TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024027350
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-03-01
出願番号2022130083
出願日2022-08-17
発明の名称登録装置、およびプログラム
出願人株式会社寺岡精工
代理人個人,個人
主分類G07G 1/01 20060101AFI20240222BHJP(チェック装置)
要約【課題】乗算登録した商品に係る操作性を向上させること。
【解決手段】登録装置は、登録手段と、表示手段と、取得手段とを備える。登録手段は、商品を登録する。表示手段は、前記登録手段によって登録された商品を表示する。登録手段は、複数の同一商品を乗算して登録する乗算登録を行うことが可能である。表示手段は、前記乗算登録が行われた前記複数の同一商品をそれぞれ別々の領域に表示する。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
商品を登録する登録手段と、
前記登録手段によって登録された商品を表示する表示手段と、
を備え、
前記登録手段は、複数の同一商品を乗算して登録する乗算登録を行うことが可能であり、
前記表示手段は、前記乗算登録が行われた前記複数の同一商品をそれぞれ別々の領域に表示する、
ことを特徴とする登録装置。
続きを表示(約 480 文字)【請求項2】
商品を値引きするクーポン情報を取得する取得手段をさらに備え、
前記表示手段は、前記取得手段によって前記クーポン情報が取得された場合に、前記乗算登録が行われた前記複数の同一商品をそれぞれ別々に表示する、
ことを特徴とする請求項1に記載の登録装置。
【請求項3】
前記表示手段は、前記登録手段による登録の完了を示す操作が行われた場合に、クーポンの適用対象となる商品名を表示する、
ことを特徴とする請求項2に記載の登録装置。
【請求項4】
登録装置としてコンピュータを機能させるプログラムであって、
前記コンピュータを、
商品を登録する登録手段、
前記登録手段によって登録された商品を表示する表示手段、
として機能させ、
前記登録手段は、複数の同一商品を乗算して登録する乗算登録を行うことが可能であり、
前記表示手段は、前記乗算登録が行われた前記複数の同一商品をそれぞれ別々の領域に表示する、
ことを特徴とするプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、登録装置、およびプログラムに関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、店舗等においてPOS(Point Of Sales)レジスタが使用されている。特に、近年では、顧客の操作によって商品の登録と精算とが行われるフルセルフレジが普及している。フルセルフレジの普及に応じて、操作性の向上を図る各種技術が提案されている。例えば、買物客が商品のバーコードの位置を確認しながらバーコードの読取り操作を行えるようにするために、撮影方向が下向きになるように配置したカメラの撮影画像に基づいて商品の識別コードを読み取るセルフチェックアウト装置が開示されている(例えば、特許文献1参照)。また、従来から、POSレジスタは、複数の同一商品を乗算して登録する乗算登録を行うことが可能である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-097603号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来技術では、乗算登録した商品は画面上で「商品名×個数、合計金額」のように表示されるため、見にくいことがあり、これにより、乗算登録した商品に係る各種操作の操作性の低下を招いてしまうことがある、といった問題があった。
【0005】
本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、その目的は、登録した商品に係る操作性を向上させることができる技術を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述した課題を解決するために、本発明の一態様である登録装置は、商品を登録する登録手段と、前記登録手段によって登録された商品を表示する表示手段と、を備え、前記登録手段は、複数の同一商品を乗算して登録する乗算登録を行うことが可能であり、前記表示手段は、前記乗算登録が行われた前記複数の同一商品をそれぞれ別々の領域に表示する、ことを特徴とする登録装置である。
【0007】
上述した課題を解決するために、本発明の他の態様であるプログラムは、登録装置としてコンピュータを機能させるプログラムであって、前記コンピュータを、商品を登録する登録手段、前記登録手段によって登録された商品を表示する表示手段、として機能させ、前記登録手段は、複数の同一商品を乗算して登録する乗算登録を行うことが可能であり、前記表示手段は、前記乗算登録が行われた前記複数の同一商品をそれぞれ別々の領域に表示する、ことを特徴とするプログラムである。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の実施形態に係るPOS(Point Of Sales)システム1の構成を示す説明図である。
POS端末装置20の設置例を示す説明図である。
POS端末装置20のハードウェア構成の一例を示すブロック図である。
POS端末装置20の機能的構成の一例を示す説明図である。
客側表示部205に表示される画面遷移の一例を示す説明図である。
客側表示部205に表示される画面遷移の一例を示す説明図である。
客側表示部205に表示される画面遷移の一例を示す説明図である。
POS端末装置20が行う乗算登録時の表示制御処理の一例を示すフローチャートである。
変形例1に係る客側表示部205に表示される画面遷移の一例を示す説明図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
(POSシステム1のネットワーク構成)
図1は、本発明の実施形態に係るPOS(Point Of Sales)システム1の構成を示す説明図である。POSシステム1は、各種店舗に導入される。本実施形態において、POSシステム1が導入される店舗は、例えば、スーパーマーケットである。ただし、POSシステム1が導入される店舗は、スーパーマーケットに限らず、コンビニエンスストア、ホームセンター、ドラッグストア、飲食店、各種商店などでもよい。
【0010】
図1においてPOSシステム1は、ストアコントローラ10と、取引状況管理装置11と、POS端末装置20とを備える。各装置は、LAN55を介して通信可能に接続されている。各装置は、CPU(Central Processing Unit)、ROM(Read Only Memory)、RAM(Random Access Memory)、通信部などを備えたコンピュータ装置である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社寺岡精工
会計装置
14日前
株式会社寺岡精工
システム
10日前
株式会社寺岡精工
減容装置及びプログラム
17日前
株式会社寺岡精工
システム及び情報処理装置
13日前
株式会社寺岡精工
データ管理システム、およびデータ管理方法
15日前
株式会社寺岡精工
切断機構
6日前
株式会社寺岡精工
商品データ処理システム、サーバ、及び商品データ処理装置
15日前
株式会社寺岡精工
商品販売データ処理装置
9日前
株式会社寺岡精工
登録装置及びプログラム
9日前
株式会社デジジャパン
クリーニング品管理システム及びプログラム
9日前