TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024024274
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-22
出願番号2022127000
出願日2022-08-09
発明の名称電源装置
出願人株式会社ダイフク
代理人弁理士法人R&C
主分類B60L 9/00 20190101AFI20240215BHJP(車両一般)
要約【課題】移動体の移動経路に沿って配置された給電線から電力を受け取って移動体の電気的負荷に電力を供給すると共に、給電線から電力を受け取れない場合には外部電源から電気的負荷に適切に電力を供給できる電源装置を提供する。
【解決手段】移動体30に搭載された電源装置1は、移動体30の移動経路に沿って配置された給電線に流れる交流電流により誘導起電力を生じさせるピックアップコイル40と、交流電力を直流電力に変換する受電回路4と、受電回路4の出力側に接続されたキャパシタ5と、受電回路4及びキャパシタ5と電気的負荷LDとの間に設けられたサーキットプロテクタCP1と、サーキットプロテクタCP1と電気的負荷LDとの間の第1ノードN1に直流の外部電源6を接続可能に設けられた外部電源コネクタ7とを備える。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
移動体に搭載され、前記移動体の移動経路に沿って配置された給電線から非接触で電力の供給を受け、前記移動体の電気的負荷に電力を供給する電源装置であって、
前記給電線に流れる交流電流により誘導起電力を生じさせるピックアップコイルと、
前記ピックアップコイルで受電した交流電力を直流電力に変換する受電回路と、
前記受電回路の出力側の正負両極間に接続されたキャパシタと、
前記受電回路及び前記キャパシタと前記電気的負荷との間に設けられたサーキットプロテクタと、
前記サーキットプロテクタと前記電気的負荷との間の第1ノードに直流の外部電源を接続可能に設けられた外部電源コネクタと、を備えた電源装置。
続きを表示(約 410 文字)【請求項2】
前記第1ノードと、前記外部電源の内部回路との間に前記サーキットプロテクタとは異なる第2のサーキットプロテクタをさらに備える、請求項1に記載の電源装置。
【請求項3】
前記第1ノードと前記電気的負荷との間に、前記移動体の制御装置により制御され、前記第1ノードと前記電気的負荷との間の電気的接続を遮断可能な電磁スイッチが接続されている、請求項1又は2に記載の電源装置。
【請求項4】
前記移動経路は、建物の天井に吊り下げられたレールにより構成され、
前記移動体は、前記レールに沿って移動して物品を搬送する天井搬送車であり、
前記移動経路の特定箇所に、前記移動経路から前記移動体を取り外すための昇降装置が設けられ、
前記外部電源は、前記移動体が前記昇降装置から取り外された場合に、前記外部電源コネクタに接続される、請求項1又は2に記載の電源装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、移動体に搭載され、移動体の移動経路に沿って配置された給電線から非接触で電力の供給を受けて移動体の電気的負荷に電力を供給する電源装置に関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
特許第6586939号公報には、上記のような移動体の一例である天井搬送車(5)が開示されている(背景技術において括弧内の符号は参照する文献のもの。)。この天井搬送車(5)は、建物の天井に吊り下げられたレールにより構成された移動経路に沿って物品を搬送する。天井搬送車(5)の保守や修理等のメンテナンスの際には、メンテナンス用のリフタ(2)を使って、天井搬送車(5)が地上側に下ろされる。この時、天井搬送車(5)は、移動経路であるレール(4)から離間する。給電線は、レール(4)に沿って配置されているため、メンテナンスのために天井搬送車(5)が移動経路から離間した場合、給電線からも離間することになり、給電線からの電力の供給を受けることができなくなる。つまり、多くの場合、移動体の移動経路に沿って配置された給電線から非接触で電力の供給を受ける移動体は、メンテナンス時には、移動体が移動経路から離間させられるため、給電線を介して電力の供給を受けることが困難となる。
【0003】
特開2022-3858号公報には、給電線から非接触で電力の供給を受ける受電部(4)の一例が開示されている。この受電部(4)は、交流電力が伝送される給電線(11)から電磁誘導によって電力を受け取るピックアップコイル(40)と、ピックアップコイル(40)に誘導された交流を整流する全波整流回路(43)とを備えている。また、全波整流回路(43)により整流された直流に残留する脈動成分を平滑化すること、モータ(14)等の電気的負荷を動作させた場合の負荷変動により生じる変動を抑制すること、などを目的として、受電部(4)と電気的負荷との間には出力キャパシタ(8)が設けられている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特許第6586939号公報
