TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024030054
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-07
出願番号2022132605
出願日2022-08-23
発明の名称通信機器、方法、及びプログラム
出願人京セラ株式会社
代理人
主分類H04B 17/29 20150101AFI20240229BHJP(電気通信技術)
要約【課題】 正規の無線アンテナが接続されているか否かを判断する方法には改善の余地があった。
【解決手段】 通信機器100は、少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナ121と、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが送信する電波を受信する少なくとも一つの内部アンテナ130と、少なくとも一つの制御部170と、を備える。制御部170は、少なくとも一つの内部アンテナ130が受信した電波の第1受信レベルに基づいて、少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナ121が正規のアンテナであるか否かを判断する。
【選択図】 図3
特許請求の範囲【請求項1】
少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナと、
前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが送信する電波を受信する、少なくとも一つの内部アンテナと、
少なくとも一つの制御部と、を備え、
前記少なくとも一つの制御部は、
前記少なくとも一つの内部アンテナが受信した前記電波の第1受信レベルに基づいて、
前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが正規のアンテナであるか否かを判断する、通信機器。
続きを表示(約 1,700 文字)【請求項2】
前記少なくとも一つの制御部は、
前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナのうち、
前記第1受信レベルが第1基準を満たす外部アンテナを正規のアンテナであると判断し、
前記第1受信レベルが第1基準を満たさない外部アンテナを正規のアンテナでないと判断する、請求項1に記載の通信機器。
【請求項3】
前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナは、第1外部アンテナと、第2外部アンテナと、を含み、
前記少なくとも一つの制御部は、
前記第1外部アンテナが送信した前記電波の前記第1受信レベルが前記第1基準を満たすか否かを示す第1結果と、前記第2外部アンテナが受信した前記電波の第2受信レベルが第2基準を満たすか否かを示す第2結果と、に基づいて、
前記第1外部アンテナおよび前記第2外部アンテナが、正規のアンテナであるか否かをそれぞれ判断する請求項2に記載の通信機器。
【請求項4】
前記少なくとも一つの制御部は、
前記第1外部アンテナが送信した前記電波の前記第1受信レベルが前記第1基準を満たす場合、前記第1結果および前記第2結果に基づいて、
前記第1外部アンテナおよび第2外部アンテナが正規のアンテナであるか否かをそれぞれ判断し、
前記第1外部アンテナが送信した前記電波の前記第1受信レベルが前記第1基準を満たさない場合、前記第2外部アンテナが送信した電波の前記第1受信レベルが前記第1基準を満たすか否かに基づいて、
前記第2外部アンテナが正規のアンテナであるか否かを判断する請求項3に記載の通信機器。
【請求項5】
前記少なくとも一つの制御部は、
前記少なくとも一つの外部アンテナに、正規のアンテナでない外部アンテナが含まれると判断する場合、正規のアンテナでない外部アンテナが含まれる旨を、前記内部アンテナから他機器に送信させる請求項1に記載の通信機器。
【請求項6】
電源部と、
前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナを取り付けるための端子部を少なくとも一つと、
前記電源から前記端子部に供給した電力の反射を検出する反射モニタと、更に備え、
前記少なくとも一つの制御部は、
検出した前記反射に基づいて、前記端子部に取り付けられた前記外部アンテナの状態
を判断する、請求項1に記載の通信機器。
【請求項7】
前記少なくとも一つの制御部は、
前記外部アンテナの状態として、前記端子部に取り付けられた外部アンテナが故障した状態、外部アンテナが前記端子部から取り外された状態、及び外部アンテナが新たに前記端子部に取り付けられた状態のうち少なくとも一つの状態であると判断する、請求項6に記載の通信機器。
【請求項8】
前記少なくとも一つの制御部は、
外部アンテナが新たに前記端子部に取り付けられた状態であると判断した場合、前記第1受信レベルに基づいて、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが正規のアンテナであるか否かを判断する、請求項7に記載の通信機器。
【請求項9】
少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナに電波を送信させ、
前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが送信する前記電波を、少なくとも一つの内部アンテナに受信させ、
前記少なくとも一つの内部アンテナが受信した前記電波の第1受信レベルに基づいて、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが正規のアンテナであるか否かを、少なくとも一つの制御部に判断させる、
方法。
【請求項10】
少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナに電波を送信させ、
前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが送信する前記電波を、少なくとも一つの内部アンテナに受信させ、
前記少なくとも一つの内部アンテナが受信した前記電波の第1受信レベルに基づいて、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが正規のアンテナであるか否かを、少なくとも一つの制御部に判断させる、
プログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本出願は、通信機器、方法、及びプログラムに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
