TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024022514
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-16
出願番号2023122437
出願日2023-07-27
発明の名称炭酸リチウム粉末
出願人住友金属鉱山株式会社
代理人個人,個人
主分類C01D 15/08 20060101AFI20240208BHJP(無機化学)
要約【課題】高い供給性により粉体材料の製造における生産性を向上させることが可能な炭酸リチウム粉末を提供する。
【解決手段】レーザー回折散乱粒度分布測定による、体積基準の90%積算粒径であるD90が9μm以上であり、比表面積が1.0m2/g超であり、圧縮率が50%未満である、炭酸リチウム粉末。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
レーザー回折散乱粒度分布測定による、体積基準の90%積算粒径であるD90が9μm以上であり、比表面積が1.0m

/g超であり、圧縮率が50%未満である、炭酸リチウム粉末。
続きを表示(約 320 文字)【請求項2】
レーザー回折散乱粒度分布測定による、体積基準の50%積算粒径であるD50が3μm以上9μm未満である、請求項1に記載の炭酸リチウム粉末。
【請求項3】
レーザー回折散乱粒度分布測定による、体積基準の10%積算粒径であるD10が1μm以上3μm未満である、請求項1または請求項2に記載の炭酸リチウム粉末。
【請求項4】
カールフィッシャー法による120℃における水分率が0.5質量%以下である、請求項1または請求項2に記載の炭酸リチウム粉末。
【請求項5】
前記炭酸リチウム粉末は、リチウム金属複合酸化物の原料粉末である、請求項1または請求項2に記載の炭酸リチウム粉末。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、炭酸リチウム粉末に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
炭酸リチウム粉末は、工業原料として様々な分野に用いられている。炭酸リチウム粉末は、セラミックスなどの粉体材料の原料粉末として用いられている。例えば、携帯電話やノート型パソコンなどの電源として用いられるリチウムイオン二次電池において、炭酸リチウムと金属複合化合物から製造されるリチウム金属複合酸化物が、正極材料として用いられている。
【0003】
特許文献1には、重量平均粒径が1~20μm及び比表面積が2~200m