特開2022-3858号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上述したような移動体のメンテナンス時において、給電線を介して電力の供給を受けられなくなった場合には、例えば外部電源から移動体に電力が供給される。外部電源を移動体に接続する際には、移動体の出力キャパシタの残存電荷が多いと接点となるコネクタ等に急激に大きな電流が流れるおそれがある。このため、外部電源の接続をする前に、出力キャパシタの残存電荷を予め放電させることが好ましい。しかし、メンテナンスの都度、そのような放電処理を行うと、メンテナンス作業の効率が低下する。
【0006】
上記背景に鑑みて、移動体の移動経路に沿って配置された給電線から電力を受け取って移動体の電気的負荷に電力を供給すると共に、給電線から電力を受け取れない場合には外部電源から電気的負荷に適切に電力を供給できる電源装置の提供が望まれる。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題に鑑みた電源装置は、移動体に搭載され、前記移動体の移動経路に沿って配置された給電線から非接触で電力の供給を受け、前記移動体の電気的負荷に電力を供給する電源装置であって、前記給電線に流れる交流電流により誘導起電力を生じさせるピックアップコイルと、前記ピックアップコイルで受電した交流電力を直流電力に変換する受電回路と、前記受電回路の出力側の正負両極間に接続されたキャパシタと、前記受電回路及び前記キャパシタと前記電気的負荷との間に設けられたサーキットプロテクタと、前記サーキットプロテクタと前記電気的負荷との間の第1ノードに直流の外部電源を接続可能に設けられた外部電源コネクタとを備える。
【0008】
本構成によれば、外部電源コネクタがキャパシタに対してサーキットプロテクタを挟んで電気的負荷の側に設けられているため、例えばサーキットプロテクタにより受電回路と電気的負荷との間の電気的接続を遮断してからであれば、キャパシタの残留電荷を放電することなく、外部電源コネクタに外部電源を接続しても、キャパシタから外部電源に大きな電流が流れ込むことを抑制することができる。保守や修理等のために移動体に外部電源を接続する際に、キャパシタの残存電荷を放電させる放電処理を行わなくとも、移動体に外部電源を接続する作業の安全性を保つことができるため、作業効率を高めることができる。このように、本構成によれば、移動体の移動経路に沿って配置された給電線から電力を受け取って移動体の電気的負荷に電力を供給すると共に、給電線から電力を受け取れない場合には外部電源から電気的負荷に適切に電力を供給できる電源装置を提供することができる。
【0009】
電源装置のさらなる特徴と利点は、図面を参照して説明する例示的且つ非限定的な実施形態についての以下の記載から明確となる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
物品搬送設備の一例を示す平面図
物品搬送車の一例を示す正面図
受電回路の一例を模式的に示す回路ブロック図
メンテナンスリフタの一例を示す側面図
電源装置の一例を示すブロック図
比較例の電源装置の一例を示すブロック図
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ダイフク
搬送車
13日前
株式会社ダイフク
押圧装置
4日前
株式会社ダイフク
連結構造
5日前
株式会社ダイフク
荷卸し装置
14日前
株式会社ダイフク
姿勢調整装置
11日前
株式会社ダイフク
姿勢調整装置
11日前
株式会社ダイフク
移載システム
12日前
株式会社ダイフク
取付工具および取付方法
12日前
株式会社ダイフク
移載システムおよび移載設備
4日前
株式会社ダイフク
搬送装置および搬送装置の制御方法
6日前
株式会社ダイフク
移載システム、移載設備および仕切材
4日前
株式会社ダイフク
移載システム、並びにその制御方法および制御プログラム
4日前
個人
スーパーEV
1か月前
個人
揺動照射照明装置
3か月前
株式会社コーワ
清掃装置
2か月前
個人
自動車暴走抑制装置
4日前
日本精機株式会社
表示装置
3か月前
日本精機株式会社
表示装置
3か月前
日本精機株式会社
表示装置
2か月前
東レ株式会社
フロントグリル
4日前
株式会社リアル
荷物台
3か月前
個人
ワイパーアームリフト装置
3か月前
個人
断熱構造体とその製造方法
2か月前
日本精機株式会社
表示システム
3か月前
株式会社SUBARU
車両
2か月前
オクト産業株式会社
自動車
27日前
トヨタ自動車株式会社
車両
24日前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
株式会社SUBARU
車両
3か月前
井関農機株式会社
作業車両
20日前
井関農機株式会社
作業車両
20日前
井関農機株式会社
作業車両
1か月前
株式会社SUBARU
車両
14日前
株式会社SUBARU
車両
14日前
株式会社SUBARU
車両
14日前
井関農機株式会社
作業車両
2か月前
続きを見る