TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024033791
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-13
出願番号2022137620
出願日2022-08-31
発明の名称投射型表示装置
出願人セイコーエプソン株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G09G 3/36 20060101AFI20240306BHJP(教育;暗号方法;表示;広告;シール)
要約【課題】特定の表示パターンが表れた場合における表示品位の低下を抑える。
【解決手段】投射型表示装置は、パネル画素を有する液晶パネルと、パネル画素から投射された投射画素を、1フレーム期間に含まれる、第1単位期間から第n(nは2以上の整数)単位期間までのn個の単位期間毎にシフトする光路シフト素子と、液晶パネルおよび光路シフト素子を制御する表示制御回路と、を含む。表示制御回路は、奇数フレーム期間における4個の単位期間のうち単位期間f1-1および偶数フレーム期間における4個の単位期間のうち単位期間f2-1において、それぞれ同一のデータ信号を液晶パネルに供給し、投射画素を同位置に制御し、奇数フレーム期間の単位期間f1-2から単位期間f1-4までにおける投射画素の位置と、偶数フレーム期間の単位期間f2-2から単位期間f2-4までにおける投射画素の位置とがそれぞれ異なるように光路シフト素子を制御する。
【選択図】図11
特許請求の範囲【請求項1】
パネル画素を有する液晶パネルと、
前記パネル画素から投射された投射画素の位置を、1フレーム期間に含まれる、第1単位期間から第n(nは2以上の整数)単位期間までのn個の単位期間毎にシフトする光路シフト素子と、
前記液晶パネルおよび前記光路シフト素子を制御する表示制御回路と、
を含み、
前記表示制御回路は、
映像データを構成する画素データに対応したデータ信号を前記単位期間毎に前記パネル画素に供給し、
前記光路シフト素子に対し、前記投射画素の位置のシフトを前記単位期間毎に制御し、
第1フレーム期間におけるn個の単位期間のうち先頭の第1単位期間、および、前記第1フレーム期間の後の第2フレーム期間におけるn個の単位期間のうち先頭の第1単位期間において、それぞれ同一の画素データに対応したデータ信号を前記液晶パネルに供給し、前記投射画素の位置が同位置になるように制御し、
前記第1フレーム期間における第2単位期間から第n単位期間までの投射画素の各位置と、
前記第2フレーム期間における第2単位期間から第n単位期間までの投射画素の各位置と、がそれぞれ異なるように前記光路シフト素子を制御する
ことを特徴とする投射型表示装置。
続きを表示(約 650 文字)【請求項2】
前記映像データを構成する画素データは、
第1軸および第2軸に沿って配列し、
前記光路シフト素子は、
前記単位期間毎に前記投射画素を、
前記第1軸に沿った方向または前記第2軸に沿った方向にシフトする
ことを特徴とする請求項1に記載の投射型表示装置。
【請求項3】
前記nは4であり、
前記光路シフト素子は、
前記投射画素の位置を、
前記第1フレーム期間において、
第1単位期間から第2単位期間までにおいて前記第1軸に沿った一方方向にシフトし、
第2単位期間から第3単位期間までにおいて前記第2軸に沿った一方方向にシフトし、
第3単位期間から第4単位期間までにおいて前記第1軸に沿った他方方向にシフトし、
第4単位期間から前記第2フレーム期間の第1単位期間までにおいて前記第2軸に沿った他方方向にシフトする
ことを特徴とする請求項2に記載の投射型表示装置。
【請求項4】
第1フレーム期間の第1単位期間から第n単位期間までに対応する前記画素データの配列と、第2数フレーム期間の第1単位期間から第n単位期間までに対応する前記画素データの配列と、は、
第1フレーム期間の第1単位期間および第2フレーム期間の第1単位期間に対応する画素データを中心にして回転対称の関係にある
ことを特徴とする請求項1、2または3に記載の投射型表示装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、投射型表示装置に関する。
続きを表示(約 2,700 文字)【背景技術】
【0002】
スクリーン等に、液晶パネルなどにより作成された画像光を投射する投射型表示装置では、光路シフト素子によって解像度を擬似的に高める技術が知られている。詳細には、投射型表示装置では、液晶パネルにおける1つのパネル画素の投射位置が、1フレーム期間の複数の単位期間毎にシフトされて映像データにおける複数の画素データを表現する(例えば特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-107984号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記技術では、映像データで指定される画像に特定の表示パターンが静止画として表れた場合に表示品位の低下が発生する、という課題がある。このような事情を考慮して、本開示のひとつの態様は、映像データで指定される画像に特定の表示パターンが表れた場合でも表示品位の低下を抑える技術を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記課題を解決するために、本開示の一態様に係る投射型表示装置は、パネル画素を有する液晶パネルと、前記パネル画素から投射された投射画素の位置を、1フレーム期間に含まれる、第1単位期間から第n(nは2以上の整数)単位期間までのn個の単位期間毎にシフトする光路シフト素子と、前記液晶パネルおよび前記光路シフト素子を制御する表示制御回路と、を含み、前記表示制御回路は、映像データを構成する画素データに対応したデータ信号を前記単位期間毎に前記パネル画素に供給し、前記光路シフト素子に対し、前記投射画素の位置のシフトを前記単位期間毎に制御し、第1フレーム期間におけるn個の単位期間のうち先頭の第1単位期間、および、前記第1フレーム期間の後の第2フレーム期間におけるn個の単位期間のうち先頭の第1単位期間において、それぞれ同一の画素データに対応したデータ信号を前記液晶パネルに供給し、前記投射画素の位置が同位置になるように制御し、前記第1フレーム期間における第2単位期間から第n単位期間までの投射画素の各位置と、前記第2フレーム期間における第2単位期間から第n単位期間までの投射画素の各位置と、がそれぞれ異なるように前記光路シフト素子を制御する。
