TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024027819
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-01
出願番号2022130950
出願日2022-08-19
発明の名称燃料電池装置
出願人ダイニチ工業株式会社
代理人
主分類H01M 8/04 20160101AFI20240222BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】配管を保護するための保護カバーの着脱を容易に行うことができるようにすることで、メンテナンス性を低下させることなく信頼性に優れた燃料電池装置を提供すること。
【解決手段】外装ケース50の側面パネルに、配管の継手を保護する配管カバー70が着脱自在に設けられる燃料電池装置100であって、配管カバー70は側面パネルを締結する締結部材80に係止する係止部74を有している。配管カバー70は、締結部材80を取り外すことなく係止させることができるので、着脱を容易に行うことができメンテナンス性に優れる。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
燃料ガスと酸素含有ガスを用いて発電を行う燃料電池と、
前記燃料電池を動作させるための補機と、
流体が流れる配管と、を外装ケース内に収容し、
前記配管と接続される配管継手が、前記外装ケースを構成する側面パネルに取り付けられた燃料電池装置であって、
前記側面パネルには、前記配管継手を覆う配管カバーが着脱自在に設けられ、
前記配管カバーは、前記側面パネルを締結する締結部材に係止する係止部を有している燃料電池装置。
続きを表示(約 220 文字)【請求項2】
前記係止部が係止する前記締結部材は、段付きネジである請求項1記載の燃料電池装置。
【請求項3】
前記配管カバーは、前記配管継手を上方から覆う第一面と、一方の側方から覆う第二面と、前方から覆う第三面とから構成される請求項1または2記載の燃料電池装置。
【請求項4】
前記係止部は、前記第一面および前記第二面の内側に設けられ、前記第三面に向かって延びている請求項3記載の燃料電池装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、燃料電池装置に関するものである。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
水素を含有する燃料ガスと酸素含有ガス(空気)とを用いて発電を行ない、電気を外部に供給する燃料電池装置が知られている。このような燃料電池装置では、発電に必要な燃料や水を外部から供給するための配管や、発電に伴って生成される温水を取り出すための配管等を有している。
【0003】
例えば特許文献1では、外装ケースの側板に切り欠き部を設け、この切り欠き部にケーブル固定部と、燃料ガス供給管、高温水出口管、純水供給管、排水管などの各種配管を固定する配管固定部が設置されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2008-27855号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところで、一般に燃料電池装置は屋外に設置され、これら配管の接続部は常に風雨に晒されることになる。寒冷地においては雪の影響も小さくはない。もし、配管が外れたり損傷したりすると燃料電池装置の運転に支障をきたすことになるため、配管類を保護するために保護カバーを設置することがある。しかしながら、メンテナンスの際には保護カバーを着脱しなければならないため、作業性を損なうおそれがあった。
【0006】
本発明は、上記課題を解決するためのもので、配管を保護するための保護カバーの着脱を容易に行うことができるようにすることで、メンテナンス性を低下させることなく信頼性に優れた燃料電池装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、燃料ガスと酸素含有ガスを用いて発電を行う燃料電池と、
前記燃料電池を動作させるための補機と、
流体が流れる配管と、を外装ケース内に収容し、
前記配管と接続される配管継手が、前記外装ケースを構成する側面パネルに取り付けられた燃料電池装置であって、
前記側面パネルには、前記配管継手を覆う配管カバーが着脱自在に設けられ、
前記配管カバーは、前記側面パネルを締結する締結部材に係止する係止部を有している
燃料電池装置である。
【発明の効果】
【0008】
上述のように構成することにより、容易に保護カバーを着脱することができるため、メンテナンス性を低下させることがなく、信頼性に優れた燃料電池装置となる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本実施形態の燃料電池装置のシステム構成図である。
燃料電池装置と配管カバーの取付を説明する図である。
締結部材を説明する図である。
燃料電池装置に配管カバーを取り付けた状態を示す図である。
配管カバーの詳細構造図である。
燃料電池装置の梱包状態を表す斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
好適と考える本発明の実施形態を、本発明の作用を示して簡単に説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社GSユアサ
蓄電装置
20日前
エイブリック株式会社
半導体装置
13日前
ローム株式会社
半導体装置
12日前
エイブリック株式会社
半導体装置
15日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
13日前
三菱電機株式会社
回路遮断器
8日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
15日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
15日前
東京パーツ工業株式会社
コイル装置
今日
株式会社GSユアサ
蓄電装置
13日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
15日前
株式会社GSユアサ
蓄電設備
12日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
15日前
株式会社村田製作所
コイル部品
13日前
三菱電機株式会社
半導体ウエハ
14日前
株式会社村田製作所
コイル部品
13日前
KOA株式会社
電子部品
13日前
株式会社村田製作所
コイル部品
13日前
ダイニチ工業株式会社
換気ファン装置
15日前
ローム株式会社
半導体装置
7日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
5日前
住友電気工業株式会社
電線
15日前
シャープ株式会社
通信装置
8日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池システム
15日前
株式会社東芝
半導体装置
8日前
三菱電機株式会社
半導体装置
6日前
日本航空電子工業株式会社
コネクタ
18日前
ヒロセ電機株式会社
同軸端子
6日前
日本航空電子工業株式会社
コネクタ
14日前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
15日前
TDK株式会社
電子部品
12日前
TDK株式会社
電子部品
6日前
日亜化学工業株式会社
発光装置
13日前
日亜化学工業株式会社
発光装置
13日前
TDK株式会社
電子部品
12日前
富士電機株式会社
炭化珪素半導体装置
15日前
続きを見る