TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024035854
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-15
出願番号2022140442
出願日2022-09-05
発明の名称プロテクタ
出願人矢崎総業株式会社,トヨタ自動車株式会社
代理人弁理士法人虎ノ門知的財産事務所
主分類H02G 3/04 20060101AFI20240308BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】衝撃荷重の入力に伴う電線保護機能を持たせること。
【解決手段】保護対象電線Weにおける保護対象部We1が収容されるプロテクタ本体10と、プロテクタ本体10に連結させ、プロテクタ本体10の周辺に配置される周辺部品Bdの壁面Bd1からの突起物Prが収容される突起収容体20と、を有し、突起収容体20は、一端の第1開口21aから挿入された突起物Prを囲う筒状の第1壁体21と、第1壁体21の他端の第2開口を塞ぐ第2壁体22と、を有し、第1壁体21は、第2壁体22への突起物Prの接触を抑止するべく、突起物Prにおける周辺部品Bdの壁面Bd1からの最大突出量よりも筒軸方向の長さの長い筒体として形成され、第2壁体22は、保護対象電線Weとは別の外部電線Wehと当該外部電線Wehに対向配置させる突起物Prの先端との間に介在させること。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
保護対象電線における保護対象部が収容されるプロテクタ本体と、
前記プロテクタ本体に連結させ、前記プロテクタ本体の周辺に配置される周辺部品の壁面からの突起物が収容される突起収容体と、
を有し、
前記突起収容体は、一端の第1開口から挿入された前記突起物を囲う筒状の第1壁体と、前記第1壁体の他端の第2開口を塞ぐ第2壁体と、を有し、
前記第1壁体は、前記第2壁体への前記突起物の接触を抑止するべく、前記突起物における前記周辺部品の前記壁面からの最大突出量よりも筒軸方向の長さの長い筒体として形成され、
前記第2壁体は、前記保護対象電線とは別の外部電線と当該外部電線に対向配置させる前記突起物の先端との間に介在させることを特徴としたプロテクタ。
続きを表示(約 910 文字)【請求項2】
前記第2壁体は、前記第1壁体よりも剛性を下げて前記外部電線から受けた荷重で撓ませることを特徴とした請求項1に記載のプロテクタ。
【請求項3】
前記突起収容体は、前記第1壁体の内方で前記第1壁体の内周面に隙間を空けて外周面を対向配置させ、かつ、前記第1壁体の前記第1開口から挿入された前記突起物を囲う第3壁体と、前記第1壁体の筒軸の軸周りに複数配置され、前記第1壁体の前記内周面と前記第3壁体の前記外周面とを繋ぐ連結壁体と、を有し、
前記第2壁体は、前記第1壁体と前記第3壁体と前記連結壁体とから成る剛体よりも剛性を下げて前記外部電線から受けた荷重で撓ませることを特徴とした請求項1に記載のプロテクタ。
【請求項4】
前記突起収容体は、前記第1壁体の内方で前記第1壁体の内周面に隙間を空けて外周面を対向配置させ、かつ、前記第1壁体の前記第1開口から挿入された前記突起物を囲う第3壁体と、前記第1壁体の筒軸の軸周りに複数配置され、前記第1壁体の前記内周面と前記第3壁体の前記外周面とを繋ぐ連結壁体と、を有し、
前記第2壁体は、前記第1壁体と前記第3壁体と前記連結壁体とから成る剛体よりも剛性を下げて前記外部電線から受けた荷重で撓ませ、
前記第1壁体の前記内周面と前記第3壁体の前記外周面の間隔を前記突起物の先端形状よりも狭め、
前記第3壁体は、前記第1開口側の端面を前記第1開口よりも前記第2壁体側にオフセットさせて配置し、かつ、前記第1開口側の前記端面を自身の前記外周面側から内周面側へと傾斜させたテーパ面とすることを特徴とした請求項1に記載のプロテクタ。
【請求項5】
前記第2壁体とコネクタとの間に設け、前記コネクタを前記第2壁体に組み付けて、その組付け状態を保持させる保持構造を備えることを特徴とした請求項1に記載のプロテクタ。
【請求項6】
前記第2壁体が前記外部電線から受ける前記荷重は、車両の衝突試験における衝撃荷重に起因して発生することを特徴とした請求項2から5の内の何れか1つに記載のプロテクタ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、プロテクタに関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、自動車等の車両においては、電線とその周辺部品との間に走行時の外部入力に伴う間隔の変化が生じる場合、この電線とその周辺部品の干渉を抑止するために、その電線の保護対象部をプロテクタで覆うことがある。例えば、このプロテクタについては、下記の特許文献1に開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第6198183号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、車両においては、外部から衝撃荷重を加える衝突試験が実施される。そして、車両に設置される各種電線の中には、通常走行時に入力される外部入力で周辺部品に干渉せずとも、衝突試験の衝撃荷重が車体に加えられた場合に、周辺部品に干渉してしまう可能性のあるものも存在する。プロテクタには、そのような衝撃荷重に対する電線の保護機能も持たせることが望ましい。
