TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024027780
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-01
出願番号2022130873
出願日2022-08-19
発明の名称評価装置、評価方法及びプログラム
出願人個人
代理人個人,個人,個人
主分類G06Q 10/06 20230101AFI20240222BHJP(計算;計数)
要約【課題】評価対象者の出身国によらず、評価対象者の状態を適切に評価できるようにする。
【解決手段】評価装置1は、評価対象者と、評価対象者の出身国と、を関連付けて記憶する評価対象者情報記憶部123と、評価対象者に対する質問を記憶する質問記憶部121と、質問に対する回答の内容を評価するために用いられる評価基準を、国識別情報に関連付けて記憶する評価基準記憶部122と、質問を評価対象者に対して送信する質問送信部131と、質問に対する回答を取得する回答取得部132と、複数の評価対象者から選択した評価対象者に評価対象者情報記憶部123において関連付けられた出身国を特定し、特定した出身国に対応する国識別情報に関連付けて評価基準記憶部122に記憶された評価基準に基づいて、回答取得部132が取得した回答を評価する評価部133と、を有する。
【選択図】図2


特許請求の範囲【請求項1】
評価対象者と、前記評価対象者の出身国と、を関連付けて記憶する評価対象者情報記憶部と、
前記評価対象者に対する質問を記憶する質問記憶部と、
前記質問に対する回答の内容を評価するために用いられる評価基準を、国識別情報に関連付けて記憶する評価基準記憶部と、
前記質問を前記評価対象者に対して送信する質問送信部と、
前記質問に対する回答を取得する回答取得部と、
複数の前記評価対象者から選択した評価対象者に前記評価対象者情報記憶部において関連付けられた前記出身国を特定し、特定した前記出身国に対応する前記国識別情報に関連付けて前記評価基準記憶部に記憶された前記評価基準に基づいて、前記回答取得部が取得した回答を評価する評価部と、
を有する評価装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記質問記憶部は、前記国識別情報に関連付けて前記質問を記憶し、
前記質問送信部は、複数の前記評価対象者から選択した評価対象者に前記評価対象者情報記憶部において関連付けられた前記出身国を特定し、特定した前記出身国に対応する前記国識別情報に関連付けて前記質問記憶部に記憶された前記質問を前記評価対象者に送信する、
請求項1に記載の評価装置。
【請求項3】
前記質問送信部は、前記評価対象者が従事する業務に関する第1質問と、前記評価対象者の私生活に関する第2質問と、を前記評価対象者に対して送信し、
前記回答取得部は、前記第1質問に対する第1回答と、前記第2質問に対する第2回答と、を取得し、
前記評価部は、前記国識別情報に関連付けて前記評価基準記憶部に記憶された第1評価基準に基づいて前記第1回答を評価し、前記国識別情報に関連付けて前記評価基準記憶部に記憶された第2評価基準に基づいて前記第2回答を評価し、前記第1回答の評価結果と、前記第2回答の評価結果とを識別可能な態様で出力する、
請求項1又は2に記載の評価装置。
【請求項4】
前記国識別情報に関連付けて支援者を記憶する支援者情報記憶部と、
前記評価部が評価した結果が所定の条件を満たす場合に、前記評価対象者の前記出身国に対応する前記国識別情報に関連付けて前記支援者情報記憶部に記憶された前記支援者を前記評価対象者に紹介する紹介処理部と、
をさらに有する、
請求項1又は2に記載の評価装置。
【請求項5】
コンピュータが実行する、
評価対象者に対する質問を前記評価対象者に対して送信するステップと、
前記質問に対する回答を取得するステップと、
複数の前記評価対象者から選択した評価対象者に評価対象者情報記憶部において関連付けられた出身国を特定し、特定した前記出身国に対応する国識別情報に関連付けて評価基準記憶部に記憶された評価基準に基づいて、取得した回答を評価するステップと、
評価した結果を出力するステップと、
を有する評価方法。
【請求項6】
コンピュータに、
評価対象者に対する質問を前記評価対象者に対して送信するステップと、
前記質問に対する回答を取得するステップと、
複数の前記評価対象者から選択した評価対象者に評価対象者情報記憶部において関連付けられた出身国を特定し、特定した前記出身国に対応する国識別情報に関連付けて評価基準記憶部に記憶された評価基準に基づいて、取得した回答を評価するステップと、
評価した結果を出力するステップと、
を実行させるためのプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、評価対象者を評価するための評価装置、評価方法及びプログラムに関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、被験者に質問事項に対して回答させ、回答内容に基づいて被験者のストレスや精神状態を分析する技術が知られている(例えば、特許文献1を参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2005-50291号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
出身国によって国民性や文化が異なるので、同じ質問であっても質問の意味の捉え方が違ったり、回答内容が同じであってもストレスや精神状態に違いがあったりすることがある。その結果、技能実習生のように、さまざまな国から来た人のストレスや精神状態を評価する際には、従来の方法を用いた場合、評価対象者の状態を評価する精度が低いという問題があった。
