TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024033699
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-13
出願番号2022137458
出願日2022-08-31
発明の名称コンソールボックス
出願人豊田合成株式会社
代理人個人,個人
主分類B60R 7/04 20060101AFI20240306BHJP(車両一般)
要約【課題】リッドを椅子やテーブル等として使用することができるコンソールボックスを提供する。
【解決手段】コンソールボックスは、上部開口が設けられた収納部を有するボックス本体と、ボックス本体に取り外し可能に連結されて上部開口を開閉するリッド30とを備える。リッド30は、リッド本体31と、リッド本体31の厚み方向における一方の面に設けられた脚部81とを有している。脚部81は、脚部81をリッド本体31に対して起立させた使用位置と、脚部81を折り畳んだ折り畳み位置との間で変位可能に構成されている。
【選択図】図13
特許請求の範囲【請求項1】
上部開口が設けられた収納部を有するボックス本体と、
前記ボックス本体に取り外し可能に連結されて前記上部開口を開閉するリッドと、
を備え、
前記リッドは、前記ボックス本体から取り外されることで、前記上部開口を開放するとともに、リッド本体と、前記リッド本体の厚み方向における一方の面に設けられた脚部とを有しており、
前記脚部は、前記脚部を前記リッド本体に対して起立させた使用位置と、前記脚部を折り畳んだ折り畳み位置との間で変位可能に構成されていることを特徴とするコンソールボックス。
続きを表示(約 420 文字)【請求項2】
前記リッド本体における前記脚部側の面には、前記脚部を前記折り畳み位置に変位させた際に前記脚部を格納する格納凹部が設けられていることを特徴とする請求項1に記載のコンソールボックス。
【請求項3】
前記リッド本体における前記脚部側とは反対側の面は、前記リッド本体における前記脚部側の面よりも軟質な材料によって構成されていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のコンソールボックス。
【請求項4】
上部開口が設けられた収納部を有するボックス本体と、前記ボックス本体に取り外し可能に連結されて前記上部開口を開閉するリッドと、
を備え、
前記リッドは、前記ボックス本体から取り外されることで、前記上部開口を開放し、且つリッド本体と、前記リッド本体の厚み方向における一方の面に設けられるとともに脚部が着脱自在に取り付けられる取付部とを有していることを特徴とするコンソールボックス。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、コンソールボックスに関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、コンソールボックスとして、例えば特許文献1に示す両開きコンソールボックスが知られている。こうしたコンソールボックスは、略箱状のボックス本体と、蓋体(リッド)と、開閉機構とを備えている。ボックス本体は、上面に開口が設けられた収納部を有している。蓋体は、収納部の開口を開閉する。開閉機構は、左側回動軸及び右側回動軸のうちのいずれか一方を回動中心として蓋体を開閉動作させる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-82926号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、近年では、顧客ニーズの多様化に伴ってコンソールボックスに新たな機能を付加することが望まれるようになってきた。例えば、蓋体をボックス本体から取り外しできるように構成するとともに、蓋体自体に上記ニーズに応じた機能を付加することが考えられるが、こうしたコンソールボックスは提供されていない。
【課題を解決するための手段】
【0005】
以下、上記課題を解決するためのコンソールボックスの各態様を記載する。
[態様1]上部開口が設けられた収納部を有するボックス本体と、前記ボックス本体に取り外し可能に連結されて前記上部開口を開閉するリッドと、を備え、前記リッドは、前記ボックス本体から取り外されることで、前記上部開口を開放するとともに、リッド本体と、前記リッド本体の厚み方向における一方の面に設けられた脚部とを有しており、前記脚部は、前記脚部を前記リッド本体に対して起立させた使用位置と、前記脚部を折り畳んだ折り畳み位置との間で変位可能に構成されていることを特徴とするコンソールボックス。
【0006】
上記構成によれば、収納部の上部開口は、例えば、ボックス本体に連結された状態のリッドが回動されたり、スライドされたりすることで、開放及び閉塞される。また、上部開口は、ボックス本体からリッドが取り外された場合には、開放される。
【0007】
上部開口が開放されると、収納部の外部の物品を、上部開口を通じて収納部内に収納することが可能となる。また、収納部内に収納されていた物品を、上部開口を通じて収納部の外部へ取り出すことが可能となる。
【0008】
特に、ボックス本体からリッドが取り外されることにより上部開口が開放された場合には、上部開口を通じた物品の出し入れがしやすくなる。ボックス本体に連結された状態でリッドが作動されて上部開口が開放された場合には、その上部開口に近い箇所にリッドが存在する。リッドが、物品の出し入れの妨げとなる場合がある。これに対し、取り外された場合には、上部開口に近い箇所にリッドが存在しないからである。
【0009】
また、収納部内に物品が収納されている状態で、リッドにより上部開口が閉塞されると、リッドは、その物品を収納された状態に保持する。このように、コンソールボックスは、収納部に物品を収納するといった一般的な機能を発揮する。
【0010】
一方、リッドのボックス本体に対する連結が解除されて、リッドがボックス本体から取り外されると、脚部を備えるリッドを、ボックス本体から離れた箇所へ持ち運ぶことが可能となる。この場合、脚部を折り畳み位置から使用位置に変位させることで、リッドを椅子やテーブル等として使用することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

豊田合成株式会社
管継手
今日
豊田合成株式会社
圧力容器
7日前
豊田合成株式会社
照明装置
3日前
豊田合成株式会社
ガス容器
7日前
豊田合成株式会社
投影装置
20日前
豊田合成株式会社
貯留装置
9日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
8日前
豊田合成株式会社
スイッチ装置
8日前
豊田合成株式会社
車両用シート
今日
豊田合成株式会社
表示システム
16日前
豊田合成株式会社
車両用内装品
6日前
豊田合成株式会社
プロジェクタ
20日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1日前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
1日前
豊田合成株式会社
リッド開閉装置
8日前
豊田合成株式会社
ニーボルスター
7日前
豊田合成株式会社
空調用レジスタ
1日前
豊田合成株式会社
コネクタ構造体
7日前
豊田合成株式会社
リッド開閉装置
14日前
豊田合成株式会社
リッド開閉装置
7日前
豊田合成株式会社
無線給電ケース
1日前
豊田合成株式会社
空調用レジスタ
1日前
豊田合成株式会社
車両用外装部品
今日
豊田合成株式会社
エアバッグ装置
今日
豊田合成株式会社
空調用レジスタ
1日前
豊田合成株式会社
エルボ型管継手
今日
豊田合成株式会社
フットヒータ装置
1日前
豊田合成株式会社
車両用リッド装置
16日前
豊田合成株式会社
車両用着脱構造体
13日前
豊田合成株式会社
ステアリング装置
今日
豊田合成株式会社
車両用コンソール
2日前
豊田合成株式会社
車両用コンソール
2日前
豊田合成株式会社
ストレート型管継手
今日
豊田合成株式会社
ステアリングハンドル
9日前
豊田合成株式会社
ステアリングホイール
今日
続きを見る