【0005】
そこで、本発明は、衝撃荷重の入力に伴う電線保護機能を持たせたプロテクタを提供することを、その目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、保護対象電線における保護対象部が収容されるプロテクタ本体と、前記プロテクタ本体に連結させ、前記プロテクタ本体の周辺に配置される周辺部品の壁面からの突起物が収容される突起収容体と、を有し、前記突起収容体は、一端の第1開口から挿入された前記突起物を囲う筒状の第1壁体と、前記第1壁体の他端の第2開口を塞ぐ第2壁体と、を有し、前記第1壁体は、前記第2壁体への前記突起物の接触を抑止するべく、前記突起物における前記周辺部品の前記壁面からの最大突出量よりも筒軸方向の長さの長い筒体として形成され、前記第2壁体は、前記保護対象電線とは別の外部電線と当該外部電線に対向配置させる前記突起物の先端との間に介在させることを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明に係るプロテクタは、突起物と外部電線との間に設けた突起収容体によって、その外部電線を突起物から保護することができる。このため、このプロテクタ1は、衝撃荷重の入力に伴う外部電線の突起物からの保護機能を有するものとなる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態のプロテクタを示す車体組付け後の斜視図である。
図2は、実施形態のプロテクタを別角度から見た車体組付け後の斜視図であって、突起収容体とその周辺を抜き出した拡大図である。
図3は、図1のX-X線断面図である。
図4は、実施形態のプロテクタを示す車体組付け前の斜視図であって、突起収容体とその周辺を抜き出した拡大図である。
図5は、実施形態の突起収容体を第1開口から見た平面図である。
図6は、変形例のプロテクタを示す車体組付け後の斜視図である。
図7は、変形例のプロテクタを別角度から見た車体組付け後の斜視図であって、突起収容体とその周辺を抜き出した拡大図である。
図8は、図6のY-Y線断面図である。
図9は、変形例の突起収容体を第1開口から見た平面図である。
図10は、コネクタの保持構造を示す斜視図である。
図11は、コネクタを示す斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下に、本発明に係るプロテクタの実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。尚、この実施形態によりこの発明が限定されるものではない。
【0010】
[実施形態]
本発明に係るプロテクタの実施形態の1つを図1から図5に基づいて説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社コロナ
送風装置
2日前
個人
共振を用いた整流回路
8日前
株式会社発明ラボックス
送受電システム
9日前
株式会社GSユアサ
無停電電源システム
9日前
中国電力株式会社
変圧器取替工法
7日前
トヨタ自動車株式会社
ステータコア
5日前
トヨタ自動車株式会社
故障検出回路
9日前
トヨタ自動車株式会社
故障検出回路
9日前
株式会社豊田自動織機
電動機
2日前
株式会社豊田自動織機
電動機
2日前
トヨタ自動車株式会社
剥離装置
8日前
株式会社ミツバ
駆動装置
8日前
株式会社ミツバ
回転電機
2日前
株式会社ミツバ
回転電機
12日前
株式会社ミツバ
駆動装置
8日前
トヨタ自動車株式会社
発電支援システム
8日前
日立Astemo株式会社
駆動ユニット
12日前
株式会社デンソー
制御装置
1日前
富士電機株式会社
無停電電源装置
9日前
株式会社デンソー
電源装置
1日前
株式会社アイエイアイ
アクチュエータ
5日前
シンフォニアテクノロジー株式会社
電気機械
5日前
トヨタ自動車株式会社
充電装置
6日前
住友重機械工業株式会社
動力伝達装置
2日前
古河電気工業株式会社
ケーブル収容容器
5日前
株式会社アイシン
電源モジュール
1日前
ヨツギ株式会社
電線防護管
6日前
沖電気工業株式会社
電源装置及び画像形成装置
6日前
トヨタ自動車株式会社
電動機の取付構造
1日前
古河電気工業株式会社
ケーブル収容容器
5日前
矢崎総業株式会社
クランプ
1日前
株式会社デンソー
モータ制御装置
7日前
トヨタ自動車株式会社
モータ用コイルの製造方法
5日前
株式会社QDジャパン
太陽追尾装置
1日前
トヨタ自動車株式会社
電源システム
2日前
トヨタ自動車株式会社
回転電機ユニットの制御装置
12日前
続きを見る