって、前記像担持体を支持する像担持体ユニットと、前記転写部材を支持する転写ユニットと、前記像担持体ユニット及び前記転写ユニットを記録材幅方向に沿って装置本体の着脱口を介して着脱可能に保持するユニット保持部とを有し、前記ユニット保持部は、前記像担持体ユニット及び前記転写ユニットの前記着脱口側と該着脱口の反対側のそれぞれの側で、前記記録材幅方向に対して直交する面に沿った方向における該像担持体ユニットと該転写ユニットとの相対位置を固定する位置固定部材を備え、前記着脱口側の位置固定部材は、前記像担持体ユニット及び前記転写ユニットのそれぞれに対して着脱可能に構成され、前記反対側の位置固定部材は、前記像担持体ユニット及び前記転写ユニットを前記記録材幅方向に挿脱自在に保持することを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
本発明によれば、メンテナンス時等において、像担持体及び転写部材のうちの一方を装置本体から取り外す際の作業性を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
実施形態のプリンタの概略構成図。
実施形態における中間転写ユニットの一部と二次転写ユニットとを画像形成装置の背面側から見たときの説明図。
実施形態におけるユニット保持部を画像形成装置の横方向から見たときの説明図。
二次転写ユニットに同ユニット保持部の前面板を装着したままの状態で、中間転写ユニットだけから前面板を取り外した状態を示す説明図。
中間転写ユニットに同ユニット保持部の前面板を装着したままの状態で、二次転写ユニットだけから前面板を取り外した状態を示す説明図。
中間転写ユニットと二次転写ユニットの両方から前面板を取り外した状態を示す説明図。
実施形態における前面板の構成の一例を示す斜視図。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、本発明に係る実施形態について図面を用いて説明する。
図1は実施形態に係る画像形成装置としての電子写真方式のカラープリンタ(以下、「プリンタ」という)の概略構成図である。
このプリンタ100は、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)のトナー像を形成するための4つの画像形成ユニット1Y、1M、1C、1Kを備えている。また、像担持体ユニットとしての中間転写ユニット30、転写ユニットとしての二次転写ユニット40、記録材(記録媒体)としての用紙Pを収納するカセット60、定着装置90なども備えている。
【0009】
画像形成部となる4つの画像形成ユニット1Y、1M、1C、1Kは、粉体の現像剤として、互いに異なる色のY、M、C、Kのトナーを用いる。それ以外は同様の構成になっている。画像形成ユニット1Y、1M、1C、1Kは、潜像担持体であるドラム状の感光体2Y、2M、2C、2K、ドラムクリーニング装置3Y、3M、3C、3K、除電装置、帯電装置6Y、6M、6C、6K、現像装置8Y、8M、8C、8K等を備えている。
【0010】
感光体2Y、2M、2C、2Kの表面は、帯電装置6Y、6M、6C、6Kで一様帯電される。次に、画像形成ユニット1Y、1M、1C、1Kの上方に配設された光書込ユニット101から発せられるレーザー光などの露光光によって光走査されて各色用の静電潜像が形成される。この静電潜像は、各色のトナーを有する現像装置8Y、8M、8C、8Kによって現像されて各色の像としてのトナー像Tになる。感光体2Y、2M、2C、2Kのトナー像Tは、無端状ベルトからなる中間転写ベルト31の外周面(表層側の面)上に一次転写されて担持される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社リコー
塗工装置
13日前
株式会社リコー
液体吐出装置
5日前
株式会社リコー
画像形成装置
8日前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
株式会社リコー
画像形成装置
7日前
株式会社リコー
液体を吐出する装置
4日前
株式会社リコー
部品及び部品の製造方法
4日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
今日
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
1日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
4日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
5日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
13日前
株式会社リコー
定着装置、及び画像形成装置
5日前
株式会社リコー
操作表示装置及び画像形成装置
8日前
株式会社リコー
定着装置、及び、画像形成装置
8日前
株式会社リコー
開閉装置、搬送装置、画像形成装置
5日前
株式会社リコー
操作拡張ユニット及び画像形成装置
11日前
株式会社リコー
長尺材供給装置、及び曲げ加工装置
4日前
株式会社リコー
ヘッドユニット、液体を吐出する装置
1日前
株式会社リコー
システム、情報処理装置およびプログラム
1日前
株式会社リコー
フレーム、定着装置、及び、画像形成装置
13日前
株式会社リコー
歯車機構、張力制御装置及び画像形成装置
8日前
株式会社リコー
空吐出受け、画像形成装置及び液体吐出装置
11日前
株式会社リコー
発泡シート及びその製造方法、並びに、製造物
13日前
株式会社リコー
液体吐出装置およびギャップ許容範囲設定方法
4日前
株式会社リコー
画像形成装置、画像形成方法およびプログラム
4日前
株式会社リコー
電位発生方法、電位発生装置、及びプログラム
11日前
株式会社リコー
液体を吐出する装置および液体を吐出する方法
13日前
株式会社リコー
情報処理装置、システム、方法およびプログラム
11日前
株式会社リコー
電気音響変換器、音響機器、ウェアラブルデバイス
13日前
株式会社リコー
情報解析方法、情報解析装置、及び情報解析システム
13日前
株式会社リコー
結像レンズ、交換レンズ、撮像装置及び情報処理装置
11日前
株式会社リコー
結像レンズ、交換レンズ、撮像装置及び情報処理装置
11日前
株式会社リコー
媒体処理装置、画像形成装置、及び画像形成システム
13日前
株式会社リコー
ポリ乳酸発泡シート及びその製造方法、並びに、製造物
13日前
続きを見る