TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024025797
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-26
出願番号2023204079,2022121845
出願日2023-12-01,2019-02-15
発明の名称表示装置
出願人マクセル株式会社
代理人弁理士法人筒井国際特許事務所
主分類G02B 27/01 20060101AFI20240216BHJP(光学)
要約【課題】高解像度な映像情報を車両の運転者に向けて表示可能な表示装置を提供する。
【解決手段】表示装置は、映像光を出射する表示パネルと、前記表示パネルから出射された映像光に含まれる特定の偏波を吸収する偏光板と、を備え、前記表示パネルから出射され、前記特定の偏波が吸収された映像光を、車両のシールドガラスで反射させることで、前記表示パネルで生成した映像を虚像として前記車両の運転者へ向けて表示する。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
表示装置であって、
映像光を出射する表示パネルと、
前記表示パネルから出射された映像光に含まれる特定の偏波を吸収する偏光板と、を備え、
前記表示パネルから出射され、前記特定の偏波が吸収された映像光を、車両のシールドガラスで反射させることで、前記表示パネルで生成した映像を虚像として前記車両の運転者へ向けて表示する、
表示装置。
続きを表示(約 660 文字)【請求項2】
請求項1に記載の表示装置において、
前記車両の外部からの偏光波成分を吸収または反射する膜またはフィルムを有する保護カバーを備える、
表示装置。
【請求項3】
請求項2に記載の表示装置において、
前記保護カバーの前記膜または前記フィルムの光出射側に位相差板が配置されている、
表示装置。
【請求項4】
請求項1に記載の表示装置において、
前記表示パネルの光出射面に設けられ、外光の表面反射を低減する保護カバーを備える、
表示装置。
【請求項5】
請求項1に記載の表示装置において、
前記偏光板は、前記表示パネルと前記シールドガラスの間に配置されている、
表示装置。
【請求項6】
請求項1に記載の表示装置において、
前記偏光板は、前記表示パネルの両面に配置されている、
表示装置。
【請求項7】
請求項1に記載の表示装置において、
前記表示パネルと前記シールドガラスの間にリニアフレネルシートが配置されている、
表示装置。
【請求項8】
請求項1に記載の表示装置において、
前記シールドガラスは、ウインドウガラスである、
表示装置。
【請求項9】
請求項1に記載の表示装置において、
前記シールドガラスは、リアガラスまたはサイドガラスである、
表示装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、自動車や電車や航空機等(以下では、総称して「車両」と言う)のフロントガラスやリアガラスやサイドガラス等、または、コンバイナなどに映像光を投射して表示する車両情報表示装置に関し、特に、映像情報をフロントガラスやリアガラス等を介して反射または透過し、車両の内部または外部に対して一方向に表示することが可能な車両情報表示装置および車両用情報表示システムに関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
自動車のフロントガラスやコンバイナに映像光を投射して虚像を形成しルート情報や渋滞情報などの交通情報や燃料残量や冷却水温度等の自動車情報を表示する、いわゆる、ヘッドアップディスプレイ(HUD:Head-Up-Display)装置は、例えば、特許文献1などにより既に知られている。
【0003】
この種の情報表示装置においては、一般的に、運転者の視点の移動を低減することを目的として映像情報を虚像として監視可能とするため、映像表示装置に表示された映像を、凹面ミラー(凸レンズの作用)を含む光学系を用いて運転者の視点に投射するものが多く採用されている。
【0004】
また、この種の情報表示装置とは異なるが、一般に、スクリーンを備えた映像表示装置において利用されるスクリーンとして、バインダや微粒子を含む光拡散層を備えた透明スクリーンまたは反射型スクリーンは、既に以下の特許文献2および3により既に知られている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2015-194707号公報
特許第6133522号公報
