TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024024500
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-22
出願番号2022127364
出願日2022-08-09
発明の名称映像記録装置
出願人トヨタ自動車株式会社
代理人弁理士法人太陽国際特許事務所
主分類G07C 5/00 20060101AFI20240215BHJP(チェック装置)
要約【課題】運転者の運転動作に悪影響を及ぼさないタイミングで携帯端末へ映像を転送することを可能とする。
【解決手段】映像記録装置16は、カメラ12によって撮像された自車両の周囲の映像を記憶部22に記録させると共に、自車両が停止状態で、かつ自車両のパーキングブレーキがオン(作動)、自車両の変速機のシフト位置がPレンジ、自車両のパワースイッチ44がオフ、の何れかの条件が成立した場合に、映像の転送を提案する情報を表示部50によって出力させ、映像の転送を許可する情報が入力部52を介して入力された場合に、スマートフォン56と無線接続して記憶部22に記録された未転送の映像をスマートフォン56へ転送する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
撮像部によって撮像された自車両の周囲の映像を記録部に記録させると共に、自車両が停止状態で、かつパーキングブレーキがオン、シフト位置がPレンジ、車両の起動スイッチがオフ、の何れかの条件が成立した場合に、映像の転送を提案する情報を出力部によって出力させ、映像の転送を許可する情報が入力部を介して入力された場合に、携帯端末と無線接続して前記記録部に記録された未転送の映像を携帯端末へ転送する制御部を含む映像記録装置。
続きを表示(約 290 文字)【請求項2】
前記制御部は、自車両が停止状態で、かつパーキングブレーキがオン、シフト位置がPレンジ、車両の起動スイッチがオフ、の何れかの条件が成立し、かつ自車両が予め定められた場所に位置している場合に、映像の転送を提案する情報を出力部によって出力させる請求項1記載の映像記録装置。
【請求項3】
前記制御部は、自車両が停止状態で、かつパーキングブレーキがオン、シフト位置がPレンジ、車両の起動スイッチがオフ、の何れかの条件が成立し、かつ自車両の停車位置が道路外である場合に、映像の転送を提案する情報を出力部によって出力させる請求項1記載の映像記録装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は映像記録装置に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、画像データ生成部で画像データを生成し、記録部に画像データを記録するドライブレコーダと、記録部に記録された画像データを無線でセンタ端末に送信する送受信部と、を有するデータ送信システムが記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2009-020877号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載の技術は、サーバの構築および維持、映像(画像)の送信のための通信費にコストが掛かる。そこで映像の送信先を、スマートフォンなどの携帯端末へ切り替えることが考えられる。しかし、映像記録装置(ドライブレコーダ)が携帯端末と無線接続されていない場合、映像転送のために無線接続を行う必要があるが、運転者の運転中は運転者が無線接続を許可する操作を行うことができない。このため、適切なタイミングで映像を転送できないために、記録された映像が消失してしまう虞がある。
【0005】
本開示は上記事実を考慮して成されたもので、運転者の運転動作に悪影響を及ぼさないタイミングで携帯端末へ映像を転送することが可能な映像記録装置を得ることが目的である。
【課題を解決するための手段】
【0006】
第1の態様に係る映像記録装置は、撮像部によって撮像された自車両の周囲の映像を記録部に記録させると共に、自車両が停止状態で、かつパーキングブレーキがオン、シフト位置がPレンジ、車両の起動スイッチがオフ、の何れかの条件が成立した場合に、映像の転送を提案する情報を出力部によって出力させ、映像の転送を許可する情報が入力部を介して入力された場合に、携帯端末と無線接続して前記記録部に記録された未転送の映像を携帯端末へ転送する制御部を含んでいる。
【0007】
第1の態様では、運転者の運転動作が行われていないと推定される状況、すなわち、自車両が停止状態で、かつパーキングブレーキがオン、シフト位置がPレンジ、車両の起動スイッチがオフ、の何れかの条件が成立した場合に、映像の転送を提案する情報を出力させる。そして、映像の転送を許可する情報が入力された場合に、携帯端末と無線接続して前記記録部に記録された未転送の映像を携帯端末へ転送する。これにより、運転者の運転動作に悪影響を及ぼさないタイミングで携帯端末へ映像を転送することが可能となる。
【0008】
第2の態様は、第1の態様において、前記制御部は、自車両が停止状態で、かつパーキングブレーキがオン、シフト位置がPレンジ、車両の起動スイッチがオフ、の何れかの条件が成立し、かつ自車両が予め定められた場所に位置している場合に、映像の転送を提案する情報を出力部によって出力させる。
【0009】
第2の態様では、自車両が停止状態で、かつパーキングブレーキがオン、シフト位置がPレンジ、車両の起動スイッチがオフ、の何れかの条件が成立し、さらに自車両が予め定められた場所に位置している場合に、映像の転送を提案する情報を出力させる。これにより、運転者の運転動作に悪影響を及ぼさないタイミングで携帯端末へ映像を転送することをより確実に行うことが可能となる。
【0010】
第3の態様は、第1の態様において、前記制御部は、自車両が停止状態で、かつパーキングブレーキがオン、シフト位置がPレンジ、車両の起動スイッチがオフ、の何れかの条件が成立し、かつ自車両の停車位置が道路外である場合に、映像の転送を提案する情報を出力部によって出力させる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社寺岡精工
情報端末
1か月前
沖電気工業株式会社
紙幣処理装置
1か月前
株式会社寺岡精工
システム
1か月前
株式会社寺岡精工
会計装置
14日前
富士電機株式会社
自動販売機
23日前
株式会社ブイシンク
商品提供処理装置
16日前
日本金銭機械株式会社
硬貨処理装置
13日前
日本金銭機械株式会社
硬貨処理装置
13日前
沖電気工業株式会社
媒体処理装置
21日前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置
1か月前
株式会社寺岡精工
精算装置及びプログラム
1か月前
エーエルシー株式会社
自動販売機のリユース方法
1か月前
株式会社日立製作所
入場管理システム
1日前
株式会社バンダイ
物品供給装置及び物品供給装置セット
1か月前
株式会社寺岡精工
情報通信端末、プログラム
1か月前
沖電気工業株式会社
媒体処理装置及び自動取引装置
7日前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置及び自動取引装置
1か月前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置及び貨幣取扱装置
21日前
株式会社寺岡精工
システム及び情報処理装置
13日前
株式会社ブイシンク
商品提供システム及び商品提供方法
16日前
富士電機株式会社
金銭処理機
1か月前
カシオ計算機株式会社
収納装置
1か月前
富士電機株式会社
金属検知用アンテナおよび硬貨処理装置
2か月前
株式会社ジェッター
紙幣搬送システム
1か月前
株式会社ビジュアルジャパン
商品管理システム
8日前
沖電気工業株式会社
媒体取引装置および制御方法
1か月前
株式会社寺岡精工
物品供給装置
1か月前
株式会社寺岡精工
精算装置、システム、及びプログラム
1か月前
東芝テック株式会社
決済処理装置及び決済処理プログラム
1か月前
高速道路トールテクノロジー株式会社
シート出力口カバー
16日前
トヨタ自動車株式会社
車両衝突判定装置
1か月前
株式会社ユピテル
システム
1か月前
ブラザー工業株式会社
商品識別システム、商品識別装置、プログラム
23日前
ブラザー工業株式会社
商品識別システム、商品識別装置、プログラム
23日前
株式会社ユピテル
車載機器
22日前
日本金銭機械株式会社
紙葉処理装置、及び紙葉処理方法
2か月前
続きを見る