TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024032139
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-12
出願番号2022135630
出願日2022-08-29
発明の名称ドア錠
出願人株式会社ガードロック
代理人個人,個人
主分類E05C 1/06 20060101AFI20240305BHJP(錠;鍵;窓または戸の付属品;金庫)
要約【課題】簡易な機構で、カム機構やリンク機構等の連動機構に起因する問題点を解消するようにしたデッドボルトを備えたドア錠を提供すること。
【解決手段】ケース1内にデッドボルト2と、デッドボルト操作部3とを備え、デッドボルト2の基部にデッドボルト操作部3によって操作される被操作部21を形成し、この被操作部21に、デッドボルト2の出没方向に間隔をあけて第1の磁石片41及び第2の磁石片42を配設し、デッドボルト操作部3に、第1の磁石片41及び第2の磁石片42と選択的に吸着又は反発する2つの磁石片43、44を配設する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
デッドボルトと、デッドボルト操作部とを備えたドア錠であって、前記デッドボルトの基部にデッドボルト操作部によって操作される被操作部を形成し、該被操作部に磁石片を配設し、デッドボルト操作部に被操作部に配設した磁石片と選択的に吸着又は反発する磁石片を配設し、デッドボルトを出没操作するようにしたことを特徴とするドア錠。
続きを表示(約 520 文字)【請求項2】
前記被操作部に、デッドボルトの出没方向に間隔をあけて第1の磁石片及び第2の磁石片を配設し、デッドボルト操作部に、第1の磁石片及び第2の磁石片と選択的に吸着又は反発する磁石片を配設したことを特徴とするドア錠。
【請求項3】
前記第1の磁石片及び第2の磁石片と選択的に吸着又は反発する磁石片が、第1の磁石片が吸着し、第2の磁石片が反発する第3の磁石片及び第2の磁石片が吸着し、第1の磁石片が反発する第4の磁石片からなることを特徴とする請求項2に記載のドア錠。
【請求項4】
前記第1の磁石片及び第2の磁石片と選択的に吸着又は反発する磁石片が、1つの磁石片からなることを特徴とする請求項2に記載のドア錠。
【請求項5】
前記デッドボルトの被操作部が、柔軟性を有する合成樹脂材料からなることを特徴とする請求項1、2、3又は4に記載のドア錠。
【請求項6】
前記デッドボルトの先端部に、デッドボルトの突出時に、デッドボルトの表面から突出し、デッドボルトの没入時に、デッドボルト内に没入する係止部材を配設するようにしたことを特徴とする請求項1、2、3又は4に記載のドア錠。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、例えば、住宅やマンション等の開き戸や引き戸に設置されるドア錠に関するものである。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
従来、住宅やマンション等の開き戸や引き戸には、デッドボルトを備えたドア錠が設置されている。
このデッドボルトを備えたドア錠は、サムターンや鍵を操作することで、カム機構やリンク機構等の連動機構を介して、デッドボルトを出没させ、施解や解錠を行うようにしている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2005-273370号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、デッドボルトを備えたドア錠は、デッドボルトを出没させるために、カム機構やリンク機構等の連動機構を用いているため、以下の問題があった。
・カム機構やリンク機構等の連動機構が複雑で、大型化する。
・カム機構やリンク機構等の連動機構のスムースな動きを維持するために摺動部に注油等のメンテナンスが必要で、メンテナンスを怠ると耐久性が低下する。
・カム機構やリンク機構等の連動機構の機械音が大きい。
・振動や不正操作等により施錠から解錠(若しくは逆)に切り替わらないようにカム機構やリンク機構等の連動機構にばねを使用する必要があり、ばねの耐久性の問題がある。
【0005】
本発明は、上記カム機構やリンク機構等の連動機構を用いたデッドボルトを備えたドア錠の有する問題点に鑑み、簡易な機構で、カム機構やリンク機構等の連動機構に起因する問題点を解消するようにしたデッドボルトを備えたドア錠を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するため、本発明のドア錠は、デッドボルトと、デッドボルト操作部とを備えたドア錠であって、前記デッドボルトの基部にデッドボルト操作部によって操作される被操作部を形成し、該被操作部に磁石片を配設し、デッドボルト操作部に前記被操作部に配設した磁石片と選択的に吸着又は反発する磁石片を配設したことを特徴とする。
【0007】
この場合において、前記被操作部に、デッドボルトの出没方向に間隔をあけて第1の磁石片及び第2の磁石片を配設し、デッドボルト操作部に、第1の磁石片及び第2の磁石片と選択的に吸着又は反発する磁石片を配設することができる。
【0008】
そして、前記第1の磁石片及び第2の磁石片と選択的に吸着又は反発する磁石片が、第1の磁石片が吸着し、第2の磁石片が反発する第3の磁石片及び第2の磁石片が吸着し、第1の磁石片が反発する第4の磁石片からなることができる。
【0009】
また、前記第1の磁石片及び第2の磁石片と選択的に吸着又は反発する磁石片が、1つの磁石片からなることができる。
【0010】
また、前記デッドボルトの被操作部が、柔軟性を有する合成樹脂材料(エラストマやゴムを含む。)からなることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

美和ロック株式会社
錠装置
14日前
美和ロック株式会社
錠装置
14日前
株式会社白山機工
ロッカー
2か月前
株式会社ビットキー
操作装置
25日前
三協立山株式会社
開口部装置
26日前
株式会社マーナ
ドアストッパー
11日前
株式会社ユキテック
扉機構
今日
スガツネ工業株式会社
蝶番
1か月前
株式会社WEST inx
ドアノブ
14日前
株式会社ビットキー
錠装置及び収容器
11日前
大阪金具株式会社
クレセント錠
2か月前
株式会社WEST inx
施解錠装置
14日前
株式会社アスタリスク
ドア装置
24日前
株式会社LIXIL
箱錠
26日前
株式会社ユーシン
ドアラッチ装置
2か月前
株式会社ニフコ
開閉体ロック装置
18日前
株式会社ユーシン
ドアラッチ装置
2か月前
株式会社ユーシン
開閉体制御装置
2か月前
株式会社アイシン
車両用ドア装置
14日前
株式会社アイシン
車両用ドア装置
2か月前
株式会社ユニオン
レバーハンドル
2か月前
トヨタ自動車株式会社
移動環境システム
1か月前
株式会社アイシン
車両用ドア装置
2か月前
株式会社アイシン
開閉体駆動装置
1か月前
ニホンエスティ精工株式会社
折戸用丁番
今日
三和シヤッター工業株式会社
錠装置
2か月前
株式会社ユーシン
車両用ドアハンドル装置
11日前
株式会社ユニオン
ドア開閉システム
1か月前
株式会社 エヌティーアイ
電子鍵システム
19日前
株式会社アイシン
車両用ドア制御装置
2か月前
株式会社日中製作所
鎌錠装置
19日前
東洋電装株式会社
ウインドウ駆動装置
1か月前
株式会社アイシン
車両用ドア制御装置
2か月前
株式会社シブタニ
施錠装置
1か月前
株式会社デンソー
開閉体制御装置
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
ロック装置
4日前
続きを見る