TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024024321
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-22
出願番号2022127085
出願日2022-08-09
発明の名称ズームレンズおよび撮像装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G02B 15/20 20060101AFI20240215BHJP(光学)
要約【課題】例えば、広画角、高ズーム比、小型、高い光学性能の点で有利なズームレンズを提供する。
【解決手段】ズームレンズ(1a)は、物体側から像側へ順に、ズーミングのためには移動しない正の屈折力の第1レンズ群(L1)と、ズーミングのために移動する少なくとも3つのレンズ群(L2、L3、L4)を有する中間群と、正の屈折力の後レンズ群(L5)とを有し、第1レンズ群は、フォーカシングのためには移動しない負の屈折力の第1サブレンズ群(L11)と、フォーカシングのために移動する正の屈折力の第2サブレンズ群(L12)と、正の屈折力の第3サブレンズ群(L13)とを有し、無限遠合焦での第1レンズ群の焦点距離f1、第1レンズ群の光軸上の厚みLD1、広角端での像面から射出瞳までの距離をPOw、広角端および望遠端それぞれでのズームレンズの焦点距離fw、ftは、所定の条件式を満足する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
複数のレンズ群と開口絞りとを含むズームレンズであって、
前記複数のレンズ群は、物体側から像側へ順に、ズーミングのためには移動しない正の屈折力の第1レンズ群と、ズーミングのために移動する少なくとも3つのレンズ群を有する中間群と、正の屈折力の後レンズ群とからなり、
ズーミングのために、隣り合うレンズ群の各組の間隔は変化し、
前記開口絞りは、前記中間群よりも像側に配置され、
前記第1レンズ群は、物体側から像側へ順に、フォーカシングのためには移動しない負の屈折力の第1サブレンズ群と、フォーカシングのために移動する正の屈折力の第2サブレンズ群と、正の屈折力の第3サブレンズ群とを有し、
無限遠合焦での前記第1レンズ群の焦点距離をf1、無限遠合焦での前記第1レンズ群の光軸上の厚みをLD1、広角端での像面から射出瞳までの距離をPOw、広角端での前記ズームレンズの焦点距離をfw、望遠端での前記ズームレンズの焦点距離をftとして、
1.50≦LD1/f1≦3.30
-25.0≦POw/fw≦-8.0
7.1≦ft/fw≦13.0
なる条件式を満足することを特徴とするズームレンズ。
続きを表示(約 1,500 文字)【請求項2】
複数のレンズ群と開口絞りとを含むズームレンズであって、
前記複数のレンズ群は、物体側から像側へ順に、ズーミングのためには移動しない正の屈折力の第1レンズ群と、ズーミングのために移動する少なくとも3つのレンズ群を有する中間群と、正の屈折力の後レンズ群とからなり、
ズーミングのために、隣り合うレンズ群の各組の間隔は変化し、
前記開口絞りは、前記中間群よりも像側に配置され、
前記第1レンズ群は、物体側から像側へ順に、フォーカシングのためには移動しない負の屈折力の第1サブレンズ群と、フォーカシングのために移動する正の屈折力の第2サブレンズ群と、正の屈折力の第3サブレンズ群とを有し、
無限遠合焦での前記第1レンズ群の焦点距離をf1、無限遠合焦での前記第1レンズ群の光軸上の厚みをLD1、広角端での前記ズームレンズの半画角をωw(度)、広角端での前記ズームレンズの焦点距離をfw、望遠端での前記ズームレンズの焦点距離をftとして、
1.50≦LD1/f1≦3.30
41.00≦ωw≦50.00
7.1≦ft/fw≦13.0
なる条件式を満足することを特徴とするズームレンズ。
【請求項3】
前記第1レンズ群は、最も物体側に配置された負の屈折力のレンズG1を有し、
前記レンズG1の焦点距離をfG1として、
-5.50≦fG1/fw≦-1.60
なる条件式を満足することを特徴とする請求項1または2に記載のズームレンズ。
【請求項4】
前記第1レンズ群の最も像側に配置されたレンズの像側の面から前記第1レンズ群の後側主点までの光軸上の距離をbok1として、
1.70≦(f1+bok1)/f1≦2.20
なる条件式を満足することを特徴とする請求項1または2に記載のズームレンズ。
【請求項5】
前記第3サブレンズ群は、最も像側に配置された正の屈折力のレンズG1Lpを有し、
前記レンズG1Lpの焦点距離をfG1Lpとして、
2.50≦fGLp/fw≦8.00
なる条件式を満足することを特徴とする請求項1または2に記載のズームレンズ。
【請求項6】
前記第1レンズ群は、最も物体側に配置された負の屈折力のレンズG1を有し、
前記レンズG1の焦点距離をfG1として、
-2.10≦fG1/f1≦-0.80
なる条件式を満足することを特徴とする請求項1または2に記載のズームレンズ。
【請求項7】
前記第1サブレンズ群の焦点距離をf1aとして、
-1.50≦f1a/f1≦-0.75
