TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024025775
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-26
出願番号2023131713
出願日2023-08-11
発明の名称非接触生体認証決済装置および決済方法
出願人個人
代理人個人
主分類G06Q 20/40 20120101AFI20240216BHJP(計算;計数)
要約【課題】携帯端末が不要でなりすましを排除し、さらに決済口座の持ち主とは別の人物による決済が可能なとき、決済口座の持ち主が想定されていない決済を排除する決済装置を提供する。
【解決手段】
人の生体情報を検知情報として検知するセンサーと、決済すべき金額を含む金銭情報の表示および/または入力を行う入出力部と、前記検知情報は少なくとも複数の登録情報であって、該複数の登録情報の中には複数人の登録情報を含み、該複数人の登録情報は一つの決済口座用の口座と紐づいており、人の生体情報に関する情報である前記登録情報のいずれかに対応し、かつ設定された決済条件を満足する場合に、前記金銭情報に基づき前記決済すべき金額の決済を前記口座を介して行う前記口座を介して行う決済サーバに、前記検知情報と前記決済すべき金額を送信する通信部と、を含む決済端末が提供される。。
【選択図】図11
特許請求の範囲【請求項1】
人の生体情報を検知情報として検知するセンサーと、
決済すべき金額を含む金銭情報の表示および/または入力を行う入出力部と、
前記検知情報は少なくとも複数の登録情報であって、該複数の登録情報の中には複数人の登録情報を含み、該複数人の登録情報は一つの決済口座用の口座と紐づいており、人の生体情報に関する情報である前記登録情報のいずれかに対応し、かつ設定された決済条件を満足する場合に、前記金銭情報に基づき前記決済すべき金額の決済を前記口座を介して行う前記口座を介して行う決済サーバに、前記検知情報と前記決済すべき金額を送信する通信部と、
を含む決済端末。
続きを表示(約 810 文字)【請求項2】
前記決済条件は、前記決済端末のユーザとは別のユーザが前記決済サーバにアクセスして設定される、請求項1に記載の決済端末。
【請求項3】
前記決済条件は、前記決済端末のユーザとは別のユーザが保持する第二の決済端末であって、前記決済すべき金額を含む前記金銭情報の表示および/または入力に加えて、前記決済条件の表示および/または入力を行う入出力部を含む第二の決済端末から受け取る、請求項2に記載の決済端末。
【請求項4】
前記決済条件は、決済金額、決済金額の上限および/または下限、期間、場所、取引内容の少なくとも一つを含む、請求項2に記載の決済端末。
【請求項5】
前記生体情報は人の手のひらまたは人の指の静脈パターンないし/ならびに人の顔に関する特徴である、請求項1から4のいずれか一項に記載の決済端末。
【請求項6】
前記複数の登録情報は一人の異なる生体情報を含む、請求項1から4のいずれか一項に記載の決済端末。
【請求項7】
前記金銭情報は、ポイント、仮想通貨、法定通貨を含む、請求項1から4のいずれか一項に記載の決済端末。
【請求項8】
バス、タクシー、船舶、旅客用航空機を含む移動交通手段に設置される、請求項1から4のいずれか一項に記載の決済端末。
【請求項9】
前記通信部は、前記センサーからの前記検知情報と前記決済すべき金額に加えて前記承認者に関する承認者情報を受け、少なくとも複数の人の登録情報であって、それぞれはその人の生体情報に関する情報である前記登録情報のいずれかに対応するだけでなく、さらに承認者からの決済の承認を受けた場合に前記決済すべき金額の決済を行う決済サーバに、前記検知情報と前記決済すべき金額と前記承認者情報を送信する、請求項1から4のいずれか一項に記載の決済端末。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、非接触生体認証決済装置および決済方法に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
近年、携帯端末に格納される決済アプリケーションを利用して、店舗での購入商品の代金や電車やバスやタクシーなどの交通手段の運賃を金融機関の口座から引き落とすことで決済する決済方式が普及している。
【0003】
このような決済方式は、同一口座に対して複数の携帯端末を利用できる場合がある。例えば特許文献1に開示の方法では、口座名義人の主会員に対して、副会員を登録し、主会員だけでなく副会員も別々の携帯端末を利用して同一口座からの引き落としにより商品等を購入することができる。この方法では、主会員が使用する携帯端末には主会員用決済アプリケーションを実装し、副会員が使用する携帯端末には副会員用決済アプリケーションを実装する。そうすることにより、主会員だけでなく副会員も別々の携帯端末を利用して同一口座からの引き落としにより商品等を購入することができるだけでなく、副会員に対しては、決済内容を一時的に制限するなどして、例えば、主会員である親が副会員である子供の買い物に制限することも出来る。
【0004】
しかし、携帯端末やタブレット等の機械を利用する決済方法は、他者によるなりすましや、人は携帯端末やタブレット等の機械を常に持ち歩く必要があるなど、トラブルの要因になりかねない。すると、人は携帯端末やタブレット等の機械を常に持ち歩くために、何重のセーフティネットを張る必要性も発生し、必ずしも人が中心の機械化社会を実現するツールであるとは言い切れない。
【0005】
