TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024021641
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-16
出願番号2022124627
出願日2022-08-04
発明の名称コネクタ
出願人日本航空電子工業株式会社
代理人個人
主分類H01R 12/77 20110101AFI20240208BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】フレキシブル導体が接続対象物の表面および裏面のいずれに露出していても、コンタクトを接続対象物のフレキシブル導体に電気的に接続することができるコネクタを提供する。
【解決手段】ワイヤスプリングからなるインナーコンタクト18は、プラグコンタクト13に接触する一対の接点部P1と、一対の押し付け部P2を有し、シート状導電部材15の一部が、嵌合軸に直交する方向において押し付け部P2と凹部13Cの内面との間に挟まれ、凹部13Cの内面がシート状導電部材15の表面に接触し、押し付け部P2がシート状導電部材15の裏面に接触することにより、プラグコンタクト13が直接シールド層15Dに電気的に接続され、また、インナーコンタクト18を介してシールド層15Fに電気的に接続される。
【選択図】図15
特許請求の範囲【請求項1】
嵌合軸に沿って延びる凹部を有する筒状の導電性のプラグコンタクトと、
前記凹部内に挿入され且つ屈曲されたワイヤスプリングからなる導電性のインナーコンタクトと
を備え、
前記インナーコンタクトは、前記嵌合軸に直交する方向に弾性変位可能で且つ前記凹部内で前記プラグコンタクトに接触する接点部と、前記嵌合軸に直交する方向に弾性変位可能で且つ前記凹部内に配置される押し付け部を有し、
少なくとも一方の面にフレキシブル導体が露出しているシート状の接続対象物の一部が、前記嵌合軸に直交する方向において前記押し付け部と前記凹部の内面との間に挟まれ、前記凹部の内面が前記接続対象物の表面に接触し、前記押し付け部が前記接続対象物の裏面に接触することにより、前記フレキシブル導体が前記接続対象物の表面に露出する場合は、前記プラグコンタクトが直接前記フレキシブル導体に電気的に接続され、前記フレキシブル導体が前記接続対象物の裏面に露出する場合は、前記プラグコンタクトが前記インナーコンタクトを介して前記フレキシブル導体に電気的に接続されるコネクタ。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
前記インナーコンタクトは、
前記嵌合軸を横切るように延びる水平部と、
前記水平部の両端にそれぞれ第1屈曲部および第2屈曲部を介して連結され且つ互いに交差しながら前記嵌合軸に対して斜めに延びる第1斜行部および第2斜行部と、
前記第1斜行部の先端および前記第2斜行部の先端にそれぞれ第3屈曲部および第4屈曲部を介して連結され且つ前記嵌合軸を挟んで互いに対向しながら前記嵌合軸に沿って前記水平部から離れる方向に延びる第1伸長部および第2伸長部と
を有する請求項1に記載のコネクタ。
【請求項3】
前記第1屈曲部および前記第2屈曲部が、それぞれ前記接点部を形成し、
前記第3屈曲部および前記第4屈曲部が、それぞれ前記押し付け部を形成する請求項2に記載のコネクタ。
【請求項4】
前記第1伸長部および前記第2伸長部は、互いに平行に延びている請求項3に記載のコネクタ。
【請求項5】
前記第1伸長部および前記第2伸長部は、前記水平部から離れるほど互いに間隔が狭まるように前記嵌合軸に対して斜めに延びている請求項3に記載のコネクタ。
【請求項6】
前記第1伸長部は、前記第2伸長部から離れる方向に突出するように屈曲された第1突出部を有し、
前記第2伸長部は、前記第1伸長部から離れる方向に突出するように屈曲された第2突出部を有し、
前記第1屈曲部および前記第2屈曲部が、それぞれ前記接点部を形成し、
前記第1突出部および前記第2突出部が、それぞれ前記押し付け部を形成する請求項2に記載のコネクタ。
【請求項7】
前記第3屈曲部および前記第4屈曲部が、それぞれ前記接点部を形成し、
前記第1屈曲部および前記第2屈曲部が、それぞれ前記押し付け部を形成する請求項2に記載のコネクタ。
【請求項8】
前記インナーコンタクトは、
前記嵌合軸を横切るように延びる水平部と、
前記水平部の一端に第1屈曲部を介して連結され且つ前記嵌合軸に沿って延びる第1伸長部と、
前記水平部の他端から前記嵌合軸に沿って延びる第2伸長部と、
前記第1伸長部の中間部において前記第2伸長部から離れる方向に突出するように屈曲された第1突出部と
を有する請求項1に記載のコネクタ。
【請求項9】
前記第1屈曲部が、前記接点部を形成し、
前記第1突出部が、前記押し付け部を形成する請求項8に記載のコネクタ。
【請求項10】
前記プラグコンタクトは、筒状部と、前記筒状部の一端に形成されたフランジとを有し、
前記凹部は、前記筒状部の内部からなる請求項1~9のいずれか一項に記載のコネクタ。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は、コネクタに係り、特に、少なくとも一方の面にフレキシブル導体が露出しているシート状の接続対象物に接続されるコネクタに関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
近年、着用するだけで心拍数、体温等のユーザの生体情報を取得することができる、いわゆるスマート衣料が注目を浴びている。このスマート衣料は、計測箇所に配置された電極を備え、電極に計測機器としてのウエアラブルデバイスを電気的に接続することで、生体情報をウエアラブルデバイスに伝送することが可能となる。
電極とウエアラブルデバイスとの接続は、例えば、電極から引き出されたフレキシブル導体に接続されるコネクタを用いることにより行うことができる。
【0003】
この種のコネクタとして、例えば、特許文献1に、図32に示されるようなコネクタが開示されている。コネクタは、フレキシブル基板1を間に挟んでフレキシブル基板1の両側に配置されたハウジング2およびベース部材3を有し、コンタクト4の筒状部4Aがハウジング2のコンタクト用貫通孔2Aに通され、コンタクト4のフランジ4Bがハウジング2とフレキシブル基板1の表面に露出するフレキシブル導体1Aとの間に挟まれる。
【0004】
この状態で、ベース部材3をハウジング2に向けて押し込むことで、図33に示されるように、ベース部材3の突起3Aが、フレキシブル基板1を間に挟んでコンタクト4の突起収容部4Cに挿入され、突起収容部4Cの内面がフレキシブル導体1Aに所定の接触力で接触し、これによりコンタクト4がフレキシブル導体1Aに電気的に接続される。