/gであるオキシ水酸化コバルト粉末と、重量平均粒径が1~50μm及び比表面積が0.1~10m

/gである炭酸リチウム粉末とを混合し、該混合物を酸素含有雰囲気で焼成してなる、リチウム二次電池用六方晶系リチウムコバルト複合酸化物の製造方法が開示されている。
【0004】
特許文献2には、NiおよびCoのいずれか一方または両方と、Mnと、Liとを含み、Liのモル量がNi、CoおよびMnの総モル量に対して1.2倍超である複合酸化物(I)を含むリチウムイオン二次電池用正極活物質の製造方法であって、水を分散媒としてレーザー回折・散乱式粒度分布測定装置で測定される体積基準のD50径が3~15μmであり、D90径が40μm未満であり、NiおよびCoのいずれか一方または両方とMnとを含む炭酸化合物と、2-プロパノールを分散媒としてレーザー回折・散乱式粒度分布測定装置で測定される体積基準のD50径が3~15μmであり、D90径が40μm未満である炭酸リチウムとの混合物を、焼成するリチウムイオン二次電池用正極活物質の製造方法が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2003-002661号公報
特開2015-135800号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1で得られる六方晶系リチウムコバルト複合酸化物は、リチウム二次電池用の正極活物質に用いることにより、広い電圧範囲での使用を可能とし、重量容量密度、体積容量密度などの大きな電気容量、優れた高温での貯蔵安定性、充放電サイクル耐久性及び安全性などの特性が得られるとされている。
【0007】
特許文献2では、リチウムイオン二次電池の初期の放電容量および初期の充放電効率を向上できる正極活物質を製造できるとされている。
【0008】
近年、リチウムイオン二次電池を大型二次電池に用いようという動きも盛んであり、中でもハイブリッド自動車用や電気自動車用の電源としての期待が大きい。自動車用の電源として用いる場合、高容量かつ高出力であるという性能面も重要である一方で、コストを低減したリチウムイオン二次電池が望まれている。
【0009】
粉体材料の工業的な生産においては、原料供給設備によって原料供給を自動化することが多いが、その際、原料粉末の流動性が低いと、原料供給設備における供給速度が低下して生産性が低下する。さらに原料詰まりが発生すると稼働を停止させるトラブルの原因となる。
【0010】
そこで上記従来技術が有する問題に鑑み、本発明の一側面では、高い供給性により粉体材料の製造における生産性を向上させることが可能な炭酸リチウム粉末を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ショウワ
二酸化炭素発生装置
5日前
川崎重工業株式会社
合成ガスの製造方法
25日前
株式会社トクヤマ
改質六方晶窒化ホウ素粉末の製造方法
24日前
東ソー株式会社
耐水熱性亜鉛含有MFI型ゼオライト成形体
25日前
個人
硫化リチウムの製造方法および製造装置
15日前
株式会社神戸製鋼所
炭酸カルシウムの製造方法
2日前
太平洋セメント株式会社
無機酸化物中空粒子
25日前
国立研究開発法人産業技術総合研究所
オキソ酸金属塩の製造方法
23日前
高純度シリコン株式会社
多結晶シリコンの製造方法
9日前
国立大学法人東海国立大学機構
水素の製造装置および水素の製造方法
9日前
株式会社エスイー
無水金属塩化物の製造方法
1か月前
住友大阪セメント株式会社
分散液、化粧料、分散液の製造方法
9日前
株式会社タクマ
二酸化炭素の固体炭素化設備、及び二酸化炭素の固体炭素化方法
2日前
東洋化学工業株式会社
塩化銀粒子および塩化銀含有ペースト
18日前
DIC株式会社
モリブデン被覆アルミナ粒子およびその製造方法
25日前
三菱重工業株式会社
水素製造装置、及び水素製造システム
10日前
国立大学法人長岡技術科学大学
ヨウ素の取得方法
23日前
崑山科技大学
土粘土及び酸化グラフェンで成長させた三次元カーボンナノチューブの作製と応用
17日前
太平洋セメント株式会社
酸化ホウ素含有無機酸化物中空粒子の製造方法
11日前
国立大学法人北海道大学
複合材料及びその製造方法
24日前
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
シリカ粒子の製造方法
18日前
月島機械株式会社
金属化合物の微粒子の製造方法、金属化合物の微粒子
15日前
日揮触媒化成株式会社
アルカリ土類金属リン酸塩化合物およびその製造方法
23日前
アンリツ株式会社
グラフェンシート及びグラフェンナノリボン製造方法
23日前
日揮触媒化成株式会社
溶媒リサイクル法を用いた酸化チタンゾルの製造方法および酸化チタンゾル
10日前
株式会社東芝
ニオブチタン酸化物、活物質、電極、二次電池、電池パック、及び車両
1か月前
白石工業株式会社
炭酸カルシウムの製造方法、炭酸カルシウムおよび抄紙用填料
2日前
住友大阪セメント株式会社
二酸化炭素利用システム、炭酸カルシウムの製造装置及び製造方法
29日前
リヴィアン アイピー ホールディングス,エルエルシー
リチウム金属ホスファート電極の製造
4日前
国立大学法人東北大学
有機修飾酸化物微粒子の製造方法及び有機修飾酸化物微粒子
22日前
三菱ケミカル株式会社
シリカ粒子、シリカ粒子の製造方法、シリカゾル及びシリカゾルの製造方法
18日前
ユニマテック株式会社
カルボニルフロライドの製造方法および製造装置
3日前
株式会社レゾナック
フラーレンの製造装置及びフラーレンの製造方法
8日前
アンリツ株式会社
グラフェン薄膜製造方法及びグラフェン薄膜基板
23日前
ポーラ化成工業株式会社
粉体粒子表面の改質方法
1日前
南亞塑膠工業股分有限公司
粉末組成物およびその製造方法
17日前
続きを見る