TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024025830
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-26
出願番号2023218781,2022128867
出願日2023-12-26,2022-08-12
発明の名称支援装置および支援方法
出願人東京海上日動火災保険株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類G06Q 40/08 20120101AFI20240216BHJP(計算;計数)
要約【課題】補償の付与を効率化することができる支援装置及び支援方法を提供する。
【解決手段】支援装置1は、第1端末装置から保険請求の対象であるイベントに関するイベント情報を取得するイベント情報取得部100aと、イベントに対する補償内容を決定するために必要な一以上のプロセスと、プロセスを進行させるためにイベント情報を含む所定情報が満たすべきプロセス進行条件と、を含むプロセス情報を記憶する記憶部102と、プロセス進行条件に基づいて、プロセスを進行又は停止させる進行制御部100cと、進行制御部によるプロセスの停止に応答して、第1端末装置とは異なる第2端末装置に通知する通知部100dと、通知を受けた第2端末装置からプロセスを進行させるための追加情報を取得する追加情報取得部100aと、を備え、進行制御部100cは、追加情報に基づいて、プロセスを進行させる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
第1端末装置から保険請求の対象であるイベントに関するイベント情報を取得するイベント情報取得部と、
前記イベントに対する補償内容を決定するために必要な一以上のプロセスと、前記プロセスを進行させるために前記イベント情報を含む所定情報が満たすべきプロセス進行条件と、を含むプロセス情報を記憶する記憶部と、
前記プロセス進行条件に基づいて、前記プロセスを進行又は停止させる進行制御部と、
前記進行制御部による前記プロセスの停止に応答して、前記第1端末装置とは異なる第2端末装置に通知する通知部と、
前記通知を受けた前記第2端末装置から前記プロセスを進行させるための追加情報を取得する追加情報取得部と、
を備え、
前記進行制御部は、前記追加情報に基づいて、前記プロセスを進行させる、支援装置。
続きを表示(約 960 文字)【請求項2】
前記プロセス進行条件は、前記プロセスに属する複数の項目に対応する複数の条件を含み、
前記進行制御部は、前記所定情報が前記複数の条件を満たしているか否かに基づいて、前記プロセスを進行又は停止させる、請求項1に記載の支援装置。
【請求項3】
前記進行制御部は、前記所定情報が前記複数の条件のすべてを満たしている場合に前記プロセスを進行させ、前記複数の条件のいずれか一つ以上を満たしていない場合に前記プロセスを停止させる、請求項2に記載の支援装置。
【請求項4】
前記追加情報は、前記複数の条件のうち、前記所定情報が満たしていない条件に関する情報である、請求項2に記載の支援装置。
【請求項5】
前記追加情報は、前記進行制御部が前記追加情報に基づいて進行するプロセスを指定するプロセス指定情報を含む、請求項1に記載の支援装置。
【請求項6】
前記プロセス指定情報は、前記進行制御部が停止させたプロセスと同一のプロセスを指定する情報である、請求項5に記載の支援装置。
【請求項7】
前記プロセス指定情報は、前記進行制御部が停止させたプロセスとは異なるプロセスを指定する情報である、請求項5に記載の支援装置。
【請求項8】
前記所定情報に基づいて、前記イベント情報に不正が存在する旨を検知する不正検知部、をさらに備え、
前記プロセス進行条件は、前記不正検知部によって不正が存在する旨が検知されないという条件を含む、請求項1に記載の支援装置。
【請求項9】
前記不正検知部は、前記イベント情報に不正が存在するリスクの数値が所定閾値以上の大きさを示す場合に不正が存在する旨を検知する、請求項8に記載の支援装置。
【請求項10】
前記一以上のプロセスは、第1プロセスと、前記第1プロセス以降の第2プロセスとを含み、
前記不正検知部は、前記第1プロセスの段階で行われる第1不正検知部と、前記第2プロセスの段階で行われ、かつ、前記第1不正検知部よりも不正検知の信頼性が高い第2不正検知部とを含む、請求項8に記載の支援装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、支援装置および支援方法に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
保険金支払処理のための損害査定を行うシステムが知られている。例えば、特許文献1には、損害データと、基準データベースに格納された基準データとを比較し、その比較結果に基づいて、保険金の支払いの可否を判断するシステムが開示されている。これによれば、査定の判断を一律的、一元的に行うことができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2003-030441号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
