TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024028435
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-04
出願番号2024001994,2019223473
出願日2024-01-10,2019-12-11
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/00 20060101AFI20240226BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】複数種類の調整を一括して行う動作モードであっても、調整する種類を選択できる画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置100は、シートPに画像を形成するプリンタ300及びシートPに形成された画像を読み取るリーダ200を備える。画像形成装置100は、プリンタ300の複数の特性に対する複数の種類の調整を一括して行うことができる。画像形成装置100は、プリンタ300により、一括して調整を行う種類毎のテスト画像をシートに形成することでテストチャートを生成する。画像形成装置100は、リーダ200によるテストチャートの読取結果に基づいて一括して調整を行う。一括して行う調整の種類は、ユーザにより選択可能となっている。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
シートに画像を形成する画像形成手段と、

数の種類の調整項目の中から選択された

以上の調整項目の選択結果と、該選択結果が示す

以上の調整項目
のそれぞれで
使用するシートの種類と、に関するユーザ指示情報を受け付ける受付手段と、
前記受付手段により受け付けた前記ユーザ指示情報に基づき前記画像形成手段に前記使用する種類のシートにテスト画像を
一括して
形成させ

制御手段と、を有することを特徴とする、
画像形成装置。
続きを表示(約 750 文字)【請求項2】
前記画像形成装置は、シート上の画像を読み取る読取手段をさらに有し、
前記制御手段は、前記
読取
手段に
前記テ
スト画像
を読
み取らせ
、前記テスト画像の読取結果に基づき前記2以上の調整項目に対応する調整を実施する
ことを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記読取手段は、前記テスト画像が形成されたシートを搬送させながら該シート上の前記テスト画像を読み取る
ことを特徴とする、
請求項

記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記読取手段は、原稿台と、前記原稿台に載置された原稿を読み取る画像センサと、原稿が積載されるトレイと、前記トレイ上の前記原稿を前記画像センサによって読み取るために前記トレイから前記原稿を搬送する搬送手段と、を備える
ことを特徴とする、
請求項

記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記画像形成手段は、前記

以上の調整項目にかかわらず、前記使用するシートの種類毎に連続してテスト画像を形成することを特徴とする、
請求項1乃至4のいずれか1項記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記2以上の調整項目を選択するための画面を表示する表示手段を備える
ことを特徴とする、
請求項1乃至5のいずれか1項記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記画面は、前記複数の種類の調整項目とシートの種類とを表形式に表示した画面であることを特徴とする、
請求項6記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、プリント条件の調整機能や画像不良の診断機能を備えた画像形成装置に関する。
続きを表示(約 2,600 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真方式の画像形成装置は、テストチャートを生成し、該テストチャートの読取装置による読取結果に基づいて、プリント条件の調整や画像不良の診断等を行う機能を有する。プリント条件の調整には、例えば、階調補正、面内濃度ムラ補正、印刷位置調整、転写出力調整(二次転写電圧調整)等がある。画像不良には、点、筋画像等の発生がある。テストチャートは、調整内容や診断内容に応じたテスト画像がシートにプリントされることで形成される。
【0003】
テストチャートによるプリント条件の調整の一例として階調補正について説明する。画像形成装置によりシートに形成される画像の階調特性(濃度特性)は、様々な要因で変動する。例えば、階調特性は、画像形成装置の設置場所の気温や湿度等の環境条件の変化や、画像形成装置の部品の経時変化により変動する。そのために画像形成装置は、階調特性を維持するためのキャリブレーションを実行する。キャリブレーションでは、まずシートにテスト画像が形成されて階調補正用のテストチャートが生成される。画像形成装置は、テストチャートを読取装置で読み取ることで、テスト画像の画像濃度を取得する。画像形成装置は、取得した画像濃度が目標濃度となるような補正テーブルを作成する。画像形成時には、この補正テーブルを用いて階調補正が行われる。補正テーブルは、シートの種類(坪量やコーティングの有無、再生紙かどうか)毎に用意される。
【0004】
特許文献1は、複数枚のテストチャートを連続して作成し、自動原稿搬送装置を用いて複数枚のテストチャートを連続して読み取ることで、キャリブレーション時のユーザの作業負荷を低減する方法を提案する。特許文献2は、シートの種類別に調整が必要な転写出力調整と印刷位置調整と、を同じ種類のシートに対して一括して行う方法を提案する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2019-92034号公報
特開2019-66721号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1では、複数種類の解像度(線数)のスクリーンに対する階調補正を一括で行うことが可能である。しかしながら特許文献1には、複数種類の調整を一括で行うことについての開示がない。特許文献2では、複数種類の調整を一括して行うことが可能である。複数種類の調整は、一括調整モードで行われる。しかし画像形成装置の状態やユーザの目的によっては、一括調整モードにより不要な調整が行われることがある。例えば、階調補正と面内濃度ムラ補正とを行い且つ印字位置調整を行う必要が無い場合、一括調整モードでは、階調補正、面内濃度ムラ補正、及び印字位置調整がすべて行われてしまう。これは不要な調整の実行による調整時間の浪費や無駄なテストチャートの増加の原因となる。
【0007】
本発明は、上記の問題に鑑み、複数種類の調整を一括して行う動作モードであっても、調整する種類を選択できる画像形成装置を提供することを主たる課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の画像形成装置は、シートに画像を形成する画像形成手段と、