【0005】
そこで、本発明はこれらの点に鑑みてなされたものであり、評価対象者の出身国によらず、評価対象者の状態を適切に評価できるようにすることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の第1の態様の評価装置は、評価対象者と、前記評価対象者の出身国と、を関連付けて記憶する評価対象者情報記憶部と、前記評価対象者に対する質問を記憶する質問記憶部と、前記質問に対する回答の内容を評価するために用いられる評価基準を、国識別情報に関連付けて記憶する評価基準記憶部と、前記質問を前記評価対象者に対して送信する質問送信部と、前記質問に対する回答を取得する回答取得部と、複数の前記評価対象者から選択した評価対象者に前記評価対象者情報記憶部において関連付けられた前記出身国を特定し、特定した前記出身国に対応する前記国識別情報に関連付けて前記評価基準記憶部に記憶された前記評価基準に基づいて、前記回答取得部が取得した回答を評価する評価部と、を有する。
【0007】
前記質問記憶部は、前記国識別情報に関連付けて前記質問を記憶し、前記質問送信部は、複数の前記評価対象者から選択した評価対象者に前記評価対象者情報記憶部において関連付けられた前記出身国を特定し、特定した前記出身国に対応する前記国識別情報に関連付けて前記質問記憶部に記憶された前記質問を前記評価対象者に送信してもよい。
【0008】
前記質問送信部は、前記評価対象者が従事する業務に関する第1質問と、前記評価対象者の私生活に関する第2質問と、を前記評価対象者に対して送信し、前記回答取得部は、前記第1質問に対する第1回答と、前記第2質問に対する第2回答と、を取得し、前記評価部は、前記国識別情報に関連付けて前記評価基準記憶部に記憶された第1評価基準に基づいて前記第1回答を評価し、前記国識別情報に関連付けて前記評価基準記憶部に記憶された第2評価基準に基づいて前記第2回答を評価し、前記第1回答の評価結果と、前記第2回答の評価結果とを識別可能な態様で出力してもよい。
【0009】
前記評価装置は、前記国識別情報に関連付けて支援者を記憶する支援者情報記憶部と、前記評価部が評価した結果が所定の条件を満たす場合に、前記評価対象者の前記出身国に対応する前記国識別情報に関連付けて前記支援者情報記憶部に記憶された前記支援者を前記評価対象者に紹介する紹介処理部と、をさらに有してもよい。
【0010】
本発明の第2の態様の評価方法は、コンピュータが実行する、評価対象者に対する質問を前記評価対象者に対して送信するステップと、前記質問に対する回答を取得するステップと、複数の前記評価対象者から選択した評価対象者に評価対象者情報記憶部において関連付けられた出身国を特定し、特定した前記出身国に対応する国識別情報に関連付けて評価基準記憶部に記憶された評価基準に基づいて、取得した回答を評価するステップと、評価した結果を出力するステップと、を有する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
6日前
個人
自動販売機
13日前
個人
コメント配信システム
1か月前
日本精機株式会社
投影装置
6日前
個人
リユース統合システム
26日前
日本精機株式会社
投影システム
7日前
個人
広告提供方法
1か月前
株式会社SUBARU
車両
14日前
個人
チラシ掲載位置表示システム
24日前
個人
モノづくり知識情報システム
1か月前
個人
情報処理装置及びプログラム
1か月前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
13日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
19日前
17LIVE株式会社
サーバ
6日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
5日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
17日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
4日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
1か月前
株式会社フォーバル
仕訳システム
25日前
株式会社カネカ
異常推定システム
25日前
株式会社イトーキ
分析装置
17日前
日本電気株式会社
勤務管理装置
12日前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
13日前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
26日前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
7日前
原田産業株式会社
衣服の注文方法
28日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
4日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
4日前
日本信号株式会社
駐車場システム
20日前
株式会社日立製作所
演算装置
26日前
個人
防災訓練オフ会
14日前
合同会社エリサ
発送システム
1か月前
トヨタ自動車株式会社
サーバ装置
13日前
個人
集配システムと保管システム
7日前
日本電気株式会社
端末及び認証システム
7日前
NVデバイス株式会社
視線検出システム
25日前
続きを見る