【図面の簡単な説明】
【0006】
実施形態に係る投射型表示装置を示す図である。
投射型表示装置の構成を示すブロック図である。
投射型表示装置における液晶パネルの構成を示す斜視図である。
液晶パネルの構造を示す断面図である。
液晶パネルの電気的な構成を示すブロック図である。
液晶パネルにおける画素回路の構成を示す図である。
投射型表示装置におけるフレーム期間と単位期間とを示す図である。
実施形態における光路シフト素子の動作を示す図である。
映像画素の配列とパネル画素の配列との関係等を示す図である。
実施形態において各フレーム期間における映像画素とパネル画素との対応関係を示す図である。
実施形態においてパネル画素に供給される画素データの順番を示す図である。
実施形態において奇数フレーム期間の映像画素とパネル画素と投射位置との関係を示す図である。
実施形態において偶数フレーム期間の映像画素とパネル画素と投射位置との関係を示す図である。
映像データにおける特定パターンを示す図である。
実施形態において特定パターンを表示する際のパネル画素の変化を示す図である。
第1比較例と実施形態における投射画像を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0007】
以下、実施形態の電気光学装置について図面を参照して説明する。なお、各図において、各部の寸法および縮尺は、実際のものと適宜に異ならせてある。また、以下に述べる実施の形態は、好適な具体例であるから、技術的に好ましい種々の限定が付されているが、本開示の範囲は、以下の説明において特に本開示を限定する旨の記載がない限り、これらの形態に限られるものではない。
【0008】
図1は、実施形態に係る投射型表示装置1の光学的な構成を示す図である。図に示されるように、投射型表示装置1は、液晶パネル100R、100Gおよび100Bを含む。また、投射型表示装置1の内部には、ハロゲンランプ等の白色光源からなるランプユニット2102が設けられている。このランプユニット2102から射出された投射光は、内部に配置された3枚のミラー2106および2枚のダイクロイックミラー2108によって、赤(R)、緑(G)および青(B)の3原色に分離される。このうち、Rの光は液晶パネル100Rに、Gの光は液晶パネル100Gに、Bの光は液晶パネル100Bに、それぞれ入射する。
なお、Bの光路は、Rの光路およびGの光路と比較して長いので、Bの光路での損失を防ぐ必要がある。このため、Bの光路には、入射レンズ2122、リレーレンズ2123および出射レンズ2124からなるリレーレンズ系2121が設けられる。
【0009】
液晶パネル100Rは、複数の画素回路を有する。複数の画素回路の各々は、それぞれ液晶素子を含む。液晶パネル100Rの液晶素子は、後述するようにRに対応するデータ信号に基づいて駆動されることによって、当該データ信号の電圧に応じた透過率となる。
このため、液晶パネル100Rでは、液晶素子の透過率を個別に制御することによって、Rの透過像が生成される。同様に、液晶パネル100Gでは、Gに対応するデータ信号に基づいてGの透過像が生成され、液晶パネル100Bでは、Bに対応するデータ信号に基づいてBの透過像が生成される。
【0010】
液晶パネル100R、100Gおよび100Bによってそれぞれ生成された各色の透過像は、ダイクロイックプリズム2112に三方向から入射する。ダイクロイックプリズム2112において、RおよびBの光は90度に屈折する一方、Gの光は直進する。したがって、ダイクロイックプリズム2112が各色の画像を合成する。ダイクロイックプリズム2112による合成像は光路シフト素子230を介して投射レンズ2114に入射する。
投射レンズ2114は、光路シフト素子230を介した合成像を、スクリーンScrに拡大して投射する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
シール剥がし具
10日前
個人
蓄光レジャー用品
6日前
個人
割符機能付ラベル
4日前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
個人
英語教材
1か月前
個人
からくり表示装置
2か月前
日本精機株式会社
表示システム
1か月前
日本精機株式会社
車載表示装置
13日前
オムロン株式会社
展示装置
13日前
個人
卓上ベルの音楽教習具
18日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
1か月前
船井電機株式会社
表示装置
1か月前
個人
教具及び教育システム
1か月前
シャープ株式会社
表示装置
10日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
1か月前
オンキヨー株式会社
模擬臓器モデル
1か月前
光精工株式会社
情報伝達装置
1か月前
シャープ株式会社
表示装置
2か月前
ナルックス株式会社
発光表示装置
1か月前
日本精機株式会社
表示制御装置、表示装置
1か月前
株式会社ウメラボ
学習支援システム
4日前
個人
デッサン自動採点システム
1か月前
株式会社デンソー
構造体
1か月前
個人
(10k+3)の倍数の判別用具
1か月前
個人
(10y+7)の倍数の判別用具
2か月前
個人
(10t+9)の倍数の判別用具
2か月前
株式会社リコー
表示装置
2か月前
個人
(10p+1)の倍数の判別用具
1か月前
リンナイ株式会社
表示装置
1か月前
株式会社デンソー
表示装置
3日前
株式会社デンソー
表示装置
27日前
株式会社デンソー
表示装置
2か月前
株式会社坂本モデル
保育器シミュレータ
13日前
シャープ株式会社
パネル保持構造
1か月前
個人
情報伝達方法及び情報伝達システム
12日前
個人
シート部材
2か月前
続きを見る