特許第6199530号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上述した従来技術であるヘッドアップディスプレイ方式の車両情報表示装置では、運転者から車両外部の視界を妨げることのないよう、虚像であるAR(Augmented-Reality=拡張現実)情報を表示する。しかしながら、例えば、地図などの情報を表示する場合には、表示された地図情報が外部の視界の妨げとなってしまうことがある。また、かかる車両情報表示装置では、表示可能な領域を拡大することが望まれる一方、虚像が高解像度で視認性が高いことも要求されている。そのため、高品位な映像が容易に得られ、かつ、安価であることから、液晶表示素子(液晶表示パネル)が用いることが多いが、一方で、セットの小型化のためには、小型の液晶表示素子が用いられることから、得られる投射画像の解像度が不足し、例えばスマートフォンなどに表示される高解像度な映像を表示するには不向きであると言う新たな課題が明確になった。
【0007】
また、かかるヘッドアップディスプレイ方式の車両情報表示装置は、車両の外部に対して映像情報を表示することを目的とするものではない。そのため、車両の外部に対して映像情報を表示しようとする場合、車両の内部にディスプレイ等の映像表示装置等を搭載し、車両のガラス越しに当該映像情報を表示することが行われる。しかしながら、その場合、これらの映像表示装置が運転者の視界を妨害することとなり、安全運転上も好ましくない。
【0008】
なお、従来技術である特許文献2および3では、情報表示装置において利用されるバインダや微粒子を含む光拡散層を備えた反射型スクリーンまたは透明スクリーンが開示されているが、本発明が関わる車両における応用やそのための具体的な方法や形態や構成については何ら教示されていない。
【0009】
本発明は、従来のヘッドアップディスプレイ方式の車両情報表示装置に代え、車両のシールドガラスであるフロントガラス(更には、リアガラスやサイドガラス)を介して高解像度な映像情報が表示可能であって、その場合、表示された映像情報は、車両内部においては運転者を含む搭乗(同乗)者からは視認可能であるが、他方、車両の外部からは不可能であり、あるいは、車両の外部からは視認可能であるが、他方、車両の内部の搭乗(同乗)者からは不可能である、いわゆる、一方向性の表示が可能な車両情報表示装置を提供することを目的とする。更には、かかる車両情報表示装置を利用した車両用情報表示システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明では、上述した目的を達成するため、
表示装置であって、映像光を出射する表示パネルと、前記表示パネルから出射された映像光に含まれる特定の偏波を吸収する偏光板と、を備え、前記表示パネルから出射され、前記特定の偏波が吸収された映像光を、車両のシールドガラスで反射させることで、前記表示パネルで生成した映像を虚像として前記車両の運転者へ向けて表示する、表示装置が提供される。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
試験片固定具
4日前
個人
両眼光軸測定器
12日前
個人
メガネフレーム
4日前
東レ株式会社
積層フィルム
3日前
東レ株式会社
積層フィルム
3日前
三菱ケミカル株式会社
反射フィルム
3日前
日精テクノロジー株式会社
投射光学系
4日前
株式会社トプコン
変倍光学系及び眼科装置
11日前
日亜化学工業株式会社
発光モジュール
11日前
住友電気工業株式会社
スポットサイズ変換器
6日前
大阪瓦斯株式会社
放射冷却装置
3日前
株式会社タムロン
ズームレンズ及び撮像装置
3日前
住友化学株式会社
光学積層体
11日前
日東電工株式会社
積層体および画像表示装置
5日前
住友ベークライト株式会社
光学シート
10日前
日東電工株式会社
高分子分散型液晶フィルム
12日前
日本精機株式会社
ミラー及びヘッドアップディスプレイ装置
5日前
株式会社ディスコ
光学素子
3日前
日東電工株式会社
光学積層体
10日前
アイカ工業株式会社
抗ウイルス反射防止ハードコートフィルム
6日前
アルプスアルパイン株式会社
表示装置
10日前
キヤノン株式会社
レンズ装置、及び撮像装置
10日前
アルプスアルパイン株式会社
レンズホルダ駆動装置
11日前
TOPPANホールディングス株式会社
調光シート
11日前
TOPPANホールディングス株式会社
調光シート
11日前
アルプスアルパイン株式会社
レンズホルダ駆動装置
11日前
アルプスアルパイン株式会社
レンズホルダ駆動装置
11日前
大日本印刷株式会社
シート、およびシートの製造方法
11日前
富士フイルム株式会社
レンズ装置
11日前
富士フイルム株式会社
レンズ装置
11日前
富士通株式会社
光送信機、及びバイアス制御方法
10日前
矢崎総業株式会社
車両用表示装置
11日前
レーザーテック株式会社
ビームスプリッタ及び光学装置
3日前
住友ベークライト株式会社
検査装置および検査方法
10日前
イビデン株式会社
光導波路及び配線基板
5日前
ウシオ電機株式会社
紫外光照射装置
11日前
続きを見る