特許文献2には、電子マネーを利用した決済に際して、ICカードや携帯端末等の携帯を不要にする技術が開示されている。具体的には、少なくとも貨幣の入金機構がある第一の端末(チャージ機など)と、第1の端末に入金された入金額と紐付けられた識別情報を印刷したレシート形式等で出力可能な出力部(レシートプリンタなど)と、出力部で出力された識別情報を読み取る読み取り部を含む第2の端末(オートレジ、POSレジなど)を含むシステムであって、第2の端末は、読み取られた識別情報に紐付けられている金額以内の決済が可能であるシステムが開示されている。このようなシステムは、電子マネーの利用者は、第1の端末で現金をチャージし、出力部から出力された識別情報を受け取って、第2の端末の端末で決済をすればよいので、ICカードや携帯端末等の携帯が不要である。
【0006】
しかし、このような決済システムでは、他人によるなりすましを排除することが出来ない。さらに、クレジットカードの家族カードの利用など、決済口座の持ち主とは別の人物による決済が可能なとき、決済口座の持ち主が想定していない決済の可能性を排除することが出来ない。
【0007】
特許文献3には、生体認証を用いた入出金・決済システムは、入出金および決済を行う店舗であるPOSシステムに認証端末を接続し、このPOSシステムをネットワーク経由でデータベースを持つ決済装置に接続して構成され、認証端末はPOSシステムでの入出金および決済に際し、生体情報読取部により読み取りされた生体情報(指・掌静脈や網膜・指紋などの利用者を特定できる人体の持つ情報)を、データ変換部により個人コードにデータ変換し、暗号変換部にて暗号化し、通信部によりPOSシステムおよびネットワークを介して決済装置に送信し、決済装置は、ネットワークを介し通信部にて受信した暗号化された個人コードを、暗号変換部にて復号化し、データ照合部にてデータベース部と照合し、利用者である事の

定ができた場合は演算部にて入出金・決済処理の可否の判断および演算処理を行い、これにより、媒体レスでキャッシュレスの決済をおこなう事が可能になることが記載されている。特許文献4には、人の顔の情報に関する周知技術が開示されている。
【0008】
特許文献5には、生体情報を利用したキャッシュレス決済における支払方法がカード払いで、家族カードの機能を有する場合に、家族カードの機能は、クレジットカードによる支払方法を、本会員の家族も共通してい利用可能な機能であり、生体情報をかざすことにより、本会員のクレジットカードに支払方法を利用することが開示されている。
【0009】
しかし、このような構成では、人が携帯端末を持ち歩くことなく、しかも他者によるなりすましを排除し、さらに決済口座の持ち主とは別の人物による決済が可能なとき、きめ細かい、例えば一回一回の取引の取引条件を設定することで、決済口座の持ち主が想定されていない決済を排除することが出来ない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0010】
特開2022-52934号公報
特開2022-76364号公報
特開2007―304742号公報
特開2005-031968号公報
特開2021-189948号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
7日前
個人
自動販売機
14日前
個人
リユース統合システム
27日前
日本精機株式会社
投影装置
7日前
日本精機株式会社
投影システム
8日前
個人
情報処理装置及びプログラム
1か月前
個人
チラシ掲載位置表示システム
25日前
個人
モノづくり知識情報システム
1か月前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
14日前
株式会社SUBARU
車両
15日前
17LIVE株式会社
サーバ
7日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
20日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
18日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
6日前
株式会社イトーキ
分析装置
18日前
株式会社カネカ
異常推定システム
26日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
1か月前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
5日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
26日前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
27日前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
14日前
日本電気株式会社
勤務管理装置
13日前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
8日前
トヨタ自動車株式会社
サーバ装置
14日前
日本信号株式会社
所持物検査装置
12日前
NISSHA株式会社
指装着型コントローラー
13日前
日本電気株式会社
端末及び認証システム
8日前
日本信号株式会社
駐車場システム
21日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
5日前
NVデバイス株式会社
視線検出システム
26日前
個人
集配システムと保管システム
8日前
トヨタ自動車株式会社
燃料購入システム
5日前
富士通株式会社
プロセッサ
今日
個人
防災訓練オフ会
15日前
株式会社日立製作所
演算装置
27日前
原田産業株式会社
衣服の注文方法
29日前
続きを見る