保険金請求などに関わる補償内容によっては、受付から支払までの手順の少なくとも一部はコンピュータによる定型的な処理を実行できず、人による介入が必要な場合がある。しかしながら、特許文献1に記載されたシステムでは、人による介入が必要な場合、補償の付与を効率良く処理することができない。
【0005】
そこで、本発明は、上記課題に鑑み、補償の付与を効率化することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の一態様に係る支援装置は、第1端末装置から保険請求の対象であるイベントに関するイベント情報を取得するイベント情報取得部、イベントに対する補償内容を決定するために必要な一以上のプロセスと、プロセスを進行させるためにイベント情報を含む所定情報が満たすべきプロセス進行条件と、を含むプロセス情報を記憶する記憶部と、プロセス進行条件に基づいて、プロセスを進行又は停止させる進行制御部と、進行制御部によるプロセスの停止に応答して、第1端末装置とは異なる第2端末装置に通知する通知部と、通知を受けた第2端末装置からプロセスを進行させるための追加情報を取得する追加情報取得部と、を備え、進行制御部は、追加情報に基づいて、プロセスを進行させる。
【0007】
本発明の他の一態様に係る支援方法は、コンピュータに、第1端末装置から保険請求の対象であるイベントに関するイベント情報を取得する取得ステップと、イベントに対する補償内容を決定するために必要な一以上のプロセスを進行させるためにイベント情報を含む所定情報が満たすべきプロセス進行条件に基づいて、プロセスを進行又は停止させる進行制御ステップと、進行制御ステップによるプロセスの停止に応答して、第1端末装置とは異なる第2端末装置に通知する通知ステップと、通知を受けた第2端末装置からプロセスを進行させるための追加情報を取得する追加情報取得部と、を実行させ、進行制御ステップは、追加情報に基づいて、プロセスを進行させる。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、補償の付与を効率化することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本実施形態に係るシステムの機能構成の一例を説明するための図である。
本実施形態に係るシステムの動作の一例を説明するための図である。
本実施形態に係るシステムの動作の一例を説明するための図である。
本実施形態に係るシステムの動作の一例を説明するための図である。
本実施形態に係るシステムの動作の一例を説明するための図である。
本実施形態に係るシステムのハードウェア構成の一例を説明するための図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
添付図面を参照して、本発明の好適な実施形態(以下、「本実施形態」という)について説明する。なお、各図において、同一の符号を付したものは、同一又は同様の構成を有する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
5日前
個人
自動販売機
12日前
日本精機株式会社
投影装置
5日前
個人
コメント配信システム
1か月前
個人
リユース統合システム
25日前
個人
広告提供方法
1か月前
日本精機株式会社
投影システム
6日前
株式会社SUBARU
車両
13日前
個人
情報処理装置及びプログラム
1か月前
個人
コンピュータシステム
1か月前
個人
モノづくり知識情報システム
1か月前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
12日前
個人
チラシ掲載位置表示システム
23日前
17LIVE株式会社
サーバ
5日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
18日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
16日前
ユニパルス株式会社
プログラム、方法
1か月前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
4日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
1か月前
株式会社イトーキ
分析装置
16日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
3日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
24日前
株式会社カクシン
管理装置
1か月前
株式会社カネカ
異常推定システム
24日前
個人
オーダーメイド品販売システム
1か月前
ユビ電株式会社
情報処理装置
1か月前
個人
ディスプレイ・セットシステム
1か月前
株式会社mov
情報処理装置
1か月前
オムロン株式会社
操作制御システム
1か月前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
日本電気株式会社
勤務管理装置
11日前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
25日前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
12日前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
6日前
続きを見る