TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024027361
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-01
出願番号2022130103
出願日2022-08-17
発明の名称修飾カーボン材料、分散液及びラジカル捕捉剤
出願人国立大学法人北海道大学
代理人個人,個人
主分類C01B 32/156 20170101AFI20240222BHJP(無機化学)
要約【課題】カーボン材料としての特性を維持したまま、分散媒(例えば水系分散媒)への分散が可能な、修飾カーボン材料を提供すること。
【解決手段】カーボン材料と、前記カーボン材料を修飾する環状ポリエーテルと、を含む、修飾カーボン材料。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
カーボン材料と、
前記カーボン材料を修飾する環状ポリエーテルと、
を含む、修飾カーボン材料。
続きを表示(約 410 文字)【請求項2】
前記環状ポリエーテルが、環状ポリアルキレンオキシドである、請求項1に記載の修飾カーボン材料。
【請求項3】
前記環状ポリアルキレンオキシドが、炭素数1~4のアルキレン基と酸素原子とが交互に連結した構造を有する、請求項2に記載の修飾カーボン材料。
【請求項4】
前記カーボン材料が、フラーレンを含む、請求項1に記載の修飾カーボン材料。
【請求項5】
前記カーボン材料が、カーボンナノチューブを含む、請求項1に記載の修飾カーボン材料。
【請求項6】
請求項1~5のいずれか一項に記載の修飾カーボン材料と、
分散媒と、
を含む、分散液。
【請求項7】
前記分散媒が、水を含む、請求項6に記載の分散液。
【請求項8】
請求項1~5のいずれか一項に記載の修飾カーボン材料を含む、ラジカル捕捉剤。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、修飾カーボン材料、分散液及びラジカル捕捉剤に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
近年、フラーレン、カーボンナノチューブ等のカーボン材料は、その独自の特性から様々な用途への展開が期待されており、それに伴い、カーボン材料を親水性溶媒に分散させる技術が求められている。
【0003】
例えば、特許文献1には、カーボンナノチューブをプラズマ処理して、カーボンナノチューブの外表面に酸性官能基を形成させることで、親水性溶媒への分散性を向上させる方法が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2003-300715号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、特許文献1に記載の方法では、官能基の導入によってカーボン材料自体の構造が変化するため、その特徴的な物性が低下する、という課題があった。
【0006】
そこで本発明は、カーボン材料としての特性を維持したまま、分散媒(例えば水系分散媒)への分散が可能な、修飾カーボン材料を提供することを目的とする。また、本発明は、修飾カーボン材料を分散させた分散液、及び、修飾カーボン材料を含むラジカル捕捉剤を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、例えば、以下の[1]~[8]に関する。
[1]
カーボン材料と、
前記カーボン材料を修飾する環状ポリエーテルと、
を含む、修飾カーボン材料。
[2]
前記環状ポリエーテルが、環状ポリアルキレンオキシドである、[1]に記載の修飾カーボン材料。
[3]
前記環状ポリアルキレンオキシドが、炭素数1~4のアルキレン基と酸素原子とが交互に連結した構造を有する、[1]に記載の修飾カーボン材料。
[4]
前記カーボン材料が、フラーレンを含む、[1]~[3]のいずれか1つに記載の修飾カーボン材料。
[5]
前記カーボン材料が、カーボンナノチューブを含む、[1]~[4]のいずれか1つに記載の修飾カーボン材料。
[6]
[1]~[5]のいずれか1つに記載の修飾カーボン材料と、
分散媒と、
を含む、分散液。
[7]
前記分散媒が、水を含む、[6]に記載の分散液。
[8]
[1]~[5]のいずれか1つに記載の修飾カーボン材料を含む、ラジカル捕捉剤。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、カーボン材料としての特性を維持したまま、分散媒(例えば水系分散媒)への分散が可能な、修飾カーボン材料が提供される。また、本発明によれば、修飾カーボン材料を分散させた分散液、及び、修飾カーボン材料を含むラジカル捕捉剤が提供される。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明の好適な実施形態について詳細に説明する。
【0010】
本実施形態の修飾カーボン材料は、カーボン材料と、カーボン材料を修飾する環状ポリエーテルと、を含む。本実施形態の修飾カーボン材料は、環状ポリエーテルで修飾されたカーボン材料ということもできる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ショウワ
二酸化炭素発生装置
5日前
株式会社神戸製鋼所
炭酸カルシウムの製造方法
2日前
高純度シリコン株式会社
多結晶シリコンの製造方法
9日前
住友大阪セメント株式会社
分散液、化粧料、分散液の製造方法
9日前
国立大学法人東海国立大学機構
水素の製造装置および水素の製造方法
9日前
株式会社タクマ
二酸化炭素の固体炭素化設備、及び二酸化炭素の固体炭素化方法
2日前
日揮触媒化成株式会社
溶媒リサイクル法を用いた酸化チタンゾルの製造方法および酸化チタンゾル
10日前
白石工業株式会社
炭酸カルシウムの製造方法、炭酸カルシウムおよび抄紙用填料
2日前
ユニマテック株式会社
カルボニルフロライドの製造方法および製造装置
3日前
リヴィアン アイピー ホールディングス,エルエルシー
リチウム金属ホスファート電極の製造
4日前
株式会社レゾナック
フラーレンの製造装置及びフラーレンの製造方法
8日前
ポーラ化成工業株式会社
粉体粒子表面の改質方法
1日前
日揮触媒化成株式会社
光触媒活性が低い粒子およびその製造方法、並びに粒子の分散液、塗布液、膜付基材の製造方法
9日前
住友化学株式会社
リチウム金属複合酸化物、リチウム二次電池用正極活物質、リチウム二次電池用正極及びリチウム二次電池
5日前
日揮触媒化成株式会社
ルチル型の結晶構造を有する粒子およびその製造方法、並びに粒子の分散液、塗布液、膜付基材の製造方法
9日前
個人
重ね合わせたグラフェン同士を摩擦圧接で接合したグラフェン接合体を絶縁性で熱伝導性の粉体の集まりで覆った表面が絶縁性の熱伝導性シートの作成方法
5日前
株式会社インキュベーション・アライアンス
炭素構造体
2日前
株式会社シーディアイ
修飾カーボンナノチューブフォレスト、カーボンナノチューブ連続体および層間熱伝導材料
8日前
イージュール,アイエヌシー.
処理システムにおいて加熱アセンブリによって生成物を液体混合物から生成する方法
10日前
株式会社レゾナック
珪素含有酸化物被覆窒化アルミニウム粒子の製造方法および珪素含有酸化物被覆窒化アルミニウム粒子
10日前
ハーゲン シュライ
ケイ酸リチウム含有複合材料および焼入れステップを有する方法
4日前
DOWAサーモテック株式会社
カーボンナノチューブ回収装置およびカーボンナノチューブ製造装置ならびにカーボンナノチューブの回収方法
2日前
日本ケミコン株式会社
リチウムバナジウム酸化物結晶体の製造方法、リチウムバナジウム酸化物結晶体、電極材料及び蓄電デバイス
2日前
キャッサバ サイエンシズ インコーポレイテッド
FLNA結合化合物及びその塩酸塩の固体多形
4日前
個人
腫瘍転移および腫瘍発生の予防および治療のための製剤および方法
10日前