TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024027935
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-01
出願番号2022131136
出願日2022-08-19
発明の名称作業機械
出願人日立建機株式会社
代理人弁理士法人武和国際特許事務所
主分類E02F 9/00 20060101AFI20240222BHJP(水工;基礎;土砂の移送)
要約【課題】限られたスペースに設置された昇降装置を安定した姿勢で使用可能とする作業機械を提供する。
【解決手段】走行体11と、旋回体13と、作業装置14と、を備え、旋回体13は、左右側方において前後方向に延在するデッキ34L,34Rと、作業装置14の一側方に設けられた運転室31と、運転室31の後方に設けられた機械室33と、を有する油圧ショベル1において、機械室33の一側部には、機械室33の内部にアクセスするための開口部33Cが形成され、かつ、水平方向に回動して開口部33Cを開閉する開閉ドア331が設けられ、開閉ドア331の外表部331Aには、開閉ドア331と共に水平方向に回動可能であって、デッキ34L,34Rと機械室33の上面部33Tとの間を昇降するための昇降装置5が設けられている。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
自走可能な走行体と、
前記走行体に対して旋回可能に設けられた旋回体と、
前記旋回体に取り付けられた作業装置と、を備え、
前記旋回体は、
左右側方において前後方向に延在するデッキと、
前記作業装置の一側方に設けられた運転室と、
前記運転室の後方に設けられた機械室と、を有する
作業機械において、
前記機械室の一側部には、
前記機械室の内部にアクセスするための開口部が形成され、かつ、水平方向に回動して前記開口部を開閉する開閉ドアが設けられ、
前記開閉ドアの外表部には、
前記開閉ドアと共に水平方向に回動可能であって、前記デッキと前記機械室の上面部との間を昇降するための昇降装置が設けられている
ことを特徴とする作業機械。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
請求項1に記載の作業機械において、
前記昇降装置は、
前記デッキおよび前記機械室の前記上面部のそれぞれに対して締結可能である
ことを特徴とする作業機械。
【請求項3】
請求項1に記載の作業機械において、
前記開閉ドアと前記昇降装置とは、
前記機械室の前記一側部に対してヒンジ部材を介して水平方向に回動し、
前記ヒンジ部材は、
前記昇降装置に設けられたリンク部と、
前記機械室の前記一側部における前記開口部の前後一側に設けられたブラケット部と、
前記開閉ドアおよび前記昇降装置の回動中心であって、前記リンク部と前記ブラケット部とを接続する軸状の接続ピンと、を有し、
前記接続ピンの軸方向において、前記リンク部と前記ブラケット部との間には隙間が形成されている
ことを特徴とする作業機械。
【請求項4】
請求項1に記載の作業機械において、
前記昇降装置は、
前記開閉ドアの前記外表部に沿って鉛直方向に延び、かつ、水平方向に所定の間隔を空けて並ぶ一対の支柱と、前記一対の支柱の間を連結する複数段の踏桟と、を有する梯子で構成され、
前記開閉ドアの前記外表部には、
前記梯子を支持する複数の支持ブラケットが、前記複数の踏桟の位置に対応して接合されており、
前記複数の踏桟と前記複数の支持ブラケットとは、
締結部材により締結されている
ことを特徴とする作業機械。
【請求項5】
請求項4に記載の作業機械において、
前記一対の支柱の下端部にはそれぞれ、
前記デッキに沿って張り出された取付板が設けられ、
前記デッキ上には、
前記取付板が取り付けられる取付台座が一対設けられ、
前記取付台座は、
前記開閉ドアが前記開口部を閉塞している状態での前記取付板の下面と対向する上面と、
前記上面から前記機械室とは反対側に向かって斜め下方に傾斜する傾斜面と、を含み、
一対の前記取付板と一対の前記取付台座とが、それぞれ締結される
ことを特徴とする作業機械。
【請求項6】
請求項1に記載の作業機械において、
前記走行体と前記旋回体との間で上下方向に延びる円筒状のポストと、
前記ポストの少なくとも前後一側に設けられて、地上と前記旋回体との間を昇降するための階段と、をさらに備え、
前記開閉ドアおよび前記昇降装置は、
前記機械室の前記運転室側の側部に設けられている
ことを特徴とする作業機械。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、機体の側面部に昇降装置を備えた作業機械に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
油圧ショベルなどの作業機械では、例えば、メンテナンス作業時に、作業員が旋回体の建屋カバーの上面部に昇って作業を行う場合があるため、ステップや梯子といった昇降装置が旋回体の側面部に設けられていることがある。また、旋回体にデッキを備えた中型あるいは大型の作業機械の中には、オペレータが運転室に出入りする際に、建屋カバーの上面部とデッキとを経由する仕様になっているものがあり、このような作業機械においても、建屋カバーの上面部とデッキとの間を昇降するための昇降装置が、旋回体の側面部に設けられている。
【0003】