また、図32に示されるように、ベース部材3に突出形成されたハウジング固定用ポスト3Bをハウジング2のポスト収容部2Bに圧入することで、ハウジング2とベース部材3が、互いに固定される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2018-129244号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1に開示されたコネクタにウエアラブルデバイスを嵌合することにより、フレキシブル導体からなる電極にウエアラブルデバイスを接続することができる。
しかしながら、フレキシブル導体1Bがフレキシブル基板1の裏面上に露出している場合には、特許文献1のコネクタでは、フレキシブル導体1Bをコンタクト4に電気的に接続することができないという問題がある。
【0007】
この発明は、このような従来の問題点を解消するためになされたもので、フレキシブル導体が接続対象物の表面および裏面のいずれに露出していても、コンタクトを接続対象物のフレキシブル導体に電気的に接続することができるコネクタを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
この発明に係るコネクタは、
嵌合軸に沿って延びる凹部を有する筒状の導電性のプラグコンタクトと、
凹部内に挿入され且つ屈曲されたワイヤスプリングからなる導電性のインナーコンタクトと
を備え、
インナーコンタクトは、嵌合軸に直交する方向に弾性変位可能で且つ凹部内でプラグコンタクトに接触する接点部と、嵌合軸に直交する方向に弾性変位可能で且つ凹部内に配置される押し付け部を有し、
少なくとも一方の面にフレキシブル導体が露出しているシート状の接続対象物の一部が、嵌合軸に直交する方向において押し付け部と凹部の内面との間に挟まれ、凹部の内面が接続対象物の表面に接触し、押し付け部が接続対象物の裏面に接触することにより、フレキシブル導体が接続対象物の表面に露出する場合は、プラグコンタクトが直接フレキシブル導体に電気的に接続され、フレキシブル導体が接続対象物の裏面に露出する場合は、プラグコンタクトがインナーコンタクトを介してフレキシブル導体に電気的に接続されるものである。
【0009】
インナーコンタクトは、
嵌合軸を横切るように延びる水平部と、
水平部の両端にそれぞれ第1屈曲部および第2屈曲部を介して連結され且つ互いに交差しながら嵌合軸に対して斜めに延びる第1斜行部および第2斜行部と、
第1斜行部の先端および第2斜行部の先端にそれぞれ第3屈曲部および第4屈曲部を介して連結され且つ嵌合軸を挟んで互いに対向しながら嵌合軸に沿って水平部から離れる方向に延びる第1伸長部および第2伸長部と
を有するように構成することができる。
【0010】
第1屈曲部および第2屈曲部が、それぞれ接点部を形成し、第3屈曲部および第4屈曲部が、それぞれ押し付け部を形成することが好ましい。
第1伸長部および第2伸長部は、互いに平行に延びている、あるいは、水平部から離れるほど互いに間隔が狭まるように嵌合軸に対して斜めに延びていることが好ましい。
また、第1伸長部は、第2伸長部から離れる方向に突出するように屈曲された第1突出部を有し、第2伸長部は、第1伸長部から離れる方向に突出するように屈曲された第2突出部を有し、第1屈曲部および第2屈曲部が、それぞれ接点部を形成し、第1突出部および第2突出部が、それぞれ押し付け部を形成するようにしてもよい。
さらに、第3屈曲部および第4屈曲部が、それぞれ接点部を形成し、第1屈曲部および第2屈曲部が、それぞれ押し付け部を形成することもできる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
蓄電池の製造方法
21日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
20日前
エイブリック株式会社
半導体装置
15日前
エイブリック株式会社
半導体装置
13日前
ローム株式会社
半導体装置
12日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
21日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
21日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
25日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
25日前
東京パーツ工業株式会社
コイル装置
今日
株式会社GSユアサ
蓄電設備
12日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
15日前
三菱電機株式会社
回路遮断器
8日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
15日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
21日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
21日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
21日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
21日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
13日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
15日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
13日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池装置
15日前
株式会社村田製作所
コイル部品
13日前
ダイニチ工業株式会社
換気ファン装置
15日前
KOA株式会社
電子部品
13日前
株式会社村田製作所
コイル部品
13日前
三菱電機株式会社
半導体ウエハ
14日前
株式会社村田製作所
コイル部品
13日前
株式会社ヨコオ
コネクタ
21日前
株式会社ヨコオ
コネクタ
21日前
株式会社ダイヘン
接続構造
21日前
三洲電線株式会社
撚線導体
21日前
住友電気工業株式会社
電線
15日前
シャープ株式会社
通信装置
8日前
ダイニチ工業株式会社
燃料電池システム
15日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
5日前
続きを見る