TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024024447
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-22
出願番号2022127275
出願日2022-08-09
発明の名称レンズ鏡筒
出願人株式会社シグマ
代理人
主分類G02B 7/02 20210101AFI20240215BHJP(光学)
要約【課題】シフト調芯とティルト調芯の調芯作業とレンズ間隔の調整作業とを両立させると共に配置を工夫することで調芯作業や調整作業における作業性が優れ、かつ製品外径の増大を抑えたレンズ鏡筒を提供すること
【解決手段】レンズを保持するレンズ保持部材と、前記レンズ保持部材を固定するベース部材と、前記レンズ保持部材と前記ベース部材との位置関係を調整する調整部材と、
を有するレンズ鏡筒であって、前記調整部材は、前記レンズの光軸と直交する方向に調整可能な第1調整部と、前記光軸に沿った方向に調整可能な第2調整部と、を有することを特徴とするレンズ鏡筒
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
レンズを保持するレンズ保持部材と、
前記レンズ保持部材を固定するベース部材と、
前記レンズ保持部材と前記ベース部材との位置関係を調整する調整部材と、
を有するレンズ鏡筒であって、
前記調整部材は、
前記レンズの光軸と直交する方向に調整可能な第1調整部と、
前記光軸に沿った方向に調整可能な第2調整部と、
を有することを特徴とするレンズ鏡筒
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
前記第1調整部は偏芯コロであり、
前記第2調整部は調整ワッシャーであることを特徴とする請求項1に記載のレンズ鏡筒
【請求項3】
前記調整部材は、
前記ベース部材の外周上に少なくとも3箇所設けられていることを特徴とする請求項1に記載のレンズ鏡筒
【請求項4】
前記第1調整部と前記第2調整部を調整する際、前記光軸と直交する方向から治具が挿入可能であることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のレンズ鏡筒
【請求項5】
前記ベース部材は、
前記偏芯コロが挿通される嵌合部を有し、
前記嵌合部は前記偏芯コロの偏芯量と前記調整ワッシャー量とを合わせた長孔形状であることを特徴とする請求項2に記載のレンズ鏡筒

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、複数のレンズから構成されるレンズ鏡筒について、光学性能を調整する調芯機構を有するレンズ鏡筒に関するものである。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
近年、撮像装置は高性能化、小型化が要求されている。一例として、撮像装置にはより高解像な画像が得られる撮像素子が採用されるようになった。その結果、このような撮像素子と組み合わせて用いられるレンズ鏡筒に要求される光学性能も撮像素子の性能に併せて高くなってきている。
【0003】
レンズ鏡筒は、1枚乃至複数枚のレンズからなるレンズ鏡室を複数有している。このようなレンズ鏡筒を組み立てるに際して、レンズ鏡室をレンズ鏡筒へ組み付けるだけでは、組み上がったレンズ鏡筒は、設計値通りの光学性能を得ることができない。なぜなら、レンズ鏡室などレンズ鏡筒を構成する各部材の製造時に誤差が生じることにより、各レンズ鏡室間の位置関係にずれが生じ、結果として解像に悪影響が及んでいる。
【0004】
そこで、レンズ鏡筒の製造工程には、レンズ鏡筒の製造上の誤差による光学性能の低下を抑制するための調整工程が設けられている。
【0005】
調整工程では、MTF測定器にレンズ鏡筒を取り付け、レンズを介した結像を観察しながらレンズ鏡筒内に保持されるレンズ鏡室の位置を調整し、レンズ性能を発揮するのに最適なレンズ鏡室の位置となったところで、レンズ鏡筒とレンズ鏡室の係合部に接着剤などを塗布などして固定する。
【0006】
特許文献1には、レンズを光軸に垂直な面上を移動させるシフト調芯と光軸に垂直な面を物体側又は像側へ移動させるティルト調芯させるレンズ鏡筒が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特許4817876号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
しかしながら、特許文献1に記載のレンズ鏡筒は、シフト調芯とティルト調芯と共にレンズ群又はレンズ群内でのレンズ間隔を調整するレンズ間隔調整を行うことが出来ないという課題を有する。
【0009】
本発明はこのような状況に鑑みてなされたものであり、シフト調芯とティルト調芯の調芯作業とレンズ間隔の調整作業とを両立させると共に配置を工夫することで調芯作業や調整作業における作業性が優れ、かつ製品外径の増大を抑えたレンズ鏡筒を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
上記課題を解決するための手段である第1の発明は、レンズを保持するレンズ保持部材と、前記レンズ保持部材を固定するベース部材と、前記レンズ保持部材と前記ベース部材との位置関係を調整する調整部材と、を有するレンズ鏡筒であって、前記調整部材は、前記レンズの光軸と直交する方向に調整可能な第1調整部と、前記光軸に沿った方向に調整可能な第2調整部と、を有することを特徴とするレンズ鏡筒
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
試験片固定具
7日前
個人
メガネフレーム
7日前
個人
両眼光軸測定器
15日前
東レ株式会社
積層フィルム
6日前
東レ株式会社
積層フィルム
6日前
個人
メガネ貼付用マスクフック
21日前
東レ株式会社
多層積層フィルム
19日前
三菱ケミカル株式会社
反射フィルム
6日前
個人
ヒンジレス一体フレームメガネ
1日前
日精テクノロジー株式会社
投射光学系
7日前
日本製紙株式会社
ハードコートフィルム
16日前
株式会社トプコン
変倍光学系及び眼科装置
14日前
日本精機株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置
15日前
株式会社トプコン
光源装置及び眼科撮影装置
15日前
住友電気工業株式会社
スポットサイズ変換器
9日前
日亜化学工業株式会社
発光モジュール
14日前
大阪瓦斯株式会社
放射冷却装置
6日前
株式会社エニックス
着脱式跳ね上げ眼鏡
16日前
富士通株式会社
波長変換器および光伝送システム
21日前
富士通株式会社
波長変換装置及び光伝送システム
21日前
株式会社タムロン
ズームレンズ及び撮像装置
6日前
株式会社小糸製作所
画像投影装置
19日前
日東電工株式会社
積層体および画像表示装置
8日前
住友ベークライト株式会社
光学シート
13日前
住友化学株式会社
光学積層体
14日前
日東電工株式会社
高分子分散型液晶フィルム
15日前
日本精機株式会社
ミラー及びヘッドアップディスプレイ装置
8日前
株式会社ディスコ
光学素子
6日前
フェニックス電機株式会社
露光装置、および露光方法
16日前
アイカ工業株式会社
抗ウイルス反射防止ハードコートフィルム
9日前
日東電工株式会社
光学積層体
13日前
TOPPANホールディングス株式会社
調光シート
14日前
TOPPANホールディングス株式会社
調光シート
14日前
キヤノン株式会社
レンズ装置、及び撮像装置
13日前
アルプスアルパイン株式会社
レンズホルダ駆動装置
14日前
アルプスアルパイン株式会社
レンズホルダ駆動装置
14日前
続きを見る