作業機械には多種多様な機器類が複数搭載されるため、各機器類の配置スペースは限られており、昇降装置についても、限られたスペースに設置することが求められる。例えば、特許文献1には、旋回体の側面に対向可能に配置される梯子から成る昇降装置が、旋回体の建屋カバーを保持する建屋フレームに回動可能に取り付けられた側面カバーによって被覆可能に設けられた作業機械が開示されている。昇降装置の梯子は、側面カバーが取り付けられた建屋フレームの前方に配置された別の建屋フレームに取り付けられ、側面カバーが開かれた状態で使用される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2007-197965号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1に記載の昇降装置は、側面カバーの内側、すなわち建屋カバーの内部に梯子が配置されているため、手摺りなどを設置することが難しい。また、建屋カバーの上面部から降りる場合には、作業員やオペレータは、建屋カバーの上面部側から不安定な姿勢で側面カバーを開けなければならない。
【0006】
本発明の目的は、限られたスペースに設置された昇降装置を安定した姿勢で使用可能とする作業機械を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記の目的を達成するために、本発明は、自走可能な走行体と、前記走行体に対して旋回可能に設けられた旋回体と、前記旋回体に取り付けられた作業装置と、を備え、前記旋回体は、左右側方において前後方向に延在するデッキと、前記作業装置の一側方に設けられた運転室と、前記運転室の後方に設けられた機械室と、を有する作業機械において、前記機械室の一側部には、前記機械室の内部にアクセスするための開口部が形成され、かつ、水平方向に回動して前記開口部を開閉する開閉ドアが設けられ、前記開閉ドアの外表部には、前記開閉ドアと共に水平方向に回動可能であって、前記デッキと前記機械室の上面部との間を昇降するための昇降装置が設けられていることを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、限られたスペースに設置された昇降装置を安定した姿勢で使用することができる。上記した以外の課題、構成及び効果は、以下の実施形態の説明により明らかにされる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明の実施形態に係る油圧ショベルの一構成例を示す外観側面図である。
図1に示す油圧ショベルにおいて、作業装置を除いた部分を拡大して示す側面図である。
図2を前方から見た場合における正面図である。
図2を上方から見た場合における平面図である。
昇降装置およびその周辺部の一構成例を示し、機械室の開閉ドアが閉じた状態の斜視図である。
昇降装置およびその周辺部の一構成例を示し、機械室の開閉ドアが開いた状態の斜視図である。
支持ブラケットの一構成例を示す斜視図である。
昇降装置および開閉ドアを拡大して示す拡大斜視図である。
図8を旋回体の後方から見た場合の図である。
昇降装置と機械室の上面部との固定部分の一構成例を示す斜視図である。
図8を旋回体の左方から見た場合の図である。
図8を旋回体の上方から見た場合の図である。
図6を上方から見た場合の図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、本発明の実施形態に係る作業機械の一態様として、例えば、港湾において荷物を移動させたり、スクラップヤードにおいてスクラップを分別したりする際などに用いられる、いわゆるハイポスト型のクローラ式油圧ショベルについて説明する。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日立建機株式会社
作業機
3日前
日立建機株式会社
作業機械
2日前
日立建機株式会社
作業機械
2日前
日立建機株式会社
作業機械
3日前
日立建機株式会社
作業機械
3日前
日立建機株式会社
建設機械
3日前
日立建機株式会社
作業機械
2日前
日立建機株式会社
作業機械
19日前
日立建機株式会社
建設機械
2日前
日立建機株式会社
作業機械
2日前
日立建機株式会社
作業機械
2日前
日立建機株式会社
建設機械
2日前
日立建機株式会社
作業機械
2日前
日立建機株式会社
電動車両
2日前
日立建機株式会社
深礎掘削機
3日前
日立建機株式会社
電動式建設機械
4日前
日立建機株式会社
ダンプトラック
4日前
日立建機株式会社
ダンプトラック
3日前
日立建機株式会社
ホイールローダ
2日前
日立建機株式会社
アーム式作業機
5日前
日立建機株式会社
ダンプトラック
4日前
日立建機株式会社
電動式建設機械
3日前
日立建機株式会社
建設機械システム
10日前
日立建機株式会社
車両管理システム
2日前
日立建機株式会社
建設機械の作業装置
9日前
日立建機株式会社
積込機械及び管制装置
15日前
日立建機株式会社
進入領域管理システム
4日前
日立建機株式会社
カバー装置および建設機械
3日前
日立建機株式会社
作業機械の映像伝送システム
4日前
日立建機株式会社
作業機械の自動制御システム
4日前
日立建機株式会社
作業機械の遠隔制御システム
3日前
日立建機株式会社
作業機械の遠隔管理システム
3日前
日立建機株式会社
フラッシング装置及び建設機械
3日前
日立建機株式会社
2部材連結装置および建設機械
18日前
日立建機株式会社
作業機械の施工精度予測計算装置
3日前
日立建機株式会社
画像生成装置、操作支援システム
15日前
続きを見る