なる条件式を満足することを特徴とする請求項1または2に記載のズームレンズ。
【請求項8】
前記第2サブレンズ群の焦点距離をf1bとして、
2.00≦f1b/f1≦4.40
なる条件式を満足することを特徴とする請求項1または2に記載のズームレンズ。
【請求項9】
前記第3サブレンズ群の焦点距離をf1cとして、
1.30≦f1c/f1≦1.85
なる条件式を満足することを特徴とする請求項1または2に記載のズームレンズ。
【請求項10】
前記第1サブレンズ群の焦点距離をf1a、前記第3サブレンズ群の焦点距離をf1cとして、
-1.00≦f1a/LD1≦-0.30
0.40≦f1c/LD1≦1.00
なる条件式を満足することを特徴とする請求項1または2に記載のズームレンズ。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明はズームレンズおよび撮像装置に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
撮像装置に用いられるズームレンズは、広画角、高ズーム比、小型、高い光学性能であることが要求される。特許文献1には、物体側から像順へ順に、変倍のためには移動しない正の屈折力の第1レンズ群、変倍のために移動する複数の移動レンズ群、変倍のためには移動しない正の屈折力の後レンズ群からなるズームレンズが開示されている。第1レンズ群は、負の屈折力の第1サブレンズ群、正の屈折力の第2サブレンズ群、正の屈折力の第3サブレンズ群からなり、第2サブレンズ群が合焦のために移動する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2017-203912号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に開示されたズームレンズは、画角またはズーム比に対して第1レンズ群の径が大きく、小型の点では不利である。
【0005】
本発明は、例えば、広画角、高ズーム比、小型、高い光学性能の点で有利なズームレンズを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の一側面としてのズームレンズは、複数のレンズ群と開口絞りとを含むズームレンズであって、前記複数のレンズ群は、物体側から像側へ順に、ズーミングのためには移動しない正の屈折力の第1レンズ群と、ズーミングのために移動する少なくとも3つのレンズ群を有する中間群と、正の屈折力の後レンズ群とからなり、ズーミングのために、隣り合うレンズ群の各組の間隔は変化し、前記開口絞りは、前記中間群よりも像側に配置され、前記第1レンズ群は、物体側から像側へ順に、フォーカシングのためには移動しない負の屈折力の第1サブレンズ群と、フォーカシングのために移動する正の屈折力の第2サブレンズ群と、正の屈折力の第3サブレンズ群とを有し、無限遠合焦での前記第1レンズ群の焦点距離をf1、無限遠合焦での前記第1レンズ群の光軸上の厚みをLD1、広角端での像面から射出瞳までの距離をPOw、広角端での前記ズームレンズの焦点距離をfw、望遠端での前記ズームレンズの焦点距離をftとして、
1.50≦LD1/f1≦3.30
-25.0≦POw/fw≦-8.0
7.1≦ft/fw≦13.0
なる条件式を満足する。
【0007】
本発明の他の目的及び特徴は、以下の実施例において説明される。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、例えば、広画角、高ズーム比、小型、高い光学性能の点で有利なズームレンズを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
実施例1におけるズームレンズの断面図である。
実施例1におけるズームレンズの収差図である。
実施例2におけるズームレンズの断面図である。
実施例2におけるズームレンズの収差図である。
実施例3におけるズームレンズの断面図である。
実施例3におけるズームレンズの収差図である。
実施例4におけるズームレンズの断面図である。
実施例4におけるズームレンズの収差図である。
実施例5におけるズームレンズの断面図である。
実施例5におけるズームレンズの収差図である。
実施例6におけるズームレンズの断面図である。
実施例6におけるズームレンズの収差図である。
実施例7におけるズームレンズの断面図である。
実施例7におけるズームレンズの収差図である。
実施例8におけるズームレンズの断面図である。
実施例8におけるズームレンズの収差図である。
実施例9におけるズームレンズの断面図である。
実施例9におけるズームレンズの収差図である。
各実施例におけるズームレンズを備えた撮像装置の構成図である。
光学材料におけるアッベ数νと部分分散比θとの関係を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、本発明の実施例について、図面を参照しながら詳細に説明する。各図において、同一の部材については同一の参照符号を付し、重複する説明は省略する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許