一般的に無線ルータ等の通信機器において、当該通信機器のメーカが、専用の無線アンテナ(以下、正規の無線アンテナという。)を種々の電波条件等を考慮して設計し、当該通信機器に取り付けて販売している。しかし、ユーザが当該通信機器を購入後に、正規の無線アンテナを当該アンテナよりも高出力な無線アンテナ(以下、非正規の無線アンテナという。)に取り換えてしまうことがあった。ユーザが非正規の無線アンテナを取り付けた通信機器を利用することで、非正規のアンテナから送信される電波が周辺の電波環境に干渉して悪影響を及ぼす事態が発生することがあった。このような問題の対策として、例えば、正規の無線アンテナが接続されているか否かを通信機器が判断する技術がある(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-157498号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記のような正規の無線アンテナが接続されているか否かを判断する方法には改善の余地がある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
一実施形態において、(1)通信機器は、少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナと、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが送信する電波を受信する、少なくとも一つの内部アンテナと、少なくとも一つの制御部と、を備え、前記少なくとも一つの制御部は、前記少なくとも一つの内部アンテナが受信した前記電波の第1受信レベルに基づいて、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナが正規のアンテナであるか否かを判断することを特徴とするものである。
【0006】
(2)上記(1)の通信機器は、前記少なくとも一つの制御部は、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナのうち、前記第1受信レベルが第1基準を満たす外部アンテナを正規のアンテナであると判断し、前記第1受信レベルが第1基準を満たさない外部アンテナを正規のアンテナでないと判断することができる。
【0007】
(3)上記(2)の通信機器は、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナは、第1外部アンテナと、第2外部アンテナと、を含み、前記少なくとも一つの制御部は、前記第1外部アンテナが送信した前記電波の前記第1外部アンテナの前記第1受信レベルが前記第1基準を満たすか否かを示す第1結果と、前記第1外部アンテナの前記電波を受信した前記第2外部アンテナが受信した前記電波の第2受信レベルが第2基準を満たすか否かを示す第2結果と、に基づいて、前記第1外部アンテナおよび前記第2外部アンテナが、正規のアンテナであるか否かをそれぞれ判断することができる。
【0008】
(4)上記(3)の通信機器は、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナは、第1外部アンテナと、第2外部アンテナと、を含み、前記少なくとも一つの制御部は、前記第1外部アンテナが送信した前記電波の前記第1受信レベルが前記第1基準を満たす場合
、前記第1結果および前記第2結果に基づいて、前記第1外部アンテナおよび第2外部アンテナが正規のアンテナであるか否かをそれぞれ判断し、前記第1外部アンテナが送信した前記電波の前記第1受信レベルが前記第1基準を満たさない場合、前記第2外部アンテナが送信した電波の前記第1受信レベルが前記第1基準を満たすか否かに基づいて、前記第2外部アンテナが正規のアンテナであるか否かを判断することができる。
【0009】
(5)上記(1)から(4)の何れかの通信機器は、前記少なくとも一つの制御部は、前記少なくとも一つの外部アンテナに、正規のアンテナでない外部アンテナが含まれると判断する場合、正規のアンテナでない外部アンテナが含まれる旨を、前記通知部から外部に送信させることができる。
【0010】
(6)上記(1)から(6)の何れかの通信機器は、電源部と、前記少なくとも一つの着脱可能な外部アンテナを取り付けるための端子部を少なくとも一つと、前記電源から前記端子部に供給した電力の反射を検出する反射モニタと、更に備え、前記少なくとも一つの制御部は、検出した前記反射に基づいて、前記端子部に取り付けられた前記外部アンテナの状態を判断することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

京セラ株式会社
圧電素子
25日前
京セラ株式会社
照明装置
13日前
京セラ株式会社
通信制御方法
25日前
京セラ株式会社
誘電体磁器組成物
1か月前
京セラ株式会社
光学装置及び撮像装置
今日
京セラ株式会社
電力管理装置及び電力管理方法
20日前
京セラ株式会社
電力管理装置及び電力管理方法
20日前
京セラ株式会社
電力管理装置及び電力管理方法
20日前
京セラ株式会社
梱包用隙間部材、梱包体及び部材
4日前
京セラ株式会社
電力管理システム及び電力管理方法
1か月前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
1か月前
京セラ株式会社
太陽電池アレイ、カバー部品及びカバー固定具
27日前
京セラ株式会社
電子機器、電子機器の制御方法、及びプログラム
4日前
京セラ株式会社
電子機器、電子機器の制御方法、及びプログラム
4日前
京セラ株式会社
電子機器、電子機器の制御方法、及びプログラム
18日前
京セラ株式会社
電子機器、電子機器の制御方法、及びプログラム
18日前
京セラ株式会社
切削インサート、切削工具及び切削加工物の製造方法
25日前
京セラ株式会社
表示光学システム、表示光学装置及び虚像投影表示装置
6日前
京セラ株式会社
電気化学セル装置、モジュールおよびモジュール収容装置
6日前
京セラ株式会社
電気化学セル装置、モジュールおよびモジュール収容装置
13日前
京セラ株式会社
放熱部材
19日前
京セラ株式会社
放熱部材
19日前
京セラ株式会社
キャパシタ電極用スラリー、キャパシタ用電極、キャパシタ
13日前
京セラ株式会社
半導体基板
18日前
京セラ株式会社
半導体基板
18日前
京セラ株式会社
表示装置、表示装置の制御方法、制御プログラム、および記録媒体
10日前
京セラ株式会社
電気化学素子電極用スラリー、電気化学素子用電極、電気化学素子
13日前
京セラ株式会社
工程管理装置、工程管理方法、工程管理プログラム、および記録媒体
10日前
京セラ株式会社
捺染用インク組成物
1か月前
京セラ株式会社
移動通信システム、サーバ装置、基地局装置、及びコアネットワーク装置
6日前
京セラ株式会社
通信制御方法及び中継装置
1か月前
京セラ株式会社
電力管理システム及び電力管理方法
27日前
京セラ株式会社
液滴吐出装置及びメンテナンス方法
1か月前
京セラ株式会社
システム、端末、および、プログラム
1か月前
京セラ株式会社
半導体デバイスの製造方法、半導体基板
27日前
京セラ株式会社
推定システム、推定装置、制御プログラム
1か月前
続きを見る