数の種類の調整項目の中から選択された

以上の調整項目の選択結果と、該選択結果が示す

以上の調整項目
のそれぞれで
使用するシートの種類と、に関するユーザ指示情報を受け付ける受付手段と、前記受付手段により受け付けた前記ユーザ指示情報に基づき前記画像形成手段に前記使用する種類のシートにテスト画像を
一括して
形成させ

制御手段と、を有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、複数種類の調整を一括して行う動作モードであっても、調整する種類を選択することで、画像形成装置の状態やユーザの目的に応じて、不要な調整を行わないようにすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
画像形成装置の構成図。
(a)、(b)は、ドキュメントスキャナの説明図。
(a)~(d)は、ADFの説明図。
プリンタ制御部の説明図。
階調補正処理を表すフローチャート。
(a)~(c)は、階調補正処理中に表示される画面の例示図。
階調補正に用いるテストチャートの例示図。
(a)、(b)は、濃度ムラ補正用のテストチャートの説明図。
印刷位置調整用チャートの説明図。
印刷位置のズレ量を検出する方法の説明図。
転写出力調整用チャートの説明図。
(a)、(b)は、点・指示画像診断用のテストチャートの説明図。
筋検出位置と筋の原因との関係説明図。
両面読取補正チャートの説明図。
動作モードを設定するための操作画面の例示図。
実行受付操作画面の例示図。
一括調整モード時の画像形成装置の処理を表すフローチャート。
(a)~(c)は、テストチャートを必要としない調整処理の説明図。
(a)、(b)は、第2実施形態の実行受付操作画面の例示図。
(a)、(b)は、第2実施形態の一括調整モード時の画像形成装置の処理を表すフローチャート。
予め選択されている調整項目の変更例の説明図。
第3実施形態の実行受付操作画面の例示図。
第4実施形態の実行受付操作画面の例示図。
プリントヘッドの構成説明図。
(a)、(b)は、ロッドレンズアレイの説明図。
(a)、(b)は、1本のロッドレンズが倒れた状態の例示図。
プリントヘッド縦ムラ補正用のテストチャートの例示図。
プリントヘッド以外の要因による濃度ムラ補正用のテストチャートの例示図。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
梱包箱
5日前
キヤノン株式会社
トナー
11日前
キヤノン株式会社
電気機器
17日前
キヤノン株式会社
現像装置
20日前
キヤノン株式会社
撮像装置
20日前
キヤノン株式会社
撮像装置
19日前
キヤノン株式会社
現像装置
20日前
キヤノン株式会社
評価方法
6日前
キヤノン株式会社
電気機器
12日前
キヤノン株式会社
電子機器
19日前
キヤノン株式会社
撮像装置
19日前
キヤノン株式会社
記録装置
18日前
キヤノン株式会社
現像装置
20日前
キヤノン株式会社
表示装置
4日前
キヤノン株式会社
電気機器
17日前
キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
キヤノン株式会社
記録装置
3日前
キヤノン株式会社
記録装置
17日前
キヤノン株式会社
レンズ鏡筒
19日前
キヤノン株式会社
光走査装置
19日前
キヤノン株式会社
画像記録方法
24日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
20日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
5日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
16日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
23日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
20日前
続きを見る